CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年09月04日

下矢作灯篭七夕

8月13日(日)、下矢作地区の灯篭七夕が開催されました。

あいにく雨天開催となりましたが
祭りに参加した皆さんの力強い「ヨイヨイ!」
という掛け声、雨を吹き飛ばす勢いが感じられました。

1.jpg

はじめの運行開始式で、東日本大震災で亡くなった方々へ黙祷を捧げ
気持ちを一つにしていざ出発。

運行開始時はやや雨が強く、
ビニールをかけてのスタートとなりましたが
製作にかかわった皆さんの集大成である山車は
とても美しく気持ちがこもっているように感じられました。


山車の脇には、生出地区の郷土芸能の鹿踊りなどが描かれ、
後ろには豪雨被害があった福岡県の朝倉市へのメッセージもありました。
お互いにがんばろうというメッセージにも優しさが感じられました。


地域の方々がいろいろなカタチで関わり当日を迎えています。
お花(御祝)を持って来る方や
お祭りに参加する方
お祭りに裏方として関わる方
会場に集まった皆さんがいきいきと、会話する姿が見えました。

2.jpg

拠点となったコミュニティセンターには、地元の下矢作保育所の名前が入ったミニ山車や
小学生が願い事や絵を描いた手作りの灯篭が展示されていました。
3.jpg

各行政区へとお披露目のため、子どもから大人まで練り歩いた時、
保存会の皆様のご好意で山車を止めたタイミングで山車の上に乗せて頂きました。
こちらは元のJR大船渡線の線路です。
今はBRT運行につきこちらの線路は使用されていない元の線路です。

4.jpg


また、山車を引いていると、地域の方々が山車を見ようと
自宅から出てきて「ヨイヨイ!」の掛け声。
笑顔がとっても素敵で印象的でした。



午後の運行を挟んで夜の部
灯篭七夕の魅力は夕方から。
ろうそくに火が灯された山車は、昼間の様子とはまた違って
幻想的な雰囲気で迎え火を想像させるようでした。
5.jpg

小さな子どもからお年寄りまで、祭りという地域行事を通じて
地域力と人のつながりを感じる事が出来ました。


皆様、大変お疲れ様でした。




この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1300156
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック