CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«ハッスルの2月の連休 | Main | フラダンス»
プロフィール

陸前たがだ八起プロジェクトさんの画像
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
支援頂いている皆様
リンク集
最新記事
最新コメント
http://blog.canpan.info/rt8kpj/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/rt8kpj/index2_0.xml
そして、チョコ作り。 [2012年02月13日(Mon)]
というわけで、バレンタイン企画の第2弾は「チョコレートを作ろう!」


子供たちでも安全・簡単に作れるオリジナルチョコレートと、チョコチップを使ったクッキー作り、ミニホットケーキを使ったデコケーキの3種類を準備しました。

みんなでオリジナルチョコ作り!


クッキー頑張って作ります!よだれも入っているとか、いないとか・・・・。


デコレーションのホイップ作ってます!




子供たちも20人近くの参加があり、朝からワイワイ作りはじめました。

高学年だとチョコよりも、クッキーやケーキに行くのかと思ったのですが、意外にみんなチョコレート。
やっぱり王道が1番人気なんですね!
男の子も女の子も、みんな真剣に頑張っています。


出来上がったチョコは、雪の降る寒い日だったので、玄関の方へ持っていけば固まって出来上がりです。


白やピンク・茶色など色とりどりのチョコレート達、色んな思いの詰まったかわいいものになりました。



まあ、この2日間。
集会所はあま〜い匂いがいっぱいです。

ラッピングにもこだわりました!



上尾市からお手伝いに来てくださった市川さんが、牛乳パックや卵のパックで作れる箱を教えてくれました。
高学年のお姉ちゃんたちは、午後は頑張ってつくってくれました。


午前中の終わりころ、残った材料もあったので、仮設に住むおばあちゃん達に持っていくチョコレートを作ろう!という話になりました。
そのチョコを一生懸命作り、午後には「これどーするの?」と聞いてくれた子供たち。

「ラッピングしてくれる?」の一言に「わかった!」と頑張ってくれました。

そして、「サナエちゃんと一緒にチョコを持って行ってくれる人は?」との質問に「は〜い!」とお返事して雪降る中、一緒に仮設を回ってくれました。


さすがに子供たちの行動力は素晴らしい!
物おじせず「こんにちはー!」と声をかけ「みんなで一生懸命作ったんです!」と渡します。
渡された住民の方も「もらえる予定なんかなかったから、本当に嬉しいよ。上手に出来たね。ありがとうね」とニッコリ。
子供たちもニッコリ。


いい1日になったのではないでしょうか?


今回の企画にあたり、お手伝いいただいた地域の方・ボランティアの皆様、予算を出していただいたアメリケアズの方々、本当にありがとうございました。
本当に裏方で、ずっと洗い物をしていただいた方もいて、大助かりでした。

とりあえず、沢山の楽しそうな顔や、嬉しそうな顔も見れたし、まあ、なんとかいいイベントになったのではないかと思います。


また、次の企画に向け頑張りたいと思います。


今回のカワイイ写真
自治会長と愛孫娘。じーじのために頑張りました!





Posted by さなえ at 11:48 | さなえの報告 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント