CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 秋惜しみ 最期の力 ダリア咲く | Main | 緋毛氈 敷き詰めてあり 一人行く »
最新記事
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
初冬や 炬燵か森か 試さるる[2017年11月30日(Thu)]
 今朝も空は鉛色でした。ラジオ体操を終え朝食を食べ、さて如何したものか!ニュースを見るために炬燵に入るともうがっちり足をとられて抜けだすのが困難です。作業着に着替えようかと思案中に決断を促す一通のメール着信。吉川会長から 森に行くが如何か?と。これで今朝の私が始まりました。

 きずなの森のどうだんつつじは今が最高!それを横目で見ながら二人でベンチ用の材を選別し、椿の森を視察、そして私は刈り払い機で少し笹を刈って帰りました。

 竹炭の相棒がエシカルバンブー事務所のペンキ塗りをしているはずなので寄ってみると、西村顧問もおいでになりました。夕刻から社長をまじえて会議が予定されています。
 

2017-11-30 003.jpg
冬の森男の背中に引き込まれ

2017-11-30 001.jpg
紅葉のつつじ膨らみ落ち葉踏む


2017-11-30 007.jpg
こちらも笑顔が素敵です


Posted by 中村 巖 at 12:49 | 軽作業 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
http://blog.canpan.info/sabayama/archive/2481
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
http://blog.canpan.info/tb/1321364
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集