CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
クリニクラウン(臨床道化師)の活動や思い・考えを伝えるブログです。
<< 2010年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
こども理解講座開催しました[2010年09月22日(Wed)]
都内で初の「クリニクラウンによるこども理解講座」を
9月20日(月・祝)に開催いたしました。

東京でのイベントや講座の開催が少ない中、
50名近い方が参加してくださいました。
本当にありがとうございました。



この講座では、
様々な臨床現場で実際に起こった実践の紹介や、
事例報告を行い、
さらに他者とのコミュニケーションを深めるとはどういうことかと、
ユーモア・コミュニケーションワークショップを
みなさまに体験していただきました。

レクチャーでは
「すべてのこどもにこども時間を〜クリニクラウンの役割」
と題し、講演させていただきました。

みなさまとても熱心にメモを取られ、
真剣に、時折笑顔で聴いてくださいました。

また事例報告では
「クリニクラウンとしての発達援助〜大人が変化することの重要性」
についてクリニクラウンより発表がありました。

クリニクラウンが病院で
こどもたちやご家族、医療スタッフと実際にどんな関りをしているのか、
どんなことを考えて取り組んでいるのか、
事例を通じてよりご理解いただけたようでした。

ワークショップでは
ユーモア・コミュニケーションの体験をしていただき、
みなさまに実際に体を使って動いていただきました。

最初は、どこかぎこちない感じが、
体がほぐれてくる同時に、心もほぐれて自然と笑みがこぼれ、
体と心が連動していることや、
いかに体からメッセージを表現しているのか、
体感していただけたようでした。

参加者のみなさまの声としては、
・今まで事例報告を聴く機会がなかったので、本当によかった。
・クリニクラウンの活動の本当の取り組みを知った。
・参加してよかった
・体がこんなに普段メッセージを発信しているなんて知らなかった。
・自分の普段のコミュニケーションのパターンを知ることができ良かった。

というものが多くありました。

是非、今日体験されたことを
日常生活に役立てていただけたらと思っています。

ご参加くださいましたみなさま、本当にありがとうございました!




フェスティバル[2010年09月06日(Mon)]
定期訪問をしている茨城の病院で、
クリニクラウンの日である9月2日にフェスティバルが開催されました。

普段、二人一組を特色として活動しているクリニクラウンですが、
この日はフェスティバルということで、
関東の病院を訪問している
クリニクラウンのメンバーが勢揃いして参加しました。

フェスティバル会場には、ゲームコーナーや工作コーナーなどがあり
また、パネルシアターBUNさんによるショーなど盛りだくさん。


クリニクラウンは、いつもの訪問とは違うアトラクションをして、
こども達や家族、医療スタッフの皆さんと楽しい時間を過ごしました。

その後は、会場へ来ることができなかったこども達に会いに、病棟を訪問しました。

家族や医療スタッフ、他のこども達と共に笑ったり、喜んだりと
同じ時間を共有し一緒に楽しむこども達の姿は、とても輝いていました。

ゆっきぃ
クリニクラウンの日[2010年09月02日(Thu)]
今日は何の日かご存知ですか?
9月2日はクリニクラウンの日です。

「9」「2」の語呂にあわせており、
日本記念日協会にも認定されている記念日です。

毎年、この日にお祝いメッセージを
おくってくださる方もいらっしゃいます。

今年で協会設立5周年を迎え、
クリニクラウンの日も少しずつ皆様に知っていただける
ようになってきたのかもしれません。

「すべてのこどもにこども時間を」
こども達の明るい未来を願い
みなさまも素敵な一日をお過ごしください。

プロフィール

日本クリニクラウン協会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/rinshodoukeshi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/rinshodoukeshi/index2_0.xml