CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年09月12日

福祉・医療・教育に携わる多職種連携勉強会 『病気や障害を抱えるこどもたちの今と未来を考えるワークショップin静岡』

平成31年度キリン・地域のチカラ応援助成事業
福祉・医療・教育に携わる多職種連携勉強会
『病気や障害を抱えるこどもたちの今と未来を考えるワークショップin静岡』を2019年10月6日(日)に開催!

静岡2.jpg


福祉・医療・教育に携わる多職種(ボランティア・支援者を含む)が、それぞれの役割について相互理解する機会をつくり、共に学ぶことで、スキルアップと連携を深め、地域のネットワークをつくっていきたいと考えています。
そして、参加者と一緒に病気や障害を抱える子ども達の今と未来について考えていく機会をつくっていきたいので、是非ご参加ください!

日 時:日程:2019年10月6日(日)13:00〜16:00(3時間)
開 場:12時45分
会 場:レイアップ御幸町ビル(6F)6-C会議室
    https://rental.csa-re.co.jp/b001.html
対 象:病気や障害を抱えるこどもを支援している方や
    関心のある方ならどなたでも
参加費:1500円
募集人数:50名(先着順)
内 容:病気や障害を抱えるこどもたちの療養環境や多職種連携
    の重要性・医療現場での笑いの効果やコミュニケーショ
    ン・スキルついて考える講座&参加型学習
申込方法:以下の申込フォームより申込みください。
     https://forms.gle/4YPY197TgD5CQa4E8
     
主な内容
<1部 実践報告>
「医療メディエーターの仕事を通して考える入院中のこどもたちの療育環境と多職種連携の必要性」
  静岡県立こども病院 医療メディエーター 伊藤 敬子氏

「すべてのこどもにこども時間を 静岡県内でのクリニクラウンの活動報告」
  認定NPO法人日本クリニクラウン協会  理事・トレーナー 石井裕子氏
<2部 ワークショップ>
 クリニクラウンによる対人援助職のためのクラウンハートワークショップ
 グループディスカッション・交流会


医療メディエーターとは
患者さんと医療者の対話を促進する仲介(メディエーション)役。主に
医療事故が生じたり患者さんと医療者間で意見の相違が見られたりする
際に、医療メディエーターが介入し、問題が解決するように当事者同士の
自主的な対話を促す。あくまでも当事者である患者さんと医療者の“橋渡し役”を担います。
posted by cliniclowns at 17:00| お知らせ