CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

人の悩みに悩まない [2019年03月15日(Fri)]
駒澤大学の電車中刷り広告が好きだ。

いろんな示唆に富んでいて、ハッとさせられるものも多い。ちょっと古いが「世界には72億の「違い」がある」の広告はドンピシャ過ぎて、Facebookのカバー写真にしたり、いろんなところに使っている。

他のものでピンときたのは、「あなたが悩んでいるのは、他人の課題かもしれない」というものだ。

僕もたくさん相談にのるが、相談にのってると気づかずに、相手の悩みに自然と自分も悩んでることがある。心を寄り添わせる意味ではいいかもしれないが、その悩みへの答えを出すのは本人だ。もちろん自分と相手の共通の悩みの場合は一緒に悩めば良い。

自分の悩めるキャパシティもあるのに、そこを他人のもので使っちゃうと、まぁ、大変だ(笑)。

そうならないためには、その悩みや課題を解決する当事者は誰なのかをちゃんと認識する必要だ。時には少しドライにならなくてはいけない。

僕はよくドライと言われるのだが、この広告に共感するということは、自然と「自分の悩みじゃない」と思ったら、客観点を貫くからだろう。

だから逆に、自分も相手の悩みの当事者の場合は、実はかなりウェットです(笑)。
プロフィール

あだちりょうさんの画像
あだちりょう
プロフィール
ブログ
http://blog.canpan.info/ryoadachi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ryoadachi/index2_0.xml