CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
中嶋れん(日本共産党 宮城県議会議員)のブログ
宮城県議会 環境生活農林水産委員。
      障がい児・者福祉調査特別委員会 副委員長。
      「脱原発をめざす宮城県議の会」副会長。
自閉症児の親の会会長。
青森県むつ市大畑町生まれ。青森高校卒(音楽部、将棋同好会に参加)。
東北大学理学部物理学科卒(東北大学男声合唱団に参加)。

「戦争する国」No! 女川原発の再稼働中止 「人間の復興」を追求。
ライフワークは「障害のある人が生きやすい社会をめざす」。
日本国憲法の全面実施をめざす日本共産党に共感、入党して44年に。
« 公約実現、野党共闘をさらに前進させる決意に、すばらしい声援が寄せられています。 | Main | 泉中央セルバ前で8月4日10時から街頭演説。私もお話しします。お立ち寄りください! »
プロフィール

中嶋廉のブログさんの画像
中嶋廉のブログ
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
QRコード
王城寺原演習場で米海兵隊の訓練公開に参加、「沖縄の負担軽減」どころか米軍の自衛隊基地利用が常態化しているだけ。[2019年07月25日(Thu)]
「沖縄の負担は軽減されたのか」−7月25日、陸上自衛隊王城寺原演習場で沖縄駐留アメリカ軍海兵隊の訓練公開があり、宮城県平和委員会の2人と一緒に参加しました。
 王城寺原でのアメリカ軍海兵隊の実弾射撃訓練は8年連続で17回目。王城寺原演習場は日米地位協定の第2条第4項bが適用される米軍の「一時使用施設」にすぎないのに、米軍の訓練利用が常態化しています。
 米海兵隊第12連隊第3大隊長のリチャード・ロビンソン中佐の説明を聞きましたが、「戦争をする部隊」が、部隊の移動、夜間の訓練、冬の凍てついた季節の訓練など、さまざまな条件でよい訓練ができることが力説されていました。県道越えの155ミリ榴弾砲の実弾射撃訓練に悩む「沖縄の負担軽減」を口実に、全国各地に訓練が拡散しているだけのことです。
 自民党知事が多数を占めている「全国知事会」も、日米地位協定の抜本的な見直しを求めています。安倍外交の行き詰まりを生んでいる日米安保条約を日米友好条約に切り換えていく展望と合わせて、国民的論議を興していくことが求められています。
 今回の訓練は7月23日から8月1日まで。宮城県平和委員会は、演習を監視し記録する活動を続けています。

190725_a_blog.JPG

















190725_c_blog.JPG

















190725_d_blog.JPG
この記事のURL
http://blog.canpan.info/renn/archive/775
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新記事
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
タグクラウド
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/renn/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/renn/index2_0.xml