CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

プロフィール

林田全弘さんの画像
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
<< 2016年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/rindazenko/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/rindazenko/index2_0.xml
NPOの広報支援は何のため? [2016年11月14日(Mon)]

14990914_1135422999828059_8611792272597344267_o.jpg
どうもどうも、林田です。

東京圏からお2人の社会人にお越しいただき、ボケない大阪移住プロジェクト起業体験、完了しました!NPOのためのデザイン・広報支援を実際に体験したり、考えを深め合いました。

「NPOの広報」と「NPOの広報支援」を分解していき…おかげさまで、最終的にはロジックツリーを仕上げることに成功しました!このツリー図は、私ひとりではつくれない代物です。

「NPOの広報とは何か?」「NPOの広報支援は何のため?」を幾度となく問い続けた3日間。その答えは、とてもシンプルで当たり前なものでした。セミナーも、無料相談も、デザイナーがつくるチラシやWebサイトも、すべては【届けたい情報を広報ツールに乗せて、届けたい相手に、今よりも多く確実に届けるため】というただ一点に集約されます。

届けたい相手に確実に届けるためには、効果的な広報物をつくる必要があります。効果的な広報物は、広報活動のPDCAを積み重ねることによって生まれます。そのためには、広報担当者の負担を和らげる必要があり、他のメンバーの協力や時間短縮、組織内外の知見を活用する、広報戦略を立てるなど、様々な方法を取り入れなければなりません。

一方で、伝わりやすい情報にするためには、内部のしがらみや身内目線・身内言葉に囚われない、外目線がとても重要になってきます。その役割として、第三者的なアドバイザーの存在が求められます。

この3日間のおかげで、自費で大阪まで駆けつけてくださったお2人のおかげで、そして伴走してくれたスマスタのスタッフのおかげで、ロジックツリー図ができました。この図は私にとって、宝物であり、貴重な地図でもあります。

あとは、持っている装備と、仲間と、世の中の今と未来を踏まえながら、進む道を選ぶのみ。
ありがとうございました!!
15008065_542936705916326_793133966_o.jpg



街中で気になった広告やチラシ(2016年10月) [2016年11月06日(Sun)]

どうもどうも、林田です。

街中で気になった広告やチラシを撮影して、Facebookやインスタグラム、twitterにアップしています。
2016年10月分をまとめてご紹介します。




「ニュートラム」の文字、可愛すぎでしょ!

Masahiro Hayashidaさん(@rindazenko)が投稿した写真 -




「やちん、らくちん」 巧い!

Masahiro Hayashidaさん(@rindazenko)が投稿した写真 -




「請求業務、まるなげ!」 おもしろいなぁ。

Masahiro Hayashidaさん(@rindazenko)が投稿した写真 -




読み手の不安や疑問を導入にするのは基本ですね。

Masahiro Hayashidaさん(@rindazenko)が投稿した写真 -




いい文字だなぁ。

Masahiro Hayashidaさん(@rindazenko)が投稿した写真 -







九条で見つけたユニークな広報物。 街に根ざした取り組みらしさ、というのが伝わってきます。

Masahiro Hayashidaさん(@rindazenko)が投稿した写真 -








講座スライドを公開する理由 [2016年11月05日(Sat)]

どうもどうも、林田です。

「なんで講座のスライドを公開しているんですか?」
とよく聞かれます。

なんででしょうね。
ズバっと答えが出てきません。

むしろ私も同じように聞きたい。
「なんでみんな、講座のスライドを公開しないんだろう?」
って。

ちなみにこちらのページでまとめて公開しています↓
http://design4npo.com/中間支援組織の皆さんへ/


ずっとずっと昔、大学生だったころかな、
ある講座で配られた資料が素敵で、他の人にもコピーしたかった、
そんな時がありました。

講師の方に「コピーして配ってもいいですか?」と聞いたら、その人は、
「もちろん。僕の資料はコピーフリーだから」と返してくれた。
それがかっこよかった、というのが影響しているかもしれません。

といっても、講座資料を公開しない人をかっこわるいとは思っていませんよ。
その人なりの、公開しない理由があるのでしょうから。


例えばどうなんだろう。
有料講座の場合、せっかく高いお金を払って参加したのに、
不参加の人でも同じ講座スライドを見れるとなったら、不公平かもしれないですね。

昨日の日本財団さんの講座は、参加費が2,000円でした。
2,000円!!…映画見れちゃう。ほんとすみません。

2,000円分の価値を提供しないとまずいですね。
ライブ感、限定感、特典とか。

では、こんな特典はどうでしょう。

講座に参加してくださった方のうち限定5団体まで
無料のアフターフォロープログラムに参加できます。
2時間×2回のスカイプ相談と、メール相談無制限。
ただし、そのプログラムに参加した団体は、
成果報告会で15分間のプレゼンをしていただきます。
そのプレゼンを聞けるのは、講座に参加した方限定です、とか。

どうでしょうか???



今日もどこかで歌に救われる人がいる。 [2016年10月31日(Mon)]

どうもどうも、林田です。

プロとしてあってはいけないことではありますが、
仕事の調子が悪い時がよくあります。

制作物クオリティのレベルは一定以上保てている自信はあるものの、
スピードの浮き沈みがまだまだあり、ご迷惑をおかけしている2016年。

気持ちが沈んでいるときに、今年はなんども歌に助けられました。

元気よく励ます歌もあれば、
肩の力が抜いてみな、と提案してくれる歌もあります。

今日もきっとどこかで、歌が人の心を救う瞬間が生まれている。
そんな想像をすると、歌は偉大だな、と思うのでありました。



2016年10月23日 [2016年10月24日(Mon)]

どうもどうも、林田です。

1年前の10月23日。
「NPOのためのデザイン」ブログをスタートしました。
当初の更新頻度からはちょっと落ち着いてはいますが、
自分のノウハウの棚卸にもなっているので、やめられない止まらない状態です。


さて、
10年前の2006年10月23日。
この日は友人の命日でもあります。

ブログオープン日を10月23日にこだわったのは、
その友人と交わした会話、
学んだことを、
できるだけ思い起こせるようにしたかったからです。

彼が開催したNPO向けのチラシデザイン講座に参加して、
僕にとってのデザインの扉が開く音が聞こえました。
人生が変わった日とも言えるかもしれません。

ちょっと大げさかも…笑
デザインの道に進めたのは、もっと他にもたくさんの理由がありますが、
そのきっかけのひとつであることは、間違いありません。

講義だけじゃない、なんて斬新な研修なんだ!
メディア(媒体)ってそういう由来だったんだ!
チラシのレイアウトはこうすればいいんだ!
本文と見出しの差はそうやって付ければいいんだ!
など、とても感動したことを覚えています。

電話口で話した、
「いずれ、NPOの広告代理店をやりたいんですよー」という僕のアイデアに対して、
「今やりなよ!」と力強く返していただいた、
そのやりとりをいまでも思い出します。

まだNPO専門の広告代理店を立ち上げるところまではたどり着けていませんが、
彼が開催したデザイン講座のまねごとのようなことは
できているのかな、と思っています。



NPOがもし100人の村だったら [2016年10月22日(Sat)]

どうもどうも、林田です。

「世界がもし100人の村だったら」という本が出版されてからもう17年が経ちます。
原約はこちら →http://www.romi-nakano.jp/100people/
この印象的な文章を日本のNPO法人に置き換えてみました。

それでは始めます。


NPOがもし100人の村だったら…。

日本には累計5万4千団体のNPO法人がありますが、
もしそれを100人の村に縮めると
どうなるのでしょう。
100人のうち

39人が関東地方にいて、
61人がそれ以外の地域にいます。

14人はホームページを持っていて、
86人はホームページがありません。

ブログを持っているのは2人だけです。

※出典:NPO法人データ分析(2015年3月末現在)
http://www.npo-hiroba.or.jp/know/analysis.html



NPOがもし100人の村だったら…。

100人のうち
64人が金融機関・郵便局への振込による寄付を受け付けており、
36人は対応していません。

7人がクレジットカードによる寄付を受け付けていますが、
93人は対応していません。

46人がインターネット・ホームページで一般向けに情報開示をしていますが、
54人はやっていません。

77人が人材の確保や教育について課題を抱えています。

60人が収入源の多様化について課題を抱えています。

44人が法人の事業運営力の向上に課題を抱えています。

一般向けの広報の充実について課題を抱えているのは、19人です。

※出典:平成27年 特定非営利活動法人に関する実態調査(NPO法人実態調査27年度版)
https://www.npo-homepage.go.jp/toukei/npojittai-chousa/2015npojittai-chousa



この数字をご覧になって、どう感じましたか?

私は、というと、広報活動はやっぱり優先度が低いんだなぁ…と感じました。
それよりも優先すべき根幹事業への取り組みに、きっと専念されているんだな、と。
ブログが2%というのはちょっと少ない気がしますけれども…。

ともあれ、この「100人の村」方式で数値を伝えるというのは、
わかりやすいと実感しました。



30年後の未来。 [2016年10月21日(Fri)]

161008amagasaki.jpg
どうもどうも、林田です。

尼崎市制100周年を記念して開催された「尼崎 FUTURE GAME CENTER」に行って来ましたよ。

これはすごいイベントでした!
終始流れるドラクエ3のBGMに心踊り、カードゲームを通して尼崎市の課題とリソースを学び、解決アイデアを老若男女語り合う、素敵な体験でした。

いきなりですが、
「30年後、あなたは何をしていますか?」
と聞かれたら、どう答えますか?

ゲームの冒頭に、この質問に2分ほど考える時間がありました。
なんとも難しい…!
30年後の2046年には、67歳。
「う〜ん、たぶん町のゴミ拾いをしていると思います」
そんな漠然とした答えしか出てきませんでした。

だって、その時にデザイナーという職業がどうなっているかなんて、まったく想像がつきません。
AI相手に10分程度ヒアリングをしたら、ポーンっとそれなりのデザインが完成!
…なんて未来も、ありえなくは、ない。

デザイナーだけではなく、ビジネスマン、医師も弁護士も、裁判官だって、AIに取って代わる場面が多く出てくるのではないでしょうか。

いまある仕事の多くをAIや機械が代行してくれる。そんな世界が、30年後実現するかもしれません。そうなったとき人間って何しているんでしょうね?
食うための仕事、それを労働と言い換えるのならば、労働から解放されたとき、何をしているのか。

尼崎で、30年後の未来を想像できなかった私は、その日以来モヤモヤしたものを抱えることに。


つい最近出た答えは、こんな感じです。


ほとんどの人間が表現者になるんじゃないか。
そんな未来を空想しました。
ある人は、絵を。
またある人は、詩を。演奏、歌、作曲とか。
踊ったり、演じたり…。

いくらAIや機械が発達しても、人間にしかできないことは、表現ではないか。
とすると、いまの時代の表現者、いわゆるアーティストたちは、時代が早すぎた、いや、
時代がついていっていないだけなのでは?

食うに食えず、やむにやまれず、表現者としての道を諦めざるをえなかった人たち。
あの頃は時代が悪かった。表現者にとって不遇の時代だった。
もしかしたら、そう呼ばれるのかもしれません。



ものすごいぞ!USJ! [2016年10月13日(Thu)]

どうもどうも、林田です。

快進撃の続くユニバーサル・スタジオ・ジャパンに行ってきましたよ。

いや〜すごかったです、パレード。
「心も体も“RE-BORN(リ・ボーン)”する、やり過ぎ連続の15周年パレード!」という謳い文句に偽りなし!

泡は飛んでくるわ、大量の紙ふぶきが舞うわ、フロートの上では生演奏があるわ、コンサートのように大盛り上がりの参加型演出もありました。

紙ふぶきがとにかく多いんです。掃除が大変…。
紙テープも舞うんです。建物の看板に絡まったりして、これもまた掃除が大変…。
看板に絡まる紙テープを見ながら、建物も参加してる、って思いました。

15周年のテーマである「生まれ変わろう」は内外へのメッセージではないかな。
映画にこだわらないエンターテイメントを追求したら、映画以上の価値が生まれた。そんな印象を受けました。
映画以上の、映画にはできない表現。

昨日の自分に囚われず、新しい自分を生きなおそう。
そんな勇気をもらえました。

ついついディズニーリゾートと比較してしまうけれども、
比較できない独自ポイントをどんどん伸ばしていますね〜。
ディズニーにはできないことをとことん、これでもか!とやり過ぎています。
「真似できるならやってみろ!」ってね。
それどころか、もはやディズニーを目標にはしていないんでしょうね。
世界一を狙っているんじゃないかな。熱い!

商品も魅力的なものが増えています。
ビックリマンチョコとのコラボなんて、夢があるじゃないですか。
キャラクターの垣根を越えて、世界観を混ぜ込んで、別世界のものをどんどん取り入れて、侵食して、新しい価値を生み出す。

「こんなのユニバーサルスタジオじゃない」
「映画と関係ない」
「ごちゃまぜで一貫性がない」
さんざん後ろ指を指され、いろんな方面から認められないことがあったんだと思います。
まさにそれはアヴァンギャルドじゃないか!!

前人未到の前衛テーマパークが今まさにこの瞬間、生まれているんだと思います。
思わず年パスを買ってしまうところでした。
ものすごいぞ!USJ!



夢を叶えてみたけれど。 [2016年10月09日(Sun)]

どうもどうも、林田です。

次なる夢はなんだろうな〜?

理事をさせていただいているNPO「子どもデザイン教室」
子どもたちに向けて自己紹介をした時のこと。

紹介内容は、
なまえ、年齢、好きな食べ物、将来の夢
の4つでした。

将来の夢について、私からこんなことをお話しました。

「夢はデザイナーになることだったんですが、
もうその夢は叶って、デザイナーになれました。
今はとても幸せです。」


幼稚園での夢はパン屋さんだったし、
中学生での夢は、アンディフグを倒せるような格闘家だったし、
大学生での夢は、手に職・職能を活かして社会貢献をする、でした。

なので、最初にやったバイトはパン屋のレジ打ちで、
焼きたてパンの香りを嗅ぐ最高な体験をすることができました。
高校では空手道部に入って、強い人がこの世にはたくさんいることを知ることができました。

そして、
20代なかばにデザイン事務所に人のご縁で入らせてもらって、
様々な経験を積ませていただいて、その知見をもとにNPOの広報物を数多く手がけてきました。

NPOの仕事だけで生計が立てられているわけではないんですが、
ほぼ夢が叶っちゃったんですよね。
NPOの仕事比率を100%にする、というのが次なる夢かというと、うーん。
そこにこだわる意味ってなんだろう、って思っちゃいます。

ということで、いま、夢の踊り場にいるようです。

NPOの広報物デザインがしたい、と思ってデザイナーになってみたものの、次の夢をどうしようか、と。
なんともぜいたくな状況ではありますが、チャレンジは続きます。



依頼側がつくったラフにデザイナーがひっぱられてしまう問題について。 [2016年10月06日(Thu)]

どうもどうも、林田です。

先方から提示いただくラフや指示書。
それにデザインが引っ張られてしまうってよくあると思います。

※紙面のレイアウトなどを示した構成案、レイアウトがわかるような手書きレベルのものを
「ラフ」とか「構成案」「指示書」と呼ばれています。


つくる側としては、
@試行錯誤の結果だろうから、尊重したほうがいいのではないか
Aラフ通りつくった方が、修正なさそうだから後々楽かも!?
Bもう、時間かけてらんないからこのままでいいや


という思惑があるのではないかな、と。

@は、僕もよく思ってしまうことですね。
なので、ラフを尊重しつつ、変だなー&分かりにくいなーと思うところは改善しつつ、提案するようにします。
ラフを逸脱しそうなアイデアを盛り込みたかったり、違うレイアウトにしたい場合は、
別案をつくって「こんなんもつくってみたんですけれど」とご提案するようにしています。

AとBは、ちょっと残念というか、人生損しているというか、
もったいない仕事をされているんだなぁ、と思ってしまいます。
よほど、修正に対して苦手意識があるのか、嫌な思い出があるのか。
なんにせよ、一緒にお仕事をしたくないタイプの方ですね。

僕は、修正に対して苦手意識はないですね。無くしました。
「修正は、クリエイティブをタフにする」という佐野研二郎さんの言葉や、
箭内道彦(やないみちひこ)さんの「クリエイティブ合気道」が大好きですし、
それを信じています。



話を戻して。

デザイナーさんにラフどおりの仕事をさせないために、
依頼主はどこを気をつければいいのか。

@これはあくまでラフであって、この通りにデザインする必要はない
Aプロなりの、もっといい提案があったらウェルカム
Bもし迷うようであれば、ラフを元にした案と、より良い案をつくってください

と伝えればいいんじゃないでしょうかね。

特にAは、つくり手の心に火をつけるマジックワードじゃないかと思っています。
「このラフ以上のもの、もちろん考えられるんですよね?」的な。

ま、もちろん、このような焚き付け型セリフは言い方に気をつけないと
怒らせてしまうかもしれませんので、うまーくやわらかーくそれとなーく
伝えることをお勧めします。



| 次へ