CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«◙久々のブログUPです | Main | ★2017★ 献花の集い開催いたします»
プロフィール

陸前たがだ八起プロジェクトさんの画像
<< 2017年07月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
応援してくれる皆さんは、『このチャレンジに寄付する』をクリックしてください!応援よろしくお願いします。
カテゴリアーカイブ
支援頂いている皆様
リンク集
最新記事
最新コメント
http://blog.canpan.info/rt8kpj/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/rt8kpj/index2_0.xml
★「復興の先を見据えた支援〜住民もNPOも“育つ”復興支援のあり方〜」 [2017年02月20日(Mon)]
久々のブログアップです!
陸前高田市内で、最大のモビリア仮設住宅を中心として、八起プロジェクトの活動は続きます。
間もなく東日本大震災から6年が経過しようとしておりますが、いまだに仮設住宅の暮らしを余儀なくされており、復興とは程遠い現地です。

そんな中、私たち八起プロジェクトは、日本NPOセンターさんはじめ、ジョンソンエンドジョンソン様からのご支援を受け、コミュニティーのエンパワーメント事業を3年間にわたり行ってまいりました。そのことを受け、シンポジウムを開催いたします。

チラシ_3.22「復興の先を見据えた支援」シンポジウム_PAGE0000.bmp
チラシ_3.22「復興の先を見据えた支援」シンポジウム_PAGE0001.bmp
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2017年3月22日(水)開催シンポジウム

「復興の先を見据えた支援
  〜住民もNPOも“育つ”復興支援のあり方〜」

会場:TKP東京駅前カンファレンスセンター(東京駅1分)

詳細/お申込み:http://www.jnpoc.ne.jp/?p=12633

▼災害復興のその先を見越して、地域の未来をつくるために忘れてはならないものとは何なのでしょうか?
これからの東北には、「必要な時に支えてもらえる場があること(居場所)」と同時に、「自分の力と役割を発揮できること(出番)」の両方が必要かもしれません。

本プログラムで「住民の主体性」がつくる元気な地域を目指すために、現地のNPOがどのように取り組み、また、学習のプロセスを重ねていったのか、お伝えします。
さらに、外部支援者は、どのように現地(住民、コミュニティ、現地のNPO活動者)の一歩一歩を支えることができるのかを投げかけ、議論します。         
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
(概要)
■日 時:2017年3月22日(水) 14:00〜17:00

■会 場:TKP東京駅前カンファレンスセンター【5F】カンファレンスルーム5A
     (東京都中央区八重洲1丁目5-20 石塚八重洲ビル5F ※1F本間ゴルフ)
     http://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/cc-tokyo-ekimae/access/

■対 象:企業の社会貢献事業担当者、NPO支援組織など
     ご関心のある方はどなたでも
■参加費:無料
■定 員:30名
■主 催:特定非営利活動法人 日本NPOセンター
     特定非営利活動法人 @リアスNPOサポートセンター(釜石市)
     特定非営利活動法人 陸前たがだ八起プロジェクト(陸前高田市)
     特定非営利活動法人 ウィメンズアイ(南三陸町)

■ウェブサイト:http://www.jnpoc.ne.jp/?p=12633
Posted by Gamoh at 17:28 | 活動日誌 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント