CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

陸前たがだ八起プロジェクトさんの画像
<< 2017年04月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
応援してくれる皆さんは、『このチャレンジに寄付する』をクリックしてください!応援よろしくお願いします。
カテゴリアーカイブ
支援頂いている皆様
リンク集
最新記事
最新コメント
http://blog.canpan.info/rt8kpj/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/rt8kpj/index2_0.xml




kifu.jpg
新年度となり、畑開き〜 [2017年04月17日(Mon)]
新年度初投稿です。

忌まわしい、東日本大震災から6年が経過いたしました。今年の3.11は7回忌ということもあり。お寺さんも忙しかったと聞いております。

陸前高田のまちは嵩上げが終わり、ショッピングセンターの開発が進んでおり、あと2年も過ぎればハード整備もひと段落です、高台の造成も現在進行中ですが、こちらもあと2年は掛かりそうです、住まいが決まり最終的に落ち着くのは後最低3年はかかる見込みです。

一報、陸前高田の東部地区では中心部に比べ比較的ハードの復興は進んでいるものと感じております、しかしながら。新たなコミュニティーになじめず、ソフト面ではまだまだ先が長いなと思っているところです。

さて、そんな中でも!必ず春はやってきます。春になると土が恋しくなってくる住民さんも少なくありません、今年も3月下旬から畑開きを行い、今話題のジャガイモやねぎ等を植え、冬を越したほうれん草の収穫なども行っております。
RIMG3519.jpg

畑は達成感を感じることができ、コミュニケーションを深めるには良いツールです。
この辺でいう「たばこ(休憩)」も楽しみの一つなんです。
RIMG3522.jpg

そして、お茶会!月に一度定期的にやっており、話に花が咲きます。
仮設住宅に以前いた方も多くいらっしゃいます、おばあちゃんたちは「ここは、苦楽を共にした仲間がいる、第2の故郷です」と言います。仮設住宅がなくなる事は良いことですが、やはり大変な時を共に過ごした思いは、深いものがあるのだと思います。
RIMG3537.jpg
いつまで、続ければいいのかまだ判断がつきません。ただ、確かな事は、モビリア仮設住宅は最後まで残る仮設住宅であるということです。今後も状況をよく見極め対応していければと思うところです。
Posted by Gamoh at 10:59 | 活動日誌 | この記事のURL | コメント(0)
★2017★ 献花の集い開催いたします [2017年02月24日(Fri)]
 時の移ろいは早すぎ、東日本大震災より、丸6年が経過しようとしており、7回忌になります。

八起プロジェクトは、モビリア自治会と共同で、「黙祷と献花の集いを」海側から市街地を望む展望台にて、平成29年3月11日午後2:30分ごろより厳かに執り行います。

20170311 献花式.jpg

参加は自由ですが、献花はモビリア住民さんの分はご用意させてい頂いております。
Posted by Gamoh at 09:20 | 活動日誌 | この記事のURL | コメント(0)
★「復興の先を見据えた支援〜住民もNPOも“育つ”復興支援のあり方〜」 [2017年02月20日(Mon)]
久々のブログアップです!
陸前高田市内で、最大のモビリア仮設住宅を中心として、八起プロジェクトの活動は続きます。
間もなく東日本大震災から6年が経過しようとしておりますが、いまだに仮設住宅の暮らしを余儀なくされており、復興とは程遠い現地です。

そんな中、私たち八起プロジェクトは、日本NPOセンターさんはじめ、ジョンソンエンドジョンソン様からのご支援を受け、コミュニティーのエンパワーメント事業を3年間にわたり行ってまいりました。そのことを受け、シンポジウムを開催いたします。

チラシ_3.22「復興の先を見据えた支援」シンポジウム_PAGE0000.bmp
チラシ_3.22「復興の先を見据えた支援」シンポジウム_PAGE0001.bmp
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2017年3月22日(水)開催シンポジウム

「復興の先を見据えた支援
  〜住民もNPOも“育つ”復興支援のあり方〜」

会場:TKP東京駅前カンファレンスセンター(東京駅1分)

詳細/お申込み:http://www.jnpoc.ne.jp/?p=12633

▼災害復興のその先を見越して、地域の未来をつくるために忘れてはならないものとは何なのでしょうか?
これからの東北には、「必要な時に支えてもらえる場があること(居場所)」と同時に、「自分の力と役割を発揮できること(出番)」の両方が必要かもしれません。

本プログラムで「住民の主体性」がつくる元気な地域を目指すために、現地のNPOがどのように取り組み、また、学習のプロセスを重ねていったのか、お伝えします。
さらに、外部支援者は、どのように現地(住民、コミュニティ、現地のNPO活動者)の一歩一歩を支えることができるのかを投げかけ、議論します。         
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
(概要)
■日 時:2017年3月22日(水) 14:00〜17:00

■会 場:TKP東京駅前カンファレンスセンター【5F】カンファレンスルーム5A
     (東京都中央区八重洲1丁目5-20 石塚八重洲ビル5F ※1F本間ゴルフ)
     http://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/cc-tokyo-ekimae/access/

■対 象:企業の社会貢献事業担当者、NPO支援組織など
     ご関心のある方はどなたでも
■参加費:無料
■定 員:30名
■主 催:特定非営利活動法人 日本NPOセンター
     特定非営利活動法人 @リアスNPOサポートセンター(釜石市)
     特定非営利活動法人 陸前たがだ八起プロジェクト(陸前高田市)
     特定非営利活動法人 ウィメンズアイ(南三陸町)

■ウェブサイト:http://www.jnpoc.ne.jp/?p=12633
Posted by Gamoh at 17:28 | 活動日誌 | この記事のURL | コメント(0)
◙久々のブログUPです [2016年11月02日(Wed)]
久々の投稿です。
 八起プロジェクトは復興支援を旗印にフェーズに合わせて避難所運営から仮設住宅支援そして地域のコミュニティー支援を精力的に活動を行ってます。
あの日から、5年7か月が過ぎようとしていますが陸前高田では未だに住むところの見通しさえ立っていない現状があります、仮設住宅暮らしも早5年おじいちゃん、おばあちゃんは、あきらめさえ感じています。

会話の中から、「おら、こごさずっといていいか?」とつぶやきがこぼれます、「もう、おらここでいい」とも・・・確かに高齢になればなるほど・・引っ越しにはパワーが必要とされます。モビリア仮設住宅は市内で最後まで残される仮設住宅の一つなんです。

しかし、じいちゃんばあちゃんたちは、ただ時間が過ぎるのを待つだけではなく、生き甲斐を見出し一日一日を大切に使ってます。

東日本大震災からお目見えした戸建の仮設住宅、特にモビリア仮設住宅はオートキャンプ場に建設されたこともあり、庭付き、駐車場付きです。お庭を有効に使って畑を耕作したりお花を作ったり、自然豊かなキャンプ場を上手く利用してます。
RIMG2780.jpg
「大根つくったんだ〜」、「今年は立派に菊の花が咲いたよ〜」、「この松の木はここに来たとき種から育てたんだ」と生き生きと話してくれます。
RIMG2779.jpg
盆栽も行ってます、「来年は、市民芸術祭に出すかな〜」と、前向きです
お庭も、すでに庭園化させてます。
RIMG2784.jpg
再建の見通しが立たなくとも、生かされた意味をしっかりと前向きにとらえてます。
私たちも、できる限り寄り添いたいと思っております、これからも楽しくやって行きましょう。
Posted by Gamoh at 16:05 | 活動日誌 | この記事のURL | コメント(0)
◆勢威積極的な活動は継続中です [2016年09月23日(Fri)]
 かなり久々のブログ更新です。
相変わらず勢力的に、活動は行っておりますのでご休心ください! 何となく最近は、SNSでの更新がお手軽にできて、ブログは後回しになってしまってます・・

さて、さて、モビリア仮設住宅を中心として活動を行ってますが、今回も、「ジュージュープロジェクト」の皆さんとの、恒例の「第2回モビリアカップ」と、「新宿ゴールデン街ぱいんつりーモビリア支店」の開催を、華々しくも9月18,19日の両日に開催されました。

9月18日夜は、榎本航君が5年の歳月をかけ自転車による世界一周を間もなく成し遂げようとしている途中にモビリアに立ち寄っていただいたサプライズも有り、航君は八起プロジェクトをファンドレイジングしながら世界を回って頂いた経緯も有ります、そしてその晩世界一周のお話は「わたるのお話会」も同時開催この事も相まって大盛り上がりを見せました。DSCN7165.jpg
〇そして、スタッフの池ちゃんの誕生会も同時開催、テンションはUPUP楽しい夜のひと時をモビリア仮設に縁ある方々で楽しんだ宵でした。
DSCN7189.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さあ、翌日9月19日は、恒例の「第2回モビリアカップ」の開催です、ゆうべのお天気祭りが功を制し暑くも無く、寒くも無く絶好のソフトボール日和です、以下 「スポーツモビリア」の藻美 里亜記者のレポートです
 
【第2回モビリアカップ惜しくも準優勝!】
第2回モビリアカップ決勝戦結果
2016年9月19日10:00-11:30 小友グラウンド 観衆10.000人
じゅーじゅー 0 1 0 3 3 0 0  7
ゆっこチーム 3 0 0 3 3 3 × 12
勝利投手 ゆき
敗戦投手 ハン
審 判 池田
スコア がもう
◆ゆっこチームメンバー
ゆき、たくま、あやね、ゆうせい、ともき、たお、たすく、いおり、みく、ゆい、せいら、よしき
◆じゅーじゅーチームメンバー
あやねパパ、坂口、島村、村山、佐々木、嶋津、山下、野田、ハン
(介護)田邊
---------------------
DSCN7222.jpg
早朝から台風の影響で小雨がぱらつき開催が危ぶまれたものの、前日の「お天気祭り」が功を奏し(?)、試合前には雨が上がり無事開催となった。
モビリアカップの返還式の後、試合は連覇を狙うじゅーじゅーの先攻でプレイボール。
モビリア出身の小中高生で構成されたゆっこチームは、ゆき選手が先発、弟たくま選手と姉弟バッテリーを組み、じゅーじゅーの初回の攻撃をゼロで抑えた。
DSCN7230.jpg
1回の裏、ゆっこチームは、二日酔いで苦しむじゅーじゅーチームに猛攻を浴びせ3点を先制。
4回表、一度はじゅーじゅーが逆転したものの、ゆっこチームは膝や腰に難のあるじゅーじゅーの弱点を狙ったバント攻撃など頭脳プレイで点を重ね、5回、6回でじゅーじゅーを引き離した。
さらにじゅーじゅーチームを苦しめたのは、ゆっこチームへの地元の声援だ。老体にムチを打ち必死の守備でアウトを取るたびに浴びせられるブーイングの嵐。そのため下位打線の小学生が打つと、わざと球を落として大人の対応をし、「さすがマスター優しい!」との黄色い声援に頬を緩ませた選手もいた(村山選手)。
昨年は接戦の末、じゅーじゅーに敗れ決勝進出を逃した子供チームは、この試合を12対7で制してリベンジを果たし、見事初優勝を飾った。
この試合を見守った野球評論家Tさんは「子供たちは昨年よりもしっかりミートしてボールを飛ばしていたし、守備も良かったね」とゆっこチームの成長に目を細めた一方、「この先、衰えるばかりのじゅーじゅーがモビリアカップを持ち帰るのは、ラクダが針の穴を通るぐらい難しい」と展望した。
「スポーツモビリアWEB版」2016年9月20日独占配信
DSCN7242.jpg
Posted by Gamoh at 11:49 | 活動日誌 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ