CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
中嶋れん(日本共産党 宮城県議会議員)のブログ
宮城県議会 環境生活農林水産委員。
      障がい児・者福祉調査特別委員会 副委員長。
      「脱原発をめざす宮城県議の会」副会長。
自閉症児の親の会会長。
青森県むつ市大畑町生まれ。青森高校卒(音楽部、将棋同好会に参加)。
東北大学理学部物理学科卒(東北大学男声合唱団に参加)。

「戦争する国」No! 女川原発の再稼働中止 「人間の復興」を追求。
ライフワークは「障害のある人が生きやすい社会をめざす」。
日本国憲法の全面実施をめざす日本共産党に共感、入党して44年に。
«  +憲法 | Main | ●女川原発 »
プロフィール

中嶋廉のブログさんの画像
中嶋廉のブログ
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
QRコード
第90回メーデー宮城県中央集会に参加。[2019年05月01日(Wed)]
 第90回メーデー宮城県中央集会は仙台市役所前の市民御広場で開催され、130団体、1300人が参加しました。日本共産党を代表して高橋千鶴子・衆議院議員があいさつしました。
 宮城県教職員組合から、教師不足で特別支援学級の担任が配置されていない学級があると、驚くべき発言がありました。産休・育休の代替教師の未配置が常態化しています。近年は、そもそも教育委員会が配当した定数どおりに教職員を年度初めに配置できず、年度末まで続くという事態が起こっています。障がいのある児童生徒にそれがしわ寄せされているのであれば、障がい者差別そのものです。

190501_c_blog.jpg












190501_d_blog.jpg
上野千鶴子さんの祝辞を記録しておく。[2019年04月13日(Sat)]
平成31年度東京大学学部入学式 祝辞
平成31年4月12日
認定NPO法人 ウィメンズ アクション ネットワーク理事長
上野 千鶴子

 ご入学おめでとうございます。あなたたちは激烈な競争を勝ち抜いてこの場に来ることができました。

女子学生の置かれている現実

 その選抜試験が公正なものであることをあなたたちは疑っておられないと思います。もし不公正であれば、怒りが湧くでしょう。が、しかし、昨年、東京医科大不正入試問題が発覚し、女子学生と浪人生に差別があることが判明しました。文科省が全国81の医科大・医学部の全数調査を実施したところ、女子学生の入りにくさ、すなわち女子学生の合格率に対する男子学生の合格率は平均1.2倍と出ました。問題の東医大は1.29、最高が順天堂大の1.67、上位には昭和大、日本大、慶応大などの私学が並んでいます。1.0よりも低い、すなわち女子学生の方が入りやすい大学には鳥取大、島根大、徳島大、弘前大などの地方国立大医学部が並んでいます。ちなみに東京大学理科3類は1.03、平均よりは低いですが1.0よりは高い、この数字をどう読み解けばよいでしょうか。統計は大事です、それをもとに考察が成り立つのですから。

 女子学生が男子学生より合格しにくいのは、男子受験生の成績の方がよいからでしょうか?全国医学部調査結果を公表した文科省の担当者が、こんなコメントを述べています。「男子優位の学部、学科は他に見当たらず、理工系も文系も女子が優位な場合が多い」。ということは、医学部を除く他学部では、女子の入りにくさは1以下であること、医学部が1を越えていることには、なんらかの説明が要ることを意味します。

 事実、各種のデータが、女子受験生の偏差値の方が男子受験生より高いことを証明しています。まず第1に女子学生は浪人を避けるために余裕を持って受験先を決める傾向があります。第2に東京大学入学者の女性比率は長期にわたって「2割の壁」を越えません。今年度に至っては18.1%と前年度を下回りました。統計的には偏差値の正規分布に男女差はありませんから、男子学生以上に優秀な女子学生が東大を受験していることになります。第3に、4年制大学進学率そのものに性別によるギャップがあります。2016年度の学校基本調査によれば4年制大学進学率は男子55.6%、女子48.2%と7ポイントもの差があります。この差は成績の差ではありません。「息子は大学まで、娘は短大まで」でよいと考える親の性差別の結果です。

 最近ノーベル平和賞受賞者のマララ・ユスフザイさんが日本を訪れて「女子教育」の必要性を訴えました。それはパキスタンにとっては重要だが、日本には無関係でしょうか。「どうせ女の子だし」「しょせん女の子だから」と水をかけ、足を引っ張ることを、aspirationのcooling downすなわち意欲の冷却効果と言います。マララさんのお父さんは、「どうやって娘を育てたか」と訊かれて、「娘の翼を折らないようにしてきた」と答えました。そのとおり、多くの娘たちは、子どもなら誰でも持っている翼を折られてきたのです。

 そうやって東大に頑張って進学した男女学生を待っているのは、どんな環境でしょうか。他大学との合コン(合同コンパ)で東大の男子学生はもてます。東大の女子学生からはこんな話を聞きました。「キミ、どこの大学?」と訊かれたら、「東京、の、大学...」と答えるのだそうです。なぜかといえば「東大」といえば、退かれるから、だそうです。なぜ男子学生は東大生であることに誇りが持てるのに、女子学生は答えに躊躇するのでしょうか。なぜなら、男性の価値と成績のよさは一致しているのに、女性の価値と成績のよさとのあいだには、ねじれがあるからです。女子は子どものときから「かわいい」ことを期待されます。ところで「かわいい」とはどんな価値でしょうか?愛される、選ばれる、守ってもらえる価値には、相手を絶対におびやかさないという保証が含まれています。だから女子は、自分が成績がいいことや、東大生であることを隠そうとするのです。

 東大工学部と大学院の男子学生5人が、私大の女子学生を集団で性的に凌辱した事件がありました。加害者の男子学生は3人が退学、2人が停学処分を受けました。この事件をモデルにして姫野カオルコさんという作家が『彼女は頭が悪いから』という小説を書き、昨年それをテーマに学内でシンポジウムが開かれました。「彼女は頭が悪いから」というのは、取り調べの過程で、実際に加害者の男子学生が口にしたコトバだそうです。この作品を読めば、東大の男子学生が社会からどんな目で見られているかがわかります。

 東大には今でも東大女子が実質的に入れず、他大学の女子のみに参加を認める男子サークルがあると聞きました。わたしが学生だった半世紀前にも同じようなサークルがありました。それが半世紀後の今日も続いているとは驚きです。この3月に東京大学男女共同参画担当理事・副学長名で、女子学生排除は「東大憲章」が唱える平等の理念に反すると警告を発しました。

 これまであなたたちが過ごしてきた学校は、タテマエ平等の社会でした。偏差値競争に男女別はありません。ですが、大学に入る時点ですでに隠れた性差別が始まっています。社会に出れば、もっとあからさまな性差別が横行しています。東京大学もまた、残念ながらその例のひとつです。
学部においておよそ20%の女子学生比率は、大学院になると修士課程で25%、博士課程で30.7%になります。その先、研究職となると、助教の女性比率は18.2、准教授で11.6、教授職で7.8%と低下します。これは国会議員の女性比率より低い数字です。女性学部長・研究科長は15人のうち1人、歴代総長には女性はいません。

女性学のパイオニアとして

 こういうことを研究する学問が40年前に生まれました。女性学という学問です。のちにジェンダー研究と呼ばれるようになりました。私が学生だったころ、女性学という学問はこの世にありませんでした。なかったから、作りました。女性学は大学の外で生まれて、大学の中に参入しました。4半世紀前、私が東京大学に赴任したとき、私は文学部で3人目の女性教員でした。そして女性学を教壇で教える立場に立ちました。女性学を始めてみたら、世の中は解かれていない謎だらけでした。どうして男は仕事で女は家事、って決まっているの?主婦ってなあに、何する人?ナプキンやタンポンがなかった時代には、月経用品は何を使っていたの?日本の歴史に同性愛者はいたの?...誰も調べたことがなかったから、先行研究というものがありません。ですから何をやってもその分野のパイオニア、第1人者になれたのです。今日東京大学では、主婦の研究でも、少女マンガの研究でもセクシュアリティの研究でも学位がとれますが、それは私たちが新しい分野に取り組んで、闘ってきたからです。そして私を突き動かしてきたのは、あくことなき好奇心と、社会の不公正に対する怒りでした。

 学問にもベンチャーがあります。衰退していく学問に対して、あたらしく勃興していく学問があります。女性学はベンチャーでした。女性学にかぎらず、環境学、情報学、障害学などさまざまな新しい分野が生まれました。時代の変化がそれを求めたからです。

変化と多様性に拓かれた大学

 言っておきますが、東京大学は変化と多様性に拓かれた大学です。わたしのような者を採用し、この場に立たせたことがその証です。東大には、国立大学初の在日韓国人教授、姜尚中さんもいましたし、国立大学初の高卒の教授、安藤忠雄さんもいました。また盲ろうあ三重の障害者である教授、福島智さんもいらっしゃいます。

 あなたたちは選抜されてここに来ました。東大生ひとりあたりにかかる国費負担は年間500万円と言われています。これから4年間すばらしい教育学習環境があなたたちを待っています。そのすばらしさは、ここで教えた経験のある私が請け合います。

 あなたたちはがんばれば報われる、と思ってここまで来たはずです。ですが、冒頭で不正入試に触れたとおり、がんばってもそれが公正に報われない社会があなたたちを待っています。そしてがんばったら報われるとあなたがたが思えることそのものが、あなたがたの努力の成果ではなく、環境のおかげだったこと忘れないようにしてください。あなたたちが今日「がんばったら報われる」と思えるのは、これまであなたたちの周囲の環境が、あなたたちを励まし、背を押し、手を持ってひきあげ、やりとげたことを評価してほめてくれたからこそです。世の中には、がんばっても報われないひと、がんばろうにもがんばれないひと、がんばりすぎて心と体をこわしたひと...たちがいます。がんばる前から、「しょせんおまえなんか」「どうせわたしなんて」とがんばる意欲をくじかれるひとたちもいます。

 あなたたちのがんばりを、どうぞ自分が勝ち抜くためだけに使わないでください。恵まれた環境と恵まれた能力とを、恵まれないひとびとを貶めるためにではなく、そういうひとびとを助けるために使ってください。そして強がらず、自分の弱さを認め、支え合って生きてください。女性学を生んだのはフェミニズムという女性運動ですが、フェミニズムはけっして女も男のようにふるまいたいとか、弱者が強者になりたいという思想ではありません。フェミニズムは弱者が弱者のままで尊重されることを求める思想です。

東京大学で学ぶ価値

 あなた方を待ち受けているのは、これまでのセオリーが当てはまらない、予測不可能な未知の世界です。これまであなた方は正解のある知を求めてきました。これからあなた方を待っているのは、正解のない問いに満ちた世界です。学内に多様性がなぜ必要かと言えば、新しい価値とはシステムとシステムのあいだ、異文化が摩擦するところに生まれるからです。学内にとどまる必要はありません。東大には海外留学や国際交流、国内の地域課題の解決に関わる活動をサポートする仕組みもあります。未知を求めて、よその世界にも飛び出してください。異文化を怖れる必要はありません。人間が生きているところでなら、どこでも生きていけます。あなた方には、東大ブランドがまったく通用しない世界でも、どんな環境でも、どんな世界でも、たとえ難民になってでも、生きていける知を身につけてもらいたい。大学で学ぶ価値とは、すでにある知を身につけることではなく、これまで誰も見たことのない知を生み出すための知を身に付けることだと、わたしは確信しています。知を生み出す知を、メタ知識といいます。そのメタ知識を学生に身につけてもらうことこそが、大学の使命です。ようこそ、東京大学へ。


●上野千鶴子さんの祝辞右矢印1動画はこちら
宮城県生協連と懇談しました。[2019年01月19日(Sat)]
 宮城県生協連は毎年、県内の各政党と懇談しています。日本共産党には、きょう午前9時からの懇談の案内があり、遠藤いく子県議団長(党中央委員、県副委員長)、ふなやま由美・党県常任委員(参院選宮城選挙区予定候補)、嵯峨サダ子仙台市議団長、福島かずえ県議、大内真理県議、そして私の6人が参加しました。
 震災被災者支援や貧困対策、安心して暮らすための地域づくり、消費者の暮らしを守るための取り組みなど、宮城県生協連から日頃の活動の報告があり、「古今東北」のプロジェクトで開発した新たな地場産品を紹介していただきました。
 私は、みやぎ生協が2年前から乗り出した電気事業について質問しました。再生可能エネルギーの普及をめざす「運動と提案」が、生協の利用と事業への結集を進め、スイッチングを増やしていくうえでカギになっていると思われます。
 被災者生活再建支援制度の拡充をめざす取り組み、消費税の10%への引き上げストップを訴えている活動などについての質問も出されました。
 アッという間に時間が過ぎてしまいました。

190119_seikyou1_blog.jpg
仕事始めの日です。出勤するみなさまに、宮城県庁・仙台市役所前で、今年の活動への決意を述べながら、ご挨拶いたしました。[2019年01月04日(Fri)]
 仕事始めの日です。宮城県庁・仙台市役所の近くの交差点前で、出勤するみなさまに今年の活動への決意を述べながら、ご挨拶いたしました。仙台市選出の宮城県議会議員と、遠藤いく子・党県議団長とバトンタッチする金田基(もとる)さんが一緒です。
 私の誕生日でもあります。お祝いをいただき、ありがとうございます。元気に活動できることが幸せです。今年のご支援をよろしくお願いいたします。

190104_a_blog.jpg

















190104_b_blog.jpg
初売で賑わう商店街で、総勢14人で2019年の政治革新の事業に臨む決意を訴えました。[2019年01月02日(Wed)]
 恒例の仙台初売の日です。若橋千鶴子・衆議院議員、岩渕友・参議院議員、ふなやま由美・参院宮城選挙区予定候補と、宮城県議団、仙台市議団・予定候補が揃って、年頭にあたっての決意を述べました。今日の参加は総勢14人で、賑やかに元気よく訴えました。

190102_nakajima_blog.JPG
















190102_furukubo_blog.JPG



















190102_e_blog.jpg
八乙女駅前で、今年の最後の議会報告。2019年は1月4日から。[2018年12月25日(Tue)]
181225.JPG
こどもの安全と平和を想う「みやぎ夢燈花」ー学校の安全と障害者への理解と支援を想いつつ参加しました。[2018年09月15日(Sat)]
 泉区南中山小学校で15日16時から開催された「みやぎ夢燈花2018」に参加しました。
 大阪教育大学附属池田小学校で、乱入した刃物を持った男により児童8人が亡くなり、教師を含む15人が重軽傷を負った事件がありました(2001年6月8日)。この事件を想いおこしながら、子どもの安全と平和を語り合い、ともに願うという、とても貴重な取り組みです。

 文教警察委員会の県外調査で8月1日、大阪教育大学の学校危機メンタルサポートセンターを訪れる機会がありました。このセンターは、附属池田小学校事件の被害者とその弟妹などにメンタルサポートを続けるとともに、学校安全の研修などで全国的な拠点の役割を果たし、セーフティプロモーションスクール(SPS)の考え方を提案しています。その考え方には大いに共感するものがあり、『学校保健 学校安全 ハンドブック』に記載するなど、もっと普及されていいのではないかと思いました。

 東日本大震災の後、附属池田小学校事件を想いおこしながら、『障害者の非行・触法行為の手続きと支援』をテーマにしたシンポジウムを開催したことがあります(2013年4月6日、仙台弁護士会館)。
 このシンポジウムを企画したのは、前年の2012年7月30日、発達障害の特性があまり理解されないまま裁判員裁判が行われ、大阪地裁が出所後の受け皿がないことを理由に、求刑の16年を上回る20年の懲役刑を言い渡するという、人権に反する判決を下したことが直接の理由でした。
 障害のある人が、非行や触法行為をおかした場合、障害の特性を適切に把握して司法手続きが行われ、当事者の更生・社会復帰が進むこと、家族にも適切な支援が行われることを願い続けていました。
 障害のある人が少年院、刑務所などの矯正施設を退所する際に福祉サービスにつなげるという新たな手続きが導入され、その任に当たる「地域生活定着支援センター」が、宮城県では全国で11番目に2010年に開設されていますが、まだ歴史が浅く、よく知られていませんでした。
 犯罪加害者の家族は、不当な攻撃や偏見にさらされることがあります。障害のある人が触法行為を犯した場合は、とくに家族の障害特性理解と支援が重要です。
 このシンポジウムは、非行や触法行為があった場合、どのような手続きをたどるのか、本人と家族はどこに相談したらよいか、どんな支援をどこで受けることができるか、関係する情報を普及し学ぶために企画したものです。  
 
180915_d.JPG
















180915_a.jpg
















180915_c.jpg
泉区役所前で第33回反核平和マラソンの出発式に参加しました[2018年06月24日(Sun)]
 泉区役所前で行われた宮城県の「反核平和マラソン」の出発式に参加し、選手のみなさんを激励しました。仙台市青葉区の錦町公園まで約8kmを走りました。
 反核平和マラソンは、競争ではなく、核兵器廃絶をアピールするランナーの取り組みで、今年で33回目。4月から11月まで、開催時期はまちまちですが、今年は20都道府県で開催される予定です。
 一年前に国連総会で核兵器禁止条約が採択され、米朝首脳会談が朝鮮半島の非核化を打ち出すという大きな変化がありました。核兵器は人類と共存できない「絶対悪」であることを訴え続けた被爆者の運動、それと連帯して粘り強く続けられている各分野の反核平和運動こそ、その原動力です。生まれている前向きの変化をより確実なものにするために、「取り組みの継続」を呼びかけました。

180624_blog.JPG
















180624_aablog.jpg
















180624_a_blo.JPG

宮城県美術館で「林明子 原画展」が5月27日まで行われています。[2018年04月19日(Thu)]
 無性に音楽や絵画がほしくなることがあります。そんな時は、無理をしないで、まずは「発作」を抑えるのが一番。宮城県美術館で「林明子 原画展」が行われていたので4月11日、一時間だけですが、のぞいてみました。
 「おふろ だいすき」など、子どもによく読んであげた絵本の原画がたくさん、それに創作に関わるエピソードが展示されています。
 期間は5月27日まで。もう一度、行きたいなあ。

180411_ablog.jpg















180411_bblog.jpg















1523427905475.jpg
2018年の決意を述べて、仕事始めの日に早朝宣伝[2018年01月04日(Thu)]
 今日は2018年の仕事始めの日です。8時から、宮城県庁をはじめ仕事始めに向かう人々に年頭のごあいさつをいたしました。仙台市内選出の遠藤いく子県議団長、大内真理議員、角野達也議員がいっしょです。
 私は、復興の遅れと歪みが表面化している被災地において生業・住宅・生活を一体で再建する地域課題に立ち向かう県政をつくること、女川原発の再稼働に関する県民的議論を起こす決意、不登校日本一を続けている宮城県の教育への問題意識を述べました。
 遠藤いく子・党宮城県議団長は、宮城県議会で他会派といっしょに予算要求を提出するなどの共同が進展していることを述べ、市民と野党の共同をますます発展させる決意を述べました。

 今日は私の誕生日です。65歳になりました。
 父は特定郵便局で電報を担当していました。漁業の町で、年賀電報の取り扱いで大忙しの時期ですが、出勤を遅らせて父が待ちわびるなか、朝8時30分頃に生まれたと母から教えられました。

180104_blog.jpg
恒例の初売り宣伝、賑わう仙台市中心部で[2018年01月02日(Tue)]
 景品が豪華なことで知られる仙台初売りは、伝統文化と言ってよい恒例行事です。賑わう仙台市中心部で、恒例の初売り宣伝をしました。
 高橋ちづ子衆院議員、岩淵友参院議員、ふなやま由美前仙台市議、党宮城県議団の仙台選出議員、党仙台市議団がマイクをリレーして訴えました。
 私は、女川原発2号機に原子力規制委員会が「合格」を出し、再稼働の可否が宮城県政の焦点になる可能性が高いことをお話しして、重要な判断材料を共有して県民投票も含めて県民の合意で再稼働の可否を決めることを呼びかけました。

180102_a_blog.JPG




















180102_c_blog.jpg















180102_b_blog.JPG
第54回「しんぶん赤旗」囲碁・将棋宮城県大会を観戦し、主催者代表で開会のあいさつ[2017年09月17日(Sun)]
 みなさん、おはようございます。宮城県議会議員の中嶋廉でございます。
 囲碁も将棋も大好きです。腕前はヘボですが、高校生の時に県大会に出場したことがあります。

 「しんぶん赤旗」は、プロ棋戦である新人王戦と、アマチュアの全国囲碁・将棋大会の2つを主催しています。
 プロ棋戦の新人王戦は、新人王をとった棋士は、囲碁では井山裕太さん、将棋では羽生善治さんなど、のちにタイトルホルダーになることが非常に多く、「若手棋士の登竜門」と言われています。
 今日みなさんが参加している全国囲碁・将棋大会は、1963年が最初です。日本の伝統文化である囲碁・将棋の普及・発展に寄与すること、そして囲碁・将棋を愛好するみなさまの交流や結びつきを広げる場として、日本棋院や日本将棋連盟はじめ関係団体のご協力をいただき開催しております。毎年一万人を超える人々に参加していただき、半世紀を超えて開催されている屈指の大会になっています。
 東日本大震災の2011年は、日本共産党は党を挙げて被災者の支援に取り組んだので、この年に1回だけお休みしましたが、今回で第54回になります。

 この県大会の優勝者は、11月11日と12日に行われる全国大会の出場資格を持ちます。全国大会で優勝して「赤旗名人」になれば、囲碁ではプロ棋士の新人王と記念対局することができます。将棋ではプロ棋戦の新人王戦に出場することができます。昨年の赤旗名人の横山大樹さん(北海道)は、新人王戦の一回戦でプロ棋士に勝ち、二回戦でいま注目を集めている藤井聡太四段との対戦を実現させて、話題を集めました。
 本日の県大会の前に3カ所で地区大会が行われ、将棋は51人、囲碁は40人が参加しました。本日の県大会には、囲碁・将棋、合わせて31人に参加していただいています。
 名人戦、B級戦とも、優勝、準優勝、第三位の方に賞状のほか、トロフィーと盾が副賞として贈られます。

 きょうは、まず楽しんでください。
 ひそかに目標をもっている参加している人、腕に覚えがある人は、どうぞ上をめざして頑張ってください。
 言うまでもないことですが、二歩を打ったり、劫立てを打たないで劫を取り返したりすると、反則負けになりますから、そこだけはくれぐれもご注意ください。
 末永く囲碁・将棋を愛好していただき、みなさまが囲碁・将棋を通じて良い出会いに恵まれることを願っております。私どもは今後も囲碁・将棋の普及とよい交流が進むようにつとめてまいります。

170917_bloga.JPG











170917_blog.JPG

今年の仙台七夕は格別ー核兵器禁止の願い、そして伊達政宗公生誕450周年[2017年08月07日(Mon)]
 きょうは、せっかくの仙台七夕の日なのに、会議が3つも連続した。昼休みの移動時間、10分間だけ仙台市の中央道理商店街をくぐり抜けた。
 各地から訪れている観光客が、平和七夕の前で足を止めていた。7月7日に核兵器禁止条約が国連で採択されて初めての七夕祭りだ。「平和を祈る七夕 市民のつどい」(油谷重雄代表)の人たちが、折り鶴を糸に通して七夕飾りをつくり、「核兵器の廃絶」を問いかける取り組みを始めたのは42年前で、当時の金物店の店主のご尽力で商店街の人たちに受け入れていただいた。仙台に飾られた折り鶴は、1982年の国連第2回軍縮特別総会(SSD2)に届けられた。もともと七夕は、五穀豊穣と平和を祈る行事だが、被ばく者と連帯した草の根の市民運動がとうとう国際条約に結実したことをあらためて噛みしめた。
 七夕飾りに、今年が仙台藩の礎を築いた伊達政宗公生誕450周年であることをアピールするものがあった。NHKの大河ドラマ「真田丸」で、大坂夏の陣を前にした真田幸村が娘の阿梅姫を伊達政宗の家臣、片倉小十郎に託す場面が登場した。「英雄は英雄を知る」と、伊達家と真田家を描いた短冊が風に揺れていた。
 今年の仙台七夕は、「今年だけ」が二つもある、格別の七夕祭りだ。

170807_blog_a.JPG











170807_blog_b.JPG












170807_blog_d.JPG











170807_blog_e.JPG

















170807_blog_c.JPG
環水平アーク みちのく公園から見上げました[2017年05月06日(Sat)]
 5月5日の11時頃、みちのく公園から南の空を見上げたら、雲が虹色に輝いて見えました。これが環水平アーク。
 太陽高度が高い時にも発生することはあると聞いていましたが、珍しいので撮影していました。随分話題になっていますね。

170505_arc.JPG
















170505_a.JPG


















170505.JPG
「ぼくは写真で世界とつながる」ー自閉症の青年を描いたドキュメンタリー映画が仙台で上映されます[2016年09月19日(Mon)]
 自閉症の青年を描いたドキュメンタリー映画「ぼくは写真で世界とつながる」が仙台であいついで上映されます。お薦めします。

■10月31日(月) 仙台市福祉プラザ2階 ふれあいホールにて
 10:30/13:30/18:00 開映 
 入場料 前売1000円/当日1200円/高校生・大学生800円
 各回の上映後に、映画を制作した貞末麻哉子さんのミニトークがあります。
 <主催>社会福祉法人 なのはな会 なのはな後援会
     問合せ:022-275-3878

■11月 5日(土)せんだいメディアテーク 7階 スタジオシアターにて
  14:30 開映/18:30 開映 (開場30分前)
 入場料 前売1000円 (電話予約可) / 当日 1200円
 ※映画を制作した貞末麻哉子さんによるトークと、特別ゲストに山本純氏(仙台フィルハーモニー管弦楽団チェリスト)を迎え、音楽を担当したchiharuさんのミニライブがあります。
 <主催>「ぼくは写真で世界とつながる」を仙台で上映する会
     問合&予約 マザーバード 03-6913-5591 

●「ぼくは写真で世界とつながる〜米田祐二22歳」の公式サイトはこちらです
 →http://www.motherbird.net/~bokutuna/

161105_a.jpg













161105_b.jpg
| 次へ
検索
検索語句
最新記事
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
タグクラウド
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/renn/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/renn/index2_0.xml