CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
中嶋れん(日本共産党 宮城県議会議員)のブログ
宮城県議会 環境生活農林水産委員。
      障がい児・者福祉調査特別委員会 副委員長。
      「脱原発をめざす宮城県議の会」副会長。
自閉症児の親の会会長。
青森県むつ市大畑町生まれ。青森高校卒(音楽部、将棋同好会に参加)。
東北大学理学部物理学科卒(東北大学男声合唱団に参加)。

「戦争する国」No! 女川原発の再稼働中止 「人間の復興」を追求。
ライフワークは「障害のある人が生きやすい社会をめざす」。
日本国憲法の全面実施をめざす日本共産党に共感、入党して44年に。
« 「市民連合@みやぎ」がスタート集会、参院宮城選挙区の統一候補決定を受けて「誰もが大切にされる社会」めざす。安倍政権打倒! | Main | 女川原発再稼働中止をめざす第2ラウンドの署名運動ー街頭署名が本格スタート »
プロフィール

中嶋廉のブログさんの画像
中嶋廉のブログ
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
QRコード
東海原発を調査、女川原発の廃炉(廃止措置)に関わる課題を考えました。[2019年06月04日(Tue)]
 茨城県東海村にある日本原子力発電(株)の東海発電所を6月4日に訪れ、廃炉(廃止措置)の工程等を調査しました。右奥の赤い煙突がある建物が廃炉作業が進行中の東海第一原発、左手前が東海第二原発の建屋です。
 女川原発1号機の廃炉が決まりましたが、廃止措置計画はこれからです。そこで、商業用原発で廃止措置が先行している東海発電所の手順、工程、経験を説明をしていただき、女川原発の廃炉に関わる課題をつかもうとする調査です。工程等を説明していただいたあと、建屋の中に入って、これから解体する熱交換器や中央制御室などを視察しました。
 廃止措置による発生する放射性廃棄物は行き場がなく、L3の低レベル放射性廃棄物は敷地内に素掘りして投棄する(トレンチ処分)計画ですが、原子力規制委員会の審査が継続しています。
 午後は茨城県庁で、原子力安全対策課から廃止措置への県政の対応の経過を伺いました。安全協定とその運営要綱にもとづいて、廃止措置の進捗状況が四半期毎に報告されていること等について質問しました。
 調査の最後に、日本共産党の茨城県議団と懇談しました。山中団長が水戸市、那珂市、東海村の各日本共産党議員団を招いてくださったので、いろいろな分野の情報交換ができました。老朽化原発である東海第二原発の再稼働中止を求める茨城県の共同が広がっていることは、再稼働中止の県民合意をつくる可能性を示すもので、たいへん励まされました。

190604_a_blog.jpg
















190604_b_blog.jpg
この記事のURL
http://blog.canpan.info/renn/archive/724
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新記事
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
タグクラウド
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/renn/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/renn/index2_0.xml