CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
クリニクラウン(臨床道化師)の活動や思い・考えを伝えるブログです。
<< 2010年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
こどもの成長を喜びあう![2010年11月16日(Tue)]
クリニクラウンの活動の特徴は定期訪問にあります。
           
継続的に訪問する事で、こども達との関係性を構築し、
成長と発達という部分をサポートしていきます。

2〜3年と継続して関わり続けているこども達もいます。

こどもにとっての2〜3年は、
発達段階で目覚ましい成長があります。

遊びの形態も親子間での遊び、
一人遊びから、同室のこどもや
病棟内のこども達との遊びへと変化していきます。
   
最初はクリニクラウンを見ただけで驚いて泣いてしまう子が、
ある一定の距離があれば、こちらを見ていて、
手を振ったり、投げかけに反応してくれたりします。
                    
家族の後ろに隠れながら様子を伺っていたり、
家族と一緒なら遊ぶ事が出来るケースもあります。

クリニクラウンは、
こどもたち一人ひとりのペースにあわせて関ります。
時間をかけ少しずつ距離が縮まり、
関係性が構築されていくのです。

そうすると、ある日、
家族がいなくても一緒に遊ぶことができるようになったり、
クリニクラウンの投げかけに答えたり、
一緒にポーズを真似したり・・・
病棟の出入り口でお見送りをしてくれたりします。

そんな関係性の変化、成長を、共に病棟内で見つめて来た
様々な職種のスタッフの方々と、
「クリニクラウンさんを追いかけるようになった。」
「自分から積極的に遊びに参加するようになった。」
「あんなに自分の意志をハッキリ表現するなんて!」
「泣いてばかりだったのに、ベッドから出て来るようになった。」

皆でこどもの成長を喜びあえるのも、定期訪問を通して、
チーム医療の一員として、
こども、御家族、スタッフ間との信頼関係を、
一人ひとりと大切に構築してきたからです。

こどもの成長と発達をサポートし、
数多くの体験を皆で共有していく空間、
病院で出会う、全ての人との関わりを大切に、
療育環境をよりよく創造していくことを日々目指しています。

大ちゃん
じゅんじょうかれんだー2011[2010年11月12日(Fri)]
あかりさんが描いたイラストで作成された
2011年度版卓上カレンダーを今年も預かっております!

日本クリニクラウン協会のインターネットクリニクラウンの
モニターとして協力していただいたあかりさん。

あかりさんは、先天性の筋疾患のために、
気管切開をして過ごしています。

車イスに乗ってどこへでも出かけていき
心いっぱい、体いっぱいでうれしさや楽しさを伝えてくれる
あかりさんの周りには、いつだって
自然とあたたかな笑顔の輪が広がっていきます。

日常のひとつひとつや人とのつながりを大切に、
楽しみと喜びを感じて過ごしている
あかりさんの描くイラストを見ると、
思わず笑顔になってしまいます。




********************

 秋山紋佳里さん作 2011年度版卓上カレンダー
 1部: 500円(発送費・振込み手数料別)
 購入方法:協会事務局にお申込みください。

********************
「こども時間」を届ける臨床道化師[2010年11月01日(Mon)]
日本クリニクラウン協会の設立5周年を記念して
書籍を出版いたしまた!

協会設立5周年となる記念すべき10月19日に発行されました。



「『こども時間』を届ける臨床道化師
        〜瞬間を生きるこどもたち」

出会いと遊び・・・
入院生活を送る子どもの成長と笑顔を育む

臨床道化師 = クリニクラウン







臨床道化師(クリニクラウン)についての概論や
小児医療の現場でこどもたちと向き合ってきた
医師や病棟保育士、クリニクラウンなどの小児発達援助職の語りや
これからの小児医療のありかたについての対談なども
掲載しています。


詳しくはこちらへ
http://www.cliniclowns.jp/16_oshirase04.html
プロフィール

日本クリニクラウン協会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/rinshodoukeshi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/rinshodoukeshi/index2_0.xml