CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
クリニクラウン(臨床道化師)の活動や思い・考えを伝えるブログです。
<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
新規クリニクラウン募集決定[2017年02月28日(Tue)]
今年も新規クリニクラウン(2017年度研修生)の募集を行うことが決定しました!

★新規クリニクラウン(2017年度研修生)の募集★
入院中の子どもたちに「こども時間」を届けるクリニクラウンの仲間を募集します!

認定NPO法人日本クリニクラウン協会は、小児病棟を定期的に訪問し、入院中の子どもたちに「こども時間」を届ける臨床道化師(クリニクラウン)の2017年度研修生を募集します。

ユーモアコミュニケーションワークショップ&選考会ガイダンスや選考会の日程などの詳細を、近日中にホームページにアップします。

今年の選考会は、東京と大阪の2か所を計画しています。
 2017年6月2日(金)東京
 2017年6月10日(土)大阪

応募書類の提出とユーモアコミュニケーションワークショップ&選考会ガイダンスの参加が必須となります。
ユーモアコミュニケーションワークショップ&選考会ガイダンスは4月・5月で計画しています。
詳細は、近日中にアップしますのでもう少しお待ちください!!

みなさまのエントリーをお待ちしております。
パートタイムスタッフを募集[2017年02月27日(Mon)]
ダイヤダイヤ パートタイムスタッフの募集 ダイヤダイヤ

特定非営利活動法人日本クリニクラウン協会では、パートタイムスタッフを募集しています。

入院中の子どもたちが病気のことを一瞬でも忘れ、子どもらしく過ごせる「こども時間」を届けるクリニクラウンの活動は多くの方々からのご寄附や協力により成り立っています。
縁の下の力持ちとして、クリニクラウンの活動を支える事務局の仲間を募集しています。

1:採用人数1名

2:業務内容:PCを使用しての事務補助。

3:勤務日・時間:月曜〜金曜の9:00~18:00のうち、週3日  1日6時間程度
※勤務曜日、時間は相談に応じます。

4:勤務地:特定非営利活動法人日本クリニクラウン協会事務所

5:待遇:時給:890円(交通費支給)

6:応募条件
 ◇当会の理念に賛同される方。
 ◇社会経験(職業経験)3年以上。(あてはまらない方も、個別には相談可能。)
 ◇パソコンを使った事務処理が苦手でない方、人と関わることが好きな方。
 ◇業務遂行に必要なPCスキル(Word、Excel、メールなど。)をお持ちの方。
 ◇長く一緒に働いてくださる方を希望します。
 ◇決定後、速やかに勤務が開始できる方を希望します。(応相談)

7:応募方法
 ◇以下の必要書類を郵送またはメールで送付ください。
  ・履歴書(写真貼付)
  ・職務経歴書(これまでの業務内容・スキル・資格)
 ◇応募締切後に、書類選考の結果を本人にご連絡します。
  書類選考後、合格者に対し、面接(実技)選考を実施します。
 ◇応募書類は返却いたしませんので、あらかじめご了承ください。

8.応募締切
 ◇2017年3月31日(金)
ゆめ・まち・みらいに掲載されました![2017年02月18日(Sat)]
阪急阪神ホールディングスグループ社会貢献活動
「阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト」グループ従業員向け情報誌「Vol.32(2017年冬号)」にクリニクラウンの活動が掲載されました!

SKMBT_C224e17022821040_0001.jpg

夢を力に変える人(NO.8)というコーナーでご紹介いただきました。
実際に訪問の様子を見学取材くださった内容が詰まっています。
ご協力いただいたみなさまありがとうございました!


SKMBT_C224e17022821050_0001.jpg
朝日新聞に掲載されました![2017年01月28日(Sat)]
クリニクラウンの活動が朝日新聞に2017年1月25日の日刊に掲載されました。

SKMBT_C224e17022815090_0001.jpg

クリニクラウン「きゃしー」のインタビュー記事です。

朝日新聞のサイトからも少し読むことができます。
http://www.asahi.com/articles/ASK1K5S3PK1KPTFC011.html

是非ご覧ください!
年末年始のお知らせ[2016年12月28日(Wed)]
いつもクリニクラウンの活動を応援くださり
ありがとうございます。

誠に勝手ながら、2016年12月29日(木)〜2015年1月3日(火)まで、
日本クリニクラウン協会の事務局は閉局させていただきます。
期間中のお問い合わせに関しては、1月4日(水)より
順次返信させていただきます。

今年も皆様からのご支援・ご協力いただき
本当にありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

SKMBT_C224e16122811270_0001.jpg
チャリティコンサートの寄付先団体に選ばれました。[2016年12月17日(Sat)]
大阪ガスグループ“小さな灯”運動が主催する「第63回 大阪ガス癒しの音楽」のチャリティコンサートの募金寄付贈呈先として日本クリニクラウン協会が選ばれました。

コンサートのロビーにはクリニクラウンの活動を紹介するブースを設営させていただき、訪問の様子の写真を展示させていただきました。

a4.jpg

また、コンサートの中で、寄付先団体として日本クリニクラウン協会の説明をさせていただきました。

3a.jpg
会場は満席で、クリンクラウンたちがハーモニカの音色とともに登場し、DVDを交えた日本クリニクラウン協会の説明を熱心に聞いていただきました。

5.JPG

演奏終了後は、出演者の方と一緒にステージに呼ばれ会場は盛り上がりました。
そしてコンサート終了後は、多くの方から心温まる多くの募金と応援の言葉を頂きました。

皆様の暖かいご支援で、これからも入院中の子どもたちに「こども時間」を届けていきたいと思います。本当にありがとうございました。

*大阪ガスグループ“小さな灯”運動
大阪ガスグループの社会貢献活動の一環で行われている運動です。
http://www.osakagas.co.jp/company/csr/charter03/citizens.html

クリニクラウンオランダ財団 視察研修レポートD [2016年10月04日(Tue)]
クリニクラウンオランダ財団 研修レポートD

クリニクラウンオランダ財団視察研修レポートをお届けします。

「一緒にあそぼう」というプログラムを見学しました。

IMG_0041.jpg

これは、障害を持つ子どもたちのいる小学校を3名のクリニクラウンがクラスに訪問し、子どもたちと一緒に即興演劇をするプログラムです。

1回のプログラムに、子どもが15名ぐらい参加できます。
そして、1日最大3回プログラムを実施します。
私たちは、2つのクラスで実施するプログラムを見学させてもらいました。

子どもたちの発信によって即興演劇のストーリーが変わっていき、子どもが楽しみながら主体的に参加できる工夫がされていました。

見学といっても、子どもたちと一緒にプログラムを受けることができて、子どもたちの表情の変化をまじかでみることができました。

クリニクラウンは、トランクから出てくる道具や、音や声、歌などをつかって空想の世界を子どもたちと一緒に作り上げて、いろいろな形で参加できるきっかけをつくっていたのが印象的でした。

見学後に、クリニクラウンと話し合う機会があったのですが、子どもと関わる上で大切にしていることなどを伺うと、病院訪問での子どもとの関わりが基本だと教えてくれました。
3名のクリニクラウンも病院訪問を行いながら、日程によってはこのチームで「一緒にあそぼう」のプログラムを実施しているということでした。

子どもたちと一緒に体験する機会をつくっていただけたことに感謝です。

まだまだ、クリニクラウンオランダ財団視察研修についてレポートしたいことがありますが、また情報を整理して随時アップしていきたいと思います。



クリニクラウンオランダ財団 視察研修レポートC [2016年09月28日(Wed)]
クリニクラウンオランダ財団 視察研修レポートC

クリニクラウンオランダ財団へ視察研修レポートをお届けします。

IMG_0033.jpg
「クリニクラウンの病院訪問」を見学しました。
デルフトとユトレヒトにある2病院を2チームに分かれて見学しました。
ぱっと見た印象は日本のクリニクラウンより衣装の色合いが落ち着いていますね。

P1000314.jpg
こちらは音楽が好きな二人組のクラウンコンビです。

小児病棟を訪問する様子を見学する中で、
クリニクラウンが病院にいることがとても自然で、
愛されている存在であるということを感じました。

P1000326.jpg

見学後にクリニクラウン同士で話し合う機会があり、
子どもたちと関わる上での大切にしていることなど話し合いました。

状況判断することが常に大切であり、
子どもたちや家族の様子をしっかり受け止め、
クリニクラウンが関わり方を変えていくところは日本と同じで、
これまでやってきたことは間違いではなかったんだなぁと
改めて思いました。

次回は「一緒に遊ぼう」障害を持つ子どもたちのいる小学校でのプログラムについてです。




クリニクラウンオランダ財団 視察研修レポートB [2016年09月27日(Tue)]
クリニクラウンオランダ財団 視察研修レポートB

クリニクラウンオランダ財団視察研修レポートをお届けします。

クリニクラウンオランダ財団事務所に併設されている
「クリニクラウンカレッジ」を見学。

IMG_0774.jpg

ここは、病気や障害を持つ子どもたちと家族のための
ユニークな施設です。

IMG_0782.jpg

子どもたちの症状や個性に合わせて、
クリニクラウン(1名)とコンシェルジュ(1名)がプログラムを進行。

いろいろな仕掛けがあり、最大8名までが、
一緒に協力して不思議な冒険をすることができます。

P1000217#.jpg
見学すると思わず大人も笑顔になりました。

P1000238.jpg
引き出しをあけるといろいろな仕掛けが・・・。
まるで魔法の家のよう!

P1000242.jpg
隠し扉の向こうにも部屋が現れ大興奮!
お鍋をヘルメットにして、隠し扉の向こう側を探検!

P1000205.jpg
体調が悪くなった場合の休憩室なども完備。

子どもたちの病状にあわせて室内の照明の明るさを調整することができ、車いすでもプログラムを体験できるように工夫されています。

子どもの好奇心や想像力。
そして、遊び心をくすぐる仕掛けがたくさんあり、子どもたちの個性や状況にあわせて、子どもたちが主体的にプログラムを進めていく。

病気や障害を持つ子どもたちのために創られた施設で、さまざまな配慮がされていて、クリニクラウンオランダ財団のすごさを改めて感じました。


次回は「クリニクラウンの病院訪問」についてです。
クリニクラウンオランダ財団 視察研修レポートA[2016年09月21日(Wed)]
クリニクラウンオランダ財団 視察研修レポートA

クリニクラウンオランダ財団へ視察研修レポートをお届けします。

IMG_0144.jpg

視察当日、クリニクラウンオランダ財団の事務所を訪れると、
理事長のバーバラさんをはじめスタッフの方の歓迎をうけました!

P1000169.jpg
理事長のバーバラさんに事務所を案内していただきました。
そして、財団の概要などの説明を受けました。

現在、クリニクラウンオランダ財団では
80名のクリニクラウンが活動しており、
50名のオフィススタッフが働いています。

P1000184.jpg

天井が吹き抜けで高く、窓が印象的なオフィスで、
スタッフ同士がコミュニケーションがとりやすいように工夫されています。
2階から見るとこんな感じになっています。

aIMG_0756.jpg
オフィスに入ってすぐの室内に大きな木があります。
象徴的な木で、季節ごとやイベントごとに飾りつけをしたり、
とても大切にしているということでした。

aIMG_9879.jpg
オランダといえばデルフト陶器。
オフィスの横の休憩スペースの壁面装飾が素敵です。

そして、いつでも来られた人を歓迎する
そんな雰囲気づくりをしているんだと話されていました。

P1000481.jpg

広々としていて随所にこだわりや遊び心があり、
オフィスなのに本当に楽しい空間でした。

P1000164.jpg

オランダのクリニクラウン財団の2025年までのミッション
誰もが見える場所に掲げていてみんなでその目標にむかっていくという姿勢を感じました。

次回は「クリニクラウンカレッジ」についてです。
お楽しみに!
| 次へ
プロフィール

日本クリニクラウン協会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/rinshodoukeshi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/rinshodoukeshi/index2_0.xml