CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

プロフィール

林田全弘さんの画像
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
<< 2017年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/rindazenko/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/rindazenko/index2_0.xml
ドラッカー本の冒頭文から「社会」を学ぶ。 [2017年01月08日(Sun)]

どうもどうも、林田です。

2017年の仕事始めは岸和田からでした!なかなか歯応えのある宿題をいただきました。
1月15日に岸和田で広報戦略をテーマにした講座を一席やらせていただきます。

自分たちの活動の魅力を、相手の立場で考え、どんな言葉にして、どう届けるか?
「講座に参加して、効果が出ました!」と言われるように頑張ります。

NPOにとっての広報戦略とは何か?
改めてドラッカー先生の著書を振り返る年末年始となりました。


ドラッカー名著集4 非営利組織の経営


もちろん、広報戦略以外にも学びがありました。

この本は、
「非営利組織とは一人ひとりの人と社会を変える存在である 。」
という一文から始まります。

「社会」というひろーい言葉が気になりました。
そもそもなんですかね?社会って。

何人からが社会なんだろうって。
家族や恋人同士は、社会に入るのか、と。
で、早速グーグルに聞いてみたら、家族は小さな社会、とありました。

家族や恋人同士、あるいは病気や困難を抱える当事者同士も、それはそれで小さな社会と言えそうです。
「社会」と聞くと日本全体、世界全体のことをイメージしてしまうけれども、もっと小さな、地域であったり、それこそマンションであっても社会なのだから、例えば「マンションの自治会も非営利組織に当てはまる。なぜならばそのマンションに住む一人ひとりの人と(マンション住人によって構成される)社会を変える存在だから」と言われても納得がいきます。

「非営利組織とは一人ひとりの人と社会を変える存在である 。」という言葉のなかに、大きいも小さいもないけれど、そんな解釈でいいんじゃないかな、と思いました。



なぜチラシで悩むのか。 [2016年12月27日(Tue)]

どうもどうも、林田です。

多くのNPOからニーズがある「チラシ」。
なんでみんなチラシで悩むんでしょうか。ちょっと考えてみました。

これはきっと、広報全般の課題がチラシという形で表面化しただけであって、そのチラシの悩みというのは氷山の一角なんじゃないでしょうか。

参加者の立場を考えた視点が足りないのかもしれませんし、
喜ばれるような企画を生み出すノウハウがないのかもしれません。

集客の協力をお願いするのが苦手で、
いわゆる「助けてコミュニケーション」が足りないのかもしれないし、
持っている価値を文章に落とし込むコミュニケーションデザインが
身についていないのかもしれません。

そして、それらすべてが揃っているのに、
チラシがわかりづらく魅力に欠ける表現になっているのかもしれません。

いろーんなコミュニケーション上の課題、アイデンティティの課題、
マーケティングの課題、それらが身近なツールとして現れた、と。
それがたまたまチラシなんじゃないでしょうか。

チラシをつくらないNPOならば、それがロゴに現れるかもしれませんし、
パンフレットやWebサイトという形で表に出てくるのでしょう。
このように、チラシの悩みは、いろーんな課題が絡み合っています。

逆から考えれば、
チラシを起点にして、いろんな課題を解決に導くことができるんでしょうね。



1時間程度の振り返り会 [2016年12月26日(Mon)]

どうもどうも、林田です。

今日は友人3人と簡単な振り返り会を行いました。

目的は、
「今年一年を振り返り、来年の展望を共有する」

振り返り会の流れは以下のとおりです。
●今年の振り返り
1. 【振り返る3分】各人、今年を振り返る。
2. 【語る2分】一人ずつ、今年あったことや感じたことなどを語ります。
3. 【掘り下げる3分】その発表を受けて、質問をしたり話を広げたり。
4. 語ると掘り下げるをセットにして、一人ずつ順繰りに進めて行きます。

●来年の展望を共有
1. 【思い描く3分】よきところで、各人、どんな来年にしたいか考える。
2. 【語る2分】一人ずつ、来年やりたいことや考えていることなどを語ります。
3. 【掘り下げる3分】その発表を受けて、質問をしたり話を広げたり。
4. 語ると掘り下げるをセットにして、一人ずつ順繰りに進めて行きます。

たった3分じゃ振り返れない!と思ってしまいがちですが、案外できちゃうものでした。印象に残った出来事をかいつまむ、というイメージです。

1時間弱で、簡単にできる振り返り。
準備も宿題もいりません。
自分以外の誰かがいるからできる、素敵な時間。おすすめです。


ちなみに、私の振り返りは以下のとおりです。
●2016年の振り返り
・セミナー12本!
・3月が多忙すぎた。
・6〜7月がひまひまだった。
・集中できるワークスペースを確保できた。
・和歌山NPO広報研究会での学びが大きかった。
・ボケない大阪など「誰かと一緒に何かをつくる」体験はありがたかったし、とても好き。
・誰かと一緒にすることで、自分だけではできないこと、たどり着けないところに到達できる。


●2017年の展望
・どうやら次のミッションは「NPOの広報の悩みを解消する」あたりにあるようだ。
・例えば、広報アドバイザーを全国に配置するという戦略が有効かもしれない。
・磨いたミッションと練られた戦略に合致したセミナーを開発していきたい。
・効果がすぐでる&カリキュラム化できる&行列のできるセミナーを開発していきたい。
・ひょっとしたら、大阪NPO広報研究会ができるかも。


とてもラッキーな2016年でした。まだ終わってないけど。



2017年のセミナーは、実践型を目指します。 [2016年12月24日(Sat)]

どうもどうも、林田です。

2017年は、セミナーの質をもっと向上させていきたいと思っています。

セミナーとひとくちに言ってもいろんな種類やねらいがあります。
私の目指したいセミナーは、実践型セミナーです。
2時間ならその時間内に身につくものがあったり、
その2時間で一緒に何かをつくりあげたり。

というのも、想定する参加者層は、時間のないNPOの代表者や広報担当者。
主幹事業、あるいは本業や家事や子育てなど、ただでさえ時間のないなか
時間を割いて参加していただくわけです。
一方的に情報を伝えて、あとは現場でよろしく、というわけにはいきません。

…と偉そうに言ってはいますが、一方的に情報を伝える形式のセミナーを
何度かやらせていただきました。
でもやっぱり、大量の情報を投下するのではなく、もうちょっと実践しやすい形に
シンプルにまとめて、簡単に取り組めるノウハウをご提供したいと思いました。

ということで、
目指したいセミナーのチェックリストを5つまとめてみました。
どれもレベルが高いですが、来年はこの領域まで目指していきたいです。

□ 伝えたいメッセージは、ひとつの講座でひとつに絞られているか。
□ 講座で伝える情報は、そのメッセージにすべてリンクされているか。
□ 講座で伝える順番は、そのメッセージがいかに肚おちしやすいか、という観点で決められているか。
□ 通常の実務を振り返り、すぐに実践を促すように設計されているか。
□ 実感できる効果がすぐに見込めるかどうか。


2016年に実施したセミナースライドをもう一度そのまま使う、
ということはしないですね。一新し、より実践的な形を目指します。



目が悪くてよかった! [2016年12月23日(Fri)]

どうもどうも、林田です。

もはやトレードマークとなっている、黒縁メガネ。
大阪に来て1年経ってから購入しました。

メーカーは金子眼鏡店というところです。
http://www.kaneko-optical.co.jp/jp/company/stores/kaneko.html
購入時には、眼鏡は桐箱に入ってました…。

確かフレームが3万円で、清水の舞台から飛び降りるつもりだったのですが、
さらにレンズ代がン万円かかると知り、ぶっ飛びました。

いやでもね、ほんとラッキーメガネでしたよ。
段違いに、人に覚えてもらいやすくなりました。

購入に至ったきっかけは、
「大阪にはおもしろい人が多すぎる。このままでは埋もれてしまう…。」
という危機感からでした。

あとは、
「デザイナーの梅原 真さんがかっこいいな」
「映画ジュリー&ジュリアに出てくる俳優のスタンリー・トゥッチがかっこいいな」

とか、そのあたりです。

梅原 真さん Innovators インタビュー - Webマガジン『コロカル』
http://colocal.jp/topics/think-japan/innovators-intaview/20130225_15709.html

スタンリー・トゥッチ - wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/スタンリー・トゥッチ

裸眼では新聞を読むのも辛いほどなので、
震災時に眼鏡が壊れたら超危険な私ですが、
目が悪くてよかった!と思ってます。



セミナー登壇数は12でした。 [2016年12月22日(Thu)]

どうもどうも、林田です。

2016年に講師として登壇させていただいたセミナー数は、12でした。
ご依頼いただいた主催者の皆様、ご参加いただいた皆様に感謝感謝でございます。ありがとうございます。

2017年は、もっと登壇回数を増やしていったほうがいいのか、それとも成果重視でじっくりアフタフォーローもしっかりやったほうがいいのか、悩みます。

林田はその先に、どんな夢を見るのか?
まだぼんやりとしたものでしかないのですが、ひとつ「これかなぁ」と思っている夢の種が、NPO広報アドバイザーを養成し全国各地に配置する、というアイデアです。

NPOが抱える広報の悩みは尽きることがありません。であれば、その悩みをひとつひとつ解決に導くアドバイザーを増やしたらいいんじゃないか、と。

全国各地の広報事例や解決事例を共有しあえるナレッジシェアネットワーク。好評セミナーの内容を共有しアドバイザーならだれでもその講座を開講できるセミナーデータベース。1年に1日だけ、国内すべてのNPOが抱える広報の悩みが無くなるPRハッピーデイ(言いにくい)。

など、アイデアはいくらでも出てくるわけですが、そんなことよりも大事なのが「誰のため、何のため」という部分。セミナーも一緒ですね。誰のため・何のためのセミナーなのか、年末年始の宿題として考えていきたいと思いまーす。



NPOの広報支援は何のため? [2016年11月14日(Mon)]

14990914_1135422999828059_8611792272597344267_o.jpg
どうもどうも、林田です。

東京圏からお2人の社会人にお越しいただき、ボケない大阪移住プロジェクト起業体験、完了しました!NPOのためのデザイン・広報支援を実際に体験したり、考えを深め合いました。

「NPOの広報」と「NPOの広報支援」を分解していき…おかげさまで、最終的にはロジックツリーを仕上げることに成功しました!このツリー図は、私ひとりではつくれない代物です。

「NPOの広報とは何か?」「NPOの広報支援は何のため?」を幾度となく問い続けた3日間。その答えは、とてもシンプルで当たり前なものでした。セミナーも、無料相談も、デザイナーがつくるチラシやWebサイトも、すべては【届けたい情報を広報ツールに乗せて、届けたい相手に、今よりも多く確実に届けるため】というただ一点に集約されます。

届けたい相手に確実に届けるためには、効果的な広報物をつくる必要があります。効果的な広報物は、広報活動のPDCAを積み重ねることによって生まれます。そのためには、広報担当者の負担を和らげる必要があり、他のメンバーの協力や時間短縮、組織内外の知見を活用する、広報戦略を立てるなど、様々な方法を取り入れなければなりません。

一方で、伝わりやすい情報にするためには、内部のしがらみや身内目線・身内言葉に囚われない、外目線がとても重要になってきます。その役割として、第三者的なアドバイザーの存在が求められます。

この3日間のおかげで、自費で大阪まで駆けつけてくださったお2人のおかげで、そして伴走してくれたスマスタのスタッフのおかげで、ロジックツリー図ができました。この図は私にとって、宝物であり、貴重な地図でもあります。

あとは、持っている装備と、仲間と、世の中の今と未来を踏まえながら、進む道を選ぶのみ。
ありがとうございました!!
15008065_542936705916326_793133966_o.jpg



街中で気になった広告やチラシ(2016年10月) [2016年11月06日(Sun)]

どうもどうも、林田です。

街中で気になった広告やチラシを撮影して、Facebookやインスタグラム、twitterにアップしています。
2016年10月分をまとめてご紹介します。




「ニュートラム」の文字、可愛すぎでしょ!

Masahiro Hayashidaさん(@rindazenko)が投稿した写真 -




「やちん、らくちん」 巧い!

Masahiro Hayashidaさん(@rindazenko)が投稿した写真 -




「請求業務、まるなげ!」 おもしろいなぁ。

Masahiro Hayashidaさん(@rindazenko)が投稿した写真 -




読み手の不安や疑問を導入にするのは基本ですね。

Masahiro Hayashidaさん(@rindazenko)が投稿した写真 -




いい文字だなぁ。

Masahiro Hayashidaさん(@rindazenko)が投稿した写真 -







九条で見つけたユニークな広報物。 街に根ざした取り組みらしさ、というのが伝わってきます。

Masahiro Hayashidaさん(@rindazenko)が投稿した写真 -








講座スライドを公開する理由 [2016年11月05日(Sat)]

どうもどうも、林田です。

「なんで講座のスライドを公開しているんですか?」
とよく聞かれます。

なんででしょうね。
ズバっと答えが出てきません。

むしろ私も同じように聞きたい。
「なんでみんな、講座のスライドを公開しないんだろう?」
って。

ちなみにこちらのページでまとめて公開しています↓
http://design4npo.com/中間支援組織の皆さんへ/


ずっとずっと昔、大学生だったころかな、
ある講座で配られた資料が素敵で、他の人にもコピーしたかった、
そんな時がありました。

講師の方に「コピーして配ってもいいですか?」と聞いたら、その人は、
「もちろん。僕の資料はコピーフリーだから」と返してくれた。
それがかっこよかった、というのが影響しているかもしれません。

といっても、講座資料を公開しない人をかっこわるいとは思っていませんよ。
その人なりの、公開しない理由があるのでしょうから。


例えばどうなんだろう。
有料講座の場合、せっかく高いお金を払って参加したのに、
不参加の人でも同じ講座スライドを見れるとなったら、不公平かもしれないですね。

昨日の日本財団さんの講座は、参加費が2,000円でした。
2,000円!!…映画見れちゃう。ほんとすみません。

2,000円分の価値を提供しないとまずいですね。
ライブ感、限定感、特典とか。

では、こんな特典はどうでしょう。

講座に参加してくださった方のうち限定5団体まで
無料のアフターフォロープログラムに参加できます。
2時間×2回のスカイプ相談と、メール相談無制限。
ただし、そのプログラムに参加した団体は、
成果報告会で15分間のプレゼンをしていただきます。
そのプレゼンを聞けるのは、講座に参加した方限定です、とか。

どうでしょうか???



今日もどこかで歌に救われる人がいる。 [2016年10月31日(Mon)]

どうもどうも、林田です。

プロとしてあってはいけないことではありますが、
仕事の調子が悪い時がよくあります。

制作物クオリティのレベルは一定以上保てている自信はあるものの、
スピードの浮き沈みがまだまだあり、ご迷惑をおかけしている2016年。

気持ちが沈んでいるときに、今年はなんども歌に助けられました。

元気よく励ます歌もあれば、
肩の力が抜いてみな、と提案してくれる歌もあります。

今日もきっとどこかで、歌が人の心を救う瞬間が生まれている。
そんな想像をすると、歌は偉大だな、と思うのでありました。



| 次へ