CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
固定

陸前高田まちづくり協働センターは
ホームページもあります!

センターの業務についての説明や、貸し会議室の利用状況等確認することができます。
講座のお知らせや助成金情報についても掲載しています。

ホームページ>>>陸前高田まちづくり協働センター

2017年06月15日

◆助成金情報一覧更新(6月15日版)


一時、暑くなったり雨が多かったりという時もありましたが、
このところは過ごしやすい日が続いています。
ただ、曇ったり晴れ間が見えたり、少し怪しげな天気ですね。

助成金情報Pに使用


さて、本日付で助成金情報一覧を更新しました。


【被災地支援】  
・さなぶり・テーマ型助成事業
 (応募締切:2017年6月30日(金) 必着)


【まちづくり】
・平成29年度あしたのまち・くらしづくり活動賞
 (応募締切:2017年7月5日(水))


【福祉】
・2017年度 社会福祉事業
 在宅で高齢者を介護する家族の交流及び研修資金助成「研修会資金助成」
 (応募締切:2017年7月5日(水))


【芸術・文化】
・公益財団法人テルモ生命科学芸術財団 現代美術助成
 (応募締切:2017年6月30日(金) 24:00まで)


【その他】
・2017年度「津田梅子賞」
 (応募締切:2017年7月14日(金) 必着)
・公益財団法人KDDI財団 2018年度募集
 社会的・文化的諸活動助成
 (募集期間:2017年7月10日(月)〜7月13日(木))
・異能vation 破壊的な挑戦部門
 (応募締切:2017年6月30日(金) 18:00)
・異能vation ジェネレーションアワード部門
 (応募締切:2017年6月30日(金) 18:00)


もう少し詳しい情報についてはこちらをご覧ください。




2017年06月14日

◆レポート 脇の沢災害公営住宅内覧会


6月11日(日)、米崎町に完成した脇の沢災害公営住宅の内覧会が開催されました。
2棟3階建て、戸数60の集合型住宅です。内覧会を経てもうすぐ入居が始まります。

脇の沢災害公営住宅
(脇の沢災害公営住宅 左:集会所、中央:1号棟、右:2号棟)

脇の沢団地の特徴として、以下が挙げられます。
・市内に建設される11つの災害公営住宅のうち最後に完成。
・独立した集会所が設置されている。
・防災集団移転促進事業により造成された再建エリアと隣接している。

1号棟廊下から見た2号棟
(1号棟廊下から見た2号棟)        

1号棟廊下から山側
(1号棟廊下から山側)

間取りタイプごとに1部屋ずつ、1号棟の1階と2階の部屋の見学ができ、1階の部屋からも米崎町両替付近の海を見ることができました。

2DK車いす対応:リビング
(2DK車いす対応:リビング)        

3DK廊下からリビング方面
(3DK廊下からリビング方面)

集会所は管理人室や備蓄倉庫も備えた作りになっています。小さな縁側も付いていましたよ。

エントランス
(エントランス)               

集会所
(集会場)

当日は、集会所で入居予定者が顔を合わせる場も設けられたようです。団地の周辺地区の自治会から会長方も参加し、なんと餅まきもあったそうです。
お祝いごとでの餅まきはこの地方ならではでしょうか。

今後、こうした入居者同士が顔を合わせて交流する機会が増え、コミュニティづくりにつながっていくことを願います。集会所入口の正面に大きな掲示板があったので、これから住民の活動が活発になって沢山のチラシが掲示されていくといいと感じました。




2017年06月13日

◆イベント情報について


当センターのホームページリニューアルに伴い、
今後、イベント情報等告知情報に関しては
ホームページの【地域イベント・セミナー情報】
にて掲載いたします。

どうぞ、当センターホームページをご覧ください。
こちら⇒https://rtmachikyodo.jimdo.com/




◆公募情報 スマートウェルネス拠点整備事業


スマートウェルネス拠点整備事業は、住宅団地、共同住宅及び住宅地(以下「住宅団地等」)における高齢者生活支援施設等の「拠点施設」の整備により、高齢者、障害者又は子育て世帯(以下「高齢者等」)の多様な世代が交流し、安心して健康に暮らすことができる環境の整備を図ることを目的としております。

スマートウェルネス拠点整備事業においては、この観点から、地方公共団体と連携し、当該住宅団地等の管理者等によりスマートウェルネス計画、生涯活躍のまち形成事業計画が定められていることや、一定規模の住宅団地等であることを要件とした拠点施設の整備事業に対して、予算の範囲内において、国が事業の実施に要する費用の一部を補助し支援するものです。

≪募集開始〜提出期限≫
 2017年5月29日(月)〜 終了時期は別途お知らせします。

≪補助額≫
改修を目的として施設等を取得する場合、その取得に要する費用(用地費は除く)も含む。)の1/3以内の額とします。1拠点施設当たり1,000万円を上限とします。

≪問い合わせ≫
スマートウェルネス住宅等推進事業室
メールアドレス:kyoten@swrc.co.jp
※氏名・所属・電話番号・事業名を明記の上、なるべく具体的にお書きください。
電話:03-6268-9028  (FAX:03-6268-9029)

詳細はこちら




2017年06月01日

◆助成金情報一覧更新(6月1日版)



本日はすごい雨でしたね。
嬉しいのか、朝からカエルが鳴く声が聞こえました。
もうすぐ梅雨に入るでしょうか…

さて、本日付で助成金情報一覧を更新しました。


【被災地支援】  
・タケダ・いのちとくらし再生プログラム 第2回助成
 (募集期間:2017年6月20日(火)〜6月30日(金))


【子ども】
・平成29年度 子ども文庫助成
 (応募締切:2017年6月30日(金) 当日消印有効)
・平成29年度子どもゆめ基金助成金
 体験活動・読書活動 二次募集
 (応募締切:@郵送申請:2017年6月6日(火)
       A電子申請:2017年6月20日(火))


【福祉】
・平成29年度「子育てと仕事の両立支援に対する助成活動」
 (応募締切:2017年6月30日(金) 当日消印有効)
・地域支え合い活動助成プログラム
 (応募締切:2017年6月30日(金) 必着)
・公益財団法人 太陽生命厚生財団助成事業
 (応募締切:2017年6月末日 ※郵送による必着とします。)


【環境】
・緑の都市賞
 (応募締切:2017年6月30日(金) 当日消印有効)
・トヨタ環境活動助成プログラム
 (応募締切:2017年6月23日(金) 必着)


【スポーツ】
・公益財団法人ヨネックススポーツ振興財団
 平成29年度助成金
 (応募締切:2017年6月30日(金) 当日消印有効)


【芸術・文化】
・公益財団法人朝日新聞文化財団
 文化財保護活動助成
 (応募締切:2017年6月30日(金) 必着
       ※WEBシステムによる申請は7月5日(水))


【その他】
・平成29年度移住促進事業費補助金
 (応募締切:2017年6月19日(月) 17時必着)


もう少し詳しい情報についてはこちらをご覧ください。



2017年05月26日

◆フォーラム情報 第3回三陸沿岸復興まちづくりフォーラム


第3回三陸沿岸復興まちづくりフォーラム

これからの「まちづくり」のあり方を考えるセッションを開催します。
どなたでも参加できますので、奮ってご参加ください。


日時:2017年5月28日(日) 13:00〜17:00

場所:広田地区コミュニティセンター
   (陸前高田市広田町字大久保9)

プログラム(予定):
 1. 参加地区概要紹介
 2. テーマ別セッション
 3. 総括セッション
 4. 懇親会(会場わき駐車場でBBQ)
   ※各自食べ物と飲み物をご持参ください
 
主催:認定NPO法人日本都市計画家協会




2017年05月17日

◆助成金情報 アサヒグループ・コミュニティ助成事業


≪趣 旨≫
アサヒグループホールディングス株式会社によるCSR(企業の社会的責任)活動の一環として、東日本大震災で被災した市町村における郷土芸能の保存・発展に寄与するコミュニティ活動に対して助成を行うことにより、当該市町村の復興まちづくりの推進に貢献しようとするもの。

≪助成対象団体≫
(1) 岩手県内の沿岸12市町村
※ 陸前高田市、大船渡市、釜石市、大槌町、山田町、宮古市、岩泉町、田野畑村、普代村、野田村、久慈市、洋野町
(2) 当該市町村が認めるコミュニティ組織
※1 当該市町村内に活動拠点があり、当該市町村内で活動する組織を対象とします。
※2 次のいずれかに該当する組織は、対象外とします。
@ 営利活動、政治活動、宗教活動を目的とする組織
A コミュニティ活動以外の活動を主たる活動とする組織
B 組織名義の口座を有しない組織(個人名義の口座しか有していない組織)

≪助成対象事業≫
郷土芸能の保存・発展に寄与するコミュニティ活動
※ 既存の郷土芸能の保存・発展に寄与するコミュニティ助成事業の財源として活用することも可とします。

≪助成区分・助成額≫
(1) 基本枠
1市町村当たり100万円を上限として助成します。また、1団体当たりの上限額は、次のとおりとします。
@ 市町村が事業実施主体となる場合 100万円
A コミュニティ組織が事業実施主体となる場合 50万円
※ 当該市町村が認める場合は、100万円を上限とします。
(2) 追加枠
基本枠とは別に、郷土芸能の保存・発展に寄与するコミュニティ活動として、1市町村当たり2団体・各100万円を上限に申請のあった中から選定・助成します。

≪申込締切≫
助成を受けようとする団体は、平成29年6月12日(月)までに当該市町村(コミュニティ担当課)に助成申請書(様式1)と口座名義・番号の写しを提出してください。





2017年05月16日

◆助成金情報一覧更新(5月16日版)



ゴールデンウィークが明けてから、なかなか天気が安定せず…。
暫く雨が続いていました。
梅雨に入った地域もあるとのこと。
そんな時期なんですね。

さて、本日付で助成金情報一覧を更新しました。


【被災地支援】  
・平成29年度NPO等復興支援事業(一般枠)
 (応募締切:2017年6月9日(金) 午後5時必着)
・大和証券フェニックスジャパン・プログラム2017
 (募集期間:2017年6月1日(木)〜6月8日(木))


【子ども】
・第11回よみうり子育て応援団大賞
 (応募締切:2017年6月9日(金) 必着)


【福祉】
・平成29年度「ご近所支え合い活動助成金」
 第2次募集
 (応募締切:2017年6月13日(火) 必着)
・ファイザープログラム
 〜心とからだのヘルスケアに関する市民活動・市民研究支援
 (募集期間:2017年6月5日(月)〜6月16日(金) 必着)


【環境】
・三井物産環境基金〜未来につながる社会をつくる〜
 2017年度活動助成
 (応募締切:2017年6月10日(土))
・第24回コカ・コーラ環境教育賞
 ≪活動表彰部門≫・≪次世代支援部門≫
 (応募締切:2017年6月5日(月))


もう少し詳しい情報についてはこちらをご覧ください。



2017年05月12日

◆説明会情報 改正個人情報保護法合同説明会


改正個人情報保護法合同説明会

NPO法人・市民活動・自治会等向け


日時:2017年6月5日(月) 13:30〜16:00

場所:大船渡市市民文化会館リアスホール マルチスペース
   (大船渡市盛町字下舘下18-1)

内容:改正個人情報保護法に関する説明、質疑応答

講師:個人情報保護委員会 事務局
    上席政策調査員  石井 純一 氏

対象:NPO法人・市民活動団体・自治会・行政・商業者など

定員:50名程度

参加:無料

申込:申込用紙にご記入の上、事前に申し込み先までご連絡ください。
   ※申込先は用紙に記載しています。
   申込締切:5月26日(金)
   申込用紙⇒こちら  チラシ⇒こちら

主催:NPO法人@リアスNPOサポートセンター
   大船渡市市民活動支援センター
   陸前高田まちづくり協働センター
協力:NPO法人いわて連携復興センター
後援:釜石市、大船渡市、陸前高田市





2017年05月10日

◆講座情報 まちづくりコーディネーター養成講座


まちづくりコーディネーター養成講座(一関)@  

まちづくりコーディネーター養成講座(一関)A


≪内容≫
○第1回 地域づくり概論 〜地域づくり×地域福祉〜
○第2回 話し合いの仕方 〜ファシリテーション〜
○第3回 事務局運営   〜きほんの“き”〜
○第4回 情報発信    〜各メディアの活用〜

≪日時≫
○第1回:2017年6月10日(土) 9:20〜15:00
○第2回:2017年6月24日(土) 9:20〜15:00
○第3回:2017年7月1日(土) 9:20〜15:00
○第4回:2017年7月22日(土) 9:20〜15:00

≪会場≫
 なのはなプラザ 4階共同会議室
 (一関市大町4-29)

≪受講料≫
 全4回で2,000円 
 ※1回のみ参加の場合も、4回参加の場合も一律料金

≪定員≫
 各回20名

≪申込締切≫
 各回の1週間前まで (一括申込み可)

≪問い合わせ・申込≫
 いちのせき市民活動センター
 〒021-0881 一関市大町4-29 なのはなプラザ4階
 TEL:0191-26-6400  FAX:0191-26-6415
 
 ※申込はFAXの他、メール、フェイスブックでも受け付けています。
 メール:center-i@tempo.ocn.ne.jp
 フェイスブック:こちら