CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 仮設住宅支援 | Main | 勉強会»
<< 2016年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
としえ
リオグランデお泊まり会 3日目 (09/09) としえ
リオグランデお泊まり会 2日目 (09/09) としえ
リオグランデお泊まり会 1日目 (09/09) としえ
ピザづくりとホタルかんさつ会 (07/22) としえ
味噌と味噌ラーメン作り (04/19) としえ
リオグランデお泊まり会1日目 (09/27) としえ
ホタルかんさつ会 (07/20) たかあき
ホタルかんさつ会 (07/09) としえ
沢あそび (06/16) としえ
ピザづくりと、みそづくり (05/11)
最新トラックバック
ホタルかんさつ会 [2015年06月27日(Sat)]

先週土曜日。
今年も福地のホタルを見に行きました。

昼間は遊び場として開放しており、とくに男の子たちは、カードゲームや、川に入って生き物さがしなどにいそしんでいました。

IMG_1080.JPG

ドジョウやザリガニ、大きなカニに、ウシガエル?のオタマジャクシなどなど…

IMG_1078.JPG

夕食のカレーづくりは、女の子たちが玉ねぎに号泣しながら、たくさんお手伝いしてくれました。

ナンも作ってみました。

IMG_1079.JPG

IMG_1084.JPG

さて、夕食を終えて、辺りが暗くなり始めた19時すぎ。
ホタルかんさつに出発!
昨年は5〜6人だったように思いますが、今年は20人と大にぎわい。

文教大ボランティアズのみなさんがとつぜん訪問してくださり、一緒に参加してくれました。

田んぼの畦道を1列で進みます。

どうやら今年は昨年より1週間見頃が早かったようで、歩いても歩いても1匹もホタルがみつかりません。
先頭を歩く大人の静かな焦り…

ようやく、ホタルを発見。でも数匹…子どもは20人。

IMG_1086.JPG

さらなる焦りを感じつつ、山沿いの道を進むと、ようやくポツリ、ポツリと光が見え始め、
あちらにも、こちらにもふわりふわりと飛んでいます。

子どもたちは、大はしゃぎで、ホタルを追いかけています。

「あっちに、うじゃうじゃいる!」
ホタルがうじゃうじゃいるとは、すごいことです。

IMG_1087.JPG

「ホタルってほんとに水きれいなとこにしかいないの?普通だと思うけど」

その普通をぜひ、このまま大事にしていってほしいと思います。

20時半すぎ、少し遅くなってしまいましたが無事解散。
遅くまでみなさんおつかれさまでした。



沢あそび [2015年06月01日(Mon)]

5月30日(土)、沢あそびに出かけました。
めざすは、近くを流れる加茂川の上流。ねらうは、サワガニ、そして何でもいいから、魚。

この日の参加は、幼児さんから6年生まで13人。
準備万端の上級生たちは、ひと足先に先発部隊として出発。
小さい子たちが後に続いて、みんなで歩いて目的地をめざしました。

われ先にと、歩いて、走って、沢に到着。
沢の水は、まだまだ冷たかったですが、みんな網を片手にばしゃばしゃと進んで行きます。

IMG_1035.JPG

石の下にさっそく、サワガニ発見!

IMG_1047.JPG

「なんか、この沢にサンショウウオいるらしいよ」「ウーパールーパーじゃなくて?」と、
冗談半分で話していたそのとき、
何か、あんまり動きが俊敏でない生き物を発見。

もしかして…と半信半疑で男子3人がつかまえたのは…

IMG_1039.JPG

なんとサンショウウオでした!

一同、大歓声!
「興奮しすぎて、頭痛くなった」そうです。


山の清々しい空気の中でおいしいお弁当を食べてから、リオグランデに帰ってきました。

山を出ると、陽射しが強くて、暑いくらいのとてもいい天気。空もきれいでした。

IMG_1040.JPG

午後のあそびは、ポップコーンづくりに、剣づくり、カードゲームにキャッチボール…。

そして、生き物さがし再び。

IMG_1041.JPG

「福地は自然いっぱいあるからね」
サンショウウオの大金星をあげた、近くに住む男の子は
満足気に言っていました。
地区を問わず、子どもたちにとって最高の遊び場になっています。











紅葉の栗駒山へ [2014年10月06日(Mon)]

10月4日(土)
紅葉の栗駒山へ行ってきました。

今回の参加は小学生7人。
朝7時に福地を出発して、栗駒山へ向かいました。
バスの中では、「今日山のぼるのやめて、温水プール行きませんか?」
と再三お願いされたものの、山に着いて合流したつかちゃんの話を聞き、
いざ登山口のいわかがみ平に着くと、みんな一気に気持ちが山に向きました。
「なんか楽しそう!」「みんなで雲のとこまで行こう」
ということで、準備体操などをして、出発。

PA040561.JPG

昨年は出発時間が遅かったのと、天候がよくなかったため、半分まで登って下山しました。
今年は、1年生3人を含む7人でどこまで行けるでしょうか。

登り始めると、かなりペースがよくあっという間に3分の1まできました。

PA040563.JPG

例年よりも早いという山の紅葉はすでに登山口まで下りてきていたので、
青空のもと、まわりの紅葉したきれいな景色を見ながら進みました。

PA040564.JPG

見慣れない植物や、真四角の石や、卵形の岩石、動物の匂い、むこうの山にまだ残っている冬に降った雪、何かの動物の骨…いろんなものがあります。

すれ違う人、すれ違う人、みんな笑顔で声をかけてくれ、こちらも「こんにちは」とあいさつしました。

6年生の子が、1年生の子の水筒を自分から持ってあげたりしながら、なんとか3分の2まで。

PA040568.JPG

さあ、これから山頂へというところで、霧がかかり始め、雨が降り始めました。
ここでカッパを着て装備をととのえ、最後のひとがんばりで山頂へ。

登り始めて1時間50分、全員で山頂に到着することができました!

山頂でうまい棒を食べると宣言していた子は夢かないました。

記念撮影をしてから下山。
口々につかれたーと言いながらも、歩きつづけて無事に戻ってくることができました。
おつかれさまでした!

このあと、温泉の予定でしたが、みなさんの熱い要望にお応えして、併設されている温水プールへ。山に登ってきたとは思えないほどの遊びっぷりで、楽しそうでした。

去年は半分まで登った子は、「今年は来た甲斐があったなー」と言い、
別の子は、「また山のぼりしたいな」と言っていました。
次は、山頂でチョコ棒を食べるのだそうです。

今年の栗駒山登山は紅葉もきれいに見れて、何より子どもたちの達成感がありました。

















北上川でカヌー・ボート体験活動 [2014年09月07日(Sun)]

昨日、登米市豊里にある北上川河川歴史公園でボート・カヌー体験活動を行いました。
週の始めの天気予報では、土曜日は雨の予報だったので心配していましたが、当日は暑いくらいの晴天。川での活動日和となりました。

今回は、17人とたくさんの子ども達が参加してくれました。
ほぼ満員のマイクロバスに乗って北上川河川歴史公園へ。
今回初めて、子どもたちの学校の先生も一緒に参加してくださいました。

この公園のある場所は、北上川と旧北上川の分かれるところで、二つの川の分かれ目は、水位差が大きく流れが急で舟では通れません。そこで、脇谷閘門という舟の往来用のゲートがあり、今回はそこをボートやカヌーで通るのがメインイベントです。

まずは、みんなで脇谷閘門を見に行ってつかちゃんの説明を聞きました。

IMG_0524.JPG

仕組みはなかなか難しいけど、どうやらここを通るらしい…

川岸に移動して、最初にパドルの使い方の練習です。

IMG_0527.JPG

この日は、石巻カヌークラブより、阿部さんが応援に来てくださいました。
ありがとうございます!

今回は10人乗りボート2艇と2人乗りのボート3艇、そして阿部さんが持って来てくださったカヌー。

P9060531.JPG

さっそく乗り込んで、まずは少し上流の橋に向かって漕ぐ練習。
10人乗りのボートは、「いち、に、いち、に」とかけごえをかけて…
2人乗りは、2人で力を合わせて…思った方向に進むのがなかなか難しかったです。

P9060539.JPG

そして、希望者飛び込みました!

P9060538.JPG

暑かったので、とても気持ちよさそうでした。

船着場に戻って、子ども達は全員大きいボートに乗り込み、いよいよ脇谷閘門に出発です。

IMGP1615.JPG

一つ目のゲートをくぐり、ロープにつかまって、まず一つ目のゲートが閉まるのを待ちました。

P9060548.JPG

ここは、パナマ運河などと同じ方式で、2枚のゲートの間の水位を調節しています。
今から進行方向の旧北上川の水位に合わせて、この2枚のゲートの間の水位を下げていきます。

P9060553.JPG

壁面の水の跡を見ると、こんなにも水位が下がっていて、子どもたちも驚いていました。
水位が下がると、2枚目のゲートが開きました。
これでやっと通過できます。

閘門を出たら急流に乗って、近くの船着場に到着!おつかれさまでした。
すごく貴重な経験ができました。

昼食を食べたあと、少しだけ川で遊んだり、公園でサッカーをしたりして遊んでから、無事に戻ってきました。

身近に流れる北上川の少し上流でこんな場所があったなんて、大発見でした!
それを実際にボートで通過できたのは子どもたちも大人にとっても貴重な経験でした。
何より、ボートに乗ったり、川に入ったときの子どもたちの楽しそうな顔がたくさん見られて何よりでした。

ホタルかんさつ会と、たんぽぽコーヒー [2014年06月22日(Sun)]

今年も福地にはたくさんのホタルが飛んでいます。
昨日の夜、子どもたちと一緒にホタルかんさつにでかけました。

IMG_0315.JPG

田んぼのあぜ道を歩いて行くと、水路に沿ってたくさんの光が見えます。
暗くなってすぐは、ホタルは草の中でじっとしていますが、そのうちふわりふわりと飛び始めました。わりと大きな光でゆっくり点滅する、おそらくゲンジボタル。

子どもたちは、大喜びで夢中になってホタルかんさつならぬ、ホタル狩り。

IMG_0320.JPG

本当にきれいなのですが、そのきれいさがどうしてもうまく写真にはおさまりません。

IMG_0314.JPG

みんなの住むすぐ近くで、こんなにきれいな光景が見られるのはすごいことです。
みんな名残おしそうに、帰ってきました。


この日もうひとつ、大きな発見があったのが、たんぽぽコーヒー。
前回の山菜採りの日に作りたいと言っていた男の子と一緒に、午後から準備していました。

IMG_0304.JPG

夕食後にいれてみたところ、色も味もほんとにコーヒーみたいで驚きました。

IMG_0306.JPG

夏のお泊まり会のときに、このコーヒーで「みんなを寝られなくしてやる」のだそうで、今からせっせと準備をすすめたいと思います。


里山たんけん!山菜ピザ [2014年05月12日(Mon)]

土曜日、近くの山まで里山たんけんに出かけました。
この日のミッションは、お昼においしい山菜ピザを食べるための山菜、または食材をさがすこと。

前日の下見にて、案の定、こごみが立派なシダの葉っぱになって青々としているのを見て、一週間遅いのは承知のうえ。それでも探せばなんとか…

この日集まった、たんけん家は男の子11名。
山に到着すると、みんな勢いよく歩き出しました。

IMG_0200.JPG

前進あるのみの前方グループ。
そして、食材さがしに真剣後方グループでは、「これ食べれますか?」「これは食べれますか?」「これ食べられないんですか??」の質問の嵐。

前方グループはその後順調に、予想どおり沢の中に前進!

IMG_0202.JPG

見事にサワガニを9匹つかまえました。食材として。

IMG_0208.JPG

まだまだ生き物さがしを続けたい様子でしたが、ひとまずお昼のピザを作りにリオグランデに戻りました。

IMG_0207.JPG

とってきた食材、ヨモギ、フキ、コゴミ、ミズ、

IMG_0212.JPG

サワガニ、そしてヘビトンボの幼虫

IMG_0211.JPG

ヨモギは生地に練りこんでみました。生地をのばして、

IMG_0216.JPG

コゴミを具にした山菜ピザできました!

IMG_0232.JPG

午後は、ひみつきちの床づくり、田んぼの畦で生き物さがし、竹馬などで遊びました。

IMG_0227.JPG

IMG_0228.JPG

たんぽぽコーヒーを作ってのみたいというご要望も。

IMG_0224.JPG

遊びの幅がだいぶ広がってます。

このひみつきち、次はどうなるのか気になるところ。

IMG_0240.JPG

あ、ガンダム像に顔が…



アウトドアクッキング! [2013年10月27日(Sun)]

今日の自然体験活動は、アウトドアクッキング。
台風が近づいて悪天候が予想されていましたが、今日はなんとか陽射しが戻りました。

本日の参加は、幼児さんからお手伝いに来てくれた高校生まで9人のみなさま。

アウトドアクッキング
その1:石窯焼きピザ作り
外に出したちゃぶ台の上で、いきおいよく生地をのばすみなさん。

コピー 〜 PA270114.JPG

台風によりやや負傷した石窯でしたが、おいしいピザが焼けました。

コピー 〜 PA270125.JPG


その2:本格バーベキュー
見た目宇宙船のような特別なバーベキューセットを使って、バーベキュー検定何級か?を持つ、つかちゃんによる本格バーベキュー。

肉はたたきます。

コピー 〜 PA270119.JPG

燃え上がった火は、水でっぽうで鎮火します。

コピー 〜 PA270124.JPG

焼き上がった肉は、早々に完売しました。
ピーマン、しいたけも普段とはまったくちがっておいしいのです。


その3:100%みかんジュース

コピー 〜 PA270128.JPG

小3男の子による発案と地道な努力の結果できあがったまじりっけなしの100%果汁。


その3:竹で作る直火焼きバウムクーヘン
ほどよい太さの竹に、生地をつけては焼き、つけては焼きをくり返します。

コピー 〜 PA270134.JPG

交替で、火の上でぐるぐるまわして・・・

コピー 〜 PA270139.JPG

担当外は、焼きマシュマロを食べながらあつい応援。

コピー 〜 PA270142.JPG

ついに、バウムクーヘン10歳!

コピー 〜 PA270146.JPG

みんなが見守る中入刀すると・・・見事な年輪ができていました。
子どもからも大人からも歓声。
ほんとに作れるもんですね。

今日は転校した友達も来てくれて、外でみんなで作って食べるごはんはとてもおいしかったです。
そして、普段火を焚く機会が少ないなかで、電気とはちがって火を焚くことでおいしくて、おもしろいことができることを感じてもらえていればいいなと思います。



紅葉のくりこま山へ [2013年10月08日(Tue)]

日曜日、紅葉を見にくりこま山に出かけました。

朝7時から石巻市全市一斉の避難訓練があったため、訓練が終わってから出発することにしました。
子どもたちも、避難訓練に参加してから集合。

今回の参加は5人。中山氏の自家用車にて出発しました。
後ろからは全力で歌う「マイムマイム」の歌声が聞こえてきたりして、車内は終始にぎやかでした。

霧雨が降っていましたが、カッパを着れば登れそうだったので、まずは登山口いわかがみ平へ。

準備体操をしてつかちゃんから説明を聞いてから出発。

コピー 〜 PA060083.JPG

コピー 〜 PA060089.JPG

この日は湿気があって、歩くとすぐに暑くなってきました。
男の子たちは、暑い暑いとノースリーブ(別名ランニング)1枚になって山を登ります。

コピー 〜 PA060092.JPG

それを見てすれ違う人、すれ違う人が「あらー、元気だことー」と声をかけてくれました。

登り始めの時間が遅かったので、途中で場所をみつけてお昼ごはん。

コピー 〜 PA060094.JPG

みんなの豪華なお弁当に、通る人、通る人が「あらー、おいしそうなことー」と声をかけてくれました。

時間が遅くなったのと、雨もやや強くなってきたので、今回は1400mまで登って折り返しました。

コピー 〜 PA060098.JPG

視界は真っ白で、紅葉の景色は残念ながらよく見られませんでしたが、身近な木々の赤や黄色はとても鮮やかでした。

コピー 〜 PA060105.JPG

コピー 〜 PA060106.JPG

このあと温泉に入ってから帰路へ。

活動前後に書いてもらっている、その時の気持ち。
普段は1行ですが、「・・・山のこうようがきれいですごかったです。」と、はじめて3行も書いてくれた子が居ました。

帰りの車内では、車が横揺れするほどのプロレスごっこ。
その元気さで、次の機会にはぜひ、みんなで山頂まで登ってみたいです。



ボート・カヌーで川探険 [2013年09月25日(Wed)]

土曜日、9月の自然体験は、追波川運動公園横の北上川と旧北上川をつないでいる川でボート・カヌー体験を行いました。
今回は5人の小学生が参加。

黒澤さん、のぶさん、はなちゃんという強力な助っ人も来てくれました。ありがとうございます。


今までも何度かボートに乗ったことがありますが、今回は自分たちで漕ぐために、最初に黒澤さんからパドルの漕ぎ方をおそわりました。

コピー 〜 P1080590.JPG

川はなかなかの泥水で、ワニとか、ピラニアとか噛みつくタイプの生き物がいそうな気配。

このまま、川を下って福地まで帰ろうという案も出ましたが、今回は旧北上川方面への探険に出発!

コピー 〜 P1080594.JPG

すぐ帰ってくるかなと思っていたら、だいぶ漕ぎ進んでいました。
3,4年生のお兄ちゃんたちががんばったようで、約1kmほど上流まで行って戻ってきました。

コピー 〜 P1080600.JPG

コピー 〜 P1080602.JPG

お昼ごはんのあとは、ボートの折り返し地点の川岸にあった公園まで行ってみたいということで、今度は歩いて。

コピー 〜 P1080605.JPG

いつも通る車道から見ていたはずが、こんなに広くていろんな遊具のある公園があることを初めて知りました。

近くの川でボート遊びができること、そしてこの公園のような遊び場所があるという新たな発見でした。

ちなみにこの日、この川でもウナギが釣れて、釣りに来ていた別の小学校の子どもたちとの交流の場面も。

コピー 〜 P1080587.JPG
(カードゲームは共通語)

9月にしては陽射しが強くて暑い一日、みんなおつかれさまでした。





波板の海へ [2013年07月22日(Mon)]

夏休み初日の土曜日、雄勝町波板浜に出かけました。

何日も雨で肌寒い日がつづき、当日の天気を心配していましたが、何とか雨は降らずに午前中はくもり。

海に入れるかどうか・・・と考える前に、子ども達は到着前からすでに泳ぐ気満々。
到着するや否や、水着に着替えて今か今かと待ちかまえています。

コピー 〜 P1080263.JPG

つかちゃんから、注意事項を聞き、ライフジャケットをつけてから、ようやくお待ちかねの海へ。
15人の子どもたちの歓声が浜にひびきました。

コピー 〜 P1080267.JPG

コピー 〜 P1080271.JPG

お昼は、バーベキュー。
「子どもたち大歓迎」という波板地区会のみなさんが、牡蠣をたくさん用意してくださいました。

コピー 〜 P1080268.JPG

コピー 〜 P1080277.JPG

子どもたちは、「今までで一番おいしい!」と焼き牡蠣をおかわり。
波板地区会のみなさん、ありがとうございました。

コピー 〜 P1080279.JPG

お昼過ぎから晴れ間が見えはじめて、午後は気持ちのいい青空の下で釣り。

コピー 〜 P1080286.JPG

小1の男の子がアイナメを釣りあげて、称賛をあびました。

そして釣りのあと、もうひと泳ぎ。

コピー 〜 P1080289.JPG

2年前、この浜がまた海水浴場に戻るようにと願って、RQ河北でがれきの片づけに入りました。
浜に、地区会のみなさんが心待ちにされていた子どもたちの遊ぶ姿と歓声が戻ってきました。

子どもたちが海にどのようなイメージをもっているのか、様子を窺いながらすすめた今回の活動ですが、水が冷たいのもものともせずに、波にむかって楽しそうに遊ぶ姿に力強さを感じるほどでした。

コピー 〜 P1080290.JPG

子どもたちにとって、「海に行って楽しかった」という思い出になれば、何よりです。

高校生のお姉ちゃん、小さい子たちと遊んでくれてありがとうございました。



| 次へ