CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
中嶋れん(日本共産党 宮城県議会議員)のブログ
宮城県議会 環境生活農林水産委員。
      障がい児・者福祉調査特別委員会 副委員長。
      「脱原発をめざす宮城県議の会」副会長。
自閉症児の親の会会長。
青森県むつ市大畑町生まれ。青森高校卒(音楽部、将棋同好会に参加)。
東北大学理学部物理学科卒(東北大学男声合唱団に参加)。

「戦争する国」No! 女川原発の再稼働中止 「人間の復興」を追求。
ライフワークは「障害のある人が生きやすい社会をめざす」。
日本国憲法の全面実施をめざす日本共産党に共感、入党して44年に。
« 泉中央セルバ前に170人、小池晃書記局長を迎えて仙台市内5カ所で日本共産党街頭演説会 | Main | 宮城県産肉用牛の登録偽装 8月21日の委員会で父子DNA不一致の全容究明等を求めました。一部に民間育成の種牛精液が使用されていたことが判明。 »
プロフィール

中嶋廉のブログさんの画像
中嶋廉のブログ
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
QRコード
女川原発の審査会合が次回(8月末〜9月初め)で終了か。「電気新聞」が報道。[2019年08月13日(Tue)]
 東北電力が再稼働をめざしている女川原子力発電所2号機の新規制基準への適合性審査について、日本電気協会が発行している「電気新聞」(8月13日付)は、8月末〜9月初め頃に行われる次回の審査会合で収束する可能性があると報道しました。
 これまで再稼働した原発の先例では、電気事業者の主な説明が終了したと判断すれば、原子力規制委員会は補充資料の提出を求め、審査書案の取りまとめに入ります。審査書案を公表してパブリックコメントを求め、パブコメに寄せられた意見・質問に対する原子力規制委員会の考え方を付して、審査書を決定します。これが「合格証」ですが、早ければ年末になる可能性があります。
 10月27日投票で行われる選挙で選出される新たな宮城県議会議員が、再稼働の可否を左右することになります。任期の最後に行われる宮城県議会9月定例会(9月3日に開会)の論議が非常に重要になっています。
 原発問題住民運動宮城県連絡センター等が呼びかけている、再稼働中止を求める宮城県議会あての請願署名を大きく広げることも求められています。

190813_blog.jpg
この記事のURL
http://blog.canpan.info/renn/archive/787
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新記事
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
タグクラウド
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/renn/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/renn/index2_0.xml