CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
中嶋れん(日本共産党 宮城県議会議員)のブログ
宮城県議会 環境生活農林水産委員。
      障がい児・者福祉調査特別委員会 副委員長。
      「脱原発をめざす宮城県議の会」副会長。
自閉症児の親の会会長。
青森県むつ市大畑町生まれ。青森高校卒(音楽部、将棋同好会に参加)。
東北大学理学部物理学科卒(東北大学男声合唱団に参加)。

「戦争する国」No! 女川原発の再稼働中止 「人間の復興」を追求。
ライフワークは「障害のある人が生きやすい社会をめざす」。
日本国憲法の全面実施をめざす日本共産党に共感、入党して44年に。
« 女川原発で水蒸気爆発を招きかねない危険な操作。原子力規制委員会は、独自に実験して確認すべき。ー水蒸気爆発の可能性は低いという東北電力の説明(2018年7月26日)を紹介します。 | Main | コリウムシールドに関する説明ー「重大事故対策」を検討した第688回審査会合(2019年2月28日)でも説明 備忘録 »
プロフィール

中嶋廉のブログさんの画像
中嶋廉のブログ
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
QRコード
コリウムシールドのことー備忘録として(第606回適合性審査=2018年7月26日=での東北電力の説明・資料)[2019年03月29日(Fri)]
 3月14日、宮城県議会の総務企画委員会環境生活農林水産委員会連合審査会において、アレバ社のEPRに標準装備で設置されているコアキャッチャー等を日本の新規制基準では要求していないことを指摘しました。
 宮城県の原子力安全対策課は、女川原発にコアシールドを設置することが計画されていると発言しましたが、コアキャッチャーおよびその冷却設備とは、コアシールドはまったく異なるものです。
 機能の違いと、有効性の確認が求められています。

東北電力は、2018年7月26日に開催された第606回に資料を提出し、説明しています
コリウムシールドの説明は、資料2−1−7のP194〜197にあります。

右矢印1第606回審査会合のページ

コリウムシールド.jpg
この記事のURL
http://blog.canpan.info/renn/archive/666
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新記事
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
タグクラウド
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/renn/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/renn/index2_0.xml