CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

コモンビートの中心から代表が叫ぶ!りじちょーブログ更新中!

特別なことじゃないダイバーシティ&インクルージョンの日常を切り取るNPO法人コモンビートりじちょー安達亮のブログです。平日は毎日更新しています!


大きな言葉と小さな言葉 [2019年10月08日(Tue)]
言葉にも大小があると思う。

大きな言葉ほど、抽象的でシンプル。
小さな言葉ほど、具体的で複雑。

どんな言葉遣いをするかは、シチュエーションや相手との関係性によって選んでいるわけだけど、その大小を意識して使い分けることができればより伝わりやすくなる。

大きな言葉って、使うのちょっと恥ずかしい。「世界を平和にしたい」とか「違いを認め合いたい」とか「個性を響かせたい」とかね。でも、これを小さい言葉で伝えるのは難しい。逆に日々の細かなことを大きな言葉で伝えると、「なんだこの人」ってなりがち(笑)。

代表をやってる身としては、大きな言葉から小さい言葉を使い分けていきたい。ときに小さい言葉で伝わりやすいことも、大きな言葉で伝えてあげるのも重要だ。共感は小さな言葉を大きな言葉で包めたときに生まれる気がする。

どんな言葉を選択するのか、それは表現においてもとても大切なこと。突き詰めていきたい。
ビジョンを語るのと未来を語るのはちょっと違う [2019年09月27日(Fri)]
今日は今製作中の会報誌の取材を受けた。今まで内部で使っていたのですが、外の視点を取り入れたいので、外部のライターさんに取材してもらい、文章にしてもらう予定だ。

いろんな視点でご質問いただく中で思ったことがありまる。ビジョンを語ることと未来を語ることはちょっと違うということだ。

ビジョンはいろんな人に向けて何度も何度も話しているので、結構すんなり話せるようになってきたのだが、今日聞かれた「未来」については、時制という軸が入るからか、なんだかうまく話せなかったように思う。

「この先の未来、コモンビートはどうなるのか?」ということに対して、明確な答えが自分の中でパッと浮かばなかった。悔しい。

ビジョンに向かう、もう少し具体的な、中長期的な目標を「未来」ととらえて「いつまでに何をする」という言葉で表現していきたい。

ビジョンも未来も両方伝えられるようになった時、何か活動の世界観が変わる気がする。
仲間を頼ってスペースを空けられたら [2019年09月26日(Thu)]
スペースを空けることで、その分何かが入ってきたり、その分で何かを考えたりできる。

組織の中にはそれぞれの役割があって然るべき。自分で持つべき仕事と、仲間に任せられる仕事とで切り分けられたりもする。仲間に任せられる仕事を任せずにいたら、自分のスペースが空かない。スペースが埋まったままだと何も入ってこない。逆に仲間に任せてスペースが空けられたなら、そのスペースで新しい発想ができたり、新しいアイディアが生まれたりする。代表としてはそういう時間やスペースがあることはとても大切だ!!

自分のキャパシティの中で、どれだけスペースを仲間に頼って空けられるか。それはとても大切なことだ。と、同時に、今たくさん頼らせてもらってる仲間たちに感謝だ!

ありがとう!!
夢やロマンどうつくる [2019年09月25日(Wed)]
夢やロマンがあるからこそ、それを目指したり、応援したりできる。

「前人未到」「誰も達成したことのない」「未知の領域」「冒険」「アドベンチャー」などなどの言葉で表現され、かつそこに至る一歩一歩がある程度現実味を帯びていないといけない。

理念共感はこういう感覚から生まれてきたりもするのではないか。未来に想いを馳せて、今何ができるか考え行動する。夢やロマンがあるから、行動の原動力ができあがる。

コモンビートも16年活動してきた今、その活動に夢やロマンはあるのか。設立当初の情熱を失いがちじゃないのか。

これから15年活動してくために、次の夢やロマンは何か、具体的に起こす行動は何か。もっと考え抜かなくてはいかないな。
もっとつまみ食いできるメニューを [2019年09月19日(Thu)]
コモンビートのミュージカルプログラムは100人100日。なかなか参加するのに覚悟がいる。それはそれでいいことなのだが、もっと手前から軽く始めたい人もいるはず。

なので、もっとつまみ食いできるくらいのちっちゃなイベントやプログラムを作らなきゃと思ってる。表現することの楽しさだったり、違いと出会うこと、活かし合うことの楽しさを伝えるワークショップのようなもの。

コモンビートの活動に関わる入口、ファーストコンタクトをもっと多様にすることで、ミュージカルプログラムへの参加に繋がるステップを作っていきたいな。

平日の夜にそういうワークショップをやりまくる事業を作ってみようかな!
兆し。 [2019年09月13日(Fri)]
今日はラジオの収録に行ってきた。いつも聞いている大好きな番組に出演できるなんて最高だ。もちろんコモンビートの活動を多くの人に伝えるための活動のひとつだ。

ちょうど3週間くらい前にこの番組で「ダイバーシティ」について特集していた。コモンビートにも共通するキーワードだったので、なんだかピンときて、だだーっと文章を書いて、同じ番組内の社会貢献活動を紹介するコーナーに応募した。「ダイバーシティ」の情報を聴きながら書いたので、自分でもいい感じに文章が書けた。そしたら番組から連絡がきて、コモンビートを取り上げていただけることになったのです。

応募する瞬間に、なんだか取り上げていただける自信があった。あの「ダイバーシティ」特集も何かの兆しだったに違いない。

ちょっと直感的ですが、そういう感覚も大切だと思っています。なんかわからんけど、根拠のない自信が湧き上がる時がある。

そんな「兆し」を逃さないようにするためにも、自分に対するアンテナを強めに持てるように日々生活したいと思う。
自分たちの活動を知らない人の方が圧倒的に多いのだから [2019年08月22日(Thu)]
いくらコモンビートか全国にミュージカルプログラムを展開しているからといっても、ほとんどの人はコモンビートのことを知らないわけで。今も電車で帰宅中だけど、この車内にコモンビートを知ってる人はほぼいないはずだ(少しだけいてほしいけど)。

だからこそ活動を伝え続けなくてはいけないし、存在が伝わったらそれがきっかけとなって活動参加につながり、個性が響きあう社会づくりの一歩になっていくのだから。

だから、いろんなイベントに顔出して、名刺交換したり自己紹介しながら、ゼロをイチにしていくことがとっても大切だと思ってる。苦手な会社にだって訪問していかなきゃだめだ。

人と会うのが仕事。そして、伝えるのが仕事。新しい出会いから、新しい力を生み出すのが仕事。そうやってコモンビートを応援する、される存在になってビジョンに向けて進んでいけるといいな。
管理をやめる。自分でやるべき管理をやってもらう。 [2019年08月20日(Tue)]
組織による管理には人は反発したり、我慢したりしてあまり良く思わないことがほとんどだ。

じゃあ、その組織によって管理されている部分を「自分で管理」することができれば、組織も管理をしなくなる。自分でちゃんとやれば良いだけなんだけど、人間は怠惰だったりするわけで、なかなか管理されてないと自分を律して行動できないから厄介だ。

そういう意味では、管理してもらわないと仕事ができないのであれば管理されていることに文句を言える立場にはないし、逆に自分で管理ができるのであれば組織は文句を言える立場にない。

だからこそ、自分で自分のことを知り、どんなペースでありのままに仕事をするのが一番適しているのかを把握して、それを組織に求めていければとても気持ちの良い働き方になるはずだ。組織はその申し出に対して、積極的に環境を整えてあげるだけでよい。だって自分で自分を管理することが前提なのだから。

もし組織の働き方には文句があるけど、あまり自分自身を管理できないということであるならば、今すぐ組織に文句をつけるのではなく、自分自身を管理できないことに問いを立てるべきだ。

組織に変われと言うよりも、自分が在り方を変えていく努力をする方が、きっと豊かな人生を送れることになるだろう!
半年続きました!みなさんいつも読んでくださり感謝です! [2019年07月31日(Wed)]
今日で7月も終わり。2月から平日毎日書き続けてきたこのブログも半年継続することができました。ありがとうございます!

「ダイバーシティ&インクルージョン」をテーマにしながらも、組織運営や人生の生き方やあり方なとなど書きたいことを書き続けてきました。昨年は全く書けず1年間で1記事のみ、しかも新年の挨拶で終了し、反省しかありません。今年はもう既に130本近く書いているので、昨年のペースでいけば130年分書きました(笑)。

データ解析によると、書き出した当初は一日100pvで50人くらい訪問者がいる感じでしたが、最近では一日300pv以上200枚弱の訪問者がいる状況のようです。数字的には大きな影響力はなさそうですが、有名ブロガーのように何万もの人に伝えられることが凄いことではないと思うし、逆に言えば一日で200人も自分の頭や心の中の吐露ににお付き合いいただいている方がいると思うととってもありがたいです。

少しでもより良い社会に一歩一歩進んでいくために、自分の考えを伝えることも役に立つのかなと思って頑張っていたりします。コツコツ継続することが自分の強みでもあり、読んでくれる人が少しでも居るならばまだまだやっていけそうだなと思っています。

3ヶ月ごとくらいにこのブログについても振り返りつつ、自然体に等身大に書き綴っていければと思っています。今後ともよろしくお願いします!
長いトンネルを抜けて、夏。動いていこう! [2019年07月29日(Mon)]
関東がようやく梅雨明け。自分としては天候はバイオリズムに影響するので、長いトンネルからようやく抜け出せた気分だ(笑)。

タイミングってのはなんだか合わさっていくもので、いろんなことが同時にモヤモヤしていたんだけど、夏の到来によって、なんだか全部良い方向に向かい始めている気がしてきた。

たぶん自分だけじゃなくずっと曇り空や雨が続いて、参院選挙も投票率低かったし、なんか気分があがらず、世の中が鬱々としていた気がする。

すんごい感覚的ですが、ここからはバーっと汗かいて行動すれば、いい結果がでてくる気がします。そんな季節の「夏」の到来です!

よし、動くぞ!
| 次へ
プロフィール

あだちりょうさんの画像
あだちりょう
プロフィール
ブログ
http://blog.canpan.info/ryoadachi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ryoadachi/index2_0.xml