CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
クリニクラウン(臨床道化師)の活動や思い・考えを伝えるブログです。
<< 2010年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
遊びの波[2010年05月25日(Tue)]
赤い鼻をつけてカラフルな服を身にまとい、
病棟や病室を行き来しているクリニクラウンの姿を見て、
初めてクリニクラウンと出会うこども達の中には、
慣れないことへの驚き、ご家族の後ろに隠れて、
こちらの様子を伺うこどもがいます。

そんな時、クリニクラウンは無理に近付いたり、
遊びの輪に入る事を求めたりはしません。

私達が大切にしていること。
それは「こどもが主役」なのですから。

先日、訪問した時も、そのような状況が病棟の廊下でありました。

ご家族の後ろから隠れてこちらの様子を伺うのが、
その時のそのこどもにとって、ちょうど良い関わり方だったのでしょう。

こどもとクリニクラウンの距離は離れていたのですが、
それ以上近付くことは、こどもの表情からNOサインが出ていました。

クリニクラウンの周囲に他のご家族や、
こども達が数人居て一緒に遊びや関わりを持っている、
まさにそういう時に出会ってしまったのです。

しかも、遊んでいる場所は、
家族の後に隠れているこどもの病室の真ん前でした。

隠れているこどもにとっては、病室に戻りたいけれど、
ちょっと近付けないという状況です。
廊下の遠くの方から「どうしよう」という空気が伝わってきました。

「よーし! かくれんぼ開始〜!!」
これまでの遊びの流れを崩さずに、
瞬時にパートナーと、隠れているこどもから自然に離れるように、
廊下を遊びながら歩いて、一番の奥の部屋へいきました。

その様子をみていたご家族は笑い、
こども達は一緒に後ろを着いてきて私達が隠れたのを確認します。

隠れさせてもらった部屋でも、そのことをきっかけにこども達と遊びが広がり、
廊下から病室へと、遊びの波が大きく流れた瞬間でした。

クリニクラウンは、事前に「遊ぶメニュー」を用意していくことはしません。
こどものその瞬間を一緒に楽しむ存在なのです。

ゆっきぃ
家族の思い[2010年05月20日(Thu)]
小児集中治療室にて、寝たきりで、
会話や目線での意思の疎通が図れない状態にあると
説明を受けたこどもと出会いました。

長い間、その状態が続いている様子がうかがえました。
ご家族はいつも付き添い、温かく接しているとのことでした。

クリニクラウンは音楽を使って、こどもと関わり始めました。
色々な音を使って楽しく過ごしていた時、1人、2人・・・
次々と医療スタッフの方々が集まり、
総勢5人がその子のベッドサイドを囲みました。
これは良い機会だと思い、みんなでダンスを披露し、
その子に見てもらうことを提案しました。
「えー、ダンス!恥ずかしい」と母親や医療スタッフの方々。
しかし、言葉ではそう言っていても、やる気は十分のようです。
簡単な振りの練習を始めると、
笑い声や楽しい声がたくさん湧き上がりました。

その子は、もしかしたら、視覚の機能としては
直接、私たちのダンスを認識することはできないかもしれません。
しかし、みんなでダンスを楽しむことで、その場にリズムが生まれ
空気や呼吸が大きく動き、また、家族やスタッフの楽しみ笑う
気持ちの変化などが、その子の持つ、あらゆる感覚を通じて
伝わっていきます。

これまでの訪問の中でも、その場にいたスタッフが
本当に微細ではありますが、でも確かに、目に見える形としても
モニターの数値が変化したり、呼吸が変化したりするなどの
反応が見られたことに気づき、医療スタッフやご家族が
驚かれる場合も多々あります。

先ほどまでは、聞こえるのはたくさんのモニターのアラーム音だけで、
静かだったベッドサイドが、楽しい空間に一変!

そうして、こどもに披露し、みんなで写真を撮っていると、
父親が来られました。

いつもと違う雰囲気に驚かれ、喜び、涙が頬をつたっていました。

母親も、「本当にありがとうございます。
こんなにたくさんの人々が関わってくださるなんて!」 と
涙ながらに言ってくださり、

また、担当医師も「楽しい時間をありがとう」と声をかけてくれました。

父親の涙、母親の言葉が、こどもの現状を表していました。

TOMO
思わぬ再会[2010年05月13日(Thu)]
先日、香川県にある病院を訪問しました。
2009年1月に初めてデモンストレーション訪問を行い、
その後2009年5月から定期的な訪問が始まった病院です。

現在日本クリニクラウン協会では、
関西・関東に所在する15箇所の病院を定期訪問していますが、
最近では、訪問がスタートした病院の多くは、
最初にデモンストレーション訪問が実施されます。

実際にクリニクラウンと子どもとのやり取りや
病棟の雰囲気の変化を体感してもらい、
その後に、定期訪問につながっていくというスタイルが多くなっています。
やはり「百聞は一見に如かず」という諺はなかなか理にかなった
古人の知恵だと思いました。

その病院に訪問した時のエピソードを1つ紹介します。

いつものようにこの病棟をラウンドした後、
4人がいる部屋を訪問しました。

すると子どもの付き添いをしていた母親が、
クリニクラウンの動きを注意深く見ていました。

やがて、その母親は「ちょっと質問していいですか?」
と話しかけてきました。
「あの〜皆さんは全国各地を訪問していますか?」
そこで「はい!北も南も飛んでいきますよ!」と答えると
「やっぱり・・・以前熊本の病院で会いました」と話されました。

この熊本の病院を訪問したのは2年前の夏の出来事でしたが、
すぐに病棟の入口付近でコミュニケーションをとった親子のことを
思い出しました。

お互いに再会を感動した後、
しばらくすると母親が「別の病院でも会うなんてね・・・」と
少し複雑な表情を浮かべていました。

確かに私たちクリニクラウンはいつも病院の中に存在しているので、
病院の外で出会うことは難しい存在です。

私も思わず、そうだな〜クリニクラウンに会わないほうが
自然なのかもしれないと思いかけていましたが、
やはり人と人が出会いそしてまた再会できることは
素直にうれしいことだと感じ、

「でもお母さん、再会できることはやっぱりうれしいですよ!」
と言葉を返しました。

すると、母親はゆっくり笑顔になって、
やがてそれが母親に抱かれていた子どもにも反映していきました。



『かながわ看護フェスティバル』[2010年05月11日(Tue)]
5月8日に開催されました
『かながわ看護フェスティバル2010』に、
当協会のブースを出展し、ステージにて活動紹介をいたしました。



ステージでは、クリニクラウンの活動の紹介や、
クリニクラウンのテツ&大ちゃんが皆さんと一緒に楽しい時間をつくり、
また、ブースにもたくさんの方々がお立ち寄り下さいました。

病院訪問だけでなく、このような活動を通して、
広く多くの方々に、クリニクラウンの活動を知っていただくこと、
そして何より、こども達の療育環境改善への
さらなる力となっていくことのきっかけとなればと思います。

ゆっきぃ
プロフィール

日本クリニクラウン協会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/rinshodoukeshi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/rinshodoukeshi/index2_0.xml