CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

プロフィール

林田全弘さんの画像
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
タグクラウド
<< 2015年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/rindazenko/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/rindazenko/index2_0.xml
小さなNPOに、客観的アドバイスだけをしていませんか? [2015年04月17日(Fri)]

IMG_3734.JPG

どうもどうも、林田です。

新しい名刺が仕上がりました。
これまでの制作実績を紹介した三つ折り名刺です。
折り加工代節約のため、夜な夜な自分で折っています。。。


さて、ありがたいことに小さなNPOと関わる機会を多くいただいています。
その中で感じることは、よかれと思って客観的なアドバイスを
する人が非常に多いということです。

仕事柄得た知見をもとに、、、
最近知り得たノウハウ・情報をもとに、、、
これまでの人生経験で培った経験をもとに、、、
「これをやるといいですよ」
「ここが課題だと思うので、改善したほうがいいです」
「このシステムを導入するといいですよ」

と。

アドバイスは非常にありがたいんですが、じゃあそれ誰やるの?って。
せっかくいいアドバイスでも、実行されないと意味がないですよね。


小さなNPOにとって必要なのは客観的なアドバイスではなく、
「主体的に行動する人」だったりします。
口だけではなく手を動かす人、苦言を呈するだけでなく一緒に汗を流してくれる人。

その意見がアイデアレベルなら、いくらでも出していいと思うんですが、
提案レベルの意見であれば、そこに行動がセットになっていないと、意味がないし、
逆に悪影響を与えることもありえます。

主体的に行動しない人がいくら客観的なアドバイスをしたとしても、
NPOにとって役立つどころか、現場に混乱と、新しいTODOで疲弊させてしまうことも
あるんですよね。

「これをやるといいですよ」(でも、私はやらない)
「ここが課題だと思うので、改善したほうがいいです」(でも、やるのは現場の人で)
「このシステムを導入するといいですよ」(導入するのはどなたかお願い)

ではなくて、

「これをやるといいと思うので、やってみてもいいですか?」
「ここが課題だと思うので、この改善案を実際にやってみようと思います」
「このシステムを導入するといいので、小さい範囲でテスト導入してみますね」

といった具合に、アドバイスと行動をセットに。


小さなNPOに対して、デザインのアドバイスをする機会も増えているので、
私自身も気をつけたいと思います。
そのアドバイスは、現場に混乱と疲弊を与えていないか、と。



日本語のロゴにチャレンジ。 [2015年04月11日(Sat)]

どうもどうも、林田です。

今日は、とある商品のロゴをつくっていました。
久々に制作する日本語のロゴ。

書体のこととか、文字のこととか、
ロゴのこととか、いろいろと学ぶうちに
「下手なことはできないなー」とどこかで引け目を感じ、
ロゴの文字をつくることから逃げていた節がありました。

直線がベースの、記号のような文字。
スケッチなしでエイヤーでIllustratorでつくることに。
つくってみると案外楽しくて、なかなか良い感じのものが仕上がりました。

高級感があり、かわいくて、直線的だけど冷たすぎない不思議な文字です。
その商品にドンピシャにはまって気分も上々。
やればできる。やってみなきゃ、できるかどうかわからない。

今日もまた、おかげさまで、なかなか良い成功体験を得ることができました。
ありがとうございます。



失敗の数とチャレンジの数は、同じである。 [2015年04月08日(Wed)]

IMG_3679low.jpg

どうもどうも、林田です。

今日、Facebookで流れてきた小沼大地さんの記事「“魔法瓶”に保温した情熱を注ぎこみ、企業のリーダー育成と新興国の社会課題解決に挑む(WISDOM)」を読んで、
降りてきた言葉がありました。


失敗の数とチャレンジの数は、同じである。

がんばったけどうまくいかなかった。
それは、チャレンジしたことの証である、と。

チャレンジしたからこそ、失敗がある。
成功が約束されるようなことは、チャレンジとは呼ばない。

失敗は成長だ。
失敗から学び、工夫が生まれ、成長できる。

人生は失敗の連続だ。チャレンジの連続とも言える。
チャレンジのない人生なんてつまらない。

うまくいかなかった。やめておけばよかった。
やっぱりこの道に向いてない。あきらめよう。
自分を責める前にまず、チャレンジした自分を褒めてあげないと。

挑み戦うと書いて、挑戦。
落ち込んでしまう、失敗を恐れてしまう、あきらめてしまう自分。
弱い自分に、挑み戦おう。

人生を振り返って、失敗の多い人生だったという人は、
それだけチャレンジしてきた人だ。
現状を変えたい、納得いかない、我慢できない、もっと高みを目指したい。
より高く、より早く、より良く。
それでもうまくいかず、失敗の山を築いてきた人の
チャレンジを讃えよう。

挑戦を讃えよう。
失敗を讃えよう。



開業届を出しました。 [2015年03月30日(Mon)]

どうもどうも、林田です。
今更ながらではありますが、開業届なるものを出してきました。

正式名称は「個人事業の開業・廃業等届出書」です。
個人事業主という職業?になりました。開業日は1月1日。

個人事業主になった一番の理由は、複式簿記への挑戦です。
正直、個人事業主になろうがなるまいが、どっちでもよくて。
控除額とか赤字の繰越とか、そういうのはあまりピンと来ていません。

複式簿記、損益計算書、貸借対照表。
この3つを理解できるようになりたいです。


ということで、会計ソフト探しと簿記入門書探しの日々ですよ。
Mac使ってるので、選択肢は多くありません。
弥生会計やfreeeとかのクラウド系、iPhoneアプリでサクサクできる、とか、
そういう甘言になびきそうになりましたが、最終的には、
フリーソフトのRingoKeiriを導入することに。

RingoKeiriはシンプルな会計ソフトです。
なので、インストールしただけでは何から始めたらいいかすら、わかりません。
どうするか。
Google先生を頼りに、先輩方のブログを探しまくりです。
ありがたやありがたや。

ブログによって、細かな仕訳ルールが違ったりもします。
なので、自己判断です。
何が自分にとってベターなのか、自分で判断して、自分で決めます。

これでいいと思うんですよ。
わからないことは調べる。手間をかける。悩む。ある部分で割り切る、とかね。
時間をかけることで経験値を積んでいくわけです。

いわば、自己投資をしているのだ!
と言い聞かせながら、出費を抑えたい気持ちを隠す自分も、いたりします。



サービスグラント関西の温かさ [2015年03月20日(Fri)]

こんばんは、林田です。

先月、今月と久しぶりにサービスグラントの
プロボノWednesdayに参加してきました。
やっぱりこのコミュニティはあったかいなぁ、と思いました。

サービスグラント http://www.servicegrant.or.jp/

今回のテーマが「サービスグラント関西のこれからにみんなでワクワクする会」なので、
サービスグラント経験者が集う感じになってたんですが、
テーマによっては初心者の方でも参加しやすいプロボノWednesdayの時もあります。

いやそれにしても、
参加している人の、サービスグラント愛を感じる場でしたね。
会場のハローライフが醸し出す優しさも相まって。
あと、参加してる人が皆ポジティブ。
で、スキルを持っている人だから発言に説得力もあるし。

やっぱり重要なのは、関西事務局のお二人の人柄というか、巻き込み力の巧さというか、
そのあたりも大事な要素になっていると感じています。

「関西にはサービスグラントが必要だ!」と思っている人がたくさんいて、
事務局では抱えきれない課題があるなら、手分けして解決すればいいじゃん!
というノリが「もう最高!」と本町の中心で叫びたいほど。

・・・
会場で振られた「なぜサービスグラントに関わっているんですか?」という問いに、
反芻しながらここに書き残しておきますね。

もともと僕は変わったデザイナーでして、
NPOのデザインがしたくてデザインの道に進んだ、という人間です。

デザイナーなりたての頃にNPOに単身乗り込んで、
チラシやらパンフやらつくっていた時期もありましたが、本当にしんどかった。
まず、制作物のマーケティングやプランニングを整理するところから入らないといけない。
ビジュアルのイメージも共有・承認しないと(場合によっては団体メンバー全員と!)いけないし、
コピーもリライトしないと、あと合意形成にものすごく時間がかかる等々…。
まあこれは僕の経験や知識、スキル不足もあったんですけれども。

これちょっと一人では大変だわ!と感じていた時期にソトコトでサービスグラントの記事があり、
「こういう仕組みを待っていた!」と感動した次第。
当時勤めていたデザイン事務所がソトコトを定期購読していたことに感謝!

スキルを持った個人が連帯し、チームを組んで、基礎調査からプロジェクトにあたり、
成果物をアウトプットする。
何て素晴らしいフローだろう!と感じました。

実際にプロジェクトに参加してみて感じたのは、自分のスキルの低さ。
異種格闘技戦のバトルロワイヤルに参加したみたいな心境で、
「ああこれもっと磨かないと通用しないわー」と反省した思い出があります。
ただまあ、普段の仕事では知りあえないような人たちとの協業は刺激的でした。
そのあたりのエピソードはこちらに書いています。

http://blog.canpan.info/rindazenko/archive/16

まとめると、
・一人ではできない支援が、サービスグラントならできる
 (一人でNPO支援をがっつりやろうとすると結構大変)
・普段の仕事では知りあえないような人と仕事ができる
・自分のスキルがどのレベルなのかドキドキしながら仕事をする刺激を得られる


というのが、サービスグラントに関わる理由です。

自分のスキルは社外でどの程度通用するんだろう。
社会課題の解決に足り得るスキルなのだろうか?
という腕試しにもうってつけだと思います。

あとは、自分の仕事が本当に世の中に役に立っているのか、
わからなくなっているベテランの方にも。

ということで、do it pro bono!
http://www.servicegrant.or.jp/



林田さんにお願いしてよかったです。 [2015年02月27日(Fri)]

こんばんは、林田です。
ありがたいことにたくさんのお仕事の依頼をいただいております。

家族との時間、NPO法人子どもデザイン教室の活動時間、
そしてフリーランスデザイナーとしてのなりわい時間、
とても充実した日々を過ごしています。

誰でもデザイナーになれる昨今、プロとアマの違いってなんだろうなー、とか
デザイナーに求められるものってなんだろう、とか、そんなことを考えています。

今日実感したのが、専門知識の重要性。
例えば、紙。

写真がきれいに仕上がる紙は、何か?
逆に写真がきれいに印刷されない紙は?
あるいは、風合いがありつつも安価な紙、
とにかく安い紙、高級で王道な紙、文字がきれいに印字できる紙、
などなど。

最低限の紙の知識は、ある程度持っています。
今日はそれが役に立ちました。

そのデザイン、その会社の雰囲気、伝えたいメッセージ、
によって当然、相性のいい紙があります。
でも、経験や知識がないと、紙の違いが分からないし、
どう選んでいいのかも分かりません。
なので、デザインの行間を汲み、リスクヘッジをした上で
「今回は、この紙をお勧めします」というご提案をさせていただきました。

結果、「林田さんにお願いしてよかったです。」というお言葉をいただきました。
生きててよかった。
デザイナーをしていてよかった。
今日、いま、ここで仕事をさせていただいて感謝です。
ありがとうございます。



azukidesign.comアドレスが使用できません→復活しました(15.02.03) [2015年02月03日(Tue)]

こんばんは、林田です。

(復活しましたので、追記・修正しています)

1月22日より、hayashida@azukidesign.comおよび
info@azukidesign.comのメール送受信ができなくなっております。おりました。

誠に申し訳ありませんが、1月22日から2月2日までの間、
もしメールをお送りいただいておりましたら、
rindazenko@gmail.com
hayashida@azukidesign.com
まで再送いただきますようお願いいたします。

また、復旧までの間は上記gmailのアドレスまでご連絡いただくようお願いします。
ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございません。


以下、追記(15.02.04)
上記期間にメールをお送りただいた方にはご迷惑をおかけし、
申し訳ありません。

原因は、azukidesign.comドメインの契約更新忘れです。
古いメールアドレスを登録していたので、契約更新を怠っておりました。
再発防止のため、登録メールアドレスの変更等、対策を施しました。



Posted by 林田全弘 at 21:41 | NEWS | この記事のURL
ローコスト・ハイリターンかローコスト・ミドルリターン [2015年01月07日(Wed)]

IMG_3225.jpg

こんばんは、林田です。

写真はクリスマスの日に食べたステーキです。
お肉がどうしても食べたかったので。そんな日もありますよね。


さて、最近のお仕事事情ですが、、
ありがたいことに多くのお仕事のご依頼をいただいていまして、
1月・2月は仕事が詰まってきました。

残念ながらお断りをさせていただくシーンも増えてきました。

お受けできる仕事、お断りさせていただく仕事、
ざっくりとした基準があります。

ローコスト・ハイリターン
ローコスト・ミドルリターン
の仕事のみお受けするという基準です。

もちろんこれは不変の基準ではなく、今現在の僕の仕事スタイルに
合わせた基準なので、半年後・1年後は変わるかもしれません。


ローコストとは、手間・時間・工数があまりかからないという意味で、
打ち合わせもなく、メールベースでやりとりができて、
ある程度お膳立て(情報整理)があって、
あとはもうフィニッシュを決めればいい、という感じです。


ローコスト・ローリターンの仕事について。
例えば、NPOで予算がないので安くできませんか?というパターン。
昔はよろこんでやっていたけれど、ちょっと今は受けられる余裕がないです。
今はプロボノデザイナーも増えているだろうし、
地元の協力的なデザイナーさんを探してください、とお願いしています。


ハイコスト・ハイリターンのお仕事は、
泣く泣くお断りしている感じです。
30万!とか50万!とか。その金額にすごく惹かれるんですが、
打ち合わせ・アイデア提案・デザイン複数案・大量ページなど、
やりがいはあるけど時間もかかるパターンですね。

これも昔は、よっしゃと喜んで受けていましたが、
体ひとつなので、プロジェクトを複数持つことができないし、
どれかひとつでも頓挫したら生計がその時点でゼロになってしまいます。
ハイコスト・ハイリターン+ハイリスク、ですね。


今は、ひとつのNPOのデザインワークにガッツリかかりっきりでして、
まずはそこで成果を出すことが最優先です。

ローコスト・ハイリターン
ローコスト・ミドルリターン
の小さめなお仕事を10〜20件同時進行で仕上げていく、というスタイル。
藤村さんの「月3万円ビジネス」のスタイルに近いかな。

2015年前半はこの調子で生計をたてていく感じです。

ちなみにいま抱えている案件は15件。
どれもエンドユーザーの喜ぶ顔が容易に想像できそうな、
やりがいのあるお仕事です。

デザインで笑顔をつくる、というかつての夢が叶っています。
おかげさまです。ありがとうございます。



2015年はじまる [2015年01月05日(Mon)]

IMG_3294.JPG

こんばんは、林田です。

2015年が始まりました。
この「2015」という数字のカッチリ感、ドッシリ感に
ワクワクするのは私だけではないはず。

バックトゥザフューチャー2の舞台も2015年というじゃないですか。
みなさんはもう今年の目標や方針は決まりましたか?

僕はまだです。
昨年の振り返りすらできていません。
それ以外のやらなきゃいけない業務に迫られながら、
チビチビこなしていく毎日です。
水際作戦みたいな、そんな状態。

ま、1月いっぱい使って、ゆったり総括していこうと思います。
5〜8月は調子よかったんですが、9月以降ボロボロだった感じです。
1つでも何かでつまづいてしまうと、
何もかもが嫌になり全てが停まってしまう課題をなんとかしないと。
これは人生の課題ですね。
そろそろ克服せねば。

早寝早起きはもう一度チャレンジしたいです。
3ヶ月継続できたんです。
3ヶ月しか、ではなくて3ヶ月も。
なので今年は4ヶ月継続できるようにしたいっすねー。

そしてマンダラ手帳。
昨年は20%くらいしか使いこなせませんでした。
今年は昨年よりもデカい、5400円もするA5サイズのマンダラ手帳で
自分のミッションと年間目標と月間目標をリンクさせられるように
していきたいと思います。

5400円という値段にひるみましたが、12で割ればひと月500円以下です。
安い!

昨年の振り返りも、今年の目標も定まっていませんが、
昨年よりもすごく良い年になるという予感は、すごく感じます。
まずは怒涛の1月2月を乗り切るぞ!よっし!



WORLD SHIFTですっきりした話。 [2014年12月15日(Mon)]

10858595_295225447354121_967961125078884299_n.jpg

12/14、ソーシャルシネマダイアログinカンテーレという
関西テレビ放送さんのCSR活動である映画上映会&対話イベントに
参加してきました。

参考 関西テレビ放送さんのCSR活動

上映作品は「サバイビング・プログレス」。
お恥ずかしいことに半分以上寝てしまいました。
アイアンマンとかダイハードみたいなベタベタなわかりやすい映画が好きな僕にとっては
ちょっと難しすぎたのかもしれません。

参考 サバイビング・プログレス

そんな状態なのに、上映後のダイアログセッションに参加していいかどうか
悩みましたが、勇気を出して参加することに。
そしたら同じグループの人で何人かは半分以上寝てて、
「あの中国のツアーは、、、」「そんなシーンありましたっけ?」
「藻が出てきたところでは、、、」「あー、そこは寝てましたね」
こんな感じに対話が噛み合わなくて可笑しかったです。


さて、ダイアログセッションの中でWORLD SHIFTのシートに
記入する時間がありました。
これからの社会に向けて、何から何に変えていきたいか。

参考 WORLD SHIFT


僕が書いたのは、「批判」→「実践」。

最近抱いていたモヤモヤとしたわだかまりを、
紙に書き落とすことができて、スッとしました。

僕がやっている活動に対して、批判をしてくださる方がいたり、
改善策やアドバイスも大小多くいただく機会があります。
とてもありがたいことですが、反面、モヤモヤする自分がいます。

「じゃあ、それ誰がやるの?」
「批判(あるいは提案)したあなたがやってくれるの?」
って。

どんなにいい批判やアドバイスであっても、
それを実行する人がいなければ意味がないわけで。
「偉そうに批判するのはいいけど、あんたできるの?」
って思っちゃうんですよね。。

一番たちが悪いのは、良かれと思って批判やアドバイスをするタイプの人です。
そこにその人のコミットメント、行動の約束・参画が発生しないのであれば、申し訳ないけど
一旦は受け止めますが、外野の意見ということでスルーしちゃいます。
よっぽど、自分が向かっている壁を打破すると共感できるものでない限り。

でも、そのくらいのずうずうしさというか、
スルー能力がないと、人の意見に流されるばかりですからね。
誰の人生を歩んでいるんだって話になりますし。
しかも、その批判やアドバイスに従って行動を変えたところで、
その発言者が手伝ってくれるかって、そうではないわけで。
手は動かさないけど、口は動かす。そういう人が多すぎる。

僕が周りに期待しすぎているのかなー。
主体性が足りないだけか?
いやでも、人の意見に流されやすい身としては、
スルー寄りに傾いたほうが人生楽なのかもしれないです。

けど、まあ、時には、こうやって少しの批判やアドバイスが、
相手の精神を削ることもあると思ったので、それは僕自身、気をつけていこうと思います。

批判だけでなく対案もセットに。
その場で対案が出せなくても、いつ自分が出すかコミットメントを明確に。
コミット・参画できないのであれば、聞き役に徹して、
その人自身が気づく手助けをするとか。

無責任なアドバイスをして、人を苦しめていないだろうか。
安易な批判をして、人の夢を踏みにじっていないだろうか。
人の振り見て我が振り直せ、ですね。



| 次へ