CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

「報連相」は一緒にゴールするためのもの [2017年02月08日(Wed)]
05c1bf5196414fb159010595ff19c1cd_m.jpg

組織で仕事を進めるには、多くの人たちと一緒に作業していく必要があります。

自分の仕事を全うすると同時に、仕事を頼んだり、頼まれたりと、いろんな情報が飛び交います。そこでよく「ホウレンソウ」という言葉がでてきます。「報告・連絡・相談」の意味ですね。

わかっていても「ホウレンソウ」は忘れがちになりますね。ホウレンソウの中でも「連絡・相談」は仕事を進める上で、目の前のことを乗り越えるために必要なことだったりもするのでやりやすく、「報告」に関しては達成したあとのことだったりするのでついつい忘てしまうことが多いですよね。

私もNPOの代表をしていると、他団体の運営相談を受けたり、広報宣伝を頼まれたり、いろいろなリクエストがきます。そして私も同じように周りの方々にいろいろなリクエストをしています。

この他者へのリクエストをしたときに、私が気をつけていることが、「忘れがち」と先ほど書いた「報告」をすることですね。

例えば昨年、コモンビートで学生インターンの募集をしたのですが、その集まりが悪く、いろいろな方に広報告知協力をお願いしました。結果的には多くの方にご協力いただき、無事に4名が集まり、プログラムがスタートしました。このプログラムスタート時に、広報協力をお願いした方々に「無事に4名も集まりました!」という報告をしっかりすることです。

今やSNSでお願いも何もかも簡易化されてカジュアルになっているので、頼んだら頼みっぱなしみたいなことも多いと思います(それでいい時もある)。ですが、「感謝」を伝えることをカジュアルにしたり、さぼったりしてはいけないと思っています。

頼んだのであれば、その報告をしっかりする。感謝を伝える。これをやることが相手への礼儀なんじゃないかなと僕は思ってます。実は報告は感謝なんですよね。

「ホウレンソウ」は業務を円滑に進めるものだけではなく、感謝を伝える、一緒にゴールするためのものだと思っています。一緒にゴールをすると、次にまたスタートしてくれることにつながります。

定期的に相談相手に対して「団体はこんな風に動いています」「自分は今こんな感じです」と近況報告をすることは悪くないことですね。応援してくれている相手にとっても嬉しいことのはずです。

人と人との関係をしっかりつくっていくことで、推進していくものが数多くあります。
ぜひ、「報告(感謝)を忘れずに」活動していきましょう。

> NPO法人コモンビートのWEBサイトはこちらから
タグ:ゴール
検索
検索語句
最新コメント
タグクラウド
プロフィール

あだちりょうさんの画像
あだちりょう
プロフィール
ブログ
http://blog.canpan.info/ryoadachi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ryoadachi/index2_0.xml