CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ストーリーと一致させる [2016年08月18日(Thu)]

どうもどうも、林田です。

最近は、あるNPOの経営者さんとお仕事をさせていただいています。
いや〜、、打ち合わせするにしても、その方の発言の節々に経営者たる片鱗といいますか、
やっぱこの人は違うな、というものが光りますね。

今日の打ち合わせで印象に残ったのが「ストーリー」という言葉でした。
新規サービスのオペレーション(申込以降の仕事の流れ)をどうするか、という議論の中で、
ユーザーにとっての利点、パートナー企業にとっての利点、
自団体の利点、この3点を一致させるストーリーは何か?を
判断の基準にされていました。

特に、そもそもこのサービスが立ち上がった内部的なストーリーは何か?
そのストーリーと、オペレーションが一致しているかどうか。
さらに三者の利点を兼ね揃えているかどうか。

判断に迷った時、そもそもの原点に立ち返られる思考を持つ。
そもそものストーリーを思い出せること、これもリーダーの資質と言えるかもしれません。

デザイン進行をしていくと、ともすると見栄えをどうするか?
という議論や思考に走ってしまいがちになります。
そういう時こそ、原点やストーリーを忘れないようにすることが大事である。
そんなことを学ばせていただいています。



伝えることは、かくも難しき。 [2016年08月08日(Mon)]

どうもどうも、林田です。

伝えることは、かくも難しき。
最近セミナーで「相手を中心に考えること」が
デザインで重要なこととお伝えしています。

チラシでも、名刺でも、パンフレットでも、
渡す相手を想定することが最初の一歩。
その相手に与えたい印象と、促したい行動を表現する。
これがデザインです、と。

もちろん、デザインには他にもいろんな意味があります。
NPOの広報物をデザインする上で、どう定義することがベターなのか、
考えに考えた現段階での答えになります。

でも、伝えることは難しいですね。
渡す相手を想定してみましょう、と呼びかけてみても、
「渡す相手を限定するわけにはいかない」
「渡したい相手は不特定多数だから考えられない」
「渡したい相手が100人くらいいて、絞れない」

という反応をいただきました。

事例を出しても、例え話をしても、ワークシートをつくっても、
壁を破ることはできませんでした。
原因は伝え方の悪さ、唯一点にありと考えています。

自分の未熟さ、至らなさを痛感しています。
相手を中心に考えることが大事と言っておきながら、
セミナーに参加される相手を中心に考えきれていないのですから。

相手を想定することが、いかに重要か。
それを「よし、わかった」とご納得いただくほどの
説得力を持っていないわけです。

と言っても、ここであきらめるわけにはいきません。
「相手を想定するなんて、ありえない」
と思われるのと同じく、
「相手を想定しないなんて、ありえない」という世界で生きている者として。

相手を想定しないデザインほど、身勝手なものはない。
相手を想定しないデザインほど、かっこわるいものはない。
NO TARGET. NO DESGIN.


「デザインは、相手の想定が大事」の信念は曲げず、精進してまいりたいと思います。



プロボノプロジェクトで難しかったこと [2016年08月04日(Thu)]

どうもどうも、林田です。

前回の投稿に引き続いて、プロボノに関する話題です。
「プロボノプロジェクトで難しかったこと」について書いていきたいと思います。

難しかったことは、
上から目線を脱却すること
です。

プロボノは、自身の慢心との戦いです。
いかに無知の知でいられるかがプロボノの基本姿勢と思います。

プロボノをする側の人間が、
NPOの皆さんよりもビジネススキルを持っていたとして、
「こんなことも知らんのか」という態度で
「ああせいこうせい」と余計なアドバイスをしたとたん、
相手の尊厳は傷つき、信頼関係が崩れると思っています。

プロボノは、自分の経験やスキルを披露する場ではないと思うんですよね。

NPOのスタッフ、代表者がたとえビジネス知識に疎くても、
扱っている社会課題に関する知識量や情熱は計り知れないものを持っています。

ないもの探しではなく、あるもの探しができるかどうか。
してあげているではなく、させていただいていると思えるかどうか。
企業も行政も取り組めない課題に取り組んでいる方々に、尊敬の念を持って接することができるかどうか。
この姿勢と行動が問われるんじゃないかと思います。


ま、そんな難しい話は置いといて、
今週末、広島県福山市でプロボノ経験者として以下のイベントに登壇します!

「プロボノ」って何?入門セミナー
日程:2016年8月6日
場所:まなびの館ローズコム 4階
http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/site/machisapo/73151.html



プロボノプロジェクトで学んだこと [2016年08月01日(Mon)]

どうもどうも、林田です。

「プロボノプロジェクトでの学んだこと」について書いていきたいと思います。

2006年に初めて参加したサービスグラントのプロジェクト。
支援先は、アムネスティ・インターナショナル日本。アムネスティ・フィルム・フェスティバルという映画祭のロゴを担当させていただきました。

【ロゴ】アムネスティ・フィルム・フェスティバル
http://blog.canpan.info/rindazenko/archive/16

学んだことは、
・チームでプロボノをすればリスク軽減につながる
・調査→中間提案→本提案→納品、という堅実なプロセス
・自分のスキルのレベルの低さ

この3つです。

個人がNPOに飛び込んで、プロボノとして活躍できるかというと、
結構難しいんじゃないかと思います。

NPO側の困難さとしては、
そのNPOにきちんとボランティアコーディネートできる人がいるかどうか、
そもそも、自団体の課題を的確に把握し、最適な改善策をプロボノにお願いできるかどうか。

プロボノ側の困難さとしては、
往往にしてNPOって課題の宝庫だったりするので、
まずは課題整理をして、自分のスキルを役立てることができる土壌作りから
はじめないといけないケースもあったりします。

とてもじゃないけど、1人のプロボノで抱えきれない課題が山積み。
何から手をつけていいか、わからない状態。
そんなNPOに単身飛び込むのは、とてもリスクが大きいです。

それがチームなら、あるいはサービスグラントが事前に課題をフォーカスしていたら、
クリティカルな課題といいますか、いま本当に解決すべき最初の課題に
集中して取り組めるんじゃないかと思います。


今週末、広島県福山市でプロボノ経験者として以下のイベントに登壇します!

「プロボノ」って何?入門セミナー
日程:2016年8月6日
場所:まなびの館ローズコム 4階
http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/site/machisapo/73151.html



プロボノをはじめたきっかけ [2016年08月01日(Mon)]

プロボノをはじめたきっかけについて書いていきたいと思います。

人生最初のプロボノは、ちょうど10年前にさかのぼります。
2006年にはいくつかのプロボノをやらせていただいたのですが、
後年のプロボノ観に大きな影響を与えることとなったのは、サービスグラントのプロジェクトでしたね。
支援先は、アムネスティ・インターナショナル日本。アムネスティ・フィルム・フェスティバルという映画祭のロゴを担当させていただきました。

詳しくはこちらのブログ記事に書いております。
【ロゴ】アムネスティ・フィルム・フェスティバル


では、そもそもなぜプロボノをやりたいと思うようになったのか。
それはさらに時計を逆回転して、、、今から19年前の1997年まで振り返らないといけませんね。
高校を卒業して、大学入学までの春休み。
福井県三国町沖のナホトカ号重油流出事故に、人生初の災害ボランティアとして赴いたときが、私のスタート地点と言えるかもしれません。

ボランティア登録のため、受付へ。
その際に聞かれた質問が「林田さん、何かできることはありますか?」
この質問にガツーン!という衝撃を受けた記憶があります。

高校は体育会系の部活に所属していた程度で、特に「これができます!」と言えるものがありませんでした。ですので、私の回答は「いえ、ありません。体力くらいです」というものでした。

重油回収ボランティアをさせていただくなかで、周りを見渡せば、たくさんの社会人ボランティアが職能を活かしてキビキビ動いていらっしゃいました。

タクシーの運転手さんは、ボランティアの送迎を。
整体師さんは、肉体労働で疲れたボランティアのマッサージを。
Webサイトをつくれる人は情報発信、リーダーシップのある人は会議を仕切り、
料理をつくれる人は炊き出しをしていました。

「ああ、僕もいつか、これができます!と言えるような人間になりたい」
そんなコンプレックスが生まれた瞬間だったと思います。


その後、親切な方のご厚意のおかげでデザイン会社で修行させていただくことができ、
会社に置いてあった雑誌ソトコトの連載記事で、サービスグラントのことを知りました。
その連載記事を執筆していたのが、サービスグラントの創設者、嵯峨さんです。


私にとってのプロボノ10周年を記念する今年、
なんと今週末に広島県福山市で、プロボノ経験者として
お話をさせていただくことになりました。
嵯峨さんや、その他のプロボノワーカーさんも登壇されます。
とても楽しみです!


「プロボノ」って何?入門セミナー
日程:2016年8月6日
場所:まなびの館ローズコム 4階
http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/site/machisapo/73151.html



否定から入らない、が信条のはずだったのですが。 [2016年07月30日(Sat)]

どうもどうも、林田です。

相手のアイデアに対して、否定から入らない。
まずは受け入れる。賞賛する。
それを信条としています。

会議の場で、
どんな変化球が来ようと、
どんなボテボテの球が来ようと、
「ナイスー!」と受け止める自信があります。


が、
やってしまいました。
今日のセミナーの5分休憩の際に、
「こんなキャッチコピー、どうですか?」
と駆け込んで、わざわざ見せてくれた参加者の方に対して
「いや、それはよくないです」
とバッサリ否定。

短い時間の中で、相手に何かを持って返ってもらうために、
どうしたらいいか悩み、焦ってしまいました。
エレベーターテストのような状態、緊張感で、つい。

もう一度、ゼロから出直しです。

あ、いいですねぇ。
いい線いってますね〜。
うわぁ〜わかるわかる〜。
えぇ、その発想はなかなかできないですよ。
おぉ、これはね…(溜めて)すごくいいですよ。

褒める・賞賛する、あいうえお。
磨きなおしたいと思います。



デザインする上での優先順位は「たわら」で判断! [2016年06月29日(Wed)]

どうもどうも、林田です。

名刺やチラシ、パンフレットなど広報物における、デザインする上での優先順位を整理しています。

キーワードは、たわら
た→わ→ら
の優先順位で考えましょう。

一番優先するのは、ただしさ。
そもそも、可読性が高いかどうか、誤字脱字がないか。過去2000枚近く名刺交換してきましたが、メールアドレスが間違っている方がお一人、英語のスペルが間違っている方が一人いました。

次は、わかりやすさ。
相手のことを考えて、わかりやすく丁寧な表現になっているかどうか。相手が次の行動をしやすいような設計になっているかどうか。画像やイラストを使って、相手の想像力をサポートしたり、理解を促したり。

最後が、らしさ。
あなたらしさ、団体らしさ。装飾を加えたり、オリジナリティを出したり、というのは優先順位としては一番最後。

いくらかっこいいデザインでも、文字が間違ってたり、小さくて読めなかったり、わかりにくければ、意味がない。

ということで、ただしさ、わかりやすさ、らしさ、の順番で広報物をつくっていきましょう。そんなことを整理していました。見栄えのデザインに走る前に、優先するものがありますよねー、というところをお伝えしたかったです。当たり前ですが、大事なこと。

ちなみに、たわらは漢字で「俵」と書きます。人に表立って伝える広報物にはぴったりな漢字だと思いませんか?(後付け〜)



セミナーづくりに立ちはだかる、3つの壁 [2016年06月20日(Mon)]

どうもどうも、林田です。

今年に入って、セミナー講師のお声がけをいただく機会が増えました。
とてもありがたく、嬉しく思います。ありがとうございます!!

(林田の講演・イベント情報はこちらにまとまっています)
http://design4npo.com/category/hayashida-lecture/

でも、セミナー内容を考えるのは慣れておりません。
経験不足ですね。非常に難しいです。

広報物をデザインすることと、
人前でお話させていただくこと、
「伝える」という意味で共通点はあるのですが、同じようにできるかというと
まだそこまでの応用力がなく、苦しんでおります。

いま、目の前には3つの壁があります。

●まとめる壁
ひとつめは、自分の伝えたいことを整理してまとめるという壁です。
2時間程度のお時間をいただいて、一番伝えたいことは何か?
セミナー後に持ち帰っていただきたいものは何か?
そもそも、NPOに必要なデザインは何か?
NPOになぜデザインが必要なのか?
デザインとは何か?

「伝えたいことは、絞りましょう」
と、パンフレットやチラシなどのお仕事の現場で、
NPOの方々に(偉そうに)言ってきたものの、
いざ自分の伝えたいことを絞るとなると、ものすごい大変です。

自分ひとりで絞り出すことの大変さが身にしみます。
誰か、私の話し相手になってください。


●伝える壁
ふたつめは、わかりやすく伝えるという壁です。
お伝えしたいことが絞れたとしても、
聞いていただく方の腑に落ちない限りは
「伝わっている」とは言えません。
事例を出したり、例え話をしたり、クイズ形式にしてみたり、
参加者同士で話し合っていただいたり。

やり方はいくらでもあるんでしょうけれども、
そのひとつひとつが「一番伝えたいこと」という大きな串で
刺さっているかどうか。これがまた難しい。

最初から終わりまで、一気通貫させるのは至難の技です。
あれも伝えたい、これも伝えたい。
あのやり方が面白い、このやり方を試してみたい。
そんな小手先に走ろうとする気持ちの多さに辟易します。


●期待に応える壁
最後の壁は、参加していただく方々の期待に応えることです。
有料のセミナーなら言わずもがな。
無料だとしても、貴重なお時間をいただいていますし、
交通費もご負担いただいています。

せめて、期待通りの内容を。
できれば、期待以上が望ましく、
最終的には、期待を超えるセミナーを目指していきたいです。


まとめる壁、伝える壁、期待に応える壁。
登り方は、まだ見えません。
こういう時はどうしたらいいんでしょうね。
でもきっと、自分の中に、答えがあるはずです。



いきなり多数決で決めない、合意形成のやり方メモ。 [2016年06月12日(Sun)]

先日のミーティングでうまくいったのと、過去のデザインワークショップでもうまくいった経験があるので、備忘録としてメモしておきます。

今回はプロジェクト名称などのテキストが題材でしたが、デザインの検討にも使えます。
・決めたもの:プロジェクト名称、キャッチコピー、説明文
・必要なもの:ホワイトボード、ポストイット
・参加人数:今回は5人(10人くらいが限度かなー)



1)みんなのアイデアをホワイトボードに箇条書きで書く
A4用紙に書いて壁に貼ってもいいかも。
出たアイデアは全て褒めると場の空気が良くなるのでオススメです。あまりにも非現実なアイデアでも「Yes,but…」で一度褒めておく。


2)ポストイットを2〜3枚配り、ポストイット投票をする
2枚なら一人2票、3枚なら3票という具合に複数票持つのがポイント。
いいな、と思えるアイデアのそばにポストイットを一人ずつ貼っていきます。投票の結果を決定にはつなげず、現時点でのみんなの意見を確認することが目的です。
ポストイットは正方形タイプを使い、改善アイデアや意見など書き込むと尚吉し。
ということで、書き込む時間を5〜10分程度設けたほうがいいですね。ポストイットの色は同じ色にして、意見の差が視覚的に生まれないように配慮。貼る際には、ポストイットに書かれたコメントを読み上げたほうがいいですね。


3)意見交換をする
どのアイデアにポストイットが貼られているか/貼られていないかを確認しつつ、ポストイットに書かれたコメントをしばらく俯瞰。
いま感じていることや、思いついた意見を口頭で出し合う。


4)出た意見を受けて、新しいアイデアを考える
アイデアを上乗せしたり、改変したり、組み合わせたり、5〜10分程度、さらなるアイデアを各自考えていきます。
この時、ポストイットが集まらなかったアイデアも発想のヒントになる可能性があるので消さずに残しておくといいですね。


5)新しいアイデアをホワイトボードに追記する
今回はこの時点で参加者全員が「いいな」と思えるアイデアが生まれました。

もし生まれなかった場合は、もう一度ポストイット投票をして、
(さっきのとは別の色のポストイットがいいでしょうね)
得票数のなかったものをボツにしたり、得票数の多い上位3つから決選投票をしたり、意見交換をしながら、最終的に多数決で決める、というプロセスになるかと思います。


ブレストしたけど、どう絞る?という時に効果的と思います。
ご意見やアドバイスありましたらお待ちしています!



英語圏や他言語のロゴ事情 [2016年04月13日(Wed)]

どうもどうも、林田です。

先日のNPOロゴセミナーで、英語圏や他言語のロゴ事情についてご質問をいただきました。

ということで、海外のロゴ情報源を共有させていただきます。
まず英語圏のロゴ最新事例はこちらの2つのブログが詳しいです。

The Branding Source
http://brandingsource.blogspot.jp
毎月更新される「Logo round-up」という新ロゴのまとめ記事は見ているだけで楽しいです。

Brand New
http://www.underconsideration.com/brandnew/
ロゴの概要と、それについての意見(結構辛口)という構成で紹介されています。

その他、Logo of the dayLogoedLogopondといったサイトもありますが、
大手の有名どころはThe Branding SourceとBrand Newで十分押さえられるかな、
というところです。


英語圏以外ですと、知っているのは中国語のブログです。

Rologo
http://www.rologo.com
主に中国関係の企業・サービスのロゴを紹介しています。たまに日本のものや、海外のロゴも紹介されています。

その他、「このサイトはヨーロッパに強い」とか「こういう海外サイトもあるよ!」などありましたら教えてください。



| 次へ