CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
固定

陸前高田まちづくり協働センターは
ホームページもあります!

センターの業務についての説明や、貸し会議室の利用状況等確認することができます。
講座のお知らせや助成金情報についても掲載しています。

ホームページ>>>陸前高田まちづくり協働センター

2018年01月15日

レポート 平成29年度第6回高田地区市民会議開催

12月14日(木)、本年度第6回目の「高田地区市民会議」を開催しました。
第1回に引き続き、高田地区コミュニティ推進協議会との共催で開催しています。

今回は、「カラオケ祭り」と「うごく七夕まつり写真展」について、具体的な内容の検討を行いました。

「カラオケ祭り」と「うごく七夕まつり写真展」の2グループに分かれて、それぞれの内容について次のように話合いを行いました。

20171214第6回市民会議05.jpg
(写真:2グループに分かれて話合いを行う様子)

■カラオケ祭り
前年度のカラオケ祭りの結果を踏まえて、今年度の役割を再検討しました。「踊り」の取扱いやステージ前の参加者待機・誘導など、前回出演した方の意見も参考にしながら、参加者や観客の皆様に楽しんでもらえる工夫が話し合われました。

■七夕写真展
ホールの予約状況により、展示期間が希望していた1か月から短くなり、2月25日〜3月11日(予定)までになりました。写真展の案内は今後、掲載可能な媒体で周知していく予定です。ほか、応募作品の取り扱いや展示・撤去の段取りなどについて話し合われました。

また、これらの催しは実行委員会形式で行われる事が以前の会議で決定していますが、次回の市民会議が初の活動となります。今後は、委員会の場で準備が進められていく予定です。皆様、お誘いあわせの上、ぜひご参加ください!
******************************************************
次回開催
第7回 高田地区市民会議
日時:1月19日 19:00〜20:30
会場:陸前高田市コミュニティホール 中会議室
対象:高田町にお住まいの方、これから住む予定の方
******************************************************

助成金情報一覧更新(1月15日版)

早いもので、今年も一か月の半分が過ぎました。

さて、1月15日現在の<助成金情報一覧>を更新しました。
今回の新着は2件と少なめです。

以下、概要です。
---
【まちづくり】
現地NPO応援基金[特定助成]「東日本大震災復興支援JT NPO応援プロジェクト」(第2期)第4回助成
(応募期間:平成30年2月14日(水)〜28日(水))

【福祉】
福祉医療機構「平成30年度社会福祉振興助成事業(WAM助成)」
(応募締切:平成30年1月29日(月)
---

募集内容の詳細や継続募集中の助成金情報は<助成金情報一覧>をご確認ください。

次回は2月1日(木)更新の予定です。

2018年01月05日

助成金情報一覧更新(1月5日版)

明けましておめでとうございます。
まちづくり協働センターは本日始業日です。
皆様の活動の一助となりますよう情報発信に努めてまいりますので、
本年も引き続きよろしくお願いいたします。

さて、1月5日現在の<助成金情報一覧>を更新しました。

以下、概要です。
---
【被災者支援】
ジョンソン・エンド・ジョンソン社会貢献委員会「JJCC助成プログラム」
(応募締切:平成30年1月21日(日))

【まちづくり】
(一社)東北地域づくり協会「みちのく国づくり支援事業」
(応募締切:平成30年2月22日(木))

【子ども】
(公財)つなぐいのち「平成30年度対象助成事業」
(応募締切:平成30年1月22日(月))
2018年度 包括的な里親支援機関(フォスタリング機関)の新設にかかる助成
(応募機関:平成30年3月1日(木)〜30日(火))

【福祉】
(福) 中央共同募金会「平成30年度「赤い羽根福祉基金」」
(応募締切:平成30年1月24日(木))
(一社)日本メイスン財団「平成30年度助成金(福祉、医療、教育、芸術)」
(応募時期:随時)

【環境】
日本財団「第1回 海と日本PROJECT サポートプログラム」
(応募機関:平成30年1月10日(水)〜19日(金))
ネオニコチノイド系農薬に関する公募(調査・研究)
(応募締切:平成30年2月1日(木))

【芸術・文化】
文化庁「平成30年度戦略的芸術文化創造推進事業(一次募集)」
(応募期間:平成30年1月9日(火)〜17日(水))
(公財)文化財保護・芸術研究助成財団「東日本大震災被災文化財復旧支援事業」
(応募締切:平成30年1月31日(水))

【その他】
・文化庁「平成30年度「生活者としての外国人」のための日本語教育事業−地域日本語教育実践プログラムの募集」
(応募締切:平成30年1月26日(金))
---

募集内容の詳細や継続募集中の助成金情報は<助成金情報一覧>をご確認ください。

次回は1月15日(月)更新の予定です。

2017年12月22日

◆レポート 平成29年度 後期 まちづくりコーディネーター育成講座 第4回

12月2日(土)、「平成29年度 後期 まちづくりコーディネーター育成講座」の第4回を開催しました。今回も会場は陸前高田まちづくり協働センターの会議室。講師は、当センターに配属されている、いわて復興応援隊の種坂です。

最終回となる今回のテーマは「広報の考え方とチラシ作り」。
自分たちの活動やイベントをたくさんの人に知ってもらうための、広報の考え方やチラシデザインの基本を学びます。
IMG_1505.JPG



本当に伝えたい相手は誰ですか?
そもそも、私たちはなぜ広報をするのでしょうか?
イベントや企画に参加してほしい、物を売りたい等、さまざまな目的がありますよね。

では逆に、私たちはなぜ広報物を見るのでしょうか?
何でもかんでも知りたいわけではなく、楽しそうなものや役に立ちそうなもの、人に教えたいもの等、良い情報を知りたいからですよね。

「たくさんの人に来てほしい!(伝えたい!)」
発信側はついつい欲張ってしまいますが、結局一方通行で誰にも届いていないということがよくあります。
そこで効果的なのが、“伝えたい相手を具体的にイメージする”ことです。
対象を絞ることによって、広報の方針が決まり、その対象に合わせた手段などが見えてきます。

IMG_1515.JPG
受講生のみなさんにも、自分が広報したいことについて考えていただきました。
本当に伝えたい相手の立場に立って考えること…やっているようで意識しないとできないことですね!


続いて、広報において大事な要素のひとつである「文章の書き方のポイント」を学びました。

小中学校で学んだことを覚えていますか?
・正しく
・分かりやすく
・同じ言葉や文末を繰り返さない など

こうして、ポイントを並べてみると、みなさんどこかで聞いたことのある内容だと思いませんか?
そうです、小学校や中学校で習ってきたことです。
小さい頃から、大事な基礎を学んでいたんですね!

IMG_1525.JPG
例題を解きながら、遠い昔の記憶を呼び起こす貴重な時間となりました。


そして、いよいよ「チラシづくり」。

準備を怠るべからず
このチラシで、誰に、何を伝え、どう思ってほしいのか?
チラシに掲載する必要な項目は?
その項目で、伝わるための優先順位は?

いきなりパソコン画面に向かうのではなく、“情報を整理する”ことがポイントです。
何事も準備が肝心なんですね!
IMG_1532.JPG

手順やコツを学んだ後は、実際にチラシづくりを体験していただきました。
IMG_1533.JPG

IMG_1534.JPG
できるだけたくさんのレイアウト案を描くワークでは、みなさん頭を抱えながらアイデアを絞り出していました(笑)


最後に、作成したチラシをみんなで共有する時間をもちました。
IMG_1538.JPG

IMG_1546.JPG

今まで、パソコンや紙とにらめっこしながらチラシを作ってきた受講者にとって、手順に沿って(情報を整理しながら)作り込んでいくワークは少し難しかったかもしれません。
しかし、これが良いチラシを作る近道になるんです!
近々イベントのチラシを作るという方もいらっしゃったので、今回の学びを是非活かしていただきたいと思います。


そして、今回で本講座全課程修了ということで、修了式を行いました。
IMG_1552.JPG

ご参加いただきましたみなさん、お疲れさまでした。
毎年少しずつ増えていく“まちづくりの仲間”。とても心強いです。
これからのみなさんのご活躍を心より祈願して、閉講とさせていただきます。

IMG_1555.JPG
いっしょに地域を盛り上げて、素敵なまちをつくっていきましょうね!

***************

当センターでは、地域づくり、まちづくりの担い手の育成を目的に毎年講座を開催しています。

平成25年度に作成した「地域づくりハンドブック」を教科書に、今年度は前期・後期に分けて、まちづくりコーディネーターとして必要なスキルを学んできました。
※「地域づくりハンドブック」は、これからの地域をつくるうえで必要な手法と、地域づくりの主体組織の運営に関するノウハウをまとめた教科書です。

2017年12月21日

【ご案内】4ヶ月の移住留学「Change Makers’ College」の第2期生募集開始(NPO法人SET)

陸前高田で活動するNPO法人SETさんからご案内です。
ご興味のある方は下記HPから詳細をご覧ください。(お問合せはNPO法人SETへお願いします)

右向き三角1【NPO法人SET】Change Makers’ College(CMC)第2期生募集!

岩手県陸前高田市広田町にて、4ヶ月の移住留学「Change Makers’ College」の第2期生募集開始を開始しました!
CMC は”自分らしく生きる”という選択を一気に現実へ引き寄せるための4ヶ月の移住留学です。

"自分らしく生きる" "好きなことを仕事にする" なんて私にはできない、と思う方もたくさんいらっしゃると思います。
いや、むしろ今の日本では、そう思うことの方が普通なのかもしれません。
だからこそ、私たちは、自分らしく生きることを”諦められない”ひとのために、この移住留学という挑戦の舞台を創りました。

なぜ「地方で、」なのかといえば、生活コストが低いのでお金に振り回されず、自分の本当の気持ちに集中できるからです。
そして、土の匂い、海の音、お節介なひとびとが、都会の生活で忘れていた五感を研ぎ澄まさせてくれるからです。

CMCは「シェアハウス」「仕事」「移動手段」を用意しています。
もし、貯金が0円だとしても、月に5万円もあれば生活できるので、気持ちさえあれば飛び込むことができるのです。

そして、カレッジの講座では、圧倒的な実践の繰り返しにより、失敗を恐れず挑戦する”マインド”とコトをカタチにする”スキル”をお届けいたします。

失敗できる環境と、同じ気持ちを共にする仲間たち。
"あの日"を乗り越えてきたからこそ外部の人間の受入れに寛容で、復興途上だからこそやりがいの多いまち。
自分らしく生きるための”移住”という選択を”あなた”もしてみませんか?

週末でいける!無料体験地域留学ツアー「Change Trip」も行っています。
HPにて詳細を確認できます。
URL:https://changemaker.set-hirota.com

2017年12月15日

助成金情報一覧更新(12月15日版)

助成金情報更新のお知らせの前に、1件ご紹介です。
つどいの丘商店街に、美味しいお餅屋さん「高澤餅店」さんがいらっしゃいました。

CIMG5394.JPG

すぐに食べてしまったので、商品の写真は残念ながらありません…お餅がとても柔らかく、粒あんの甘さも程よくて大変美味しかったです!みなさんもぜひご賞味ください。

さて、以下は12月15日現在の<助成金情報一覧>概要です。
本年最後の更新となります。
---
【まちづくり】
岩手県「冠婚葬祭文化振興財団 社会貢献基金助成」
(応募締切:平成30年2月末日)

【福祉】
(特非)コーポレートガバナンス協会「第19回北川奨励賞」
(応募締切:平成30年1月12日(金))
(公財)三菱財団「第49回(平成30年度)社会福祉事業・研究助成」
(応募締切:平成30年1月16日(火))
(公財)さわやか福祉財団「2017年度『連合・愛のカンパ』助成」
(応募締切:平成30年1月31日(水))

【環境】
(公財) 国際花と緑の博覧会記念協会「歴史の道みどりの拠点づくり事業」
(応募締切:平成29年12月31日(日))

【スポーツ】
2017年度 公益財団法人ノエビアグリーン財団 助成事業(団体)
(応募締切:平成30年2月28日(水))

【芸術・文化】
パブリックリソース財団「2017年度「Heart&Arts プログラム」」
(応募締切:平成30年1月11日(木))

【その他】
平成30年度科学技術コミュニケーション推進事業未来共創イノベーション活動支援
(応募締切:平成30年1月22日(月))
---

募集内容の詳細や継続募集中の助成金情報は<助成金情報一覧>をご確認ください。

次回は来年1月5日(金)更新の予定です。

2017年12月07日

◆レポート 平成29年度第5回高田地区市民会議開催

11月27日(月)、本年度第5回目の「高田地区市民会議」を開催しました。
第1回に引き続き、高田地区コミュニティ推進協議会との共催で開催しています。

今回は、前回の会議で開催が決定した「カラオケ祭り」の具体的な内容と、あわせて「七夕写真展」についても話合いが行われました。

まず始めに、「カラオケ祭り」の開催日と主催を決めました。
開催日は、毎年同じ頃に開催する事によって定着させたいとの思いもあり、昨年度と同様、2月下旬の日曜日である25日に決定。主催は、昨年度の様子なども鑑みて、運営を行う人たちで結成する実行委員会形式で行うことになりました。

続けて、「七夕写真展」の開催の有無について話合い、開催が決定しました。

その後は、「カラオケ祭り」と「七夕写真展」の2グループに分かれてそれぞれの内容について次のように話合いを行いました。

20171127第5回市民会議01.jpeg
(写真:2グループに分かれて話合いを行う様子)

■カラオケ祭り
多くの人に参加して楽しんでもらうため、歌を2コーラスまでとする案や、踊りも可とするか?などの工夫が話し合われました。また、歌が得意な人以外にも参加してもらうために順位は設けず、代わりに景品を渡すのはどうか?といった意見もでました。

■七夕写真展
今年の天候が雨だったため、写真は今年に限らず過去全ての開催日や、準備・打ち上げ等の様子を撮影した写真も対象に含めること、期間は約1か月で、2月初旬から震災追悼式まで展示をしたいなどの意見が出ました。

次回以降は、具体的な開催内容を検討していく予定です。
「カラオケ祭り」と「七夕写真展」のグループは固定ではありませんので、両方ともに関わることができます。
お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。皆で祭りを盛り上げましょう!
******************************************************
次回開催
第6回 高田地区市民会議
日時:12月14日 19:00〜20:30
会場:陸前高田市コミュニティホール 中会議室
対象:高田町にお住まいの方、これから住む予定の方
******************************************************

2017年12月01日

◆レポート 平成29年度 後期 まちづくりコーディネーター育成講座 第3回

11月15日(水)の夜、「平成29年度 後期 まちづくりコーディネーター育成講座」の第3回を開催しました。今回も会場は陸前高田まちづくり協働センターの会議室。講師は当センターのセンター長 三浦です。

「まちづくりの基礎知識」、「話し合いの仕方(ファシリテーション)」に続き、今回のテーマは、地域づくりやまちづくりを進めるときの「事業計画の立て方」です。
より効果的に活動するための視点や手順を学んでいきます。

IMG_7309.JPG


まちづくりのメインは“事業”
まちづくりは事業を進めていくものですが、その事業には必ず目的があり、どんな効果を生みだすかが明確になっていなければ意味がありません。
「やみくもに何かやる」、「予算があるから何かやらなければ...」ということではなく、
どんなまちにしたいか?という目的をもって、事業を通してどんな効果をまちに生みだしたいのか?の視点を置いて考えることが大切です。


視点@:まちづくりの種類
・「今あるものを、もっと良くする」(プラスをプラスにする)
・「今ないものを、良くする」(マイナスをプラスにする)
自分たちの活動を振り返ってみましょう。


視点A:理想の将来像
「どんなまちにしたいのか?」「活動を通してどんな風に変えていきたいのか?」を考えることがまちづくりのスタートです。まずは、目標を考え、どのように実現させるか、道すじをつくっていく作業が『事業計画を立てる』ということ。
スタートからいきなりゴール達成は難しいので、階段を上るように小さな目標を設定し、ひとつひとつをどのように達成していくかを考えることもポイントです。


視点B:地域を知る
まちづくりに取り組むにあたって、理想の将来像を描きつつ、過去を振り返りながら、地域の現状を知る必要があります。
現在を理想の将来像に変えるために行うのが事業なのです。

IMG_7311.JPG

続いて、事業計画づくりの手順に進みます。

手順@:理想の将来像を考える
「こんなまちになったらいいな」を描く。
ここでのポイントは、この段階で「現実的に考えて無理だろう」ということは考えないこと!
ひとりだと考えに限界があるので、みんなでアイディアを出し合うこともオススメです。


手順A:まちを知る
過去を振り返り、現在を知る。
まちを知る手法のひとつとして、「まちあるき」の事例紹介がありました。実際に自分で見たり聞いたり感じたりしたことを、資源と課題に分けて整理し分析(例:SWOT分析)するものです。


手順B:事業のアイディアを考える
アイディアや情報を整理し、実現できるアイディアを選択する。
どんな理想の将来に辿り着きたいのか?それはどうしてなのか?という部分がぶれないことが大切です。


手順C:具体的な方法を考える
「いつまでに」「何をして」「どこまで実現するのか」などが決まってくると、具体的で現実的なものになります。
「お金(予算)」や「人手」を考えておくのも大切です!


実際に受講者のみなさんにも、ワークシートを使って事業計画をつくっていただきました。
IMG_7316.JPG

・理想が大きすぎて具体的に考えていくのに苦労した
・予算の部分を考えるのが苦手
・「いつまでに」という計画を立てるのが難しい など
頭の中で考えている自分がやりたいことを整理し、見える化することの難しさが伝わってきました。しかし、考えを計画書にすることによって、修正点や不足点を見つけることが出来るという考え方もできますね。


まちづくりの事業は、1回やればそれでOK!というものではありません。
継続して取り組めることを考えること、また、できそうなことから一つ一つ取り組んでいくことが大切なのです。

一生懸命つくった事業計画は、今回で終了ではなく、持ち帰って是非実行していただきたいですね。
みなさん、お疲れさまでした!

***************

次回は、いよいよ最終回。
12月2日(土)13時〜16時、同じく当センターの会議室で行います。
テーマは「広報の考え方とチラシ作り」。

興味がある方はぜひ参加してくださいね!
申込みは協働センターまで、お待ちしています。(電話:0192-47-4776)

◆助成金情報一覧更新(12月1日版)

平成29年も残すところ1か月となりましたが、皆様忙しくお過ごしでしょうか。
センターはクリスマス使用でお迎えしています。

image1 (2).jpeg

さて、12月1日現在の<助成金情報一覧>を更新しました。
今回は福祉、子ども関係の募集が多く出ています。

以下、概要です。
---
【まちづくり】
岩手県「平成29年度外国人観光客等受入促進環境整備事業補助金 (第2回)」
(応募締切:平成29年12月27日(水))
(一財) 住総研「2018年度 実践助成」
(応募締切:平成30年1月31日(水))

【子ども】
2017年度 災害地の子どもたちの学びや育ちの支援活動助成 (第3回)
(応募締切:平成30年1月5日(金))
2017年度 経済的困難を抱える子どもたちの学び支援活動助成 (第4回)
(応募締切:平成30年1月5日(金))
いわて子ども希望基金助成事業(地域子育て活動支援事業)
(応募締切:平成29年12月15日(金))

【福祉】
いわて保健福祉基金助成事業(一般枠(保健福祉、地域福祉))
(応募締切:平成29年12月15日(金))
(公財)岩手県福祉基金「平成30年度助成事業」
(応募締切:平成30年1月12日(金))
(公財)倶進会「一般助成(教育・福祉)」
(応募締切:平成30年1月22日(月))
いわて保健福祉基金助成事業(特別枠(ご近所支え合い活動)
(応募締切:平成30年1月26日(金))

【環境】
コスモ石油エコカード基金
(応募締切:平成29年12月6日(水))
(独法)環境再生保全機構/地球環境基金「平成30年度地球環境基金助成金」
(応募締切:平成29年12月11日(月))

【芸術・文化】
認定NPO法人高木仁三郎市民科学基金「高木仁三郎市民科学基金」
(応募締切:平成29年12月10日(日))
---

募集内容の詳細や継続募集中の助成金情報は<助成金情報一覧>をご確認ください。

次回は12月15日(金)更新の予定です。

2017年11月15日

◆助成金情報一覧更新(11月15日版)

先日、氷上山を登りました。山の上から一望する陸前高田はとても綺麗ですね。

image1.jpeg

さて、11月15日現在の<助成金情報一覧>を更新しました。
今回は各分野から広く募集が出ています。

以下、概要となります。
---
【被災者支援】
「あい基金」2017 年度助成事業〜女性の生業の場づくり・地域づくりを応援〜
(応募締切:平成29年12月15日(金))

【まちづくり】
住まいとコミュニティづくり活動助成「地域・コミュニティ活動助成」「住まい活動助成」
(応募締切:平成30年1月10日(水))

【子ども】
(公財)日本生命財団(ニッセイ財団)「児童・少年の健全育成助成」
(応募締切:平成29年12月6日(水))
(一財)キユーピーみらいたまご財団「2018年度助成プログラムA「食育活動」」
(応募締切:平成29年12月8日(金))
(一財)キユーピーみらいたまご財団「2018年度助成プログラムB「食を通した居場所づくり支援」 」
(応募締切:平成29年12月8日(金))

【福祉】
(公財)杉浦記念財団「第7回(活動)杉浦地域医療振興助成」
(応募締切:平成30年2月28日(水))
CO・OP共済「2018年度地域ささえあい助成」
(応募締切:平成30年1月31日(水))

【環境】
平成29年度(第2回)サステナブル建築物等先導事業(次世代住宅型)
(応募締切:平成29年11月30日(木))
(公財)パブリックリソース財団「2018年度「未来につなぐふるさと基金」 」
(応募締切:平成30年1月10日(水))

【スポーツ】
(独)日本スポーツ振興センター「平成30年度スポーツ振興事業助成」
(応募締切:各対象事業ごとに異なる)

【芸術・文化】
文化庁「平成30年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」
(応募締切:平成29年11月30日(木))
(公財)明治安田クオリティオブライフ文化財団「平成30年度「地域の伝統文化助成」」
(応募締切:平成30年1月31日(金))
---

募集内容の詳細や継続募集中の助成金情報は<助成金情報一覧>をご確認ください。

次回は12月1日(金)更新の予定です。