CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

1→「2」はつぎ、1→「2」→3はつなぎ [2019年02月18日(Mon)]
僕は2代目の理事長です。
理事長になって5年経って6年目に入るわけなんすけど、なんとなく自分の立ち位置がわかってきたかもしれません。

初代から理事長を継いだ瞬間は、僕が誰かに理事長を継ぐことなんて、当たり前だけど考えていなかった。1→2は「つぎ」なんですもん。

だけど5年経ってみると、ちょっと意識するようになってきた。自分の任期は10年って決めてるのであと5年。そしたら、1→2→3になって「つなぎ」の役割が見えてきた。

自分は団体の10〜20年目を担ってるから、20〜30年目を担う人にちゃんとつないで行かなくちゃいけない。

1〜15年目で生まれたものを15〜30年目へ投じられるように準備をしておかなきゃ。

なんだか急に腑に落ちて、野球でいうと一塁ランナーを犠打(バント)で送るような2番打者的なイメージがしっくりきた。サッカーで言うと、ディフェンスが奪ったボールをオフェンスにつなぐボランチのようなイメージだ(このイメージシリーズ実はあまり伝わらないんだろうなw)。

自分はナンバーツー人材なので、理事長職はトップだからできんのかなぁと思っていたが(今でも思っているが)、「つなぎ」の役割だと思えば、なんかできそうな感じがする。

「つぎ」と「つなぎ」を意識するって大切だな。

自分の仕事が何に繋がってるか考えたり、面倒くさい施設の現状復帰も、新幹線のリクライニングを戻してから降りることも、トイレのスリッパの向きを直したり、居酒屋の店員さんが片付けやすいようにお皿をまとめておくこともなんだか近そうなメンタリティだ。
プロフィール

あだちりょうさんの画像
あだちりょう
プロフィール
ブログ
http://blog.canpan.info/ryoadachi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ryoadachi/index2_0.xml