CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
クリニクラウン(臨床道化師)の活動や思い・考えを伝えるブログです。
<< 2009年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
事務局からのお知らせ[2009年04月30日(Thu)]
<事務局からのお知らせ>

日本クリニクラウン協会の事務局は
5月2日(土)〜5月6日(水)までの間
お休みになります。

この期間中はメールや電話などの返答ができません。

明日、5月1日(金)は開局しておりますので
お急ぎの方はご連絡ください。

よろしくお願いします。
瞬間の即興性[2009年04月27日(Mon)]
母子の関係がうまくいかず、その影響から発達障害をおこしている。
年長さんの年齢だが言葉を話す事が出来ない。
見た目にはニコッとした表情を向けているが、
楽しいからではなく、自己防衛的な笑みを浮かべている。
カンファレンスから「虐待」という言葉も聞きました。

安全、安心感を与える空気感で、少しずつその子と距離をつめt、近づきました。
様々な関わりを通して、その子と繋がる共通言語を探して遊びを展開しました。
たとえ反応がなくとも、次回へ繋がる関わりと・・・

別れ際、思いもかけない出来事が、その子の心を開きました。
その子がくしゃみをしたので、クリニクラウンたちは飛ばされるリアクションをとりました。
またくしゃみ、そして飛ばされる・・・。
その瞬間、その子の表情が輝きました。
3回目のくしゃみは嘘のくしゃみをしたのです。
僕たちはまた飛ばされました。
近づいては飛ばされる、この遊びは部屋を出るまで何度も続きました。

今のその子の表情は本当に楽しい!という笑みを浮かべている。

カンファレンスを受け、少しはこうしてみようというプランはたてます。
しかし一番大事なのは、その瞬間の即興性です。

人生は即興の連続だ!

プランではない思いもかけない出来事に、いかに反応、対応するか?
その瞬間を見逃さず、受け止め、それをいかに楽しみに変えていくか?

クリニクラウンはこの即興性を大切にして訪問しています。
そして即興コミュニケーションのトレーニングに日々励んでいます!!

大ちゃん
小さな始まり[2009年04月27日(Mon)]
新年度の訪問が始まりました。
私たちクリニクラウンも新たな気持ちで訪問に向かいます。
案の定、病棟はスタッフの人数も多く、いつもより皆さん忙しそうに仕事をしています。

久しぶりに会う子、初めて会うこどもたちやスタッフ、私たちのワクワクがどんどん増していきます。

そんな中、1人のこどもと廊下で出会いました。
「どこに行くの?」と声があり、
私たちは「ん?」「どこからか声が聞こえる?不思議だ?」
と目の前のその子を探す遊びを始めました。

「どこにいるの?」
「ここだよ?」
とチグハグな言葉と探し合いが、始まりました。
少し経ってから不思議なことに、いつの間にか、その子もクリニクラウンと一緒に、何かを探し始めているではありませんか!
どうも探すことが楽しいと感じたようです。

それから、その子の見つけたい「何か」を探す旅が始まりました。

「どこだろう?いないね?」作業台の下や廊下のくぼみを探します。
「何を探しているの?」
「看護師さんだよ!」とその子。
いつの間にか看護師さんを探していたのです。
ようやくナースステーションまでたどり着いた時
「いたー!」とその子。

いきなりの言葉にスタッフはびっくり。
その子は嬉しさのあまり飛び上がって喜んでいます。
その姿にスタッフも仕事の手を止めて微笑み、
みんなで、喜びの拍手をしました。

小さな遊びの始まりが大きな喜びに広がった瞬間でした。

今年度もたくさんの関わりを通し、発見や変化の楽しさを伝えこどもたちや保護者、スタッフの方々と共有していこうと思います。

TOMO
クラウニケーションワークショップin東京[2009年04月21日(Tue)]
クラウニケーションワークショップin東京 参加者募集

クリニクラウンの大切にしているこどもとの
コミュニケーション。

クラウニケーションとは、クラウン(道化師)と意思の
伝達を意味するコミュニケーションを合わせた造語です。

人や社会とのかかわりの中で、意思の疎通を円滑にする
ことはとても大切なこと。
毎日の生活に活かせる、コミュニケーションのちょっとした
コツを体験してみませんか?

日程:2009年6月28日(日)13時30分〜16時30分
    (13時15分受付開始)

場所:アカデミー向丘(文京区)
   TEL:03-3813-7801 住所:東京都文京区向丘2−5−7
    (都営地下鉄南北線「東大前」駅1番出口より徒歩5分)


内容:コミュニケーションに関する参加体験講座
   (動きやすい服装、靴でご参加ください)

講師:塚原成幸(日本クリニクラウン協会 アーティスティックディレクター)

定員:20名(定員になり次第、締め切ります)

対象:興味のある方なら、どなたでも参加できます

参加費:一般3,000円/会員2,500円

申込:電話、FAX、E-mailにて協会までお申し込み 
    ください。

注意:WSに参加されても、クリニクラウンのトレーニングを
   積んだことにはなりません。
こどものミカタ 道化のミカタ[2009年04月20日(Mon)]
お医者さんを見たらその人をお医者さんと思う。
カーテンを見たらそれはカーテン。
扉は扉だし、テレビはテレビですよね。

それらを瞬時に認識するし、その使い方も分かることは、
ごくごく当たり前のことです。

でも、この発想のルールはクリニクラウンには通用しないのです。

ある時、男の子がクリニクラウンのポケットに何かをポトリといれました。
見てみると、固めの青くて四角い長方形の物。

クリニクラウンはそれが何だかよく分からないので、
ひっくり返したり、触ったりして眺めていると、
近くで様子を伺っていた数人の男の子たちが、
「これはね、ゲームだよ。」と教えてくれました。

それをきっかけに数人が一斉に
「DSだよー」とワイワイ喋り出しました。
「なるほど、GSか〜」
と一つ学んで得意気になっていたら、
(方々から一斉に教えてくれたので、こう聞き取れたのです)

こどもたちは、「違うよー!ディーエス」
「違うよー!JS」

さらに一人の男の子がニヤリとしながら
「お茶漬けって言うんだよ〜」 と。
そこから「青いふりかけだよ〜」 
「違うよ、のりだよー」 
それぞれが好きな方向へと持ち前の想像力をどんどん膨らませていきました。
側にいた看護師さんも、そのちぐはぐな言葉遊びに大笑いでした。

日常的に当たり前のようにあるものを、
一般的に決められているミカタから、
少し変えてみたら、これまでとは違った楽しい瞬間が生まれる時があります。

そんな一瞬をクリニクラウンは大切にしています。

ゆっきぃ

クリニクラウン新規募集のお知らせ[2009年04月17日(Fri)]
日本クリニクラウン協会では、
入院中のこどもたちを定期的に訪問し、
遊びとユーモアを届け、
こどもたちの笑顔を育む道化師(臨床道化師)を募集します。

●2009年度クリニクラウン募集要項

入院しているこどもたちの成長・発達をサポートする専門家
(クリニクラウン)を募集します。

クリニクラウンは、
優れた表現者であると同時に、
こどもとの接し方、こどもの心理、
保健衛生や病院規則に精通したスペシャリストです。

訪問する病棟は、
NICUやICUなどの高度医療を要する現場など多岐に渡り、
クリニクラウンには
こどもの成長をサポートするこども理解の視点が欠かせません。
この度、全国各地の臨床現場で活動する
クリニクラウンを新規募集します。


*詳しくは、協会のホームページをご覧ください。
http://www.cliniclowns.jp/audition_08.html


<募集期間>:2009年4月30日(木)〜5月31日(日)【必着】

<条件>
     ・6月、8月、9月に開催する研修に参加できる方。
      (日程は6/27・8/22・8/23・9/14・9/15の予定。
                  研修会場は大阪市内を予定)
     ・10月以降平日にクリニクラウンとして病院訪問できる方。
      (週1回もしくは2週間に1回程度)
     ・既往歴を開示できる方。
     ・60歳までの方。

<募集人数> 若干名

<応募方法>
以下の書類3点をそろえて、協会事務局宛に郵送、
E-mailのいずれかの方法で送付ください。
(詳しくは協会ホームページをご覧ください。)

   1・応募用紙(協会指定)

   2・応募の動機についての小論文
     (字数1200字以内、手書きでもワープロでも可)
     題 : 現代を生きる、こどもに必要な社会的支援について

   3・本人(表情の分かるもの)の写真 
     (サービス判 L 89mm×127mm)1枚

*ご提出いただいた書類は、
  ご返却いたしかねますのでご了承ください。

<その他>
クラウンとしての実務経験は問いません。
ただし、クリニクラウンとして病棟で活動する場合は、
こどものイマジネーションを刺激する卓越した表現力、
即興力、演出力が問われます。

※ 応募締め切り後、6月初旬に書類選考を行い、
  6月10日(水)には受講生を決定いたします。
  (応募されても研修に参加できない場合があります。
   ご了承ください。)

注) 基礎研修に参加されても、クリニクラウンのトレーニングを
   積んだことにはなりませんので、ご了承ください。
   本研修終了後、臨床研修に進むためには、
   審査(9月)を受ける必要があります。
今日からスタート![2009年04月13日(Mon)]
今日から新年度の病院訪問が始まります。

この季節は就職・転職・進学・引越しなど・・・
みなさまも多くの変化の時期となります。

医療現場も新人さんが入ってきたり、異動で今まで関わってきた医師、看護師、保育士のみなさんが変わり、また新しい関係を構築していく時期となります。

この時期はせっかく築きあげてきた関係が変化することを、正直残念に思うこともありますが・・・
また新しい出会いと、病棟を、こどもたちの療育環境をよりよいものにするために、出会うすべての人と関わっていくワクワク感♪もたくさんあります。

昨年は訪問している病院で、
「クリニクラウンさんがいる病院に就職したかったのです!!」

という看護師さんが数人いらして、声をかけてくださいました。
私たちにとっても、うれしい出来事でした。

この時期はスタッフのみなさんも新しい環境に慣れず、病棟全体がバタバタする時期です。
こどもたちやご家族だけでなく、医療従事者のみなさん、病院でクリニクラウンが出会うすべての人たちに、私たちは関わります。

今日から今年度の病院訪問がスタートします☆

どうぞみなさま、よろしくお願いいたします!!

るーま
問い合わせ受付時間を設けました![2009年04月10日(Fri)]
新年度から
事務局への問い合せ受付時間を設けました。

<事務局への問合せ受付時間>
月曜〜木曜 10時〜18時

金曜日は、研修や講演会などがあり
事務局にスタッフがいることが少なくなりますので、
問い合わせ受付時間を設けました。

協会に関しての問い合わせなどがございましたら、
月曜〜木曜 10時〜18時までに、
お電話かメール、FAXにてお問い合わせください。
(場合によってはすぐに対応できない場合もあります。
ご了承ください。)

時間外のものに関しては、
翌日の事務局開局日に対応させていただきます。

今年度もよろしくお願いいたします。


新年度がスタートしました[2009年04月07日(Tue)]
来週からクリニクラウンの病院訪問がスタートします!

昨年度はたくさんの方々にご支援いただき、
クリニクラウンの病院訪問を実現することができました。
本当にありがとうございました。

新年度を向かえ気持ちも新たに、
これからもこどものQOL向上のため、
医療スタッフと協働し、療育環境の向上を目指していきたいと
思います。これからもご支援よろしくお願いします。

活動会員のみなさまにはクリニクラント7号が近日中にお手元に届くと思います。
昨年度の主な活動の報告もあります。楽しみにお待ちください。

*クリニクラウントとは
 クラントはオランダ語で新聞という意味で、
 活動会員の方に年2回ニューズレターを発行しています。
 
*4月12日に予定していた東京での活動報告会は開催いたしません。
 クラウニケーションワークショップは6月に延期になりました。
かけがえのない存在として、しっかりと向かい合う[2009年04月06日(Mon)]
クリニクラウンに悪戯をし、叩いたり、小道具を持っていったり、
クリニクラウンを困らせるこどもがいます。

どうしたら良いか・・・?
そうする行為には必ず原因があります。
悪戯するのも困らせるのも、そのサインです。
自分への関心、かまってほしい、不安や不満といったことが原因となることがあります。

クリニクラウンは2人1組で病院を訪問するので、
ひとりが通常の訪問をし、ひとりはその子が納得するまで関わりました。
しっかりとその子と時間をかけて向かい合う。

こちらがちゃんと向かい合い、受け止める。
かけがえの無い存在として認める。
ギューと抱きしめる気持ちで遊ぶと、それが安心感、信頼へと繋がっていきます。

叩いたりする事に対して、その行動はNOであると
毅然とした態度で接するとこども達は必ずわかってくれます。
それが無いと、相手の行動を助長し、どんどんエスカレートさせてしまうことになります。

しっかりとこどもと関わると、
「このお友達と遊んでくるから、待っててね。」
と言えばちゃんと待っていてくれます。

その後は一番のクリニクラウンの味方になり、
「あの子のところに行ってあげてね。」
初めてクリニクラウンと出会う子には、
「怖くないよ。大丈夫、この人たち、おもしろいんだよ♪」
と色々教えてくれるようになりました。

こどものサインにどう応えるか?
本気で向かい合えるか?

かけがえのない存在として、最上級の配慮と尊敬の気持ちを持って、
一人ひとりとしっかりと向かい合うことが、コミュニケーションには欠かせません。

大ちゃん


| 次へ
プロフィール

日本クリニクラウン協会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/rinshodoukeshi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/rinshodoukeshi/index2_0.xml