CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 二人して藪からツツジ救出す | Main | 冬晴れも にわか大工で 日が暮れて »
最新記事
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
睦月さえ残り二日の命かな[2014年01月30日(Thu)]
 ついこの前新年を迎えたばかりの今年も、既にその1/12を終わろうとしています。そんな貴重な今日は、雨降りで閉じ込められています。所在なさに 里山掲示板(←click) を開くとConさん の投稿を見つけました。しばらく音沙汰なかったので案じておりましたが安心しました。宮島の弥山に登られたとか・・お元気ですね。

0001097_3M.jpg
登山道に落ちたツバキでしょうか?

 一方、里山会員の雄さん も相変わらず熱心にライフワークの地質学探求を続けていらっしゃるようで九州自然学(←click))もシリーズ18を数えています。18は大分臼杵磨崖仏のことが詳しく記されています。(なおこの18は今日まで編集の手違いでHP上で見られなかったことをお詫びします。)



Posted by 中村 巖 at 12:34 | 天然・自然 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
http://blog.canpan.info/sabayama/archive/1183
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集