CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
中嶋れん(日本共産党 宮城県議会議員)のブログ
宮城県議会 環境生活農林水産委員。
      障がい児・者福祉調査特別委員会 副委員長。
      「脱原発をめざす宮城県議の会」副会長。
自閉症児の親の会会長。
青森県むつ市大畑町生まれ。青森高校卒(音楽部、将棋同好会に参加)。
東北大学理学部物理学科卒(東北大学男声合唱団に参加)。

「戦争する国」No! 女川原発の再稼働中止 「人間の復興」を追求。
ライフワークは「障害のある人が生きやすい社会をめざす」。
日本国憲法の全面実施をめざす日本共産党に共感、入党して44年に。
« 2016年07月 | Main | 2016年09月 »
プロフィール

中嶋廉のブログさんの画像
中嶋廉のブログ
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
QRコード
建設中の石炭火力発電所=仙台パワーステーションは、旧い技術方式で大量の温暖化ガスを排出する計画です[2016年08月19日(Fri)]
 きょう宮城県の環境対策課に、石炭火力発電所、仙台パワーステーションの事業計画に関する資料を要求しました。
 気候ネットワークの情報開示請求に対して、事業者が硬直的な対応をして、肝心の技術方式や環境汚染物質排出計画等が黒塗りにされていたことが問題になっていたからです。
 提出された資料を見ると、懸念していたとおりで、亜臨界圧の旧い技術方式が採用され、温暖化ガスを大量に発生させる計画になっています。

 資料のダウンロードはこちらから→160819.pdf

 気候ネットワークのプレスリリースは参考になります。
 アドレスはこちら
 →http://www.kikonet.org/info/press-release/2016-07-15/small-coal-projects-without-eia
16819.jpg
















 この問題は、2月25日、宮城県議会本会議の一般質問で取り上げました。質問はいかのとおりです。ご参考までに。
   ◇   ◇   ◇
 大綱四点目は、CO2削減と再生可能エネルギーの開発普及についてです。
 昨年十一月二十六日、環境省が二〇一四年度の温室効果ガス排出量速報値を公表し、前年度と比べて三%減少したことが大変話題を集めました。二〇一四年度というのは日本のすべての原発が停止していた期間に当たり、脱原発と温室効果ガス削減が両立することが事実で示されたからです。その要因は、省エネの進展、再生可能エネルギーの普及、火力については、CO2が石油や石炭よりも少ない天然ガス火力の割合がふえたこと、この要因は、私たちの今後の努力方向を示すものにもなっています。十二月十三日、地球温暖化対策の新たな枠組みであるパリ協定が採択され、政府が温室効果ガス排出総量の削減目標を定め、誠実にその達成を目指すことが問われています。県は、二〇一四年一月、新たな宮城県の温室効果ガス排出削減に関する実行計画を策定していますが、目標が低いのではないかという指摘があります。もともと県は二〇一七年度に計画の見直しを予定していましたが、パリ協定を踏まえて、新たな対応を考えなければならなくなっています。
 そこで、提案いたします。主な県内事業所に温室効果ガス排出の状況と排出抑制計画の提出を求める計画書制度を導入してはいかがでしょうか。オフィスや商業施設など、数多くある民生業務用施設での温暖化対策に有効です。
 また、省エネ、森林の保護と拡大、省エネ家電の普及、断熱対策の進めなど、個々の対策に数値目標を持つようにし、そのことを通じて計画の達成を担保しつつ、全体の目標を引き上げることを提案したいのですが、お答えください。
 東北では、石炭火力発電所の新設計画が相次いでいます。原発がなくても電気は十分なのに、既存の電力会社がコストの安い石炭火力でもうけをふやそうとしているからです。一方、四月からの電力小売自由化を前に、参入を目指す企業が石炭火力を新設する動きもあります。関西電力と伊藤忠商事による仙台パワーステーションの計画は、法律で環境アセスを義務づけられている十一・二五万キロワットをぎりぎりで下回る十一・二万キロワットで、これはアセス逃れそのものです。
 そこで、小規模の石炭火力発電所に環境アセスを求める県条例の制定など、ルールづくりを検討していただきたいのですが、いかがでしょうか。

検索
検索語句
最新記事
<< 2016年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
タグクラウド
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/renn/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/renn/index2_0.xml