CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« No264 来訪者が26,000人になりました。 | Main | No266 7月10日付の下野新聞の論説「就業マッチング」の重要性を説く。 »
No265 ハローワークの求人ネットサービスでの職種記載欄を考える。[2018年07月09日(Mon)]

 ハローワークが開設しているインターネットサービスがありますが、仕事柄、求人情報一覧を時々覗いています。見るのは、「林業の職」部分ですが、最近、変化を感じます。これまで現場作業員などの表示が多かったように思いますが、技能職員、森林管理業務、チェンソーによる伐採など、わかりやすく、しかも一定程度のスキルを求められそうな職であることを明示しているように思います。見る方々は、森林・林業を良く知らない求職者も多いと考えられますので、「作業員」だと単純労務をさせられるのだろうという誤解される可能性もあります。「森林ワーカー」「林業技術者」etcを使うことで、私たちの求める人材とその可能性を適切に示すことが重要と感じています。

ハローワーク求人票.jpg


Posted by 林ナビとちぎ at 13:42 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
http://blog.canpan.info/rinnavi/archive/276
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1373459
 
コメントする
コメント