CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
クリニクラウン(臨床道化師)の活動や思い・考えを伝えるブログです。
<< 2018年05月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
【クリニクラウン研修会 レポート】[2018年05月23日(Wed)]
【クリニクラウン研修会 レポート】
先日、今年度最初のクリニクラウン研修会があり、2018年度の目標などをクリニクラウンメンバーとシェアしあいました。
午前中は、座学を中心に研修を行い、午後からは一転、体をたくさん動かしたり、チームに分かれて、コメディー作品を創作しました。
みんな、真剣に、でも、楽しむ気持ちは忘れずに研修に取り組んでいて、その姿を見ながらなんだか、クリニクラウンメンバーのことを精一杯サポートしたくなった事務局でした!
今年度は、12回のクリニクラウン研修会を実施し、クリニクラウンのスキルアップや課題解決に努めて参りたいと思います!!【事務局】

研修2.jpg

研修.jpg
2018年度総会開催![2018年05月13日(Sun)]
【報告】
2018年5月12日(土)
認定NPO法人日本クリニクラウン協会の2018年度総会を事務局にて開催いたしました。
久々に、参加したメンバーもいて、再開を喜びあいました。
2018年度も、さらなる飛躍を目指して、みんなでがんばります!!
【事務局】

総会.jpg
素敵なお届け物[2018年05月09日(Wed)]
【今日の嬉しいこと】
当協会宛てに、可愛くて素敵なお届け物が届きました!
この素敵な置物は、香川からクリニクラウンの活動をいつも応援してくれているあかはな会員の方が、なにかクリニクラウンの役に立てることはないかと、考えて作ってつださった贈り物です!
よく見ると、英語で日本クリニクラウン協会と書いてあるではありませんか!!そして、横には臨床道化師のロゴマークが!!
みんなで、プレゼントをもらった、こどものようにはしゃぎながら届いた包みを開けました!
愛あふれる贈り物を、ありがとうございます!!
応援してくれる仲間がいるって、とっても嬉しいです!
【事務局】

とどけもの.jpg
【2017年度の報告】[2018年04月18日(Wed)]
【2017年度の報告】
2017年度も、日本クリニクラウン協会を応援いただきありがとうございました。
今、クリニクラウンは、26名所属しています。
2017年度は、47病院 301回 クリニクラウンを病院に派遣し、9,428人のこどもたちとクリニクラウンが出会うことができました。

29790854_2084071598538589_2574173342339884508_n.jpg

あかはな会員の方をはじめ、支援くださっている企業の方々、クリニクラウンの活動を様々な形で応援くださった皆様のおかげです。本当に、ありがとうございます。
そして、入院中のこどもたちと日々向き合っている病棟スタッフの方々の協力があるからこそ、活動することができています。
訪問先病院のドクター、スタッフのみなさま、ありがとうございました。

クリニクラウンの活動は、病院の中での活動ということもあり、応援いただいている皆様に、活動を実際に見ていただいたり、感じていただける機会がなかなかありません。今年度から始めたFacebookで、クリニクラウンの活動内容をこれからも報告していけたらなと思います。
2017年9月2日から始めた、Facebookは、ただ今、460フォロー・430 いいねです!!こんなに沢山の方々がクリニクラウンの活動に興味を持っていただけて、とても嬉しいです!!
いつも、いいねやシェアで応援いただきありがとうございます。
来年度もよろしくお願いいたします。
【事務局】
ウィーンの新聞に掲載されました![2018年04月09日(Mon)]
【HCIM2018レポート】
HCIM 2018 - The Art of Clowning: Connecting Culture, Health and Scienceで、日本クリニクラウン協会が発表した「クリニクラウン東北支援事業での活動」のことがウィーンの新聞「KURIER」に掲載されました!
30415296_2090590577886691_6936130668439011328_n.jpg

紙面のトップには、なんと発表した熊谷の写真が掲載されています。
30531279_2090590607886688_291416653474824192_n.jpg

そして、イスラエルとブラジルのクラウンチームのメンバーとビックアップルサーカスで活躍されていたマイケル・クリステンセン氏と一緒に紙面の一面で報告されています。
【HCIM2018 レポート その1】[2018年04月08日(Sun)]
【HCIM2018レポート その1】
a29790569_2088153814797034_4006863002908229632_n.jpg

2018年4月4日〜6日までウィーンで開催された
「HealthcareClowning international meeting2018」に
日本クリニクラウン協会から、熊谷と川島が参加しました。

aIMG_8468.jpg
「HealthcareClowning international meeting2018」の今年のテーマは
「 The Art of Clowning: Connecting Culture, Health and Science」

世界の50ヶ国から、病院を訪問する道化師が400名ウィーンに集合!
日本クリニクラウン協会は、日本の唯一参加団体で、注目を集めていました!
2年前のリスボンで出会った人たちと再会を喜び合いながら、シンポジウムやワークショップ、夜にはクラウンのショーまど盛りだくさん。
世界中のクラウンとの交流を楽しみました。

aIMG_8472.jpg

2017年度最後の病院訪問![2018年03月28日(Wed)]
今日は、2017年度最後の病院訪問でした。
本日、3箇所の病院にクリニクラウンがこどもたちに、会いにいきました!
今日、とっても嬉しい贈り物をこどもたちからからいただきました!!

29542560_2083664781912604_5227752982952514950_n.jpg

それは。。こどもたちが作った感謝状です!!
どうやら、みんなの前で授与してくれたみたいで、大喜びでクリニクラウンが報告してくれました!!

このユーモアと「ありがとう」が詰まった感謝状とっても、素敵ですよね!!

素敵な今年度の締めくくりとなりました。
2017年度もたくさんの方々の応援のおかげで、クリニクラウンを病院に派遣することができました。
本当に、ありがとうございました。
来年度もよろしくお願い致します!!
【事務局】
「いってらっしゃーい!」[2018年03月26日(Mon)]
「いってらっしゃーい!」
クリニクラウンは、処置に行くこども、リハビリに行くこども、そして退院するこどもを病棟の入り口まで、お見送りしたりします。

_MG_2357.jpg


一緒に行進したり、トンネルをつくってくぐってもらったり。スペシャルな気分や特別感を感じることで、その子の不安な気持ちが少し軽減したり、嬉しい気持ちがより嬉しくなってほしいなと思います。
今日もそんな気持ちを抱きながら、クリニクラウンは、「いってらっしゃーい」と病棟からお見送りをします。

東北大学小児科百周年記念誌に掲載されました![2018年03月22日(Thu)]
【お知らせ】
東北大学小児科百周年記念誌の「小児医療センターの療育環境」ということで、クリニクラウンのことが紹介されました!!

29177318_2074642442814838_1430936554448093184_n.jpg

歴史ある記念誌に、紹介していただけることは、とても嬉しく、身が引き締まる思いです!!
東北大学病院には、2009年に初めて訪問させていただき、2011年の東日本大震災後は、東北支援という形で定期的に病院訪問させていただいております。

29136719_2074642292814853_2715226149268488192_n.jpg

これからも、ドクターをはじめ、病棟のスタッフのみなさまと連携しながら入院中のこどもたちが、その子らしくいれる時間を届けていきたいです。
【事務局】
【訪問先病院から写真が届きました!】[2018年03月21日(Wed)]
【訪問先病院から写真が届きました!】
2018年3月15日に富山大学附属病院にクリニクラウンが訪問しました!
今年度最後の訪問になります!

29342628_2077758479169901_1268154454956310528_o.jpg

訪問の途中で、中学生の女の子が、クリニクラウンをSNOWで撮ったらどうなるのかな?と言っていたのでトライしてみましたと病棟保育士さんがおくってくださいました!赤い鼻が光ってる!なんかみんな可愛くなったような気が・・・
写真とってくれてありがとう!
【事務局 熊谷】
| 次へ
プロフィール

日本クリニクラウン協会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/rinshodoukeshi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/rinshodoukeshi/index2_0.xml