CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
クリニクラウン(臨床道化師)の活動や思い・考えを伝えるブログです。
<< 2009年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
2010年度版卓上カレンダー紹介[2009年10月29日(Thu)]
日本クリニクラウン協会のインターネットクリニクラウンの
モニターとして協力していただいたあかりさん。
そんなあかりさんが描いたイラストで作成された
2010年度版卓上カレンダーを当協会で紹介しています。




秋山紋佳里さん作 2010年度版卓上カレンダー
1部: 500円(発送費・振込み手数料別)

日常のひとつひとつや人とのつながりを大切に、
楽しみと喜びを感じて過ごしているあかりさんの描くイラストを見ると、
思わず笑顔になってしまいます。

あかりさんは、先天性の筋疾患のために、
気管切開をして過ごしています。
車イスに乗ってどこへでも出かけていき、
心いっぱい、体いっぱいでうれしさや楽しさを
伝えてくれるあかりさんの周りには、
いつだって自然とあたたかな笑顔の輪が広がっていきます。



購入を希望される方は事務局までご連絡ください。
10月19日法人発足4周年[2009年10月19日(Mon)]
今日は日本クリニクラウン協会の誕生日です!

2005年10月19日にNPO法人として認定をうけ、
みなさまのおかげで4年目の誕生日を迎えることができました。
本当にありがとうございます。

関西の2病院からはじまった活動も、
今では全国15カ所の病院を定期訪問しています。
これも、訪問先である病院スタッフの方々や家族の理解と、
大勢の皆様の支援のおかげです。

これからも、よろしくおねがいいたします。


Posted by cliniclowns at 10:51 | この記事のURL
〜臨床道化師フォーラムを経て〜[2009年10月06日(Tue)]
〜臨床道化師フォーラムを経て〜

8月23日(日)大阪にて臨床道化師フォーラムを開催致しました。
御来場下さった皆々様、本当にありがとうございました。

クラウン(道化師)と名がつきながら、
楽しさも笑いも封印して、ただひたすらにこども理解を追求し真剣に考える1日でした。

クリニクラウン他に、チャイルド・ライフ・スペシャリスト、病棟保育士、
また元小学校教師の金森俊朗氏を迎え、
様々な職種の視点から、こども理解について考えました。

こどもは、その小さな体に抱えきれない程の心を持っています。
それを素直に表現出来ずに、泣いたり怒ったり、
それは今を必死に生きているからこその行動です。

クリニクラウンは訪問の中で、こどもからの投げかけに対し、
一度しっかりと受け止める事を徹底しています。
存在と瞬間を肯定し受け止める。

今回のフォーラムを経て、
今一度、自身へ問いかけてみました。
表情や行動の中に込められたメッセージを理解出来ているか?
一瞬一瞬を真剣に向き合っているか?

人は人との関わりの中で生き生かされています。
誰かに素直に感情を吐き出せる幸せ。
親の心の安定が、こどもの心の安定にも繋がる。

人と人とを繋ぎ、素直な心を表現出来る環境の創造を目指し、
これからも、多くの方々と協力しながら、
今回学んだ様々な視点からのこども理解を活かし、
より良い療育環境を築いていきたいと思います。

最後に、人と関わる事を粗末にしない、
この気持ちを大切に活動していきます。

大ちゃん
活動会員のみなさまへ[2009年10月02日(Fri)]
活動会員のみなさまへ

毎年実施しているクリニクラウンフィエスティバルですが、
今年は新型インフルエンザの拡大をうけ、
活動会員のみなさまの参加は自粛させていただくことになりました。

毎年協力いただいていた活動会員のみなさまは
楽しみにしていただいていたと思いますが
ご理解の程よろしくお願いいたします。


プロフィール

日本クリニクラウン協会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/rinshodoukeshi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/rinshodoukeshi/index2_0.xml