CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
中嶋れん(日本共産党 前宮城県議会議員)のブログ
日本共産党宮城県委員会政策委員長。
シエルの会(自閉症児の親の会)会長。
原発問題住民運動宮城県連絡センター 世話人。
東日本大震災復旧・復興支援みやぎ県民センター事務局次長。
青森県むつ市大畑町生まれ。青森高校、東北大学理学部物理学科卒。
« 塩釜漁港沖の防波堤が倒壊−復興事業での対応が急がれます | Main | 女川原発の再稼働阻止をめざしてー痛快な講演会が5月15日に。新規制基準の「ウソ」と審査の「さじ加減」を批判します。 »
プロフィール

中嶋廉のブログさんの画像
中嶋廉のブログ
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
QRコード
再稼働に向けた動き。4月23日に10ヶ月ぶりの会合ー女川原発の安全性に関する検討会。適合性審査が4月4日に続き、今日も2日連続で。原子力規制委に対する説明の終了が近づいています。[2019年04月05日(Fri)]
 原子力規制委員会での適合性審査が最終局面に入っていて、宮城県の「女川原子力発電所2号機の 安全性に関する検討会」は昨年6月15日に第15回会合を開いてから10ヶ月が経過していますが、第16回会合の案内がアップされています。
 第16回女川原子力発電所2号機の 安全性に関する検討会は、4月23日(火)13時30分からです。会場は、TKPガーデンシティ仙台勾当台 2階 ホール2(所在地=仙台市青葉区国分町3丁目6番1号仙台パークビル)。議題は「各論点の説明,検討ほか 。新規制基準適合性審査申請について(竜巻,火山,緊急時対策所)」とされています。

 原子力規制委員会による適合性審査は、昨日の4月4日に続き、きょう4月5日に2日間連続で開催されます。今日は地震・津波部門の審査です。ここのところ、以前の審査会合で指摘された問題点について、東北電力が補充的な説明を行い、これに原子力規制庁が了解を与えていくという内容になっています。説明の終了が近づいていることを感じさせます。
 引き続き4月9日にプラント関係の合同審査を行う旨のアナウンスがありました。

 写真は4月2日の審査会合(女川原発に関わる第154回の審査会合)の模様。
190402_blog.jpg

この記事のURL
http://blog.canpan.info/renn/archive/685
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新記事
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグクラウド
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/renn/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/renn/index2_0.xml