CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« リオグランデ | Main | RQ河北»
<< 2016年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
としえ
リオグランデお泊まり会 3日目 (09/09) としえ
リオグランデお泊まり会 2日目 (09/09) としえ
リオグランデお泊まり会 1日目 (09/09) としえ
ピザづくりとホタルかんさつ会 (07/22) としえ
味噌と味噌ラーメン作り (04/19) としえ
リオグランデお泊まり会1日目 (09/27) としえ
ホタルかんさつ会 (07/20) たかあき
ホタルかんさつ会 (07/09) としえ
沢あそび (06/16) としえ
ピザづくりと、みそづくり (05/11)
最新トラックバック
福地夏祭り [2016年09月23日(Fri)]

8月14日、今年で6回目となる福地夏祭りが開催されました。
今年も子どもたちが遊ぶ夜店のお手伝いをしました。

18時に開会の挨拶があった後、福地地区の子どもたちが迎え火に点火しました。

IMG_2019.JPG

今年は女の子たちも参加して7人で点火です。

19時からは、大川小の有志の子どもたちによる大川ソーラン披露。
たくさんの地域の人たちが集まり、子どもたちが一生懸命に踊っている姿に大きな声援と拍手が送られていました。


今年も定番の夜店は、
的あてコーナー、金魚コーナー、わなげコーナー、じゃんけんコーナー

IMG_2021.JPG

IMG_2036.JPG

じゃんけんは強者ぞろい。

IMG_2034.JPG

今年は、中学生になった子たちが、じゃんけんと、金魚のお店を手伝ってくれました。

IMG_2046.JPG


19時半。福地の空に打ち上げ花火があがり、とても綺麗でした。

IMG_2040.JPG


お祭りを盛り上げてくださったのは、今回も遠く神戸から、駆けつけてくださった、チンドン屋サークル「神大モダン・ドンチキ」のみなさん。

IMG_2047.JPG

ステージでは、タップダンサーのマー坊さんと、しゃちょーバンド

北海道より、ピエロのりゆうさん

IMG_2056.JPG

一年に一度、このお祭りでお会いできる人たち、久しぶりに会った顔、お祭りの期間中、なつかしい人に会いに久しぶりにリオグランデに来てくれる子どもたち、高校を卒業した子たちもいました。
今年も、にぎやかな夏祭りとなりました。








福地夏祭り [2015年09月05日(Sat)]

8月14日。
今年も福地夏祭りが開催されました。
震災後、子どもたちが遊ぶ夜店のお手伝いを始めて今年で5回目のお祭りです。

これまでは毎年晴天続きでしたが、今年は雨が心配される中、なんとか天気は持ちこたえてくれました。

15時より地域の皆さんと一緒に設営などを始め、
18時の開会あいさつ。

IMG_1338.JPG

福地地区の子どもたちが迎え火に点火しました。

IMG_1339.JPG

そして今年も大川小学校の有志の子どもたちによる大川ソーランの披露。
ありったけの声を出して一生懸命に踊る子どもたちの姿に、会場にいたほとんどの地域の方が集まって、かけ声や手拍子を送っていました。
地域の希望そのものだと感じました。

19時30分、今年も追悼の打ち上げ花火が上がりました。

IMG_1355.JPG

雨が降らず、思いが空に届いてよかった。
今年の花火もとてきれいでした。


お祭りは地域の皆さんが食べ物を出店され、ボランティアは子どもたちが遊ぶ夜店を出しています。

今年はイメージを一新して、対するはこちらのメンバー
じゃんけんコーナー

IMG_1343.JPG

金魚すくいコーナー

IMG_1341.JPG

わなげコーナー

IMG_1344.JPG

的あてコーナー

IMG_1340.JPG

手持ち花火コーナー

そしてにぎやかし部隊の
ピエロのりゆうさん
(写真撮り忘れてごめんなさい)

タップダンサーのまー坊さんとしゃちょーバンド

IMG_1360.JPG

そして、神戸から遠路はるばるかけてつけてくださった
チンドン屋サークル「神大モダン・ドンチキ」のみなさん。

IMG_1349.JPG

リオグランデとして呼びかけはしていませんでしたが、毎年たくさんのボランティアさんが8月14日の予定をあけて福地に来てくれています。
個人そして、団体として参加いただいた文教大学ボランティアズ、京華女子高校のみなさん。
今年も本当にありがとうございました。







福地夏祭り [2014年08月17日(Sun)]

8月14日、今年も福地の夏祭りが開催されました。
震災前までの盆踊りが、夏祭りという形にかわって4回目。
今年も、リオグランデで子ども達向けの夜店のお手伝いをしました。

IMG_0447.JPG

毎年少しずつ変化があり、今年はこの日のために会場に砂利が敷かれ、提灯が飾られ、またふるまいだった食べ物が震災前と同様に有料となりました。

今年もたくさんのボランティアさんが戻ってきてくださり、元RQ河北の関係で28名、また神戸から似顔絵師さん2名が来てくださいました。

強者ぞろい、この3人に挑むじゃんけん

IMG_0485.JPG

IMG_0450.JPG

的あて

IMG_0464.JPG

わなげ

IMG_0465.JPG

金魚すくい

IMG_0471.JPG

手持ち花火コーナー、

そして似顔絵コーナー

IMG_0476.JPG

IMG_0478.JPG

ピエロのりゆうさん

IMG_0474.JPG

タップダンサーのマー坊さんと、しゃちょーさんバンド

IMG_0436.JPG


19時に福地の子どもたちが迎え火に点火しました。

その後、大川小の子どもたちが南中ソーランを披露。
会場のお客さんからも「ドッコショー」の大きな掛け声がかかりました。
アンコールを受けて2回、声を出しながら一生懸命踊った子ども達に大きな拍手が送られました。地域にとって子ども達が本当に大切な存在であることを感じました。

そして今年も、鎮魂の花火が打ち上げられました。
見る人それぞれに思いのこもった花火は、今年も夜空に映えてとてもきれいでした。

最後に館長さんから、来年は福地としてだけでなく、大川地区のお祭りにしたいというお話がありました。

今回もお手伝いに来ていただいたボランティアの皆さま、ありがとうございました。
また来年…お会いできれば嬉しいです。






福地夏まつり [2013年08月17日(Sat)]

8月14日、今年も福地の夏まつりが開催されました。
それまで続いていた盆踊りにかわり、震災後から夏祭りとして開催されて3回目。

今年も地域の方が、飲食物のお店を出し、私たちは子どもたちが遊ぶ夜店のお手伝いをさせていただきました。

わなげ、まとあて、金魚、じゃんけん、手持ち花火コーナー

コピー 〜 P1080497.JPG

コピー 〜 P1080502.JPG

コピー 〜 P1080501.JPG

コピー 〜 P1080524.JPG

お祭りを盛り上げに来てくれたのは、神戸大のちんどん屋サークル「神大モダンドンチキ」のみなさん、ピエロのりゆうさん、タップダンサーのマー坊さん、しゃちょー親子バンド。

コピー 〜 IMG_2631.jpg

消防団の方の車に乗せてもらって、広報へ

コピー 〜 IMG_2655.jpg


夜7時すぎ、福地の子どもたちによる迎え火の点灯。

コピー 〜 P1080507.JPG

そのあと、今年は、福地を中心とした大川の子どもたちのソーラン節が力強く披露されました。

コピー 〜 P1080517.JPG

そして、今年で3回目となる、追悼の打ち上げ花火。

コピー 〜 IMG_2703.jpg

花火が描く円の中に、月が見えて、とてもきれいでした。

今年もみなさんの思いがつながった、夏祭りと打ち上げ花火でした。


今回も25人程のボランティアさんがお手伝いに来てくれました。
RQ河北のときから来てくださっている方々、文教大ボランティアズのみなさん、京華女子高校のみなさん、ご協力ありがとうございました。

また来年お会いできますように。

コピー 〜 P1080527.JPG




大川ふるさと祭り [2013年03月02日(Sat)]

今日、開催された「大川ふるさと祭り」。

大川復興協議会と、ふんばろう東日本支援プロジェクトの共催で、地域の方と、震災で大川地区を離れて暮らしている方がまた一緒に集まれる場を作りたいと企画されました。

カラオケ大会や、お茶っこ会場、苔玉作りから居酒屋まで。

コピー 〜 P1060624.JPG

リオグランデも、子どもたちの遊びコーナーでご協力させていただきました。
わなげと、一円玉落とし、そしてじゃんけん大会。

コピー 〜 P1060628.JPG

コピー 〜 P1060630.JPG

今回、文教大ボランティアズと、まきばフリースクールからお手伝いに来てくれました。

全体では大人の参加者が多かったですが、子ども達も70〜80くらい遊びに来てくれました。


開会式での復興協議会長さんのあいさつがあり、震災前720数世帯、2500人弱の人口が居た大川地区は、現在地区に残れる人と住めない人の数が半々、もしくは住めない人の方が少し多くなっているそうです。

それぞれの状況にあるなかで、今日のお祭りが企画の思いの通り、元々の地域の方が集まれる場となっていればと思います。

芋煮会! [2012年11月18日(Sun)]

今日は地区の芋煮会が開かれて、リオグランデに来る子ども達も一緒に参加させていただきました。

2カ月以上前から地区の老人クラブや民生委員さんや保健推進委員さん、社協ボランティアさんなどを中心に相談がすすめられてきました。

リオグランデでも芋煮会を予定していたので、一緒にと声をかけていただき、話し合いにも呼んでいただきました。

30人近く集まった地区の方と、24人の子ども達とで会がすすみました。
芋煮ができあがるまでの時間で、古川の庄子眞弓さんの歌のライブ。

コピー 〜 P1050103.JPG

わからない曲は神妙に聞いていた子ども達も、「手のひらを太陽に」は大合唱。
元気な歌声が響きました。

いつも子ども達だけで自由に過ごしているのとちがって、今日はたくさんの大人の人と一緒で、最初は「なんかいつもと違うなあ」という表情が少し可笑しかったですが、歌を歌って芋煮やたくさん並んだごちそうを食べる頃には慣れて、いつもの調子に。

カラオケの一番バッターも務めました。

コピー 〜 P1050108.JPG

会が終わって、年配の人たちは子ども達の声を聞くだけでも元気になるからまた一緒に、と声をかけていただきました。
子ども達にもいい機会だったと思います。

食後は、びゅーびゅー寒い風の中でもサッカー。
リオグランデに戻って、22人が家の中で外で思い思いに過ごしました。

芋煮でたくわえられたエネルギーは午後いっぱいかけて遊びに費されたようです。


今年も、おらほの復興市 [2012年11月03日(Sat)]

おらほの復興市が今年も開催されます!
昨年RQで石巻で活動された方、昨年のおらほの復興市を手伝っていただいた方、またぜひ石巻に足を運んでみてください。

12732_514433638569285_157140221_n.jpg

復興市チラシ.pdf

日時:
11月11日(日)9時〜15時

場所:
サン・ファン・バウティスタパーク(石巻市渡波字大森30番地2)

内容:
○虹色マルシェ
各地域から選りすぐりの海の幸と山の幸を味わえる。オリジナル復興グッズの販売や手づくり市も

○伝承ステージ
人から人へ受け継がれてきた伝統芸能。神事である神楽や獅子振り、和太鼓の腕をご覧あれ

○ワークショップ雄勝村
地元の自然素材を活かしたもの作り体験スペース

○子ども天空広場
青い海が見えるおっきな芝生で一緒に遊ぼう

○伝えたinfo
地域の魅力、これまでの歩みと今を情報発信

お問い合わせ:
おらほの復興市実行委員会事務局
080−1164−8364(平日10時〜17時)


最後の大中祭 [2012年10月22日(Mon)]

日曜日は、大川中の学校祭に伺いました。
来年度から別の中学校との統合が決まり、今年で最後の大中祭。

勉強会や、これまでの活動に来てくれた中学生が、弁論発表をしたり、実行委員として劇の脚本やTシャツやポスターの案を考えていると聞いていたので、楽しみにしていました。

午前中は文化祭で午後は体育祭。
全校生徒20名、少ない人数、少ない時間で一生懸命に準備して来たというとおり、それぞれに役割や発表分担をもって、全校製作も大作ができていました。

コピー 〜 P1040994.JPG

弁論発表の言葉は心にひびきました。


保護者や卒業生、地域の方もたくさん来られていて、PTA合唱があったり、仙台89ERSチアと一緒にみんなで踊ったり、午後の体育祭もつなひきや玉入れ、リレーで一緒に参加して盛り上がっていました。

まさに地域の行事として、これまで続いてきたのだろうと思いますが、「最後だから悲しむ」のではなく、「最後だから楽しもう」と言う最初の実行委員長の言葉のとおりに、中学生も保護者や地域の方も楽しい、大切な一日となったと思います。

最後、メッセージつきの風船をとばした閉会のセレモニー。

コピー 〜 P1040996.JPG

コピー 〜 P1040997.JPG


次に中学生が勉強会に来たときに、彼女が脚本を書いた独創的な劇についてあれこれ話をするのが楽しみです。


学習発表会 [2012年10月22日(Mon)]

土曜は、大川小学校の学習発表会に伺いました。

去年の発表会では、勉強会に来ている子と集落の子の数人しかわかりませんでしたが、今年は小学校での陶芸教室やリオグランンデの活動で話したことのある子がほとんどで、どの演技や演奏も目が離せませんでした。
合間に手をふってくれるのがうれしかったです。

普段知っている様子とはまたちがって、緊張しながらも堂々とセリフを言っている姿、とても立派でした。

「寿限無」の劇では、長い名前を一人ずつが言う見せ場があったり、それぞれ味のある配役で笑いをさそっていました。

お腹をすかせた猫たちがあの手この手で大きな魚をつかまえようと協力する劇では、普段の様子を垣間見るようでした。

ブレーメンの音楽隊では、最後動物たちがギャングとも仲良くなって、一緒に暮らすことを選ぶというお話。

「思い」を込めて演技や演奏をしました、と何度も話した、5,6年生。
その思いをそれぞれに感じ、客席では涙ぐむ姿もありました。

最後は、21人全員で踊った、大川小で代々踊られてきたというソーラン節。
力強い踊りに大きな拍手が送られました。そして、子どもたちのおばあちゃんたちからのアンコール。

思いとともに、それぞれに歩んでいることを感じる学習発表会でした。

福地の夏祭り [2012年08月18日(Sat)]

8月14日、今年も福地の夏祭りが開かれました。

毎年盆踊りが開かれていたのが、震災後の昨年から夏祭りとして開かれています。
6月から2回程の祭りの話し合いにも呼んでいただき、地域の方が、飲食物を出店し、昨年同様、子どもたちが遊ぶ夜店をボランティアが担当させてもらいました。

今回、ボランティアさんは22名に加え、ふんばろう東日本さんから5名。

今年は、金魚すくい、わなげ、的あて、じゃんけん、ミルクせんべいの5種類。
屋台も夜店もすべて無料。
夜店の方は、文教生さんが作ってくれた遊びチケットで3回ずつまわれるようにしました。

コピー 〜 P8140471.JPG

一番人気は、じゃんけん。
連勝したら景品がもらえるルールで、5連勝までいくと豪華景品が。
そして、子どもたちが果敢に挑んだのは、この3人。

コピー 〜 P1040524.JPG

ケンモチ氏、カワニシ氏、イナムラ氏。
元RQのみなさんにはおなじみの、忘れられないお三方。

金魚すくいには、前の川で昼間釣りあげられたウナギも投入されました。

コピー 〜 P8140442.JPG

こんなお友達も登場。

コピー 〜 P8140437.JPG

ふんばろう東日本さんのご紹介で(株)namcoさんより、貸していただいた宮城県キャラのtanacoちゃん。(中身は大学生ダイちゃん)

子どもたちの心をつかんでいました。    

エンターテイメント部門は、
神戸から来てくれたちんどんやさんたち、マー坊とバイオリニスト岡部さんによるタップダンス、親子共演ピートルズによるライブ、

コピー 〜 P8140469.JPG

そして、ピエロのりゆうさんが場を和ませました。

コピー 〜 P8140454.JPG

19時、公民館長さんのあいさつのあと、福地の小学生3人が迎え火に点火しました。

コピー 〜 P1040508.JPG

そのまわりを囲む竹燈籠と子どもたちが描いた燈籠。

区長さんのあいさつがあり、19時半から打ち上げ花火。
1発目は、震災で亡くなられた方への追悼の花火として上げられました。

コピー 〜 P8140485.JPG

今年はどんな思いで、それぞれに花火を見られたでしょうか。
夜空に映えて、とてもきれいでした。


お祭りには、たくさんの子どもたちがやってきました。

コピー 〜 P8140498.JPG

公民館長さんの「福地以外の大川の子どもたちにも遊びに来てもらいたい」という意向通り、他の集落の子どもたちも来ていました。
今年もたくさんの子どもたちの笑顔がみられたことが、何よりうれしく感じました。


お祭りが終わって、リオグランデでは、
久し振りの顔ぶれに、RQ河北の同窓会のようでした。
1年3カ月石巻で活動してきた、ななはなの2人が、8月いっぱいで石巻を離れる送別会も兼ねて。

今回20人以上のボランティアさんが集まったのも、それぞれにお世話になった福地への思いがあるからだと思います。

今回の滞在中も地域の方から差し入れをいただいたり、文教大ボランティアズは、地域の方に夕食をごちそうになったり、もらい湯をさせていただいていました。

文教大生さんが帰る日、眠たい顔をしながら朝7時にお見送りに集まってくれた中高生4人。中1の男の子は隣の集落から自転車で。

子どもたちと、順番に帰って行くボランティアはみんなこう言って別れました。
「また来年会おう」





| 次へ