CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

WORLD SHIFTですっきりした話。 [2014年12月15日(Mon)]

10858595_295225447354121_967961125078884299_n.jpg

12/14、ソーシャルシネマダイアログinカンテーレという
関西テレビ放送さんのCSR活動である映画上映会&対話イベントに
参加してきました。

参考 関西テレビ放送さんのCSR活動

上映作品は「サバイビング・プログレス」。
お恥ずかしいことに半分以上寝てしまいました。
アイアンマンとかダイハードみたいなベタベタなわかりやすい映画が好きな僕にとっては
ちょっと難しすぎたのかもしれません。

参考 サバイビング・プログレス

そんな状態なのに、上映後のダイアログセッションに参加していいかどうか
悩みましたが、勇気を出して参加することに。
そしたら同じグループの人で何人かは半分以上寝てて、
「あの中国のツアーは、、、」「そんなシーンありましたっけ?」
「藻が出てきたところでは、、、」「あー、そこは寝てましたね」
こんな感じに対話が噛み合わなくて可笑しかったです。


さて、ダイアログセッションの中でWORLD SHIFTのシートに
記入する時間がありました。
これからの社会に向けて、何から何に変えていきたいか。

参考 WORLD SHIFT


僕が書いたのは、「批判」→「実践」。

最近抱いていたモヤモヤとしたわだかまりを、
紙に書き落とすことができて、スッとしました。

僕がやっている活動に対して、批判をしてくださる方がいたり、
改善策やアドバイスも大小多くいただく機会があります。
とてもありがたいことですが、反面、モヤモヤする自分がいます。

「じゃあ、それ誰がやるの?」
「批判(あるいは提案)したあなたがやってくれるの?」
って。

どんなにいい批判やアドバイスであっても、
それを実行する人がいなければ意味がないわけで。
「偉そうに批判するのはいいけど、あんたできるの?」
って思っちゃうんですよね。。

一番たちが悪いのは、良かれと思って批判やアドバイスをするタイプの人です。
そこにその人のコミットメント、行動の約束・参画が発生しないのであれば、申し訳ないけど
一旦は受け止めますが、外野の意見ということでスルーしちゃいます。
よっぽど、自分が向かっている壁を打破すると共感できるものでない限り。

でも、そのくらいのずうずうしさというか、
スルー能力がないと、人の意見に流されるばかりですからね。
誰の人生を歩んでいるんだって話になりますし。
しかも、その批判やアドバイスに従って行動を変えたところで、
その発言者が手伝ってくれるかって、そうではないわけで。
手は動かさないけど、口は動かす。そういう人が多すぎる。

僕が周りに期待しすぎているのかなー。
主体性が足りないだけか?
いやでも、人の意見に流されやすい身としては、
スルー寄りに傾いたほうが人生楽なのかもしれないです。

けど、まあ、時には、こうやって少しの批判やアドバイスが、
相手の精神を削ることもあると思ったので、それは僕自身、気をつけていこうと思います。

批判だけでなく対案もセットに。
その場で対案が出せなくても、いつ自分が出すかコミットメントを明確に。
コミット・参画できないのであれば、聞き役に徹して、
その人自身が気づく手助けをするとか。

無責任なアドバイスをして、人を苦しめていないだろうか。
安易な批判をして、人の夢を踏みにじっていないだろうか。
人の振り見て我が振り直せ、ですね。



やっぱり大事なのは [2014年10月30日(Thu)]

●最高な1日のイメージ
5時起床
今日やることを確認
さらに、今週・今月・今年・10年後のやることを確認
メール即返信
発生したタスク即時処理
打ち合わせ30分前到着
打ち合わせ後すぐ着手
期日大幅前倒し提出(約束を破る)
初対面の人・団体・分野を調べまくる
名刺交換したらすぐお礼状
家族との時間を大切にする
メリハリつけた息抜き
明日のやることをリストアップ・優先順位・見積もり時間
ヨガストレッチをして就寝


●最低な1日のイメージ
7時過ぎに起床
だらだらネットサーフィン
約束の時間に遅刻
携帯の電源切れる
やるべきことは後回し
期日間に合わず、連絡もせず
ずるずるだらだらTODO期日を伸ばす


やっぱり即時処理が大事ということで、、、



幸せを感じる瞬間 [2014年10月25日(Sat)]

こんばんは、林田です。

現在、子どもデザイン教室というNPOでバリバリ活動をしています。
最近取り組んでいるのは、ホームページのリニューアルと、
こどキャラの制作、寄付獲得のための外部対応、この3つが中心です。

こどキャラとは、親と暮らせない子どもたちが描いたイラストを、デザイナーが商品化したものです。
企業からいただいた使用料を、子どもたちの自立資金に繋げていく取り組みです。

もうすぐ1件、こどキャラ案件が完了しそうです。
子どもが描いたキャラクタースケッチを、Illustratorでデータ化する業務を担当しています。

この業務がものすごく、幸せを感じる瞬間の連続なんです。

というのも。
かつてキャラクタービジネスの現場で働いていた経験がありまして、
そこで得た技術や知識が、存分に役立っているからです。

そこでは、アーティストさんが描いたキャラクタースケッチを商品化するために
Illustratorでデータ化する必要がありまして、
まさに今こどキャラでやっていること、そのまんまなんですよね。

あの時の経験が今役立っているんだ。
ここで役立たせるために、あの時の経験があるんだ。
そう思いながらこどキャラ業務をするとですね、
クリックひとつする度に脳内麻薬が出てるんじゃないかってほどに
幸せを感じてしまうんです。

そう考えると、今取り組んでいる経験が、もしかしたら10年後20年後に
別の何かにつながる可能性があるのかもしれませんね。
でも、それはまた人生のお楽しみということで、期待せず待っておこうと思います。

あるのは、永遠に続く今のみ。
いま、ここで、やるべきことを成し遂げようと思います。



10月23日 [2014年10月23日(Thu)]

こんばんは、林田です。

10月23日。
この日になると、亡くなった旧友のことを思い出します。

その人が開催したNPO向けチラシデザイン講座に参加して、人生が変わりました。

「いずれ、NPOの広告代理店をやりたいんですよー」という僕のアイデアに、
「今やりなよ!」と力強いメッセージをいただいたこともあります。

広告代理店どころか、小さなNPOひとつの成果をあげることもできていません。
かといって、今歩んでいる道が間違っているとは、全く感じておらず。
いかにめげずにひたむきにコツコツじわじわ続けるか?ってことだけだよね、と思っています。

まだまだ楽しみはこれからです。



山中温泉にて。 [2014年10月09日(Thu)]

こんばんは、林田です。

最近、石川県の加賀市にある山中温泉へ行ってきました。
福井県との県境にある、温泉郷です。

泊まったホテルで学びとなることがありました。

朝晩はバイキング形式だが、ランチをやっていない。
日中に売店が開いていない。
ロビーに新聞が置かれていない。
それどころか、日中はフロントにも人がいない。

コストカットを思い切ってやっているな、という印象を持ちましたが、
選択と集中をしっかりやっているのではないかと感じました。

自分たちが提供できるウリを明確にし、そこに資源を集中させる。
それ以外は着手しない。

客としては、そういったサービスが無ければ無いで不自由しません。
ランチは、ホテルにこもらず温泉街に出て楽しめばいいし、
売店は、お風呂の後とか夕食の後に立ち寄ればいい。
新聞や雑誌は、自分が読みたいものをコンビニで買えば済む話です。
ロビーで新聞読みに、加賀まで来ているわけではないですからね。

無ければ無いでなんとかなる。
そして、そのホテルがしっかりしていたのは、
こういったコストカットだけではなく、従業員の方々の応対がとても丁寧だったという点です。

本質はカットしていない。
抑えるところはきっちり抑えています。

「人」「礼儀」「教育」さえしっかり抑えておけば、
その他の欠点はあまり気にならなくなるもんだな、と学ばせていただきました。



人間の研究(続き) [2014年09月23日(Tue)]

こんばんは、林田です。

今日もまた、舩井幸雄氏の「人間の研究」から。

即時処理の大切さについて、改めて理解しなおしました。

====================ここから引用

たいていは即時に処理します。
処理してしまうとアタマの中を「空(くう)」の状態にしてしまいます。
そうしないと次に考えたりしなければならないことに
対応できないからです。

====================ここまで引用

あとで返事しよう、とか
あとでやっておこう、とか
あとで修正しよう、などなど、
後回しにすると、身動きがとれなくなってしまう。

できる時に即時処理。
やるべきことは前倒し。
特に約束や納期は、前倒しにして、破る。

言葉にすることは簡単ですが、実際にはなかなか難しい。
難しいからこそ、くせづけ・習慣化してしまえばよい。
難しいからといってやらなければ、いつまでもできないまま。

まだまだくせづけレベルまでには至っていません。
毎日が、弱い自分との戦いです。



JAE公式キャラクターのLINEスタンプ [2014年09月22日(Mon)]

140922JAEstamp_banner_SNS.jpg

こんばんは、林田です。

私がデザインを担当させていただいたLINEスタンプが発売されました!

しかも、NPOの公式キャラクターです。
大学生インターンや、キャリア教育に取り組むなど
若者の挑戦を応援するNPO法人JAEさんと一緒につくりました。

ワークショップ形式でキャラクターをつくり、
大学生とのブレストでスタンプアイデアを練り上げました。

LINEを使いこなしている大学生ならではのアイデアが満載です。
とてもじゃないけど、私一人でこの40種はつくれませんでした。

NPOのLINEスタンプ先進事例、成功事例になればいいなと願っています。

たったの100円なので、ぜひ買って遊んでください!


ご購入方法は以下の2つです。
1)LINEアプリでの購入
2)LINEストアでの購入(ホームページ)



1)LINEアプリでの購入
[LINE]アプリを立ち上げて、
→[その他]
→[スタンプショップ]
→画面を下に引っ張ると上に検索窓がでてきます ←重要
→あとは[jae]と検索するだけ!
そこから購入画面に進んでください。


2)LINEストアでの購入(ホームページ)
http://line.me/S/sticker/1021514
こちらにアクセスしていただき、購入画面に進んでください。
(LINEで登録しているメールアドレス・パスワードの入力が必要です)
クレジットカードなど各種お支払い方法が選べます。



ソーシャルシネマダイアログ「ザ・デイ・アフター・ピース」 [2014年09月21日(Sun)]

こんばんは、林田です。

本日は、関西テレビ放送さんのCSR活動「ソーシャルシネマダイアログ」に行ってきました。
上映作品は、「ザ・デイ・アフター・ピース」。
予告編


映画を上映した後に、周りの観客とダイアログ(対話)するというイベントです。

上映作品も、ダイアログ形式も、ものすごいよかった!
次回は12月14日。また行きたいです。

映画のテーマは、「ピースデイ」。
国際平和デー、International day of peaceとして国連決議によって定められている日、皆さんご存知ですか?
なんと9月21日、今日なんです。
私は今日知りました!

「たった一日でも、争いの無い日をつくれないだろうか」
無理だ、無謀だ、不可能だ、という周りの声、に屈することなく、
そのピースデイのキャンペーン立ち上げ、失敗、アフガニスタンでの成果を追ったドキュメンタリーには、心を打つものがありました。

雨露しのげる天井があって、蛇口をひねれば清潔な水が飲めて、
銃弾も爆撃も飛んでこない夜を過ごすことができる私たち日本人ができることは、
きっとたくさんあるのだと思います。

もしも仕事で打ちのめされた時に、勇気を与えてくれそうな映画です。
きっとこのピースデイ実現に比べたら、僕の悩みなんてちっぽけなものなんだと思います。



人間の研究 [2014年09月19日(Fri)]

こんばんは、林田です。

高校2年生の時に読み、価値観が大きく変わった本。
舩井幸雄氏の「人間の研究」を読み直しています。

オカルトと評される不思議な事例も盛りだくさんですが、
僕はそういった現象はロマンがあっていいな、と思っています。

それ以外にも、経営のコツ、人生のコツが盛りだくさんでした。
発見が数多く、数多く。メモが進みます。

今思い起こすと、高校生の自分はどちらかというと不思議現象の方に
ハマってしまった感じでしたね。

今はどうかというと、経営のコツに発見が多いです。
きっとそこが今の悩み(渇望)のポイントなんでしょうね。

今日メモに残したのは次の文章です。

====================ここから引用

会社には大きくいって3つのレベルがあります。

その会社の社員にはその会社は必要なのですが、
社会全体からみればその会社の存在等どうでもよいレベル。
いわゆる社会的不要レベルからどんな会社も出発します。

このレベルを私は小のレベルの会社といってます。
小のレベルの時は社員が社長以下一体となって
無茶苦茶がんばるのが経営のコツです。

====================引用ここまで

なるほど!



仕事のBGM [2014年09月18日(Thu)]

こんばんは、林田です。

業務に集中したり、気分を高めながら仕事をしたいとき、
音楽をかけることがあります。

定番は、Mondo Grosso。
ハイテンポな曲のみ選んで、シャッフル再生しています。
最近は、スタバのBGMで使われているという楽曲をリピートシャッフルで流したり。
(Youtubeで紹介してくれるブログ記事があったので)

仕事にBGMは必須ではありませんが、
時に効果を与えることもあります。

最初に勤めていたデザイン会社では有線を流していました。
ジャズのチャンネルを流していた覚えがあります。

一度、ふざけて演歌チャンネルにしたんですが、
まったくデザイン業務をやるのに適さず、笑えました。



| 次へ