CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年08月23日

うごく七夕まつり ミニ山車にこんなエピソードがあったとは!!


IMG_0634.JPG

8月7日(月)に開催された高田町のうごく七夕まつり。
あいにくのお天気でしたが今年も熱いお囃子と掛け声が響きました。
まちづくり協働センターのフェイスブックページでも、当日の様子を写真と動画でお届けしました。
https://www.facebook.com/rtmachikyodo/videos/1399998060090175/

毎年、お祭りを取材していると各祭組の色鮮やかな山車に心が躍るのですが、この中でミニ山車を引く組があります。荒町祭組です。

地域の高台にある特別養護老人ホームの人たちにも七夕まつりを届けるために、大きな山車を引いていくことはできないので小さな山車を製作したのが始まり。もう30年以上前の話だそうです。「その時、入所者の方々が涙を流して喜んでくれて、訪問した側もとても嬉しかった」と、お話を伺った男性が話してくれました。

祭り当日、昼の運行後の休憩時間に大工さんや電飾の知識があるメンバーが大きな山車を夜に向けてお色直しする間、他のメンバーでミニ山車を引いて老人ホームを訪問しています。ミニとはいっても毎年2つの山車を準備することは大変ですが、制作も慰問も続けていくそうです。

これまでは単純に大きな山車の後を付いていく姿が親子の様で「可愛い」と思ってみていたミニ山車。サイズは小さいですが大きな思いが詰まっていたことを知りました。

偶然に伺うことができたこのエピソード。きっと他の祭組にも山車や人や、これまでの歴史に関わる沢山のストーリーがあるのだと思います。それぞれの祭組に自慢話を聞きに行きたい衝動に駆られますが、ふとした時に出るものなので話が聞けたらラッキーなのかも。また来年も新たなストーリーに出会えますように!




この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1297362
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック