CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
クリニクラウン(臨床道化師)の活動や思い・考えを伝えるブログです。
<< 2011年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
夏祭り[2011年08月29日(Mon)]
8月19日(金)に茨城の病院で開催された夏祭りに協力してきました。

定期訪問先であり、
東日本大震災の支援特別派遣としても訪問している病院です。

通常の訪問では二人一組で活動しているクリニクラウンですが、
夏祭りの雰囲気を、より盛り上げる思いも込めて
関東の病院を訪問しているクリニクラウンのメンバー4人が勢揃いしました。

まずは、夏祭り会場に行くことが出来ない、
病室からでることができない子ども達のところへ
訪問しました。

病棟の中は、お祭りの飾り付けがされていたり、
スーパーボールすくいコーナーがあったり、
また、浴衣に着替えた医療スタッフの皆さんの姿などで、
いつもとは違う病棟が華やかな雰囲気になっていました。

病棟でも通常訪問とは違う夜の時間帯の訪問。
しかもクリニクラウン4人での訪問に
家族やこどもたちが驚きながらも楽しんでくれました。

病棟から出ることができない子どもたちは、
家族とクリニクラウンと一緒にお祭りを楽しんでいました。

夏祭り会場では、
くじ引き、綿あめ、かき氷、ヨーヨーつり、からあげ、風船
、太鼓の演奏などなど、お祭りムード満点の中、
浴衣に着替えた子ども達は目を輝かせて思い思いに楽しんでいました。

会場をあちこちと回遊しているクリニクラウンを見つけると、
くじ引きで当てたおもちゃや、たくさん取れたヨーヨーを
誇らしげな表情で一つ一つ見せてくれる子ども達や、
声をかけてくれる家族の皆さんの嬉しそうな姿が印象的でした。

退院したこどもたちや家族とのうれしい再会もありました。

毎日、緊張感のある病院での生活の中で、夏の夜のひとときを、
たくさんの人達と一緒に体験している
子ども達や家族の楽しげな表情を見ることができて、
本当に嬉しく思いました。

ゆっきぃ
臨床道化師フォーラム2011[2011年08月17日(Wed)]


「臨床道化師フォーラム2011
 〜こども理解のカンファレンス〜」

●日程: 2011年10月16日(日)

<午前の部>10時30分〜12時
●上映会 映画「かすかな光へ」
10時30分〜12時(上映時間84分)


<午後の部>12時30分〜15時
●開催にあたって
12時30分〜13時00分(30分)
「東日本大震災におけるクリニクラウンの特別派遣報告」
報告者:塚原成幸
(日本クリニクラウン協会事務局長兼アーティスティックディレクター)

●基調講演
13時00分〜14時10分(70分 質疑応答を含む)
「つばさの福祉 〜生きにくさの中で生きる〜」
講師:中川るみ(日本社会福祉士会 前副会長)

●事例報告
14時20分〜15時 
「クリニクラウンによる発達援助実践(2題)

●会場 :piaNPO 6F 大会議室
    大阪市港区築港2−8−24
    (大阪市営地下鉄 大阪港駅 4番出口より徒歩5分)
●定員 150名
●参加費 一般2,000円 会員・学生1,500円 
  ※いずれも資料代込
  (午前の部上映会のみ 1,000円)
※休憩時間に会場内での飲食が可能ですので、
  昼食をご準備ください。

●申込方法
  特定非営利活動法人 日本クリニクラウン協会 事務局
  電話・FAX・メールにてお申し込みください。
  TEL/FAX:06−6575−5592
  E-mail:info@cliniclowns.jp
「未来への手紙プロジェクト」[2011年08月15日(Mon)]
「未来への手紙プロジェクト
  ―生まれてくる君へ、育ちゆくあなたへ」

「未来への手紙プロジェクト」は、
子どもの誕生に関わる家族の物語や名前の由来などを
親や関係者が手紙にしたため、未来に残そうという運動です。

成長後の子どもたちや未来の親たち自身が
手紙の読み手となり、祝福されて生まれたという事実や、
新しい命を授かった「あの日」の感動を
振り返るきっかけとなります。

このプロジェクトでは、
新しい命を授かった感動、
次世代への願いなどを綴った文章を募集し、
毎日新聞のラジオ面で週一回紹介されます。
(大阪本社版は土曜日の朝刊、東京本社版は日曜朝刊)

生まれてくる赤ちゃんへの手紙は、
下記の日本フィランソロピー協会のHPで募集しています。
両親、祖父母、兄弟など
赤ちゃんと関わりのある人なら誰でも参加できます。

投稿された手紙は毎日新聞のラジオ面で紹介されるほか、
この運動のきっかけとなった歌
「君が生まれたあの日」の作者で
歌手の加藤登紀子さんがパーソナリティを務める、
「TOKYO FM」と「FM大阪」の
ラジオ番組「君が生まれたあの日」で、
集まった手紙の中から1通、朗読されます。
是非、ご参加ください。


投稿は下記から
日本フィランソロピー協会 未来への手紙プロジェクト投稿フォーム
http://www.philanthropy.or.jp/tegami_form/

ラジオ番組「君が生まれたあの日」放送日
http://www.genki-message.jp/kimi/index.html
TOKYO FM 毎週日曜午後8時55分〜9時
FM大阪     毎週土曜午前11時55分〜正午


主催:公益社団法人 日本フィランソロピー協会
共催:毎日新聞社 特定非営利活動法人 日本クリニクラウン協会

夏季休暇について[2011年08月08日(Mon)]

いつも大変お世話になっております。

事務局では、下記の日程を今年度の
夏季休暇とさせていただきます。

ご迷惑をおかけいたしますが、
何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

***********************
         夏季休暇について

   日程:2011年8月11日(木)〜15日(月)

   8月16日(火)から通常通り開局いたします。

***********************

夏季休暇中もFAX、及びEメールにて
お問い合わせなどを受け付けておりますが、
対応は夏季休暇後に順次行ないます。

大変恐れ入りますが、
予めご了承くださいますようお願い致します。
RED NOSE DAY[2011年08月07日(Sun)]
3回目を迎えたRED NOSE DAYも
多くの方々のご協力のもと、今年も開催することができました!

神戸で開催された実行委員会主催の当日イベントにも
バーバーランドに遊びに来ていた多くの方々も
参加くださりました。



全国各地で、「笑顔を贈る日」として
RED NOSE DAYに
参加していただいたみなさん

本当にありがとうございました!



プロフィール

日本クリニクラウン協会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/rinshodoukeshi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/rinshodoukeshi/index2_0.xml