CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2014年09月 | Main | 2014年11月»
プロフィール

林田全弘さんの画像
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
<< 2014年10月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/rindazenko/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/rindazenko/index2_0.xml
やっぱり大事なのは [2014年10月30日(Thu)]

●最高な1日のイメージ
5時起床
今日やることを確認
さらに、今週・今月・今年・10年後のやることを確認
メール即返信
発生したタスク即時処理
打ち合わせ30分前到着
打ち合わせ後すぐ着手
期日大幅前倒し提出(約束を破る)
初対面の人・団体・分野を調べまくる
名刺交換したらすぐお礼状
家族との時間を大切にする
メリハリつけた息抜き
明日のやることをリストアップ・優先順位・見積もり時間
ヨガストレッチをして就寝


●最低な1日のイメージ
7時過ぎに起床
だらだらネットサーフィン
約束の時間に遅刻
携帯の電源切れる
やるべきことは後回し
期日間に合わず、連絡もせず
ずるずるだらだらTODO期日を伸ばす


やっぱり即時処理が大事ということで、、、
幸せを感じる瞬間 [2014年10月25日(Sat)]

こんばんは、林田です。

現在、子どもデザイン教室というNPOでバリバリ活動をしています。
最近取り組んでいるのは、ホームページのリニューアルと、
こどキャラの制作、寄付獲得のための外部対応、この3つが中心です。

こどキャラとは、親と暮らせない子どもたちが描いたイラストを、デザイナーが商品化したものです。
企業からいただいた使用料を、子どもたちの自立資金に繋げていく取り組みです。

もうすぐ1件、こどキャラ案件が完了しそうです。
子どもが描いたキャラクタースケッチを、Illustratorでデータ化する業務を担当しています。

この業務がものすごく、幸せを感じる瞬間の連続なんです。

というのも。
かつてキャラクタービジネスの現場で働いていた経験がありまして、
そこで得た技術や知識が、存分に役立っているからです。

そこでは、アーティストさんが描いたキャラクタースケッチを商品化するために
Illustratorでデータ化する必要がありまして、
まさに今こどキャラでやっていること、そのまんまなんですよね。

あの時の経験が今役立っているんだ。
ここで役立たせるために、あの時の経験があるんだ。
そう思いながらこどキャラ業務をするとですね、
クリックひとつする度に脳内麻薬が出てるんじゃないかってほどに
幸せを感じてしまうんです。

そう考えると、今取り組んでいる経験が、もしかしたら10年後20年後に
別の何かにつながる可能性があるのかもしれませんね。
でも、それはまた人生のお楽しみということで、期待せず待っておこうと思います。

あるのは、永遠に続く今のみ。
いま、ここで、やるべきことを成し遂げようと思います。
10月23日 [2014年10月23日(Thu)]

こんばんは、林田です。

10月23日。
この日になると、亡くなった旧友のことを思い出します。

その人が開催したNPO向けチラシデザイン講座に参加して、人生が変わりました。

「いずれ、NPOの広告代理店をやりたいんですよー」という僕のアイデアに、
「今やりなよ!」と力強いメッセージをいただいたこともあります。

広告代理店どころか、小さなNPOひとつの成果をあげることもできていません。
かといって、今歩んでいる道が間違っているとは、全く感じておらず。
いかにめげずにひたむきにコツコツじわじわ続けるか?ってことだけだよね、と思っています。

まだまだ楽しみはこれからです。
山中温泉にて。 [2014年10月09日(Thu)]

こんばんは、林田です。

最近、石川県の加賀市にある山中温泉へ行ってきました。
福井県との県境にある、温泉郷です。

泊まったホテルで学びとなることがありました。

朝晩はバイキング形式だが、ランチをやっていない。
日中に売店が開いていない。
ロビーに新聞が置かれていない。
それどころか、日中はフロントにも人がいない。

コストカットを思い切ってやっているな、という印象を持ちましたが、
選択と集中をしっかりやっているのではないかと感じました。

自分たちが提供できるウリを明確にし、そこに資源を集中させる。
それ以外は着手しない。

客としては、そういったサービスが無ければ無いで不自由しません。
ランチは、ホテルにこもらず温泉街に出て楽しめばいいし、
売店は、お風呂の後とか夕食の後に立ち寄ればいい。
新聞や雑誌は、自分が読みたいものをコンビニで買えば済む話です。
ロビーで新聞読みに、加賀まで来ているわけではないですからね。

無ければ無いでなんとかなる。
そして、そのホテルがしっかりしていたのは、
こういったコストカットだけではなく、従業員の方々の応対がとても丁寧だったという点です。

本質はカットしていない。
抑えるところはきっちり抑えています。

「人」「礼儀」「教育」さえしっかり抑えておけば、
その他の欠点はあまり気にならなくなるもんだな、と学ばせていただきました。