CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«定規が無い時、あなたならどうする? | Main | 「マスターズインタビュー」がおもしろい»
プロフィール

林田全弘さんの画像
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
<< 2019年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/rindazenko/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/rindazenko/index2_0.xml
10年以上経っても、難しい。 [2017年10月21日(Sat)]

どうもどうも、林田です。

NPO向けのデザインを生業として10年以上経ちまして、当初より大切にしてきた考えを振り返っています。
振り返りの伴走相手はこのワークブックです→「NPOのための想いを伝わる言葉にするワークブック」
http://design4npo.com/2017/05/24/990/


当初より大切にしてきた考えは以下の4つです。
1.「見えるデザイン」よりも、「見えないデザイン」を
目に見えないしくみづくり(広報プランニング)ができてはじめて、目に見えるデザイン(チラシやポスター)が活きてきます。

2.答えはNPOの内にある
外から加える見せかけのデザインではなく、内から引き出すデザインを。

3.クライアントではなく、パートナー
仕事を発注・受注する関係ではなく、共通の目標に向かって問題解決していくパートナーとしておつきあいします。

4.つくり手の楽しさは、使い手にまで必ず届く。
そのNPOに関わる全てのスタッフがウキウキしながら広報物をつくれたら、きっと社会は変わる。


10年以上経っても、大切にしたいという思いは変わりません。そして、10年以上経っても、もがいている最中であることも変わりません。