CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
中嶋れん(日本共産党 宮城県議会議員)のブログ
宮城県議会 環境生活農林水産委員。
      障がい児・者福祉調査特別委員会 副委員長。
      「脱原発をめざす宮城県議の会」副会長。
自閉症児の親の会会長。
青森県むつ市大畑町生まれ。青森高校卒(音楽部、将棋同好会に参加)。
東北大学理学部物理学科卒(東北大学男声合唱団に参加)。

「戦争する国」No! 女川原発の再稼働中止 「人間の復興」を追求。
ライフワークは「障害のある人が生きやすい社会をめざす」。
日本国憲法の全面実施をめざす日本共産党に共感、入党して44年に。
«  +議会改革 | Main |  +ILCの検証 »
プロフィール

中嶋廉のブログさんの画像
中嶋廉のブログ
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
QRコード
「失うだけの日米FTA」−鈴木宣弘さんの講演 公開されている動画 必見です[2019年04月30日(Tue)]
 「TPPプラスを許さない!全国共同行動」が4月23日、国会内で第12回目の行動を行い、院内集会で東京大学大学院教授の鈴木宣弘氏が「失うだけの日米FTA」と題して講演しました。日米FTAをTAGとごまかす安倍政権の幼児的ウソはもちろん、輸入価格が低下した場合の輸入の増大が事前予測を上回っていることなど、新しい知見がいくつも紹介されています。

●お薦めです右矢印1ユーチューブで公開されている講演の動画です。

●資料(1)右矢印1190423 失うだけの日米FTA(1).pdf
●資料(2)右矢印1190423 失うだけの日米FTA(2).pdf
●資料(3)右矢印1190423 失うだけの日米FTA(3).pdf
●資料(4)右矢印1190423 失うだけの日米FTA(4).pdf
●資料(5)右矢印1190423 失うだけの日米FTA(5).pdf

190423_blog.jpg
TPPに関するファクトシート(アメリカ政府の概要説明)−安倍政権のウソが透けて見えます。[2019年04月19日(Fri)]
The TRANS-PACIFIC PARTNERSHIP
https://ustr.gov/sites/default/files/TPP-Overall-US-Benefits-Fact-Sheet.pdf

「環太平洋戦略的協定」(*米政府のTPPに関するファクトシート(概要説明))

The Trans-Pacific Partnership (TPP) is a new, high-standard trade agreement that levels the playing field for American workers and American businesses, supporting more Made-in-America exports and higher-paying American jobs. By eliminating over 18,000 taxes – in the form of tariffs – that various countries put on Made-in-America products, TPP makes sure our farmers, ranchers, manufacturers, and small businesses can compete – and win – in some of the fastest-growing markets in the world. With more than 95 percent of the world’s consumers living outside our borders, TPP will significantly expand the export of Made-in-America goods and services and support American jobs.

環太平洋戦略的協定(TPP)は、米国の労働者と企業が公平な活躍ができるよう貿易分野を改革して、米国製品の輸出を拡大し、米国民の収入を増やすよう後押しする新しい高基準貿易協定です。TPPは諸外国が米国製品にかけている18,000以上の個別輸入関税を撤廃するので、世界で最も急激に成長する市場のいくつかにおいて、わが国の農家、酪農家、製造者、小企業は、競争に参入し、そして勝つことができるのです。世界の消費者のうち95%以上は海外に居住していますが、TPPによって米国製品とサービスの輸出は大幅に拡大して、米国民の職を確保するでしょう。

Overall U.S. Benefits
「米国の総体的利益」

TPP ELIMINATES OVER 18,000 DIFFERENT TAXES ON ‘MADE-IN-AMERICA’ EXPORTS  TPPは米国産製品輸出にかかる18,000以上の個別関税を撤廃する

TPP levels the playing field for American workers and American businesses by eliminating over 18,000 taxes that various countries impose on Made-in-America exports, providing unprecedented access to vital new markets in the Asia-Pacific region for U.S. workers, businesses, farmers, and ranchers. For example, TPP will eliminate and reduce import taxes – or tariffs – on the following Made-in-America exports to TPP countries:

TPPは諸外国が米国製品へ課税している18,000を超える関税を撤廃し、米国の労働者と企業に公平な活躍の場をもたらし、米国人労働者と企業、農家や酪農家が、アジア・環太平洋地域の非常に重要な市場へ新規参入できるようにします。たとえばTPP加入国による米国製品への関税は、以下のように減税または撤廃されます。

U.S. manufactured products: TPP eliminates import taxes on every Made- in-America manufactured product that the U.S. exports to TPP countries. For example, TPP eliminates import taxes as high as 59 percent on U.S. machinery products exports to TPP countries. In 2014, the U.S. exported $56 billion in machinery products to TPP countries.

米国製工業製品:TPP加盟国への輸出に課せられている米国製工業製品の輸入関税をすべて撤廃します。たとえば、TPP加盟国への米国製機械製品の輸出にかかっている最大59%の輸入関税を撤廃します。2014年に、米国はTPP加盟国に560億ドルの機械製品を輸出しています。

U.S. automotive products: TPP eliminates import taxes as high as 70 percent on U.S. automotive products exports to TPP countries. In 2014, the U.S. exported $89 billion in automotive products to TPP countries. Right now, car engines manufactured in Michigan face tariffs up to 55 percent in TPP countries. Thanks to TPP, those taxes will drop to zero. As part of TPP, we have also reached agreement with Japan to remove the non-tariff barriers that have kept U.S.-made autos, trucks and parts out of that important market.

米国製の自動車製品: TPP加盟国が米国製自動車製品にかけている、最高70%の関税(*ベトナム)を撤廃します。2014年には890億ドルの自動車製品が、TPP加入国へ輸出されています。現在、ミシガン州で製造された自動車エンジンには、TPP加盟国では最高55%が課税されています。TPPのおかげで、これらの税はすべてゼロに引き下げらるでしょう。またTPPの中で、重要な市場である日本が、米国製自動車、トラック、その部品を排除してきた非関税障壁についても撤廃すると、わが国と合意しています。

U.S. information and communication technology products: TPP eliminates import taxes as high as 35 percent on U.S. information and communication technology exports to TPP countries. In 2014, the U.S. exported $36 billion in information and communication technology products to TPP countries – which include, for example, devices, including smart phones; and equipment, including routers and computers.

米国製情報・通信技術製品: TPPは、加盟国への米国製情報・通信技術製品の輸出にかかる最高35%の関税を撤廃します。2014年には、米国はTPP加盟国へ スマートフォンなどのデバイスと、ルーター、コンピュターといった機器を含む、情報・通信技術製品を360億ドル分輸出しています。

U.S. agriculture products: TPP cuts import taxes on Made-in-America agricultural exports to TPP countries. Key tax cuts in the agreement will help American farmers and ranchers by expanding their exports, which provide roughly 20 percent of all farm income in the United States. For example, TPP will eliminate import taxes as high as 40 percent on U.S. poultry products, 35 percent on soybeans, and 40 percent on fruit exports. Most U.S. farm product exports will receive duty-free treatment immediately; over 50 percent of U.S. farm products (by value) will enter Japan duty free once the agreement is implemented.

米国産農産物:TPPは加盟国が米国産農産物にかけている関税を引き下げます。TPP合意で主要な関税が引き下げられ、米国の農家と酪農家の製品輸出は拡大して、その額は米国の農場の全収入のおよそ20%に及ぶでしょう。たとえば、米国産鶏肉製品に対する最高40%、大豆製品に対する最高35%、フルーツに対する最高40%の関税は、TPPによって撤廃されるでしょう。協定が施行されると、米国産農産物の輸出品の大部分が、すぐに免税扱いとなるでしょう。(金額ベースで見ると)日本が輸入する米国産農産物の50%以上から、すみやかに関税が免除されることになります。

Poultry: American farmers exported $2.7 billion to TPP countries in 2014, despite significant barriers. These include tariffs of 20 percent on American poultry to Vietnam, whether it’s from Arkansas or Delaware. TPP eliminates those tariffs.

鶏肉:2014年、著しく高い貿易障壁にもかかわらず、米国農家はTPP加盟国に270億ドルを輸出をしました。この中には、ベトナムから20%の関税をかけられた、アーカンサス州やデラウエア州産の鶏肉製品も含まれます。TPPはこのような輸入関税を撤廃します。

Beef: Japan places tariffs of 38.5 percent on American beef, whether it’s from Texas, Montana, or Nebraska. These tariffs will be reduced to 9 percent. With over $1.6 billion in annual sales in 2014, Japan is our largest export market for beef. Under the TPP agreement, Japan will eliminate duties on 74 percent of its beef and beef product tariff lines within 15 years. Tariffs will be cut on the remaining tariff lines.

牛肉:日本はテキサス州、モンタナ州、ネブラスカ州などの産地に関係なく、米国産牛肉に38.5%の関税をかけています。この関税は9%に削減されます。2014年には160億ドルを超える年間売上高となった日本は、米国にとって牛肉の最大輸出市場です。TPP協定に基づき、日本は今後15年で牛肉・牛肉製品のタリフライン(*関税対象の詳細な品目リスト)の74%から関税を撤廃します。また他のすべての品目でも、関税を引き下げます。

Pork: Japan accounts for almost $2 billion in pork exports in 2014 – about one-third our pork exports – despite tariff barriers. Under the TPP agreement, Japan will eliminate 80 percent of its pork tariffs in 11 years, and make steep cuts in those that remain. Under TPP, we’re going to reduce Japan’s tariff on all pork and eliminate the current 20 percent tariff on ground seasoned pork, worth $435 million annually to U.S. exporters.

豚肉:関税障壁にもかかわらず、日本への2014年の豚肉輸出は、わが国の豚肉輸出量の3分の1にあたる20億ドルに上ると報告されています。TPP協定のもとで、日本は豚肉にかけている諸関税の80%を11年間で撤廃し、残りについても大幅な削減を行います。TPPによって、わが国は日本にすべての豚肉製品にかかる関税を下げさせ、豚ひき肉味付け加工製品(*日本での名称は「シーズンド・ポーク」。ハンバーグ・肉団子・ミートソース、ソーセージ、餃子の具など)にかかる20%の関税を撤廃させます。米国の輸出業者にとって、これは年間4億3500万ドルの関税節約となります。

Dairy: Japan has a tariff of 40 percent on cheese from the United States, which will be eliminated in TPP. The United States exported $3.6 billion of dairy to TPP countries in 2014. In the case of Canada, passing TPP means renegotiating NAFTA, which didn’t provide any direct benefits for dairy. Under TPP, we’ll be able to sell more than 4,000 additional tons of butter, nearly 14,500 additional tons of cheese, and more than 50,000 additional tons of liquid milk to Canada. Plus more to Japan, Malaysia, and Vietnam.

乳製品:日本は米国産チーズに40%の関税をかけていますが、TPPにより撤廃されます。2014年、米国は360億ドルの乳製品をTPP加盟国へ輸出しました。カナダの場合、TPPの承認は乳製品についてまったく直接的な利益を生まなかったNAFTA(北米自由貿易協定)の再交渉を意味します。TPPのもとでは、さらに4,000トンのバター、14,500トンのチーズ、そして5万トン以上のミルクをカナダに売ることができます。加えて日本、マレーシア、ベトナムへもさらに販売できます。

Wine/Bourbon: Currently, we sell $86.5 million per year in wine to Japan. But wine is taxed at levels up to 58 percent when we send the product to Japan. TPP will reduce those taxes down to zero, allowing us to sell more California wine to Japan. Kentucky distillers will no longer face taxes as high as 55 percent when they sell their world-famous bourbon to TPP countries.

ワイン・バーボン:現在、私たちは日本へのワイン輸出で、年間8億6500万ドルを売り上げています。しかし、日本へ輸出する際、ワインには最高で58%の関税がかけられています。TPPはこれらの税をゼロに引き下げ、カリフォルニアワインをもっと日本に売れるようにするでしょう。ケンタッキーの蒸留酒製造業者も、TPP加盟国に世界的に有名なバーボンを販売する際、もう最高55%の関税を課せられることはありません。

Soybeans: Japan has a 21 percent tariff on American soybean oil, $288 million of which were exported to TPP countries in 2014. TPP will eliminate Japan’s tariff.

大豆:2014年には2億8800万ドルの米国産大豆油がTPP加盟国へ輸出されており、日本はその大豆油に21%の輸入関税をかけています。TPPにより日本の輸入関税が撤廃されます。

Additionally, TPP will help American farmers and ranchers compete by tackling a range of barriers they face abroad, including ensuring that foreign regulations and agricultural inspections are based on science, eliminating agricultural export subsidies, and minimizing unpredictable export bans.

さらにTPPは、外国で直面する様々な障壁に対処して、米国の農家や酪農家の競争を助けます。その中には、各国の農産物検疫や規制に科学的根拠があるか確認したり、農産物輸出助成金を撤廃したり、将来行われるかもしれない輸出禁止措置を最小限に抑えることが含まれます。

TPP INCLUDES THE STRONGEST WORKER PROTECTIONS OF ANY TRADE AGREEMENT IN HISTORY TPPには、過去のどの貿易協定よりも強力な、労働者保護規制が組み込まれています

TPP puts American workers first by establishing the highest labor standards
of any trade agreement in history, requiring all countries to meet core, enforceable labor standards as stated in the International Labor Organization’s (ILO) Declaration on Fundamental Principles and Rights at Work.

TPPは「労働における基本的原則および権利に関する国際労働機関(ILO)宣言」に明記されている通りに、強制力のある中核的労働基準(*最低限順守されるべき基準)を全ての国に要求し、貿易協定の歴史上最も高い労働基準を確立することで、米国の労働者をトップに立たせるでしょう。

The fully-enforceable labor standards we have won in TPP include the freedom to form unions and bargain collectively; prohibitions against child labor and forced labor; requirements for acceptable conditions of work such as minimum wage, hours of work, and safe workplace conditions; and protections against employment discrimination. These enforceable requirements will help our workers compete fairly and reverse a status quo that disadvantages our workers through a race to the bottom on international labor standards.

わが国はTPPで、全面的な強制力のある労働基準を勝ち取ってきました。その中には、労働組合設立と団体交渉の自由、児童就労や強制労働の禁止、最低賃金、労働時間、安全な労働環境など、必要かつ十分な労働条件の他に、雇用差別からの保護も含まれます。こうした強制力のある実施条件は、わが国の労働者が公平な立場で競争する助けとなり、国際労働基準をめぐる「底辺への競争」(*国家が外国企業の誘致や産業育成のため、減税、労働基準・環境基準の緩和などを競うことで、労働環境や自然環境、社会福祉などが最低水準へと向かうこと)で、不利な立場に置かれている現状をひっくり返すことでしょう。

In fact, TPP will result in the largest expansion of fully-enforceable labor rights in history, including renegotiating NAFTA and bringing hundreds of millions of additional people under ILO standards – leveling the playing field for American workers so that they can win in the global economy.

実際にTPPは、全面的な強制力のある労働者の権利を、歴史上最も拡大することになるでしょう。そこにはNAFTAの再交渉も含まれ、膨大な数の人々がILO基準のもとに置かれます。米国人労働者は公平な立場で活躍できるため、国際経済の勝ち組になれるでしょう。

TPP INCLUDES THE STRONGEST ENVIRONMENTAL PROTECTIONS OF ANY TRADE AGREEMENT IN HISTORY TPPには、過去のどの貿易協定よりも厳しい環境保護基準が盛り込まれています

TPP includes the highest environmental standards of any trade agreement in history. The agreement upgrades NAFTA, putting environmental protections at the core of the agreement, and making those obligations fully enforceable through the same type of dispute settlement as other obligations.

TPPは過去のどの貿易協定より厳しい環境基準を備えています。TPP協定はNAFTAの水準を上げ、協定の中核に環境保護を置き、その履行義務には他の履行義務と同様の紛争解決手段を採用して、全面的な強制力を持たせます。

TPP requires all members to combat wildlife trafficking, illegal logging, and illegal fishing, as well as prohibit some of the most harmful fishery subsidies and promote sustainable fisheries management practices. TPP also requires that the 12 countries promote long-term conservation of whales, dolphins, sharks, sea turtles, and other marine species, as well as to protect and conserve iconic species like rhinos and elephants. And TPP cracks down on ozone-depleting substances as well as ship pollution of the oceans, all while promoting cooperative efforts to address energy efficiency.

TPPはすべての加盟国が、野生動物の密売、違法な木材伐採、水産物の密漁に対処するよう求めています。同様に、最も害を与える水産補助金のうちいくつかを禁止することと、持続可能な漁業を推進する管理業務も要求します。またTPPは12カ国に対して、クジラ、イルカ、サメ、海亀、その他の海洋生物の長期的保護を求めており、同様にカバや象のような地域の代表種(*iconic species 象徴的生物?)についても保護を求めます。さらにTPPは、エネルギー効率の問題に対処する協調体制を強化するとともに、オゾン層破壊物質と船舶による海洋汚染を厳しく取り締まります。

TPP HELPS SMALL BUSINESSES BENEFIT FROM GLOBAL TRADE
TPPは小規模ビジネスの国際貿易による利益を促進する

For the first time in any trade agreement, TPP includes a chapter specifically dedicated to helping small- and medium-sized businesses benefit from trade. Small businesses are one of the primary drivers of job growth in the U.S., but too often trade barriers lock small businesses out of important foreign markets when they try to export their made-in-America goods. While 98 percent of the American companies that export are small and medium-sized businesses, less than 5 percent of all American small businesses export. That means there’s huge untapped potential for small businesses to expand their businesses by exporting more to the 95 percent of global consumers who live outside our borders.

TPPは貿易協定としては初めて、中小企業の貿易権益を守るため特別に一章を付け加えました。小企業は米国の雇用を増やす中心的な担い手の一つでありますが、米国産製品を輸出しようとするたびに、貿易障壁のせいで重要な海外市場から何度も締め出されています。米国の輸出企業のうち98%は中小企業ですが、そのうち輸出を行っている小企業は5%にも届きません。つまり、米国外に住む95%の世界の消費者向けに輸出を増やすことで、小企業には大幅な事業拡大という未開の可能性が開けるのです。

TPP addresses trade barriers that pose disproportionate challenges to small businesses, such as high taxes, overly complex trade paperwork, corruption, customs “red tape,” restrictions on Internet data flows, weak logistics services that raise costs, and slow delivery of small shipments. TPP makes it cheaper, easier, and faster for American small businesses to get their products to market by creating efficient and transparent procedures that move goods quickly across borders.

TPPは小企業に対する著しく不利な貿易障壁に対処します。高額な税、不必要に複雑な貿易事務手続き、賄賂、税関の「お役所仕事」、インターネットのデータ検閲、コスト増につながる脆弱な物流、小口出荷の遅配などが障壁になっているのです。TPPは効率的で透明性のある手続きを整えて、商品が迅速に国境を越え、米国小企業の製品がより安く、簡単に市場に届くようにします。

TPP PROMOTES E-COMMERCE, PROTECTS DIGITAL FREEDOM, AND PRESERVES AN OPEN INTERNET
TPPは電子商取引きを促進し、デジタル・フリーダム(*デジタル時代の消費者の権利)を保護し、開かれたインターネットを維持します

TPP includes cutting-edge rules to promote Internet-based commerce – a central area of American leadership, and one of the world’s great opportunities for growth. The agreement also includes strong rules that make sure the best innovation, not trade barriers and censorship laws, shapes how digital markets grow. TPP helps preserve the single, global, digital marketplace.

TPPには、米国が主導する重要分野でもあり、世界経済で急成長する可能性のある市場のひとつであるインターネット商取引を促進するため、最先端の規定が加えられています。また、貿易障壁や検閲法ではなく、最も優れた技術革新によってデジタル市場の発展方向が決まるよう、強力な規制も盛りこまれています。TPPは、全世界に広がる均一なデジタル市場を守る力になります。

TPP does this by preserving free international movement of data, ensuring that individuals, small businesses, and families in all TPP countries can take advantage of online shopping, communicate efficiently at low cost, and access, move, and store data freely. TPP also bans “forced localization” – the discriminatory requirement that certain governments impose on U.S. businesses that they place their data, servers, research facilities, and other necessities overseas in order to access those markets.

そのために、TPPでは世界中でデータが自由に移動できる状況を維持します。すべての加盟国の国民と小企業、そして家族がオンラインショッピングを利用することができるよう、そして安く効率的に通信して、自由にデータにアクセスしたり、移動したり保管できるようにします。またTPPは「現地化(*ローカリゼーション)の強制」 ― 米国企業が海外市場にアクセスする際、その地域に自社のデータやサーバや研究施設、その他必要な設備などを置かなければならないという、特定の政府が義務付けている排他的な条件 ― を禁止します。

TPP includes standards to protect digital freedom, including the free flow of information across borders – ensuring that Internet users can store, access, and move their data freely, subject to public-interest regulation, for example to fight spamming and cyber-crime.

TPPには、国境をまたいだ自由な情報の流れを含め、デジタル・フリーダムを保護する基準があります。たとえば、スパムやサイバー犯罪と戦うことなど、公共の利益を守るという条件のもとで、ネットユーザーが自由にデータにアクセス、移動、保管できるようにします。

TPP LEVELS THE PLAYING FIELD FOR U.S. WORKERS BY DISCIPLINING STATE- OWNED ENTERPRISES (SOES)
TPPは国有企業を規制して、米国労働者に公平な活動の場を与えます

TPP protects American workers and businesses from unfair competition by State-owned companies in other countries, who are often given preferential treatment that allows them to undercut U.S. competitors. This includes the first-ever disciplines to ensure that SOEs compete on a commercial basis and that the advantages SOEs receive from their governments, such as unfair subsidies, do not have an adverse impact on American workers and businesses.

TPPは、諸外国の国営企業がもたらす不平等な競争から、米国企業と労働者を守ります。多くの場合、こうした国有企業は優遇措置を受けているため、米国企業より安く販売できるのです。TPPには国有企業が商業基準のもとで競争するよう、また、政府から受け取る不平等な助成金といった優遇措置が、米国企業と労働者に不利益を及ぼさないよう、初めての規制措置が盛り込まれています。

TPP PRIORITIZES GOOD GOVERNANCE AND FIGHTING CORRUPTION
TPPは良い統治(*グッド・ガバナンス)を優先し、汚職と戦う

TPP includes the strongest standards for transparency and anticorruption of any trade agreement in history. As such, TPP strengthens good governance in TPP countries by requiring them to ratify or accede to the U.N. Convention Against Corruption (UNCAC), commit to adopt or maintain laws that criminalize bribing public officials, adopt measures to decrease conflicts of interest, commit to effectively enforce anticorruption laws and regulations, and give citizens the opportunity to provide input on any proposed measures relating to issues covered by the TPP agreement. TPP also requires regulatory transparency policies based on standard U.S. practice.

TPPには透明性と汚職防止の点で、貿易協定としては史上最強の基準が盛り込まれています。そのため、TPP加盟国が良い統治を強化するよう、国連腐敗防止条約(UNCAC)を批准または承認するよう要求できます。また、公務員への贈賄を禁ずる法律の導入と維持を約束し(*commit、力を入れる?誓約する?)、利益相反を減らす手段を導入し、効果的な腐敗防止法や規制の施行を約束するよう要求できます。TPP協定の影響を受ける様々な問題について、一般市民にアドバイスする機会を与えるよう要求することもできるのです。さらにTPPは加盟国に対して、米国での実施基準に準じる規制力を持つ透明化政策を要求します。

TPP INCLUDES FIRST EVER DEVELOPMENT CHAPTER
TPPには初めて開発の章が作られた

For the first time in any U.S. trade agreement, TPP includes stand-alone chapters dedicated to development and capacity-building, as well as a wide range of commitments to promote sustainable development and inclusive economic growth, reduce poverty, promote food security, and combat child and forced labor.

米国の貿易協定では初めて、TPPには開発と生産力構築に関して単独の章を取り入れました。同様に持続可能な開発と包括的経済発展を促進し、貧困を減らし、食品の安全性を向上させ、さらに児童労働や強制労働と闘うといった、広範囲に渡る義務(*commitments)も盛り込まれています。

TPP CAPITALIZES ON AMERICA’S POSITION AS THE WORLD LEADER IN SERVICES EXPORTS
TPPは、サービスの輸出におけるワールドリーダーとしての米国の地位をフルに活用します

TPP lifts complex restrictions and bans on access for U.S. businesses – including many small businesses – that export American services like retail, communications, logistics, entertainment, software and more. This improved access will unlock new economic opportunities for the U.S. services industry, which currently employs about 4 out of every 5 American workers.

TPPは、米国企業の市場参入に対する複合的な規制や禁止令を撤廃します。多数の小規模事業を含む、小売、通信、物流、エンターテイメント、ソフトウエアなどの多岐に渡る制約です。これにより、市場参入の制約が緩和され、現在米国労働者の5人に4人が従事する米国サービス業界に、新しいビジネスチャンスがもたらされるでしょう。

TPP eliminates restrictions that have blocked U.S. businesses from providing services overseas, and puts in place rules to ensure that regulations in TPP countries don’t discriminate against U.S. service suppliers.

TPPは、米国企業の海外向けサービスの供給を妨げている規制を撤廃して、加盟国の規制が米国のサービス企業に対して差別を行わないよう、ルールを設けます。

TPP will open markets for U.S. service providers, whether it’s electronic payment services or engineering, making it possible for American firms to provide services abroad from here in the United States rather than requiring them to move their operations abroad.

TPPは米国のサービス企業に市場を開放します。電子決済サービスであれエンジニアリングであれ、米国企業が運営拠点を海外に移すことなく、ここ米国から海外へサービスを提供できるようにします。
違反と判ったときはもう食べられたあとー今でも崩れている食品安全、TPPで完全に崩壊させてはならない[2016年04月23日(Sat)]
 食品の安全。誰しもの願いですが、考えられない実態を日本共産党国会議員団が明るみに出しました。昨日の衆議院TPP特別員会、質問者は斉藤和子議員です。

 国の輸入食品監視業務では、サンプルを抽出して行うモニタリング検査の結果が判明する前に流通に乗せることを認めています。このため、検査で基準を超える残留農薬などが検出された時には、すでに販売・消費されたあとという事例がたくさんあるのです。表は、斉藤和子事務所が、厚生労働省が提出した資料から作成したものです。厚生労働省は、2003年〜2014年度の期間で、こうした問題のある流通が290件あったことを明らかにしましたが、塩崎恭久・厚労相は「流通制限は難しい」と述べました。それは、日米構造協議等によるアメリカ等の「規制緩和」要求に屈した食品衛生法の改悪(1995年)で、検査結果が出るまで流通を留め置く「検疫制度」を、結果判明前に流通させるモニタリング制度に改変したからです。国民の命と「食の安全」を守るために、元の検疫制度に戻すべきです。

 TPPでさらに事態が深刻になります。
 検査官の人数が全国で400人程度にとどめられ、しかし食品輸入がどんどん増加しているために、モニタリング検査の割合が2014年度では全輸入食品の8.8%にまで低下しています。
 財務省の調査によれば、輸入手続きの平均所要時間は、動植物や食品検疫対象貨物で92・5時間です(調査は2009年)。
 関税も非関税障壁も原則撤廃するTPPにより、安倍政権は「48時間通関制度」を導入しようとしています。所要時間をほぼ半減させることになるのですが、そのためには検査品目を半減させることになりますから、モニタリング検査の割合が半減して4.4%になると想定されます。実際には、平均で92・5時間(つまり、もっと時間を要している検体もある)を、例外なく48時間以内とすれば、検査割合はもっと少なくなるのです。
 国民の「食の安全」を守る「防波堤」だった検疫検査が変質させられている現状を、TPPは完全破壊することになると言っていいと思います。
 国民的な論議をおこして、「食の安全を壊すTPPから即時撤退」を求めていこうではありませんか!

 宮城県政では2月議会で、環境保健センターが受け付けていた県民や民間からの一般検査の依頼を事実上廃止する(水道水の検査だけは受け付ける)条例改定が問題になりました。
 私は、公衆衛生と公的検査を担っている県政の部門には重要な公共性があると指摘し、条例の改定は思いとどまること、少なくてもTPPの行方を見守るべきではないかと問題提起しました。
 県の担当者が輸入食品については食品衛生法が機能していると言い張り、他の議員が条例の改定を認めてしまったのは残念です。
 ただし、私の質疑の中で、県民の命の安全に懸念を引き起こす事態が生じた場合は、県が判断して(一般からの依頼検査ではなく)県の行政検査として対応するという答弁を引き出しておきました。TPPがどうなるかにかかわらず、県の検査部門が健在である限り、県民の命と安全を守るために、その役割を発揮してもらう道が残されています。そのことも、お知らせしておきます。

160422_samoll.jpg
TPP問題に詳しい鈴木宣弘・東京大学教授を招いて宮城県議会が意見聴取、傍聴を![2016年04月11日(Mon)]
 宮城県の産業振興対策調査特別委員会が4月18日と19日、専門家のご意見をお伺いする参考人聴取を行いますが、TPP問題に詳しい鈴木宣弘・東京大学教授をお招きします。鈴木教授からの意見聴取は18日10時30分からです。傍聴できます。
TPP協定文を読み解くー市民団体による検証会に参加しています[2016年04月03日(Sun)]
 早起きして7時台の新幹線に乗り、市民団体によるTPP8(環太平洋連携協定)の検証会に参加しました。分析報告の最新ヴァージョンN04(140ページ)が配布されて始まりました。

 9時30分から17時20分まで、文京区の全水道会館に缶詰になっていました。でもすごい充電になりました。

 資料はアジア太平洋資料センターのサイトからダウンロードできます。



CA3H0384.jpg


遺伝子組み換え食品を拒否する市民運動に学びました。[2016年03月05日(Sat)]
 遺伝子組み換え食品を拒否するGMOフリーゾーン拡大運動の全国交流集会に参加しました。
 安部暴走政治が、TPP協定の締結をめざしているもとで、ますますその意義がましている運動です。(メルパルク仙台にて)

160305.jpg
TPPの情報公開と検証を求め、地域と農業の持続をめざす闘いを話し合いましたー有坂哲夫氏を招いて新春講演会[2016年01月07日(Thu)]
 有坂哲夫氏(日本共産党中央委員会農林・漁民局次長)を招いて、大崎市の保健福祉プラザ研修室で、「これからの農業と地域経済を考える」新春講演会を開催しました。大きな問題意識は、アベ政治の暴走ストップです。大筋合意と発表されているTPP協定の概要と徹底的な情報公開と検証を求める闘いについて、お話ししていただきました。集落営農をになっている農家の営農を守り、地域の後継者をどうつくっていくか、活発な質疑になりました。


160107_a.jpg 
米国の通商専門誌「Inside US Trade 」の報道から、TPP撤退するしかないことが浮かび上がる[2013年08月14日(Wed)]
 届いたメールの要約を紹介します。

 米国通商専門誌「Inside US Trade 」は,物品の市場アクセスオファーについて日本政府が国内向けに振りまいているような甘い対応が許されない状況にあると報道しています。

 自民党TPP対策委員長などが呑気に言っている「関税を撤廃・削減する品目の割合を示すのが一番いい」(「日本農業新聞」8月3日,8月7日)などという認識は,極めて甘っちょろいと言わざるを得ない。最重要品目をも含めて,しかも「defining (明確に定義された)tariff concession」と言ってるわけですから。

 「日本を除く全ての交渉国について期限を定めた・・・」と述べられており、これはマレーシア会合で日本が参加する前に(市場アクセス部会は7月15〜19日なので日本参加の23日より前に終了していた)、12ヵ国で決めたという意味とされます。後発参加国は、既存交渉国の決めた事柄,日程等には一切文句を付けられないルールですから,日本だけが「品目の割合だけ示す」ようなオファーで許されるとは考えられません。仮にそんなものを出しても,相手からはオファーを見せてもらうことはありえないだろうと考えられます。

 となると,このまま交渉に参加し続ける限り,日本政府の選択肢は2つになります。

(1)他の11ヵ国同様,最重要品目を含めたタリフライン100%全品目について,明確に定義されたオファーを提出する(自ら「聖域」を売り飛ばす)。

(2)自国だけ「品目の割合」などという「甘えた」オファーを持参して,しかし実質的に一切相手にされず,他の11ヵ国で迅速かつ着々と物品市場アクセスパッケージが決まっていくのを,後から押しつけられる(形式上は既存交渉国に「聖域」を粉砕される)。


 やれやれ、どちらも地獄いきだ。撤退するしか私たちの未来を守る道はない。
TPPに反対する弁護士ネットワークが発足、交渉からの撤退を安倍首相に要求した[2013年08月01日(Thu)]
TPP交渉参加からの撤退を求める弁護士の要望書


TPPに反対する弁護士ネットワーク一同


第1 徹底した情報の公開を求める

 TPP交渉は21分野にわたって行われている。食の安全や環境・労働を含む国民の生活に大きな影響を及ぼす広汎な分野が交渉の対象となっており、農産品にかけられる関税の問題はそのごく一部に過ぎない。

 しかもTPPでは、自由化の対象とされた分野では、全加盟国の同意をもって例外と認められない限り、統一的な規制に服する、いわゆるネガティブリスト方式が採用されていることから、広汎な制度がTPPによって改廃を求められることになる。

 消費者団体や医療分野から反対の声が上がっていることに示されるように、TPPは、国民の生命・健康・財産を保護するために行う国家の規制等についても幅広く改廃を迫るものとなる危険がある。

 国民生活に重大な影響及ぼす事項については、国民的議論を尽くし、国民の理解と同意を得て進めることは民主主義国家のあり方として当然である。

 よって、政府に対して、TPP交渉に関して取得し得た全ての情報を国民に公開するように求める。


第2 ISD条項を前提とするTPP交渉からの即時撤退を求める

1 ISD(投資家対国家紛争解決)条項の概要

 ISD条項は、投資協定に反する投資受入国政府の措置によって、損害を被った外国投資家に対して、国際仲裁に付託する権利を認め、投資受入国政府が仲裁判断に服することを事前に包括的に同意する条項である。この場合の「政府」には中央政府だけでなく、自治体や政府投資機関も含まれ、「措置」には行政府の行為だけでなく、法律や制度、慣行等幅広いものが含まれる。

 二国間の投資協定に伴うISD条項は、古く1960年代から存在する。途上国の司法制度の不備を理由として先進国企業の投資を保護することを目的として国際的な仲裁制度を利用しようとしたものである。

 1994年に発効したNAFTA(北米自由貿易協定)にISD条項が存在したことから、先進国間においてISD提訴が活発になされるようになり、ISD条項に基づく提訴件数が急激に増加した。環境規制や犯罪規制等にまでISD条項が及ぶことが強い衝撃をもって受け止められた。

 2011年には判明している限り、過去最多の46件のISD提訴がなされ、累計件数は450件に及んでいる。

2 日本国憲法76条1項との関係

 日本国憲法76条1項は、「すべて司法権は、最高裁判所及び法律の定めるところにより設置する下級裁判所に属する」と規定する。

 他方、ISD条項は、外国投資家に対して、投資受入国政府との間の具体的な法的紛争を国際仲裁に付託する権利を認める。このような紛争が我が国裁判所の管轄に属することは明らかであるから、ISD条項は、同項の例外をなすことになる。

 国際仲裁に付託することを認める実体規定(ルール)は僅か数箇条程度に過ぎず、なかんずく「間接収用」や「公正・衡平待遇義務」はその概念が極めて不明確である。このため広汎な政府措置に対して、投資協定に違反するとして、国際仲裁に付託することが可能である。米韓FTAの締結に当たって、ISD条項の影響を検討した韓国法務省は、あらゆる政府の措置が提訴の対象となり得ると結論している。

 2011年12月には、韓国の裁判官167名が米韓FTAのISD条項が司法主権を侵害する可能性があるとして、韓国最高裁に対して、米韓FTAについて検討するタスクフォースチームを設置することを求める建議を行い、韓国最高裁もこれに応じている。

 政府は、TPP参加問題が浮上するまで、国連自由権規約の選択議定書が定める個人通報制度には「司法の独立」を規定する憲法76条3項との関係で問題があるとする見解を挙げて、選択議定書の締結を見送ってきた経緯がある。個人通報制度よりいっそう包括的で強力な例外を認めるISD条項には、憲法76条1項の規定との関係上、問題が生じることは、従前の政府の立場でも明らかである。

 よって、ISD条項は憲法76条1項に違反する。

3 政策決定の阻害

 前記した韓国法務省の検討によれば、ISD条項によって「巨大資本を保有する多国籍企業の場合、制度的・慣行的障害を除去し、特定政府を手なずけるために(tamig effect)勝訴の可能性が低い場合にも、仲裁を起こす傾向がある」と分析され、国家の政策判断に萎縮効果を及ぼすことが指摘されている。

 2011年には、ドイツ政府に対して、スウェーデンの電力会社が脱原発政策によって38億ドルの損害を被ったとして提訴する等、国家の中核的な政策決定にまで、ISD提訴が及ぶようになっている。また、韓国は、低炭素車支援制度の実施を予定していたが、米国自動車産業界から米韓FTAに反するとする意見を受けて、同制度の実施を見合わせる結果となっている。

 一国の基本的な政策決定や立法まで、ISD提訴の対象となり、政策決定を阻害しているのである。

 日本国憲法41条1項は、「国会は、国権の最高機関であって、国の唯一の立法機関である」と定める。ISD条項は、国会の立法裁量すら、投資家国際仲裁のもたらす萎縮効果によって、幅広くこれを阻害するものであり、国民主権原理の端的な表れである同項に違反する疑いがある。

4 結論

 多国間の投資条約の中にISD条項を設けようとした例には、WTOドーハラウンドやOECD加盟国の間で交渉された多国間投資協定(MAI)の例があるが、いずれも主権侵害や環境規制を行う国家主権の侵害が指摘されて失敗に終わっている。TPPについてもISD条項の入った草案が作成されていることがリークによって明らかになっているが、オーストラリア政府は、ISD条項の導入に強く反対している。

 このような実情を踏まえれば、司法制度が整備された先進国との間、なかんずく訴訟大国と呼ばれるアメリカとの間でのISD条項が、日本国の主権を侵害するとする意見が多数、提起されていることには理由がある。

 国家主権の法的形態が憲法である。主権が侵害されることは国内法的には国家の憲法に違反する事態が生じることを意味する。TPPにおけるISD条項は、日本国憲法76条1項に反するとともに、41条1項に反する疑いが強い。

 ISD条項は、日本国憲法の根本的改変に等しい事態を招く。

 よって、日本国政府は、ISD条項を前提とするTPP交渉への参加を即時撤回することを強く求める。 


以上


2013(平成25)年7月29日

内閣総理大臣 安倍晋三 殿


TPPに反対する弁護士ネットワークのブログhttp://tpplawnet.blog.fc2.com/
検索
検索語句
最新記事
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
タグクラウド
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/renn/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/renn/index2_0.xml