CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2015年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
第7回介護教室[2015年08月17日(Mon)]
6月27日土曜日 第7回地域の皆様の為の介護教室を開催致しました。
今回は「自分の命は自分で守る」という事で防災をテーマにし守口市門真市消防組合の消防士の皆さんに来て頂きました。火災 地震についての講義のほか起震車による揺れ体験・水消火器を使っての模擬消火訓練等真剣に行いました。
P1170756.JPG


消防士さんによる講義は、真剣な話から笑いも交えながら、わかりやすく説明してくださいました。消防士さんから「大震災が起こったとき、消防車は来ることが出来ません。先ず自分の命を守る事そして守れたら次に自分の大切な人、そして次に知らない人を助けてください。」と話されていたのが心に残りました。
P1170779.JPG


水消火器による消火訓練を行いました。消防士さんの説明はわかり易く消火器の取り扱いが良くわかりましたという、声が多かったです。30名程を3班に分け、多くの皆様に水消火器で体験してもらいました。イケメンの消防士さんの指導で皆様も真剣に取り組んでいました。
P1170850.JPG


下の写真が起震車です。見た目は想像通りでしたが、揺れの方は想像以上でとても怖かったです。揺れは、操作ができ消防士さんが緩い揺れから徐々に横揺れ縦揺れ交えながら、震度を上げて行きました。
起震車の体験が出来て良かったなど参加者からの声が聞かれました。阪神淡路大震災で生き埋めになり助かった方の6割強がご近所の方に助けられたそうです。日頃からご近所の方とは仲良くしていきたいと思いました。
P1170822.JPG


毎回恒例の鶴見緑地苑職員による寸劇を行いました。今回のテーマは「ちょっとまって、ちょっとまって」でした。トンカツを作ろうと鍋の油に火を付けたまま、突然来た近所の方と玄関先で話し込んでいる間に油が燃え上がっていると言う内容でした。その火をどうやって消すか分からず慌てている所に現れたのが、サングラスをかけた謎の男でした。その男は、大きな声で「ちょっとまって、ちょっとまって」と言いながら、出てきて火の消し方を教えてくれました。消し方は、決して水を掛けてはいけません。蓋をするか湿らせたバスタオルで蓋をするようにすると教えて下さいました。
「だれですの〜」と名前を聞くと「私はラッスンです」と大きな声で言っていました。終了後は、ラッスンコールが鳴り響き人気者になっていました\(^o^)/
P1170810.JPG


鶴見緑地苑デイサービスセンターのレクリエーションを皆さまに体験していただきました。「叩いてかぶってじゃんけんポンゲーム」をチーム対決で顔見知りの方も初対面の方も、仲良くでき盛り上がりました。紙風船を叩いて「ぱん!」となったときは、ストレス発散になったようです。
最初は、積極的になれない方も最後には、笑い声が耐えなかったです。
P1170873.JPG


今回も皆さんにお会いでき嬉しかったです。介護のことで相談があれば気軽に鶴見緑地苑に来てくださいね♪ これからも定期的に行います。アンケートをもとに次回の内容を考えていきます。また、楽しい教室にできるよう頑張ります。次回の参加 お待ちしています(^^)/
第6回介護教室[2014年11月04日(Tue)]
平成26年10月18日に「第6回家族介護教室」が開催されました。
今回のテーマは「介護技術の伝達」と「食事介助のポイント」を鶴見緑地苑職員にて講義をさせていただきました。
今回もトロミ剤や栄養補助食品でおなじみの三和化学 小林さんと福祉用具でおなじみのウィズ 西川さんにも協力して頂きました。
寸劇「ありのままの姿」では、新人俳優 伊達さん・矢野さんのデビュー作となりました。
平成26年10月より鶴見緑地苑に菊野施設長が来られました。共に家族介護教室を盛り上げて頂きます。\(^o^)/
P1130842.JPG

「介護技術の伝達」では、職員の広田に講師をしていただき、寝たきりの方のおむつ交換から起き上がりの介助 車椅子への移乗介助 更衣介助と一連の動作の介助方法を実際に見せて頂き、ポイントを上手く教えていただきました。気持ちのこもった説明は分かり易くてよかったです。終わったときは異常なほどの汗でした!(^^)! 
P1130861.JPG
P1130825.JPG

寸劇では、「ありのままの姿」を行いました。
今回のテーマ「介護技術」とは逆の内容になりました。介護をしようと熱心な息子と 寝たきりを防ぎ自立した生活を送りたいと頑張っている母親のドラマです。愛と勇気の内容でした。息子は、母親の気持ちを理解し、母親も息子の気持ちに感謝し 最後には映画ありのままの姿の曲
「Let IT GO〜ありのままで」が流れてきて 演出者全員で踊りました。
下の写真
左から(和田)(主演 赤木)(矢野)(伊達)
今後とも劇団赤木をよろしくお願いします)^o^(
P1130898.JPG

「食事介助のポイント」では、高田管理栄養士に講義して頂きました。
正しい姿勢から介助方法まで教えて頂きました。「実際にやってみよう!!」の
コーナーでは、二人一組になり介助する側 介助受ける側で悪い例を実際に体験してもらいました。最後に正しい食事介助の方法を教えて頂き 納得でき分かりやすい講義となりました。
 下の写真には協力してくださいました、「福祉用具ウィズ」さんと「栄養食品の三和化学」さんのブースも設けさせていただき、最後に参加者の皆さんに見て頂き、福祉用具の自助具やトロミ剤に感心されていました。

P1130845.JPG

今回も皆さんにお会いでき嬉しかったです。介護のことで相談があれば気軽に鶴見緑地苑に来てくださいね♪ これからも定期的に行います。アンケートをもとに次回の内容を考えていきます。また、楽しい教室にできるよう頑張ります。次回の参加 お待ちしています(^^)/
第5回 家族介護教室[2014年02月14日(Fri)]
平成26年1月25日、地域の皆様のおかげで第5回 「家族介護教室」が開催されました。
今回のテーマは、「介護予防 運動と食事」ということで、体操教室の案内や実際にダンス体操やスリングの体験をしていただきました。
食事については、管理栄養士の高田さんが説明してくださいました。最後は、デイサービスの食事を食べて頂き、デイサービスの雰囲気も味わえたかなと思います。株式会社ウィズに協力して頂き、身体年齢の測定も行いました。
好評につき鶴見緑地苑職員による寸劇を一話行いました\(^o^)/
後程、写真で鶴見緑地苑の主演女優をご紹介します。
P1100732.jpg


はじめに鶴見緑地苑で行っている、コロ杖体操について説明させていただきました。
雰囲気を感じてもらうため、写真風景を見てもらい、実際に体験もしていただきました。くすのき からころ体操は、映像の乱れがあり大変失礼いたしました。きよしのズンドコ節体操は、普段から参加されている皆さんも初めての方も上手く出来ていました。
毎週木曜日 9:30から鶴見緑地苑6階地域交流室にて地域の皆様向けに行っております。
家の中で過すことが増えたり、体操したいが一人では続かないなど 悩んでいるなら是非このような体操教室も良いのではないのでしょうか。高齢者の介護予防と生きがいに努めております。お気軽に参加してください。
P1100740.jpg


鶴見緑地苑デイサービスセンターのスリングの説明も行いました。
実際に体験して頂きました。時間があまりなかったのですが、介護教室終了後に興味をもたれた方は積極的に使用されていました。
P1100748.jpg


寸劇では、「自転車に乗れなかったら 買い物に行かれへん」を行いました。
自転車でふらふらしながら、買い物している母親が車に引かれそうになり、車に向かって「倍返しだ!」と叫んでいる母親に対して、娘が心配するという内容でした。福祉用具専門員が歩行器を紹介いたしました。最後は心配してくれた娘に「恩返しだ」という場面もありました。
下の写真は、毎回 主演のケアマネージャー赤木さんです。母親
P1100759.jpg

P1100767.jpg


「高齢者と栄養」では、高齢者の体と食事・鶴見緑地苑デイサービスセンターの食事について・生活習慣病について わかりやすく説明してくださいました。
食事形態も写真で見る事が出来、参加された皆さんから勉強になりましたと言う声がたくさん聞こえてきました。
P1100773.jpg


株式会社三和化学 小林さんより、トロミのお茶を実際作っていただき、参加者で試飲しました。三和化学・明治からトロミ剤や栄養調整食品・やわらか食などサンプルの提供もしていただきありがとうございました。
P1100775.jpg


鶴見緑地苑デイサービスの食事はどうでしたでしょうか?
カロリー計算されており栄養のバランスが摂れた内容となっています。
P1100785.jpg


今回は最後に食事を皆さんと一緒にしました。一緒に話をしながら食べると、とても楽しかったです。皆様から元気がもらえました。鶴見緑地苑職員も負けずに、皆様に元気と健康を与えられるように今後も家族介護教室の開催を行います。次回の参加 お待ちしています(^o^)/
第4回 家族介護教室[2013年10月05日(Sat)]
平成25年6月29日(土)、第4回 地域の皆様のための「家族介護教室」が開催されました。
今回のテーマは「介護保険の利用の仕方」ということで・申請から認定まで・介護認定結果と区分支給限度額・介護保険で利用できるサービスと費用について・施設サービスについて行いました。
今回は講師を呼ばず、鶴見緑地苑職員で行いました。不慣れな点もございましたが、精一杯させていただきました。介護保険制度の説明を簡単に行うのは難しいため、今回も鶴見緑地苑職員による寸劇を2話行い名演技でした。
P1070655a.jpg
第1話は、介護保険のサービスについてどこに相談に行けばよいのか、介護認定を受けるまでどのようにすればよいのかを説明した後に、ケアマネージャーが利用者様宅に訪問し、相談を受け介護認定の申請をするまでを行いました。
膝が痛くて転倒を繰り返しているなど悩んでおり、いつ申請すればよいのか聞く場面では、突然スーツ姿の肌の黒い男性が出てきて「今でしょ!」と登場し、会場は大変盛り上がりました\(^o^)/
P1070660a.jpg
実際にご自宅に認定調査員が訪れて調査を受ける場面もありました。ここでは、簡単ではありましたが体やご病気について質問を受けるなど分かりやすい内容でした。調査員役は実は「今でしょ!」の方です。
P1070666a.jpg

第2話では、まだまだ介護は必要ではないが、一人暮らしの生活に不安を持っており、今後施設で安心して過したいという相談内容でした。「入所できる施設はあるの?」の場面の後にサービス付高齢者住宅が増えていてどのような所なのか説明がありました。そのときに再び「今でしょ!」のスーツの男性登場。
再び会場は最高に盛り上がり、説明も分かりやすくみなさん熱心に聞かれていました。
P1070674a.jpg
この後は、地域のクラブである、錦銭太鼓の皆さんがこの日のために披露してくださいました。また、銭太鼓を知ってい頂こうと家族介護教室に参加された皆様にも体験して頂き、一緒に楽しく過せました(^O^)
銭太鼓の皆様、本当にありがとうございました。
P1070678.jpg
今回の最後は、茶話会を行いました。質疑応答の時間を少なくし、茶話会で気軽に質問を受ける形をとりました。質疑応答で手を挙げなかった方も、茶話会では色々な相談をされていました。茶話会にする事で気軽に何でも聞ける環境になったようですね。
これからも定期的に家族介護教室を開催致しますのでよろしくお願いします。
どなたでも気軽にお申し込みください(^^)/
第3回 家族介護教室[2013年09月04日(Wed)]
平成25年1月26日
第3回 地域の皆様のための「家族介護教室」が開催されました。
今回のテーマは、「安心して暮らすために」成年後見制度についてでした。 
大阪弁護士会の協力のもと赤崎雄作先生にお越しくださいまして、わかりやすく説明して頂きました。
もっとわかりやすいように、事例をもとに鶴見緑地苑の職員による寸劇を行い名演技でした!
P1050580.jpg
第一話「僕が死んだら認知症の妻はどうなるの?」この寸劇では、子供・頼れる親せきがいない高齢者夫婦を演じました。認知症の妻を抱える病気の夫の悩みをケアマネージャーが相談を受ける内容でした。
第二話は「ケアマネさんありがとう」
認知症の女性の一人暮らしで新聞の契約や高価な商品の購入などを繰り返すという内容でした。
二話ともこの後の赤崎先生による成年後見制度の講義が、非常にわかりやすい内容のものでした。
P1050584.jpg
講義では、パワーポインターを用い事例を中心にわかりやすく説明して頂きました。
参加された皆さんも、熱心に聞いておられました。赤崎先生は、高齢者が安心して暮らせる様に成年後見制度に力を入れています。今後も高齢者をサポートするために頑張ってください。(^_^)/
P1050589.jpg
鶴見緑地苑には、成年後見制度の無料電話相談や詳しく書かれたパンフレットがありますので気軽によってください。
これからも定期的に介護教室を開催して行きますので、どなたでもお気軽にお申し込みください。 \(^o^)/
P1050574.jpg
介護教室2[2012年06月20日(Wed)]
H24/5/26 第2回 地域の皆様のための 「家族介護教室」が開催されました。
今回のテーマは *高齢者の食事について考えよう*をテーマに摂食回復食(ソフト食)の試食会と家庭でできる嚥下食を 調理実習致しました。さすが、メーカーさん嚥下困難とはどのようなこと?の説明もわかり易く講義して頂きました。
2.JPG

準備もスムーズに短時間でハンバーグ・焼じゃけ・ミルクコーヒームース他作って頂きました。参加者もmy
エプロン持参で 調理実習に参加して真剣に学んで頂けました。
!(^^)!
今回は、地元の訪問介護のプロの方にも参加して頂き、担当している利用者さんに作ってあげたいと思うとの感想も頂きました。
3.JPG

4.JPG


なかでも前日から仕込んで頂いた ご飯ゼリーはご飯をそのままの分量で、ゼリー状にしているので おかゆのように水を混ぜない分栄養価が落ちませんから食事量の少なくなった方には、持って来いですね。ご飯のおいしさそのままでした。
美味しかった。( ^)o(^ )
6.JPG

やはり食べるということは、口 顎 ほっぺた 歯 ベロ 味覚 臭覚 視覚 全部 必要です。
目で食べるともいいますから、見た目も大事!今回ご紹介したものは、味よし 見た目よしでした。
大満足!(^^)!
7.JPG

鶴見緑地苑居宅介護支援事業所では、
これからも定期的に介護教室を開催していきますので、どなたでもお気軽にお申込みしてください。
介護教室bP[2012年01月28日(Sat)]
2012・1・28(土)
「第1回 家族介護教室」
 鶴見緑地苑デイルームにおいて、「第1回 地域の皆様のための家族介護教室」を開催致しました。
大変、寒い日でしたが25名の方の参加でした。沢山の方にお越し頂き有難うございます。

今回の内容は、介護技術の実演として
 車いすの方のトイレ介助方法や、移乗の方法 福祉用具を活用した安全な入浴の方法を中心に行いました。後半は、管理栄養士による家庭での食中毒防止の話などを行いました。

介護技術実演の講師は、介護職経験10年を超すベテランの職員が講師を務めました。
 しかし、地域の皆様の前では、かなり普段と勝手が違うようで、とにかく汗びっしょりで頑張っていました。

また、参加者の皆さんも真剣な表情で聞いていただき嬉しく思いました。
 参加者の声では
「現在介護をしているので大変勉強になった次回を楽しみにしています」
「入浴の福祉用具の使い方が参考になった」との声や、「食事のときむせるので、次回はソフト食の調理のレシピがほしい」など、
具体的な介護者の声も多く寄せられ、私たちも勉強になりました今後2回、3回と講習内容の要望の多いものを取り上げ開催できればと思っています。

 そして、忘れてはいけないのが、会場の緊張をほぐすために力を発揮してくれたのは 
鶴見緑地苑の施設長でした。
楽しいお話有難うございました。

 鶴見緑地苑居宅介護支援事業所は、地域の皆様とともに 歩んでいきたいと思っております。今後も参加してください。こころよりお待ちしております。
プロフィール

龍門の滝さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/ryuumon/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ryuumon/index2_0.xml