CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«バレンタイン企画 | Main | 赤い羽根助成決定»
プロフィール

陸前たがだ八起プロジェクトさんの画像
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
支援頂いている皆様
リンク集
最新記事
最新コメント
http://blog.canpan.info/rt8kpj/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/rt8kpj/index2_0.xml
チョコケーキ作り! [2012年02月11日(Sat)]
さてさて、バレンタイン企画第1弾!みんなで作ろうチョコケーキ!
なんとか、無事に終了いたしました!


でも、今日は早起きしたので、眠たくはありますが、疲れたな〜という感じはありません。
それもこれも、地域の人が沢山沢山手伝ってくれたからです。

事前準備から、色々としていただいてたのですが、みんながスポンジケーキを焼いてくれ、合計16個のスポンジケーキが集まり、午前中に2つ(午後はこれないからと、午前中に来てくれました)午後から14個のケーキのデコレーション大会です。


子供も午前に3人・午後から16人参加してくれました。

それと地域のお父さん・お母さん達が7人・埼玉県上尾市からお手伝いにかけつけてくれた人が3人・私の個人的な友人が1人・蒲生さん・知子さん・私。
これだけ大人がいると、本当に助かりました!


子供たちの個性の光る、いいケーキが沢山!
チョコフォンデもあって、作りながら食べて、また作ってを繰り返し。
終盤には、紙コップで作るカップケーキも飛び出し、参加した人それぞれが楽しめたのではないでしょうか?

5歳の作品。センスが光ります!


もう1つ、私的にはイチゴの使い方がカワイイと思った。



どうせなら、スポンジケーキを焼いてくれたお母さん達に、出来栄えを見て欲しかったのですが「若いお母さんたちが楽しむことだから」と遠慮もあり、スポンジケーキの焼手と、デコレーションした子の合作なのに、お互いに顔を合わせることが出来なったのが残念です。
というわけで、ケーキの写真を集会所に張り出そうかと思っています。

最後には、数人の子供たちと住民のおばあちゃんをお茶会に誘いに行きました。
来てくれたのは4人。
なんとな〜く距離のある感じ。

私には「さなえちゃん!」と寄ってきてくれる子供たちですが、おばあちゃんの前では恥ずかしそうです。
ちゃんとケーキやお茶は出してくれるものの・・・・。
もう少し、上手に誘って、仲良くなれるように出来ればよかったな〜。
まだまだ、修行不足です・・・・。

今回はお菓子の作れない私が言い出したことなので、地域のお菓子つくりの名人たちに手伝ってもらって、作る方はお母さん達におまかせでした。
それでも、文句も言わず色々と協力していただけ、本当にありがたかったです。
本当は親子で楽しんでもらうはずだったのに、裏方に回ってもらってしまったお母さん。
本当にありがとうございます。
おかげさまで、安心して動くことが出来ました!


今日、1つ関心したこと。
基本的にモビリアに住む子供たちはみんな仲良し!
そして、年上の子が年下の子の面倒をよく見ています。

今日は1番下が、たぶん、1歳くらいの子で、お兄ちゃん・お姉ちゃんがケーキを作る中でウロウロしながら、遊んでいたのですが、ある子のケーキのデコレーションに乗っているイチゴをパクリ!
大人も気づいてはいたけど、みんなが「あっ!」となった瞬間でした。
すかさず、隣にいた6年生が「これ使いな」と自分用にとっていたイチゴを渡しました。

すぐに動ける行動力と優しさを見て、本当に感心して嬉しくなってしまいました。

こんなモビリアの子供たちが私は大好きです。

さてさて、明日はみんなでチョコレートを作る日です。
明日はどんな顔が見れるかな?
楽しみです!





Posted by さなえ at 22:05 | さなえの報告 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント