CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
クリニクラウン(臨床道化師)の活動や思い・考えを伝えるブログです。
<< 2018年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
【大阪マラソンチャリティランナー応援企画】自分でも驚いた大阪マラソンへのチャレンジ[2018年08月21日(Tue)]
「自分でも驚いた大阪マラソンへのチャレンジ」
チャリティランナーう~み


私は、現在日本クリニクラウン協会のクリニクラウンとして活動している「う〜み」と申します!
今回、なななんと第8回大阪マラソンのチャリティランナーとして走らせていただくという運びになりました。

大阪マラソンで走るということに誰よりも自分が一番驚いています。
そんな自分でも驚くような行動に繋がったのは、クリニクラウンを通していろいろな人達に出逢え、たくさんの力を与えてもらったからです。

森ノ宮.jpg


看護師として勤務しているからこそ気づいたクリニクラウンの必要性

実は、私、クリニクラウン以外に看護師として小児病棟で勤務しています。
もともと、子どもと接することが好きで小児病棟で勤務しているのですが、やはり病院という場は、治療をする場であり正直、子どもと純粋に関わるのは業務が多忙、またなにより病状のことが気になるなど医療者という立場では難しい状況です。
また、いざ遊ぶとなると正直どう遊んだらいいか方法がわからいなど様々な要因があり遊びから距離を取りがちになってしまいます。

こどもにとって、入院という環境を受け入れるのは難しいと思います。
それでも病気を治すためには入院しないといけない、だからといって、こども達の自由を制限するのは違うと思います。
そんな悶々とした気持ちの中で出会ったのがクリニクラウンという存在です。
そして、現在クリニクラウンとして全国各地、訪問し日々入院中のこども達と遊びを通して関わりこどもの成長を見守っています。

ワクワク感やドキドキ感などいろいろな感情を引き出すクリニクラウン。
訪問の中で感じることは、クリニクラウンの関わりに素直な感情で答えてくれるこどもたちです。
遊びを通してきっかけを作ることでこどもたちは素直に反応してくれます。
その反応をこちらも素直に受け止め関わっています。
一人に関わる時間は数分程度ですが、限られた時間であるからこそ、その時間を大事にして訪問しています。
短時間の間でもこどもの感情の変化や成長を家族やスタッフと共有できる時間を持てること、また治療という辛い時間を少しでも忘れて過ごしてもらえていることが嬉しいです。子ども成長に繋がるワクワク感やドキドキ感などいろんな感情を引き出すことや、素直に表現することの楽しさ、またクリニクラウンを通して人との繋がりを持ち人と関わることの楽しさを感じてもらえるようきっかけを作るのがクリニクラウンの役割と感じています。

クリニクラウンとこどもたちが出会う機会を増やしたい!

実は、私が勤務している病院にもクリニクラウンが来てくれました。
その際は、看護師として訪問に協力したのですが、訪問している時はもちろんのこと、クリニクラウンが行った後もこども達のキラキラした瞳や周りを囲む家族やスタッフの雰囲気が温かったことが印象的でした。
クリニクラウンで訪問している時には見られなかった、訪問の様子が見られて、本当にクリニクラウンは凄いなと感じました。

私自身が、そんな、クリニクラウンとしてこども達と関われることを嬉しく思います。
クリニクラウンに出逢うこども達またそのこども支える家族、医療スタッフを増やし素直な気持ちを表現出来る場を提供出来るよう、クリニクラウンとして活動を頑張っていきます。

たくさんの人にクリニクラウンのことを知ってもらいたい

身近な人に話すことで大きな反響がうまれ、応援してくれる家族や友達の大切さを実感。

クリニクラウンという存在は、医療の場と限られた活動の場のため、社会的認知度はまだまだな状況です。

多くの人にクリニクラウンの活動を知ってほしいと思っていますが、なかなかアピールする手段が難しいと感じています。
しかし、今回チャリティランナーにエントリーすることで、クリニクラウンという存在をまず、自分の身近な人に知ってもらうことが大事と感じました。
実際に、今回のチャリティランナーの寄付金を集めるに当たって、身近な人にクリニクラウンの活動について話すきっかけになりました。
私が思っている以上に周りの反応は凄く、快く協力してくれました。
応援してくれる家族や友だちの大切さをより実感することができました。
この熱い応援の気持ちを胸に大阪マラソン頑張ります!!

Posted by cliniclowns at 16:48 | この記事のURL
この記事のURL
http://blog.canpan.info/rinshodoukeshi/archive/798
プロフィール

日本クリニクラウン協会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/rinshodoukeshi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/rinshodoukeshi/index2_0.xml