CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
クリニクラウン(臨床道化師)の活動や思い・考えを伝えるブログです。
<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
ケアリングクラウンジネーブラのクラウンワークショップのお知らせ[2017年09月08日(Fri)]
*********************
ケアリングクラウン ジネーブラの
   クラウンワークショップのお知らせ★
*********************

2017.10ジネーブラWS 表.jpg

日本クリニクラウン協会と交流があるイタリアのケアリングクラウンジュネーブラさんが来日します。
兵庫県でワークショップを開催するということで、当協会も協力しています。

日程:2017年10月14日(土)
        10時〜17時 クラウンワークショップ
   2017年10月15日(日)
        10時〜17時 実際にクラウンニング訪問

<2017年10月14日詳細>
会場:六甲山YMCA(電話:078‐891‐0050 住所:神戸市灘区六甲山町北六甲875)
持ち物:昼食代770円(飲食物持ち込み禁止のため)、動きやすい服装

<2017年10月15日詳細>
会場:六甲道勤労市民センター(着替え等の場所)
  (電話:078‐841‐1711 場所:JR六甲道駅直結メイン六甲Aビル4階・5階)
持ち物:カラフルな衣装・小道具・楽器

参加費用:@両日参加:25000円 
     A14日のみ:20000円
     B15日のみ:8000円

お申込み・お問い合わせ: 松本恵理子 wahahahikky@yahoo.co.jp

氏名・年齢・性別・職業・電話番号・参加希望番号(上記の@〜B)を明記の上お申込みください。定員(各30名)になり次第締め切らせていただきます。

多数のお申込みが予想されますのでご興味ある方はお早めにお申し込みください。

<キャンセルポリシー>
開催2か月前まで:参加費の50%を申し受けます。それ以降は申し訳ありませんが、ご返金致しかねます。ご了承くださいませ。

2017.10ジネーブラWS 裏.jpg

<講師>
【ジネーブラ ・サンギュイノ】
Clown one Italia 代表 女優、クラウン、マイム、教師であり、イタリアと世界中のClown one Italia Onlus(クラウン ワン イタリア オンラス)とHumanitarian Aid Association(人道的支援機構)の創設者。
パッチ・アダムスと共に世界中の病院・施設・被災地などを周り続けている。そのキャリアは数知れず。底抜けに明るく、愛情いっぱいの、彼女のキャラクターはまさにクラウンそのもの。パッチを始め多くの人たちを魅了している。

【石井裕子(トンちゃん)】
2000年にアメリカウィスコンシン州大学ラクロス校にてクラウンキャンプを受講、その後パッチ・アダムスワークショップやヨーロッパで様々な研修を受ける。現在人間性心理学マズロー研究会にも所属。愛と笑いが心の癒しとなるための実践活動を「ケアリングクラウン トンちゃん一座」で展開中。入院中の子どもに『こども時間』を届ける「認定NPO法人 日本クリニクラウン協会」の理事・チーフトレーナーとしても活躍中。
「RED NOSE DAY with Cliniclowns 懇親会」開催![2017年09月07日(Thu)]
「RED NOSE DAY with Cliniclowns 懇親会」開催!

IMG_3495.jpg

当協会の事務局にて「RED NOSE DAY with Cliniclowns 懇親会」を開催いたします。
「RED NOSE DAY with Cliniclowns」にご参加・ご協力いただいたみなさまで、当日のことを振り返りながら、交流を深めることができたらと思っております。

日時:2017年9月29日(金)19時〜(会場18:30)
会場:日本クリニクラウン協会 事務所&屋上
参加費:1500円(事前申し込み要・先着15名)
持ち物:自分のレッドノーズ
    (お忘れの場合は、レッドノーズ募金1個300円をお願いします。)
申込締切:2017年9月20日(水)
対象:RED NOSE DAYにご参加・協力いただいた方ならどなたでも

ボランティアで協力いただいた方や、協賛企業の方々。
そして、レッドノーズディにご協力いただいた方ならどなたでも参加できます。
ただし、小さな事務所の為人数制限があります。
お早めにお申し込みください。

事務所&屋上での開催になるので至らない点も多々あると思いますが、みんなで協力しながら、楽しく過ごせたらと思っておりますので、ご理解の上ご参加ください。

<申込方法>
お名前・ご住所・メールアドレス・電話番号を記入の上、以下のメールアドレスにてお申し込みください。

認定NPO法人 日本クリニクラウン協会 
事務局 担当:熊谷
〒530-0053大阪市北区末広町3-11天しもビル3B
TEL:06-4792-8716 FAX:06-4792-8746
E-mail:info@cliniclowns.jp
http://www.cliniclowns.jp


長期療養の子どもたちの家族の支援のための中間交流会[2017年09月06日(Wed)]
9月2日にタケダ・ウェルビーイング・プログラム
「長期療養の子どもたちの家族の支援のための中間交流会」に参加。

IMG_6318.jpg

この交流会で、当協会を含めて11団体の方と交流することができました。

当協会は、2011年に「被災地域を中心とした小児医療施設へのクリニクラウンの特別派遣(クリニクラウン東北支援事業)」を応援いただきました。

現在の支援団体さんが中心となる交流会なのですが、過去の助成対象団体にもお声がけいただき、入院中の子どもたちや家族、そして在宅療養の子どもや家族の支援をしている団体などが交流する機会をとても大切にしてくださっています。
毎回、情報交換や学び合う機会をつくっていただけることを本当にありがたく思っています。

それぞれの団体の発表では、共感する部分が多く、長期療養の子どもたちや家族のために、さまざまな方法で取り組んでいる素敵な人とつながることができ、たくさんの学びをいただきました。

今回特別に、武田薬品工業株式会社の京都薬用植物園という素敵な場所で交流することができました。温かいまなざしでこういった場をつくってくださった市民社会創造ファンドのみなさま、武田薬品工業株式会社のみなさま、本当にありがとうございました。

いろいろな方との交流を通して学んだことをクリニクラウンの活動に活かしていきたいと思います。

タケダ・ウェルビーイング・プログラムについて詳しくはこちら
https://www.takeda.co.jp/chouki/active/program.html
【参加レポート】オーガビッツ感謝の会[2017年09月05日(Tue)]
8月29日「オーガビッツの日」に感謝の会にご招待いただきました。

IMG_6300.JPG

「オーガビッツ」は、豊島株式会社さまが展開するオーガニックコットンブランドで、その中で「Orgabits×クリニクラウンプロジェクト」として、クリニクラウンの活動を応援くださっています。

感謝の会では、オーガビッツのスタッフの方をはじめ、いろいろな社会貢献団体の方々やオーガビッツプロジェクトを応援してくださっている方々と交流することができました。

また、「Orgabits×クリニクラウンプロジェクト」のこともご紹介いただきました。

会場の雰囲気があったかいのは、そこに集まっている人たちの想いがつまっているから。
それぞれの分野でいろいろなことに真剣に向き合ってきた人たちの言葉は、心に響く。
ということを感じた「オーガビッツ感謝の会」でした。

おみやげに、コットンの栽培セットをいただきました。
日本クリニクラウン協会でも育ててみたいと思います!
(種まきの時期を過ぎたので来年トライです。)

これからも、たくさんの方々に支えていただいていることを忘れず、入院中のこどもたちに「こども時間」をたくさん届けていけたらと思っています。
Facebookスタート![2017年09月02日(Sat)]
9月2日【クリニの日】から、日本クリニクラウン協会のFacebookをスタートしました!

170423_クリニクラウン_9406_C.jpg

日本クリニクラウン協会は、闘病生活を送るこどもの権利を尊重し、入院しているこどものもとへ、クリニクラウンのあたたかい笑顔と心のこもったふれあいを届けることを目的として活動しています。

Facebookでは、当協会の活動の様子やお知らせを発信していきます。
クリニクラウンが大切にしていることや小児病棟でのこどもたちの様子などを伝えていきたいと思いますので是非ご覧ください。

認定NPO法人日本クリニクラウン協会公式Facebook
https://www.facebook.com/CliniClownsJapan/
プロフィール

日本クリニクラウン協会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/rinshodoukeshi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/rinshodoukeshi/index2_0.xml