CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

コモンビートの中心から代表が叫ぶ!りじちょーブログ更新中!

特別なことじゃないダイバーシティ&インクルージョンの日常を切り取るNPO法人コモンビートりじちょー安達亮のブログです。平日は毎日更新しています!


「当事者」ver.2.0 [2019年04月19日(Fri)]
昨日、green drinks shibuya というイベントに参加してきた。テーマは「ダイバーシティ&インクルージョンの現在地」というもの。

障がいや病気、ジェンダーやLGBTQなどなどのテーマをもとに活動する団体や企業からプレゼンがありました。

その中で何度も登場したのが「当事者」という言葉。この言葉すごく難しくないですか?

ダイバーシティ&インクルージョンって、違いを認めて活かし合うことを言うから、垣根を超えて混ざり合っていくようなイメージ。

「当事者」かそうでないかって、そこで自分ごとと他人ごとを分けてしまう感じがして、いつもモヤっとする。そりゃ「当事者」は存在するんだけど、そこを超えていく必要性からするとなんか違和感。障がい当事者とかLGBTQ当事者って言えば対象はわかりやすいけど、そうじゃない人にも「当事者」はいるはずなのに、なんか限定的になりすぎるというか。

この社会に生きる、今の時代に生きる自分としての「当事者」感があるし、そういう意味の「当事者」感で繋がっていかないと、インクルージョンまでいけないんじゃないかなと。

みんな違いがあるけど、それを前提としてどんな社会をつくっていく「当事者」感がもっともっと出てくるといいよね。当事者バージョン2.0というか。

イベントでは「多様性は地続き」という言葉が印象的だった。自分にできることは限られてるけど、常に自分ごとに「違い」をとらえられたときに、少しずつ社会がよくなるんじゃないかな。
プロフィール

あだちりょうさんの画像
あだちりょう
プロフィール
ブログ
http://blog.canpan.info/ryoadachi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ryoadachi/index2_0.xml