CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 降る雨を洗車機となす牡丹散る | Main | 森行かば春の朝こそ佳とする »
最新記事
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
春の雨時に激しく木を倒す[2018年04月25日(Wed)]
 午前中雨上がりの高速を熊毛まで走りテニスをやってきました。腕は鈍るばかりで昔のようには打てません。みんなのように週に二日間もできれば修正も利くのでしょうが月に1〜2度では何を治すべきか忘れてしまっています。それでも昔馴染みと遊べる楽しさは何にも代えがたいものがあります。

 午後、海北迫釜(みぎたさこがま)を覗いてみますと 西村主宰が木炭の火入れをされていたのでちょっとだけ手伝いをして帰り、その足で きずなの森 を覗いてみると コシアブラの木が倒れていて傍らの桜の苗木を痛めつけていたのでチェインソーで切り除いておきました。


006.jpg
↑今日は10名で遊びました↓
012.jpg


005.jpg
釜焚きの西村主宰


007.jpg
根元が腐って折れたコシアブラ



Posted by 中村 巖 at 18:29 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
http://blog.canpan.info/sabayama/archive/2625
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集