CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

コモンビートの中心から代表が叫ぶ!りじちょーブログ更新中!

特別なことじゃないダイバーシティ&インクルージョンの日常を切り取るNPO法人コモンビートりじちょー安達亮のブログです。平日は毎日更新しています!


多様性の理解、どうやったら学べるのか [2019年07月26日(Fri)]
違いを認め合い活かし合う「ダイバーシティ&インクルージョン」というものは、どうやったら学べるのか??そもそもこの言葉自体縁遠い人も多いだろう。

僕自身は学校で学んでこなかったし、当時はそんな考え方がなかった。今では大学の中で学部や学科はできてきているのかもしれないけど、世の中のほとんどの人が学んだことのないことなのである。世の中がどんどん変化していて、教育が追いついていないところがある。

コモンビートは「ダイバーシティ&インクルージョン」という言葉ではないが、上演しているミュージカル作品のテーマが「異文化理解」であることから、活動当初から同じ意味合いを伝えて、多くの人たちにミュージカルプログラムという、体感型で異なる人とどう一緒に過ごしていくかを学ぶ機会を提供し続けてきたんだと思う。

座学や講義ではこの「多様性の理解」を知識としては学べるかもしれないが、限度がある。知識の先は自分が行動して、体感して初めて身につくものだからだ。

どんな体感をしてもらうのかと言えば、シンプルに「いろんな人と出会う」ということだ。そして「バラバラな人たちでひとつのものを作る」ということも加えて大切な要素だ。

そういう意味では学ぶというよりかは、体感しながら「他者と共に生きるセンス」を磨くというようなことに近いかもしれない。

ミュージカルづくりは実は社会づくりと一緒のことをやっている。コモンビートはただのトレーニングの場であり、社会でトレーニングの成果を思う存分に発揮してほしい。

そういう意味では、毎日、誰かと一緒に生活しているのだから、社会そのものが学び舎だと思えばいい。できるとかできないとかじゃなく、みんなで一緒に生きるために学び合う努力がしたい。
プロフィール

あだちりょうさんの画像
あだちりょう
プロフィール
ブログ
http://blog.canpan.info/ryoadachi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ryoadachi/index2_0.xml