CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【活動報告】「NPO育成支援助成」仮想理事会を実施しました | Main | 【終了】東海ろうきん「NPO育成助成」2016年度助成先募集 最終(公開プレゼンテーション)選考会»
【活動報告】「NPO育成支援助成」成果報告会を実施しました [2016年03月27日(Sun)]
 3月27日(日)に「東海ろうきん NPO育成支援助成 助成事業成果報告会」を開催しました。12団体の助成事業の成果を、公開プレゼンテーションでご報告しました。当日は、合計で36名のみなさまにご参加いただきました。


P_20160327_154347.jpg


 当日は、これまで「選考委員」や「仮想理事」、「研修講師」として本プログラムに関わっていただいた以下の方々にゲストとしてご参加いただき、各団体へのコメントをいただきました。
・小坂英雄氏 (愛知県よろず支援拠点 サブコーディネーター)
・加藤慶文氏 (日本政策金融公庫 国民生活事業 名古屋広域営業推進室 室長)
・原美智子氏 (NPO法人ぎふNPOセンター 理事)
・松井真理子氏 (四日市大学 総合政策学部 教授)
・山元圭太氏  (株式会社PubliCo 代表取締役COO)

  P_20160327_160110.jpg


 プレゼンテーションでは、助成期間中に各団体がどのようなチャレンジを行い、どのような成長や変化をし、どのような次の課題が見えてきたのかを、伝えていただきました。
 また、各団体のプレゼンテーションを聞いた感想を交換する「交流タイム」を実施し、参加者同士で、意見のフィードバックを実施しました。


P_20160327_153919.jpg



当日のアンケートの内容を掲載します。

満足度:89点(平均/100点満点中)
感想(一部抜粋)
・この助成を受けて、団体としてステージアップできました。『社会を変える』スタートラインに立てた気がしています。目の前の茨の道を歩んでいく覚悟ができました。頑張ります!
・『助成事業報告会』でなく『成果報告会』という言葉にこの助成事業の本気度が現れていると思います。人を育てる、団体を育てることが社会を変えることにつながると信じてくださっていると感動しました。
・どう伝えるか、何を伝えるかの重要性を改めて実感しました。当団体でも、その部分を強化したいと考えています。
社会的成果を必ず出したいと強く思っています。事業計画→社会を変える計画をもっと具体的に考える必要があると感じました。
・「受益者が誰で、どういう状態になればいいのか」という部分を、もっとメンバー間で議論したい。
・ただお金をもらって使うということではなく、きちんと成果や波及効果を考え、事業実施中も違うと感じた場合、やり方を変えるなど、とても柔軟に頭を使って取り組んでいらっしゃることが印象的でした。
・団体のミッションやビジョンから、自分たちは何をすべき、何のために存在しているのかを関係者と話し合う時間や機会が必要だと感じました。社会・地域は単独の活動では変わらないと思いました。

 2016年度、本プログラムは団体の組織診断や基盤強化を応援する「東海ろうきんNPO育成助成」としてリニューアルします。本気で地域や社会を変えるためのNPOへの支援に、今後も取り組んでまいります!

(コミュニティ・ユース・バンクmomo 運営事務局 小池)

Posted by NPO育成支援助成・NPO寄付システム at 14:37 | 2015年度「NPO育成支援助成」 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント