CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年12月25日

【講演報告】京都府立医科大学人権研修の講師を務めました!

【講演報告】京都府立医科大学人権研修の講師を石井が担当しました!

cliniclowns_140708_113.jpg

京都府立医科大学病院へは、クリニクラウンは2007年から定期訪問を開始しています。

病院関係者の中でもクリニクラウンのことを知らない方が大半を占めていることに、まだまだ認知度を広めていく必要性を感じました。

講演の中では、トンちゃんのこれまでの体験談を入れてお話していくうちに、皆さんの顔が少しづつ変化していったのがすごく印象的でした。

普段のクリニクラウンの訪問では、バルーン(風船)はラテックスアレルギーのため、病院では使わないのですが、講演会ワークショップでは、バルーン(風船)を使うことがあります。
最後のワークショップでは、バルーン(風船)を使って、皆さんからのパワーをもらいました!
そして、バルーン(風船)を組み合わせて、お花やサンタさんが出来上がると、会場にはどこをみても笑顔、笑顔、笑顔でいっぱいになりました。

講演終了後、声をかけに来てくださった人の中に、「私覚えてるー」ってニコニコしながら近寄ってこられました。
どこか見たことのある顔、12年前に、クリニクラウンが訪問させていただいた病棟スタッフの方でした。
まさに12年ぶりの再会、その当時のことや子供たちのことを。
二人ではしゃぎながらしゃべることができた。

今はお空に行っているこどもたちのことも私たちにとっては、いつでも呼べば飛んできてくれて、話の仲間になってくれるのです。
こんな時間をプレゼントしてくれる子どもたちに
ありがとうーを何度でも言いたいトンちゃんでした。

【石井裕子(クリニクラウンネーム トンちゃん)】
posted by cliniclowns at 10:00| お知らせ

メリークリスマスクリスマスツリー

メリークリスマスクリスマスツリー

49061938_2287540314858382_7995829710317682688_n.jpg

サンタさんのプレゼントが楽しみにで、なかなか寝れなかったこども時代。。
大人になるといつのまにかプレゼントをもらうワクワク感も忘れてしまいがち。
今日は、クリスマスイブ!
いつも頑張ってる自分に、何か素敵なクリスマスプレゼントを贈ってみてるのはどうでしょうサンタ

MERRY CHRISMAS
素敵な1日なりますよーに。
posted by cliniclowns at 00:00| お知らせ

2018年12月23日

【講演会報告】第7回日本小児診療多職種研究会in福岡に参加!

【講演会報告】第7回日本小児診療多職種研究会in福岡に参加!

IMG_1993.jpg

11月24日(土)25日(日)に開催された第7回日本小児診療多職種研究会で講師を務めました!
昨年の沖縄では基調講演の講師をつとめ、今回もお声掛けをいただき、ポリタンとトンちゃんがランチョンセミナーを担当させてもらいました。
そして、ご厚意で日本クリニクラウン協会の啓発ブースも出させていただきました。

ランチョンセミナー後に、啓発ブースにいると、昨年の学会で出会った人が、次々と声をかけて下さりました。
そして、ガチャガチャ募金に協力してくださり、手にした赤鼻をつけての笑顔のハナがあちこちで咲きました。

クリニクラウンの訪問先病院のスタッフの方々にもお声がけいただき、再会を喜び合いました。
一回一回の出会いを大切にすると、年月に関係なく、素敵な再会があります。

啓発ブースに「やっと会えたわー」とニコニコ笑顔で声をかけてくれた女性がいました。
はなんと12年前に出会った小児病棟の先生でした。
今は違う病院だけど、あの時の感動は、いつまでも私の記憶に残っていて、この場所で出会えてとってもハッピーと言いながら、お互いに今まで頑張ってきたことを確認する温かいハグをすることができました。
継続の力。

予期せぬご褒美にニコニコのトンちゃんでした。
そんな、たくさんの出会いがあった第7回日本小児診療多職種研究会でした。

【石井裕子(クリニクラウン トンちゃん)】


posted by cliniclowns at 19:36| お知らせ

クリニクラウンになりたいあなたへ【クリニクラウンテツ】

クリニクラウンになりたいあなたへ【クリニクラウンテツ】

あA35A1609.jpg

僕はいまパフォーマンスを生業としていて、現在は主にテーマパークで出演しています。
クリニクラウンとの出逢いはまさにこの活動が産声をあげるタイミングで、当時は僕自身もパフォーマーとしてまだ駆け出しの頃でした。

一般的なイメージとして
クリニクラウンは何かしらパフォーマンスのスキルを持っていないといけない、若しくはそういう人しかなれないと思われがちですが、答えは半分正解で半分間違いです。

確かに何かしらの表現スキルがあった方が良いのは間違いないのですが、逆にそれが足かせになる場合もあります。

A35A1967.jpg

クリニクラウンのクラウニング(表現)は病棟のこども達とその瞬間の出逢いを大切にしています。ですからあらかじめ決められたプログラムを一方的に披露する訳ではないので、ステージでショーをする事に慣れている人にとってはその感覚が染み込んでいる分その違いを理解するのに苦労します。

_MG_8658.jpg
僕自身養成過程や活動を始めた頃は随分そのギャップに悩みました。
しかしながら続けていくうちにわかったのですが、何かを表現するという事は結果的にそれを見てくれる人と繋がるという事であり相反するものと思っていた事が根本では同じだったのです。


その事を理解できてからは自分の表現スキルをクリニクラウンに活かすことができるようになったし、クリニクラウンで学んだ事がパフォーマーとしての表現にも活かせて、現在でも仕事としてパフォーマンスできているのかなと思います。

CliniClowns_kumao_170222_0042.jpg
このメッセージを読んでくれている表現者の皆さん!
貴方の表現をクリニクラウンとして病棟のこども達に届けてみませんか?
きっと貴方の表現の世界に革命が起こりますよ!
(もちろんそういった経験が無い方も大歓迎ですよ)

玉川哲也(クリニクラウンネーム テツ 2006年3月認定)

*********************************** 

2018年度 新規クリニクラウン募集(2019年1月6日(日)締切)

<第1次オーディション>

日程:2019年1月19日(土)

   A班:10時30分〜12時30分 B班:13時30分〜15時30分

   C班:16時30分〜18時30分 D班:19時30分〜20時30分

    ※時間の詳細はエントリー完了時に通知します。


詳細はこちらをご覧ください。

http://www.cliniclowns.jp/16_oshirase27.html


posted by cliniclowns at 16:13| お知らせ

2018年12月18日

【ボランティア活動報告】カレンダーがもうすぐ届きますよ!

IMG_0705.jpg

今日は、ボランティアさんが来てくれました!
初参加ということでドキドキしながらの参加してくださりました。

今日は、今週末にみなさまに発送する予定のカレンダーを折る作業をがんばってくださいました。実は、木曜日の発送に向けての準備なのです。

今年は感謝の気持ちを込めて、クリニクラウンカレンダーを作成しました。
折り加工をつけると少しコストが多くなってしまうので、手分けして折り作業をしているのですが、なかなか手間のかかる作業なのです。
だから、ボランティアさんに来てもらい、すごく助かっております。

作業をしながら、クリニクラウンの訪問の様子などを話したり、あっという間の2時間でした。御協力に感謝です!本当にありがとうございました!

みなさんのお手元には来週届くと思いますので、楽しみに待っていてね!

【事務局熊谷】



posted by cliniclowns at 17:35| お知らせ

大阪マラソンお疲れ様パーティ


【大阪マラソンお疲れ様パーティ】

IMG_0514.JPG

12月15日(土)に第8回大阪マラソンの
日本クリニクラウン協会のチャリティランナーと、みんなで赤い鼻をつけて応援したあかはな応援団のみなさまと一緒に、大阪マラソンお疲れ様パーティを開催いたしました!

大阪マラソン当日の写真のスライドショーを見ながら、大阪マラソンの思い出をみんなで一緒に振り返りました。

走る姿がスライドに映ると、「マラソンは一人で挑戦して一人で走るけど、チャリティランナーとして走った今回は全然違った。やっぱり1つのチームとして、仲間から応援してもらえることが力になった」とチャリティランナーさんは笑顔で話してくれました。

また、あかはな応援団として一緒に応援していただいた方は「応援自体が本当に楽しくて!
赤い鼻をつけて応援すると、みんな笑顔になったり、応援に応えてくれるのが嬉しかった!
そしてまた頑張って走るランナーさん達の姿に私達もパワーをもらえました」と楽しそうに話す姿がとても印象的でした。

大阪マラソンを無事に走り終えたお互いの頑張りを称えあいながら話していると、
当時の熱い想いがよみがえってきて、ワクワク・ドキドキの時間を
また感じたいと思える時間になりました! 

応援する側もされる側もお互いにたくさんのパワーをもらえた大阪マラソンでした!
無事に走り終えたチャリティランナーのみなさま、本当にお疲れ様でした!!
そして応援をいただいたみなさま、ありがとうございました!!
posted by cliniclowns at 08:00| 事務局

2018年12月17日

つながる編集教室 上級編発表会

【つながる編集教室 上級編発表会レポート】

IMG_0458.JPG

2018年12月15日(土)に「つながる編集教室―上級編―」の記事発表会を開催しました!
タケダ NPO サポートプログラム「つながる編集教室」は、病気や障害を抱えるこどもを支援する視点を持ったライターボランティアの育成を目指し、プロのライターから基本を学び、インタビュー記事を書くプログラムです。

10月に開始した「つながる編集教室上級編」はこの日が最終回!
上級編では、日本クリニクラウン協会が抱えている課題を解決するためのヒアリングを行い、ライターが取材計画を立てます。そして、訪問先病院の医師、病棟保育士、協会理事、クリニクラウンと出会った家族のお母さん、ボランティアで支えてくれる人…クリニクラウンに関わる多種多様な立場の方へインタビューを行い、その想いを記事に書き上げました。

最終回は、受講者さん自身が、自分で書き上げた記事を音読する発表会です。
「声」というのも1つの発信ツール。黙読するよりも、書いた人の声で聞くことで、ダイレクトに伝えたい想いが伝わってきました。

IMG_0443.JPG

インタビューしたことで、自分自身もクリニクラウンの活動について納得ができたので、自信を持ってクリニクラウンを広められます!と嬉しそうに語っていただいたり、全員の記事の発表を聞けたことで多角的にクリニクラウンのことを知れた、と語り合っていました。

最後は受講生のみなさんに講師の杉本さんから修了書を手渡しいただき、無事に終えた喜びを分かち合いました!
とても素敵で貴重な記事を書いていただき、ありがとうございました!!
そして、インタビューにご協力いただいたみなさま、ありがとうございました!

IMG_0465.JPG

インタビュー記事のHPへの掲載に関しましては、また随時お知らせをいたしますので
みなさま、楽しみにお待ちください!!
posted by cliniclowns at 17:40| 事務局

2018年12月15日

ラジオ関西「羽川英樹ハッスル」でクリニクラウンの活動を紹介

2018年12月13日(木) のラジオ関西「羽川英樹ハッスル」でクリニクラウンの活動を紹介しました!
今回は、2回目のゲスト出演になります。

前回も、パーソナリティの羽川さんが素敵にお話しを引き出してくださったのですが、今回も病院訪問の様子がイメージできるようにいろいろな質問をしてくださりました!
新規クリニクラウンを募集しているということもあり、そのことについてもお話しさせていただきました。
最後は、レッドノーズをつけて写真撮影!
やっぱりすごく似合ってます。

IMG_1912.JPG

番組のHPでも少しご紹介いただいているので、こちらをご覧ください。
posted by cliniclowns at 19:04| お知らせ

2018年12月13日

クリニクラウンに興味を持ったあなたへ 【クリニクラウンまめたん】

aaIMG_8011.jpg

クリニクラウンに興味を持ったあなたへ
先輩クリニクラウンからのメッセージ


 私がクリニクラウンと出会ったのは新聞の紙面です。

 私には、それより前にクリニクラウンに関する知識や情報は何もありませんでした。
 そこには、「クリニクラウン募集と選考会のお知らせ」の一文がありました。

 丁度その時、子どもが受験中で日々頑張っている姿を見ていましたので、自分も何かチャレンジ出来ることがあればやってみたい、頑張りたいと思っていました。

そして、 「とりあえずやってみよう!!」と
勇気を出して協会に電話をしてみたのが始まりです。


 選考会で話しを聞いてみると
「私って場違いかも…」と不安になることもありましたが、養成講座でしっかりと学べることと、自分が学生時代から今まで経験してきた子どもと関わる仕事、地域やPTAでの活動、そして何より子育てで得た体験を活かせる事が分かってきました。

そうなんです!!
クリニクラウンの活動は色々な人と関わる活動ですので、自分の今までの経験や体験が大いに役に経つのです。

acliniclowns_okinawa_-0972.jpg

その行動が何かを変えるきっかけになる

クリニクラウンと家事と子育て、仕事と何足もの草鞋を履いて大変に感じることも時にはありますが、病棟に病室にクリニクラウンが行くことでその場の空気が変わったり、見た人の気持ちが少しでも軽くなったり、笑顔になれたりする、その瞬間に立ち会えることで、とても優しい気持ちになります。

 そして、私たちの何倍ものパワーで喜びを返してくださいます。

aIMG_7744.jpg

私たちと一緒に、この様なかけがえのない体験をしてみませんか?

aIMG_8089.jpg

 それはあなたの人生をより豊かに色濃くしてくれるものだと思います。
 「出来るかな?」と迷っているあなた!!
先ずはチャレンジしてみましょう!!
その行動が何かを変えるきっかけになりますよ。


藤本真実子(クリニクラウンネーム まめたん 2016年3月認定)

*********************************** 

2018年度 新規クリニクラウン募集(2019年1月6日(日)締切)

<第1次オーディション>

日程:2019年1月19日(土)

   A班:10時30分〜12時30分 B班:13時30分〜15時30分

   C班:16時30分〜18時30分 D班:19時30分〜20時30分

    ※時間の詳細はエントリー完了時に通知します。


詳細はこちらをご覧ください。

http://www.cliniclowns.jp/16_oshirase27.html



posted by cliniclowns at 08:00| お知らせ

2018年12月12日

もっといろんな人に知ってほしい【チャリティランナー「区長」さん】

区長さん1.jpg

もっといろんな人に知ってほしい
チャリティランナー「区長」さん

今回、日本クリニクラウン協会のチャリティランナーとして走っていただいた「区長」さんに、大阪マラソンを走り終わった直後にインタビュー!
チャリティランナーとして大阪マラソンを走った想いを語っていただきました。
――――――――――――――――――――――――――――――――――

もともと、日本クリニクラウン協会という名前は知らなかったけれど、入院中のこどもたちのところへ訪問する活動をしている団体があるということは知っていました。

僕がチャリティランナーとしてクリニクラウン協会を選んだ理由は、
自分の中でどの団体のチャリティランナーとして走るか迷っていた3団体の中で、
一番走る人数が少なかったから。

ランナーの人数が多い団体は、僕が走らなくてもチャリティの輪が広がっていくものだと思ったし、もっとみんなに集まってもらって、広まった方が良いんじゃないかなって思って、いろいろ考えた結果、日本クリニクラウン協会を選びました。

_35A5296.jpg

走っている途中では赤い鼻をつけて走りましたよ!
大阪マラソンは終わってしまったけど、普段からマラソンを走っているので
記録などを狙っていないときは赤い鼻をつけて宣伝して回りたいと思います。

僕が赤い鼻をつけて走ることで「それなに?」と気になる人が増えて、いろんなひとに日本クリニクラウン協会の活動を知ってもらいたいです。

日本クリニクラウン協会のチャリティランナーさんに100人以上から寄付を集めた人がいる。
僕はその人がとても気になっていて、僕は人に頭下げてお金をもらうよりは自分で払う方が良いと思っていたけど、いろんな形でのチャリティがあるんだなぁ、と改めて思いました。


来年も走れたらいいなと思っています!
ありがとうございました!

区長さん2.jpg

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
チャリティランナーとしては初チャレンジだった「区長」さん。赤い鼻をつけてこれからも走るからね!と笑顔で話す姿がとても印象的でした。
チャリティランナーへの挑戦、お疲れ様でした!

【事務局林】

posted by cliniclowns at 07:00| お知らせ