CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
中嶋れん(日本共産党 宮城県議会議員)のブログ
宮城県議会 環境生活農林水産委員。
      障がい児・者福祉調査特別委員会 副委員長。
      「脱原発をめざす宮城県議の会」副会長。
自閉症児の親の会会長。
青森県むつ市大畑町生まれ。青森高校卒(音楽部、将棋同好会に参加)。
東北大学理学部物理学科卒(東北大学男声合唱団に参加)。

「戦争する国」No! 女川原発の再稼働中止 「人間の復興」を追求。
ライフワークは「障害のある人が生きやすい社会をめざす」。
日本国憲法の全面実施をめざす日本共産党に共感、入党して44年に。
« 在宅被災者に光を当てて、復旧・復興のあり方に豊富な問題提起−みやぎ県民センターが「東日本大震災 8年のつどい」 | Main | 教職員を増やして、教職員の異常な長時間労働を是正し、学校をより良い教育の場に−日本共産党の「提言」を届けて教育長と懇談しました。 »
プロフィール

中嶋廉のブログさんの画像
中嶋廉のブログ
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
QRコード
「変えようアベ政治!ストップ改憲発議!6・9宮城県民大集会」で決意表明[2019年06月09日(Sun)]
 仙台市・錦町公園で「変えようアベ政治!ストップ改憲発議!6・9宮城県民大集会」が1300人の参加で行われました。
 ゲストトークには、辺野古基地NOの沖縄県民投票を成功させた元山仁士郎さん。特別発言では首長9条の会の川井貞一さんと鹿野文永さん、女川原発再稼働の是非をみんなで決める会の多々良哲さん。安倍政権の暴走を許してはならないという思いが語られました。
 参議院宮城選挙区の野党統一候補に決まった石垣のり子さんのあと、野党各党代表があいさつ。私は日本共産党を代表して勝利めざす決意を述べましたが、「朝日新聞」の世論調査結果を紹介しました。
 参議院選挙で、「与党が議席を増やした方がよい」という人は15%なのに対して、「野党が議席を増やした方がよい」という人が、その2倍以上の34%。「日本の政治が大きく変わってほしい」と考えている人は47%、じつに国民の半分が、大きな変化を願っているのです。
 「朝日新聞」がこの世論調査をしたのは5月18日と19日ですが、そのあと5月末に共通政策と統一候補を発表して「市民と野党の共闘」が姿を現しました。いま調査すれば、数字はもっと上がるでしょう。
 多くの国民の期待に応えて、勝たなければなりません。「本気の共同」はもちろん、大きな力をつくり出す闘い方が求められています。

190609_blog.JPG
この記事のURL
http://blog.canpan.info/renn/archive/729
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新記事
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
タグクラウド
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/renn/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/renn/index2_0.xml