CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
クリニクラウン(臨床道化師)の活動や思い・考えを伝えるブログです。
<< 2018年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
大阪マラソンチャリティランナー決定![2018年09月01日(Sat)]
【大阪マラソンチャリティランナー決定!】
日本クリニクラウン協会のチャリティランナーの37名が決定しました!
初年度なのでどうなるかと思って本当にドキドキの毎日でしたが、こんなにも多くの方にエントリーして頂けて本当にうれしいです。
これからが、本番!!
みなさん、チャリティランナーのみなさんの挑戦を応援してくださいね。

引き続き応援よろしくお願いします。

【事務局 熊谷】

日本クリニクラウン協会のチャリティランナーのページはこちらをご覧ください!
https://marathon.japangiving.jp/supporter/project_display.html?project_id=6
プロサッカー選手 橋本英郎選手主催 チャリティ・ヨガイベント開催!@神戸[2018年08月31日(Fri)]
プロサッカー選手 橋本英郎選手主催 チャリティ・ヨガイベント開催!@神戸

40337322_2353490201603821_4889984196807753728_o.jpg

日本クリニクラウン協会のクリニクラウンアンバサダーでもあるプロサッカー選手の橋本選手(現在、東京ヴェルディ所属)が、チャリティヨガを神戸で開催されます。

橋本選手からは、今回の収益の半分を当協会に寄附し、兵庫県立子ども病院にクリニクラウンが訪問する費用に活用してほしいと連絡がありました。
また、残りの収益の半分は12月に豪雨災害に遭われた地域でサッカー教室を開催する際の費用として使用したいと考えているということでした。
そして、「ヴィッセル、INAC神戸レオネッサ、アルコイリス、デウソンと4チームから選手が来てくれます!なかなかこんな機会はないと思いますので、それぞれの選手のヨガスタイル!一緒に楽しんでヨガしましょう!」という声をいただいています。

当日は、当協会のスタッフも参加しますので、チャリティヨガに参加していただき、少しでも入院中のこども達のことに関心をもっていただけたらと思っています。
どうぞよろしくお願いします!


●日時 2018年9月17日(月) 18:00〜20:00 (受付 17:30〜)
●場所 神戸国際中学校・高等学校 体育館
http://www.kis.ed.jp/06info/access.html
●送迎
行き:JR須磨駅北口タクシー乗り場付近 17:10
帰り:学校〜JR須磨駅 20:10
●参加費用 2,000円
※未就学のお子様はイベントには参加できません
※ヨガマット利用料込み (持参も可)
●定員 50名 (先着順)
●参加条件 小学生以上の男女・運動経験問わず・初心者の方・経験者の方
●受付締切 2018年9月15日(土) 20:00

お申し込みはこちら
http://pakila.jp/hashimotocharity/
「元気な気持ちが生きる力につながっている」チャリティランナー「Hos「元気な気持ちが生きる力につながっている」チャリティランナー:Hossy(ほっしー)[2018年08月30日(Thu)]
「元気な気持ちが生きる力につながっている」
チャリティランナー:Hossy(ほっしー)


阪急うめだ本店 祝祭広場で開催されたH2Oサンタチャリティトークショーで、大阪マラソンチャリティランナーへの挑戦について、チャリティランナーの「ほっしー」さんに語っていただきました!

aIMG_4366.jpg


どうして大阪マラソンのチャリティランナーにエントリーしようと思ったのですか?

私は普段、看護師としてクリニクラウンが訪問している子ども病院で働いています。
私のいる病棟は、残念ながらクリニクラウンは訪問していないのですが、院内ではクリニクラウンの訪問を楽しみにしている子どもたちをよく見かけます。
私たちスタッフも楽しみにしており、クリニクラウンの姿を見かけるとすごくワクワクします。

クリニクラウンの活動を初めて知った時は、クリニクラウンが病棟に来ると、子どもが楽しいんだろうなと思っていたのですが、実際に経験してみて、子どもだけじゃなくて付き添っているご家族や私たちスタッフの気持ちもすごく元気になる事に気付きました。

入院中の子どもたちの病状が悪くなっている時、私たちスタッフも同じように気持ちが落ちたりします。
でも、クリニクラウンを見ると気持ちがはれ、また元気な顔で子どもたちと向き合えるようになります。

元気な気持ちが生きる力につながっている

これまで、たくさんの病気と闘う子どもたちや家族と関わってきた中で一番感じることは、「元気な気持ち」でいることが生きる力につながっているということ。

子どもたちは特に、その「元気な気持ち」でいることでの生きる力が強いと感じます。
入院中の子どもたちは、病院という環境の変化や病気や治療のことなど、大人と同じように不安で怖い気持ちを持っています。
そして、親がいつもと違う雰囲気であったり、周囲の大人の気持ちの変化をすごく敏感に感じ取っています。
だから子どもを支える私たち大人も、元気な気持ちでいなくちゃいけないと常々思っていました。


子どもたちが元気な気持ちでいることや、子どもたちを支える大人も元気な気持ちでいることの大切さを感じ、クリニクラウンの活動を応援したいと思いました。
そして今回、チャリティランナーを募集しているということを上司から紹介してもらい、普通にエントリーするより、絶対チャリティランナーになったほうがいいと思ってエントリーしました。

もともと走るのが好きだったということがひとつと、チャリティランナーの存在は知っていたのですが、これまでどう応援したらいいかわからなかったし、どの団体を応援しようというのもあまりピンときませんでした。
今回クリニクラウンの活動を知り、ぜひ応援したいと思ってエントリーしました。

aIMG_4413.jpg

「病は気から」という言葉があるように、「生きる」「死ぬ」という命に関わるような時も、「気持ち」は生きる力につながっているというのを感じます。

「もう命が危ない」といわれていた子どもが元気になって帰っていく姿もたくさん見てきました。ターミナル期といわれている子どもが、家族と過ごせる時間が伸びたり、一時的にお家に帰れる機会ができたり、子どもらしく生活する時間を増やせることもあります。
また、子どもの血圧や脈拍が下がって来たとき、最期は家族に抱っこしてもらうのですが、家族が子どもを抱きしめ、語りかけると、下がってきた血圧や脈拍が上がることってよくあるのです。
私たち医療スタッフの予想をいい意味で裏切ってくれる。

子どもの力って本当にすごいなぁって思います。
子どもの生命力って未知なのです。
だからこそ、本当に気持ちって大事だと思うのです。

私は子どもと辛い治療を乗り越える上で、楽しい目標を一緒に作る事を大切にしています。
午前中につらい治療がある。
でも午後からクリニクラウンが来るから頑張ろうと励ましています。
すごく小さな楽しみに思えるかもしれませんが、クリニクラウンが来ることを励みに、子どもたちや家族が頑張れるのです。

いつもスタッフや親が元気な気持ちでいられるといいのですが、子どもとの距離が近い分、子どもと一緒に気分が落ちてしまいうことがあります。
そんな時、なんとかとりつくろうとするのだけど、敏感な子どもには、ばれてしまうのですよね。
クリニクラウンも定期的に来てくれるから、徐々に体調が悪くなってくる子どもたちを目にしていると思います。
でも、クリニクラウンは子どもの体調を知った上で、唯一病気の事を忘れさせ、子どもらしさを引き出してくれる存在。
子どもの病気の状況をきちんと分かった上で、明るく楽しく関わってくれるクリニクラウンは本当に素敵です。
私たちではできない役割をしてくれるクリニクラウンを尊敬しています。
クリニクラウンは子どもを支える私達にとって、なくてはならないパートナーなのです。

IMG_0168.JPG


チャリティランナーにエントリーしてみて思うことは何ですか?
チャリティランナーにエントリーして、7万円の寄附を集めるという目標金額に、できるかなぁと不安に思っていた部分もありました。

でも、医療に関係のない友人に声をかけると「いいことしているね」と応援してくれる人がたくさんいて、知ってもらうことって、とても大切だと思いました。

しかしながら、クリニクラウンのことを知らない人も多くて、クリニクラウンについて説明をすると「そんな人がいるんだ。すごいね」とみんなは新鮮な気持ちをもってくれています。

入院している子どもたちに対し、多くの人は「子どもがかわいそう」「声をかけづらい」というマイナスなイメージしかないように思う。
でも、こんな楽しいこともあって、その事で病気に負けない強い気持ちを持って闘えるんだということをわかってもらえたら、入院中の子どもたちにもっと関心を持って、クリニクラウンの活動を応援してもらえるんじゃないかなぁと思います。

今回活動をする中で思っている以上に、チャリティランナーの挑戦や、クリニクラウンのことを応援したいと思っている人が多いなぁと思いました。
職場の同僚や上司からも応援の声をいただいています。
チャリティへ関心を持ってくれている人は多いけれど、チャリティへの参加や応援の方法を知らず、はじめの一歩がでない人も多いと思います。

私が今回の大阪マラソンのチャリティランナーにエントリーすることで、もっとたくさんの人がチャリティに参加できるきっかけになればと思います。

たくさんの人にクリニクラウンの活動を知ってもらい、大阪マラソン当日は、完走を目指して頑張りたいと思います。
みなさん、赤鼻と共に応援よろしくお願いします。

*********************************
チャリティランナー「Hossy(ほっしー)」への応援はこちらからお願いします。
大阪マラソン
https://marathon.japangiving.jp/supporter/project_display.html?project_id=381

【イベントレポート】コラボイベントでの運命的な出会い[2018年08月19日(Sun)]
【イベントレポート】

先日のコラボイベントでは、運命的な出会いがありました!
39337274_2203056673306747_8165663746677538816_n.jpg

病院で、クリニクラウンのギータヤ&きゃしーと出会ったお母さんが、わざわざ元気になった我が子を見てもらいたいと一度家に帰って、お子さんを連れてきてくださいました!!

お母さんは、個室にいて集中治療から出てきたばかりで、少し落ち込んでいるときに、クリニクラウンが来てくれてすごく嬉しかったことや、お子さんが、あまり笑わなくなっていたのが、クリニクラウンと遊んでから、笑顔がでるようになったことなどその時の気持ちを感謝とともに伝えてくださいました。

そして、クリニクラウンが部屋に遊びにきた時に、一緒に後を付いてきていた違うお部屋の子どもたちがその日から、部屋に遊びに来てくれて、お友達ができたんだと話してくれました。
個室隔離で、閉鎖された世界がわっと広がり、クリニクラウンと過ごした時間は、その後の入院生活の心の支えになったと伝えてくれました!

クリニクラウンの活動は、病院なのでこの様に病院で出会った、お子さんやお母さんとゆっくりお話しする機会があまりないので、今回この運命的な出会いに、感謝です!!

また、沢山の方々が話を聞いてくださり、クリニクラウンの活動を応援してくれました!

39409166_2203056726640075_5139355246463549440_n.jpg

39387617_2203056743306740_975544612322017280_n.jpg

●ライフスタイルブランド「coen(コーエン)」 http://www.coen.co.jp/
コーエンは、easy chic “気軽にお洒落を楽しもう”をブランドコンセプトに、2008年に誕生。手頃な価格でありながらも程よく時代を取り入れた上質なベーシックアイテムをメンズ、ウィメンズ、キッズで展開しています。 enjoy! easy chicを会社の理念として掲げ、ひとりでも多くのお客様が、気軽にお洒落なライフスタイル
兵庫県保険医協会淡路支部総会 記念市民公開講演[2018年08月13日(Mon)]
【講演会のお知らせ】
兵庫県保険医協会淡路支部総会 記念市民公開講演
『笑いの効果〜医療現場に笑顔を届けるクリニクラウンとは〜』
38122866_2182034162075665_7675197486704623616_n.jpg

日時:8月25日(土)15:30〜17:30
場所: 洲本市総合福祉会館 多目的ホール
講師: 熊谷 恵利子
(認定NPO法人 日本クリニクラウン協会事務局次長兼マネージャー/クリニクラウン)
参加費:無料
《お問い合わせ》
078-393-1805 兵庫県保険医協会 事務局 足立 まで

兵庫県保険医協会淡路支部第40回総会記念講演で当協会の熊谷が「笑いの効果」をテーマに、講演をします。小児医療に求められる豊かなコミュニケーションや、療育環境のあり方、子どもにとってのQOLとは何かを実技も交えながらのお話する予定です。
みなさまのお越しをお待ちしております。


≪兵庫県保険医協会ホームページ≫
http://www.hhk.jp/about/kyoukai.php
Orgabits×クリニクラウンプロジェクト[2018年08月12日(Sun)]
【Orgabits×クリニクラウンプロジェクト】
オーガビッツ限定!
ライフスタイルブランド「coen(コーエン)」とコラボレーションしたオーガニックコットンを含んだTシャツとトートバックを販売!

1着につき10円が認定NPO法人日本クリニクラウン協会への寄附になります。おしゃれをしながら、クリニクラウンの活動の応援してください。

○コラボ商品の購入はこちら
http://www.coen.co.jp/_search/search_result.html?p_keyv30=%83N%83%8A%83j%83N%83%89%83E%83%93


●ライフスタイルブランド「coen(コーエン)」 http://www.coen.co.jp/
コーエンは、easy chic “気軽にお洒落を楽しもう”をブランドコンセプトに、2008年に誕生。手頃な価格でありながらも程よく時代を取り入れた上質なベーシックアイテムをメンズ、ウィメンズ、キッズで展開しています。 enjoy! easy chicを会社の理念として掲げ、ひとりでも多くのお客様が、気軽にお洒落なライフスタイルを楽しむお手伝いをすることで地域や社会に貢献しているブランドです。

「第4話赤い鼻のクリニクラウンとコーエンのTシャツ」というタイトルでHPに記事が掲載されているので是非ご覧ください。
http://www.coen.co.jp/feature/20180730dictionary4/index.html
H2Oチャリティトークで活動紹介をしました![2018年08月06日(Mon)]
【チャリティートーク】
昨日の阪急うめだ本店、祝祭広場で開催されたH2Oサンタチャリティトークでクリニクラウンの活動を紹介させていただきました!
入院中のこどもたちのことはもちろん、RED NOSE DAYのことや大阪マラソンのことをPR!

チャリティランナーのほっしーさんがチャリティトークにきてくださり、どうして大阪マラソンにチャレンジしたのかなど、話してくださりました!

チャリティランナーほっしーさんのインタビュー記事は、後日アップするのでお楽しみに(^。^)

たくさんの方々にクリニクラウンの活動を、知っていただくことができました!本当にありがとうございますにこにこ

H2Oサンタチャリティトーク
http://www.h2o-retailing.co.jp/h2o-santa/

38474992_2187740231505058_1468903180581470208_n.jpg
38458381_2187740238171724_2920762960269803520_n.jpg
「てとてとて」に掲載されました![2018年08月02日(Thu)]
【掲載のお知らせ】
仙台市医師会が発行している「てとてとて」で、クリニクラウンの活動が掲載されました!!
今回は、宮城県立こども病院での訪問の様子を取材していただき、出会ったお子さんの様子や、クリニクラウンの活動の内容を紹介していただきました。
宮城県には、2011年の東日本大震災からクリニクラウン東北支援事業として、宮城県立こども病院と東北大学病院に、クリニクラウンを派遣しています。
今回、このような形で仙台の方々にクリニクラウンの活動を紹介していただき、嬉しく思います。これからも、私たちにできることを継続して続けていきたいと思います!

≪仙台市医師会ホームページ≫
https://www.sendai.miyagi.med.or.jp/

38060962_2182031282075953_265668788391772160_n.jpg
「妊娠を他者に知られたくない女性への支援を考える」のオープニングを努めました![2018年07月28日(Sat)]
【報告】
2018年7月7日(土) に、訪問先病院でもある大阪母子医療センター主催のシンポジウム「妊娠を他者に知られたくない女性への支援を考える」のオープニングをクリニクラウンが務めさせていただきました!

クリニクラウンはNICU(小児集中治療室)にも訪問しており、TBSドラマ「コウノドリ」のモデルにもなった大阪母子医療センターの今西先生の講演「奇跡のそばにいること」もすごく共感し、佐藤先生の講演を聞きながら、「妊娠SOS」の取り組みがもっと広がればと思いました。

大雨の中でしたが、たくさんの方々がご来場いただき、多くの方々にクリニクラウンの活動をしっていただくことができました。

今回、共催の国際ソロプチミスト堺さんのご紹介で実現することができ、会場入り口には、ガチャガチャ募金と活動紹介ブースをおかせていただき、いろいろな方と交流することができました。10年ぐらい前に、母子センターでクリニクラウンと出会ったというお母様も声をかけてくださりガチャガチャ募金をしてくださりました。

ご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございました。

妊娠SOS
http://www.ninshinsos.com/

【事務局 熊谷】

病児保育研究大会で素敵な方に出会いました![2018年07月16日(Mon)]
今日の病児保育研究大会でも素敵な出会いがありました!お隣はNPO法人親のサポートかがわの方で、なんと日本クリニクラウン協会と同じ2005年発足なんです。
37183227_2163300953948986_8894821246462590976_n.jpg
そして、会場設営のときに仲良くなった 株式会社メディディア医療デザイン研究所さん。木のぬくもりのある点滴台など、看護師の経験をデザインに活かして、素敵なグッズを作ってらっしゃいまーす!こちらもなんと2005年発足!
同級生だねーとはなしながら、こどもたちのためになにかしたいという仲間がいるのはすごく嬉しいです!【事務局熊谷】

37122017_2163300967282318_1701141975060709376_n.jpg

NPO法人親のサポートかがわ
https://oyasapo.wordpress.com/

株式会社メディディア医療デザイン研究所
https://m.facebook.com/medidea.co.jp/?locale2=ja_JP
| 次へ
プロフィール

日本クリニクラウン協会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/rinshodoukeshi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/rinshodoukeshi/index2_0.xml