CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
No420 林業経営者支援事業のstage1として講演会を開催 [2019年07月29日(Mon)]
 7月19日(金)に県林業センター大ホールで、大阪工業大学工学部環境工学科の皆川教授を招き、「原理・原則で考えるカイゼン活動のすすめ」と題して講演会を開催しました。事業体への案内時には、工学部教授の講演なので違和感を覚えた方も多かったが、業種を超え改善に向け気づく点が多い内容と説明し、60名の参加者を得ました。
 講演の内容は、ムダの排除の観点からベストポジションを考えた、動作経済の原則等の講話と、それを体験するブロックを使った車の組み立てという演習でした。演習は6〜7名に班分けし、何を改善すれば組み立て時間を短縮できるか検討した。徐々に短縮されていく体験ができたことは、林業事業体の改善にも活かすことができる内容となっていました。
 今後は、stage2として、希望する3事業体に中小企業診断士を派遣し、具体的な改善に結び付けたいと考えています。

IMG_3666(ブログ).JPG

IMG_3671(ブログ用).JPG

IMG_3684(ブログ用)演習.JPG
Posted by 林ナビとちぎ at 13:18
この記事のURL
http://blog.canpan.info/rinnavi/archive/461
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント