CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
中嶋れん(日本共産党 宮城県議会議員)のブログ
宮城県議会 環境生活農林水産委員。
      障がい児・者福祉調査特別委員会 副委員長。
      「脱原発をめざす宮城県議の会」副会長。
自閉症児の親の会会長。
青森県むつ市大畑町生まれ。青森高校卒(音楽部、将棋同好会に参加)。
東北大学理学部物理学科卒(東北大学男声合唱団に参加)。

「戦争する国」No! 女川原発の再稼働中止 「人間の復興」を追求。
ライフワークは「障害のある人が生きやすい社会をめざす」。
日本国憲法の全面実施をめざす日本共産党に共感、入党して44年に。
« 2019年07月 | Main | 2019年09月 »
プロフィール

中嶋廉のブログさんの画像
中嶋廉のブログ
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
QRコード
宮城県産肉用牛の登録偽装 8月21日の委員会で父子DNA不一致の全容究明等を求めました。一部に民間育成の種牛精液が使用されていたことが判明。[2019年08月21日(Wed)]
【宮城県肉用牛のDNA不一致、12年前から。民間育成の精液が一部に使用されていた。
 全容解明と信頼回復、畜産農家の支援が重要。=宮城県議会 8月21日 速報】

 宮城県議会の環境生活農林水産委員会に8月21日、宮城県産肉用牛で23頭のDNA不一致の和牛が発見されたことが報告され、集中的な審議が行われました。
 石巻の獣医師が人工授精した和牛の中に、届け出されたものとは別の精液が使われていたことがわかり、この時点では遺伝子検査で父子のDNA不一致と判断された牛が23頭もいました。偽装登録は、宮城県の畜産業全体の信用を著しく失墜させる行為で、あってはならないことです。
 当該獣医師が人工授精した資料は5年分1025件あるという答弁でした。(一部の先行する報道で1023件とされていましたが、修正されました)
 生存していて検査できた一番古い和牛は2003年生まれのもので、このうち遺伝子不一致が判明した一番古い和牛は2007年6月1日生まれでした(一部の先行する報道では2008年生まれとされていましたが、修正されました)。少なくとも12年前から問題が発生していたことになります。
 子牛の遺伝子が一致しない種牛に、宮城県が地元畜産農家向けに精液を安価に販売している県有種雄牛のほかに「民間育成の種雄牛も含まれている」かを質問しました。「一部に含まれている」と、答弁がありました。この答弁は初めてです。
 宮城県畜産試験場が普及している精液は1本3千円ほどで、民間育成の精液は約3万円とのこと。当該獣医師は、「暗い所で作業した場合などで取り違えた」などと説明していますが、経費がかかるようなミスを続ける人がいるのでしょうか。全容究明が急務です。
 当該獣医師は8月から」種付けを自粛し、判明した事案については損失を賠償する意思を示しているとのことですが、厳正な対処が必要です。
 昨年、輸出検査を受けていない和牛の精液と受精卵が中国に持ち出されていたことが判明しました。今回のようなことが二度とおきないような対応が求められます。被害に遭った農家の相談体制、要望・意見によく耳を傾けて対応することが必要です。
 委員会の様子が、テレビのローカルニュースで放映されました。凍結された精液には種牛の名前が記されています(写真は「茂福久」のもの)。繁殖を手がけている農家や獣医師から、「作業上のミス」という当該獣医師の説明を疑問視する声が絶えません。

190821_a_blo.jpg















精液の画像_blog.jpg















牛舎_blog.jpg
女川原発の審査会合が次回(8月末〜9月初め)で終了か。「電気新聞」が報道。[2019年08月13日(Tue)]
 東北電力が再稼働をめざしている女川原子力発電所2号機の新規制基準への適合性審査について、日本電気協会が発行している「電気新聞」(8月13日付)は、8月末〜9月初め頃に行われる次回の審査会合で収束する可能性があると報道しました。
 これまで再稼働した原発の先例では、電気事業者の主な説明が終了したと判断すれば、原子力規制委員会は補充資料の提出を求め、審査書案の取りまとめに入ります。審査書案を公表してパブリックコメントを求め、パブコメに寄せられた意見・質問に対する原子力規制委員会の考え方を付して、審査書を決定します。これが「合格証」ですが、早ければ年末になる可能性があります。
 10月27日投票で行われる選挙で選出される新たな宮城県議会議員が、再稼働の可否を左右することになります。任期の最後に行われる宮城県議会9月定例会(9月3日に開会)の論議が非常に重要になっています。
 原発問題住民運動宮城県連絡センター等が呼びかけている、再稼働中止を求める宮城県議会あての請願署名を大きく広げることも求められています。

190813_blog.jpg
泉中央セルバ前に170人、小池晃書記局長を迎えて仙台市内5カ所で日本共産党街頭演説会[2019年08月04日(Sun)]
 泉中央セルバ前で、8月4日10時から日本共産党の街頭演説会。170人の人々に足を止めていただきました。私は司会をつとめ、当面する仙台市議選での前進を訴えました。
 東北大学の同窓生、小池晃書記局長は仙台市内の5カ所で演説。野党共闘で当選した石垣のりこ参議院議員が、青葉区と若林区でマイクを握りました。

190804_a_blog.jpg


















190804_c_blog.jpg





















190804_f.jpg





















190804_g.jpg












とうとう公開! 宮城県の水道民営化 「みやぎ型管理運営方式導入可能性調査等調査業務」報告書(本編)の全文 2018年3月[2019年08月04日(Sun)]
 宮城県の村井知事は、県営の上水道事業、工業用水道事業、流域下水道事業の計9事業をコンセッション方式により一体で民営化しようとしています。
 この宮城県上工下水一体官民連携運営事業(みやぎ型管理運営方式)について、2017年度(平成29年度)に2つの調査が行われました。「みやぎ型管理運営方式導入可能性等調査」及び資産状況などを明らかにする「上工下水デューディリジェンス調査」です。
 その調査結果について、これまで宮城県は概要版だけしか公表してきませんでした。

 「みやぎ型管理運営方式導入可能性等調査」報告書の全文は、これまで公表されていませんでしたが、日本共産党宮城県会議員団が開示請求して調査報告書を入手することができました。その本編を全文紹介いたします。

●こちらからダウンロードしてください。
右矢印1みやぎ型管理運営方式導入可能性等調査業務 報告書(本編) 2018年3月.pdf

●2つの調査の報告書(概要版)は、宮城県のホームページで公開されています。
右矢印1「みやぎ型管理運営方式」に関する調査結果について


 写真は「第4回宮城県上工下水一体官民連携運営検討会」(2018年3月22日)です。
180322_blog.jpg
女川原発の県検討会が第19回は8月30日―審査は最終盤です。傍聴を![2019年08月03日(Sat)]
 宮城県の女川原発2号機の安全性に関する検討会が次の第19回会合は8月30日と告知されました。
 原子力規制委員会の新規制基準に対する適合性審査は最終盤に入っています。
 傍聴を!

190830_blog.jpg
第18回女川原子力発電所2号機の安全性に関する検討会[2019年08月02日(Fri)]
 第18回女川原子力発電所2号機の安全性に関する検討会が、パレス宮城野で開催されました。
 重大事故対策(放射性物質の拡散抑制等、炉心損傷防止)、耐津波設計方針などが説明されました。
 前回の会議で委員から、地震の影響を受けたプラントとしてどのような審査・評価が行われたのかという問題提起があり、原子力規制委員会に照会した結果が報告されました。
 損傷により修理した箇所、交換した設備を明らかにするには、独自の取り組みが必要のようです。

 国民の利益を守る立場に確固として立つ人が信念を貫いて、権力者に「面従腹背」の態度をとっていたら、心の中で拍手を送ります。
 今日は、その逆を目にしたようです。

190802_a_blog.jpg
検索
検索語句
最新記事
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
タグクラウド
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/renn/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/renn/index2_0.xml