CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 花散りて雨後の筍野のスミレ | Main | 空焚きのストーブ再び灯油入れ »
最新記事
<< 2018年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
春嵐 寒の戻りも携えて[2018年04月07日(Sat)]
 今日は佐波の里山役員会の召集令状が届いておりましたが、海北迫釜の定例作業日であり作業内容から私が抜けることは心苦しいことであり、役員会の方を辞退させていただきましたがこちらの方も心苦しく思っております。

 迫釜の方は案に違わず竹炭の窯詰めで忙しく午前中だけで終わらず、西村主宰と私の二人は午後も夕刻まで窯詰めを行ってようやく完了させたような次第です。

 昼食に帰っての昼休みに きずなの森 に行ってみましたが、野口庭園がきれいに清掃されていてびっくりしました。きっと野口さんが一人午前中に頑張られたのでしょう。お疲れさまでした。

 今日はよく働いたので自分にご褒美のお疲れさん会をやってまいりました。よってブログも遅くなりました。


001.jpg
↑新入りのH君頑張っています↓
003.jpg


021.jpg
夕刻までかかって窯詰め完了


011.jpg
野口庭園の整備完了されていました


018.jpg
つつじ見ごろになりました



Posted by 中村 巖 at 17:45 | 炭焼き | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
http://blog.canpan.info/sabayama/archive/2607
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1350564
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集