CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« チッパーのいぬ間に温泉これもよし | Main | フルートの音に誘われて春よ来い »
最新記事
<< 2018年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
藪椿春の訪れ気配なし[2018年02月23日(Fri)]
 今日は現場待機の必要はなく、間違って出勤してくる人はいませんでした。私は駐車場近辺の遊歩道整備と椿林の根っこ切を行いました。
 遊歩道のど真ん中に居座っていた切り株が以前から気になっていたので思い切って周辺の土を掘った上でチェインソーで根を切りました。案の定チェインソーは切れなくなりました。吉田松陰の言葉を思い出した次第です。もちろん目立ては行っておきましたよ。

かくすれば かくなるものと知りながら

やむに已まれぬ大和魂


2018-02-23 001.jpg
腐食した縁木の交換

2018-02-23 004.jpg
↑切り株の除去↓
2018-02-23 005.jpg


2018-02-23 006.jpg
↑今日のルリビタキとジョウビタキ↓
2018-02-23 008.jpg


Posted by 中村 巖 at 12:24 | 軽作業 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
http://blog.canpan.info/sabayama/archive/2563
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1340822
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集