CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« No351 山地防災推進員と山地防災ヘルパー講習会を開催しました。 | Main | No353 ワーカーズクラブ会長のインタビューを撮影してきました。 »
No352 狩猟期間中につき、山林作業では最善の注意を! [2018年11月29日(Thu)]

 先日、北海道恵庭市の国有林で、北海道森林管理局恵庭森林事務所の男性森林官がハンターに撃たれて死亡した事故が報道されました。

 20日午後1時50分ごろ、林道上の風倒木処理をしていた森林官の腹部に、シカと間違えて発砲したものです。ハンターは、「シカ笛を吹いたところ、白いものが動いたのでシカだと思って撃った」と供述しているようです。亡くなった森林官は、オレンジ色のヘルメットに赤いジャンパー姿で白いタオルを身につけていたそうです。2人の距離は約120メートルあったとみられますが、この距離では白いタオルがシカの尻に見えたのかもしれません。

 この時期、森林ワーカーも素材生産作業の盛期となっていますので、作業場付近には作業中の標識、目立つ服装を着用するなどして、類似被害に逢わないように注意してください。

Posted by 林ナビとちぎ at 16:34 | 労働災害 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
http://blog.canpan.info/rinnavi/archive/376
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1409041
 
コメントする
コメント